Found it.

Kokoro-integrate代表 の、日頃思うところ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

服は自我を表している?!

2014-02-28 22:50:32 | 夢分析の話
夢に人が出てきた場合、その時に着ている服が、自我の状態をあらわしているときがあって。


たとえば、破れている洋服を着ている場合、何か自我が傷ついている可能性があるし、

色のついた洋服を着ているのであれば、その色のイメージに対して何か考えていることがあるかもしれない。

はたまた裸な場合は、服がない=自我をさらけだしてしまっている状態を示しているのかも。


とにかく、夢の中の人が何を着ているか、というのは、夢を解釈する上で結構ポイントになる。








現実世界でも同じように、服を選ぶ心理というのは、潜在意識を如実に表れるもの。
なので、人の着ているものを見れば、なんとなく自我が見えてくるときがあるんですよね。


たとえばダメージジーンズ。

服が傷ついている、ダメージを受けているということで、
自我が少し傷ついているみたいです。

…ファッションとしておしゃれ、だと認識されているのはわかります。
けど、自我が傷ついていない人は、ダメージジーンズをはこうとは考えないものです。



ほかにも、ドクロマークのついた服が好きな人。

ドクロは、客観的に見れば、死んだ人、皮膚のない骨です。
自我のなかで、皮膚のイメージ、感触が少ない人なのかもしれません。

身体的イメージや感触というのは、触ったり動かしたりして認識することで生まれます。
なので、皮膚のイメージがない、というのは、小さいときにスキンシップが足りてない人なのかもしれません。

小さいころのスキンシップが足りないと、
皮膚が弱いとか、アトピーとか、皮膚疾患を抱える症例が多いので

ドクロ好きな人は、皮膚の悩みを抱えている可能性も。



あと女性なのにズボンばっかりはいている人。
これはそのままです。男性性が強い or 女性性が育っていない。

状況とかTPOに合わせて洋服を選ぶと思うので、
社会的に男性的である必要がある場合、たとえば仕事をバリバリこなす時なんかは
パンツスーツでもいいと思います。

ただ、プライベートでもスカートは全くはかない、スカートなんてはきたくない、というと
女性であることを受けれてない、拒否している場合が見られます。

女性であることを受け入れられない人というのは、
「男でありたい」とまではっきりと口にはしないものの

「女性じゃなかったら良かったのに」という意識があると思います。


こういう女性は、自分の女性性の象徴であるもの:子宮が受けられず、
潜在意識によって子宮を攻撃します。

そして、子宮筋腫になったり、子宮ガンになったり、子宮の病気になることも稀ではありません。
さらには、子供を産むことが受け入れられなくて不妊になることも。


強い男性性を隠そうとして、過度に「女」を表現する女性もいるので(もちろん無意識です)、
スカートをはいているからって女性らしいとは限らないのだけれど、、


最近スカートはいてないな…と思ったら、少し意識が男性よりになっているのかもしれません。

子宮を健康な状態に保つためにも、たまには女性であることに感謝して、
「女性らしい」というような見た目をすることも重要だと思ってます。



クライアントさんが、セラピーを受けながらどんどん着るものが変わっていくのを見ると、
自我が癒されて、成長している証拠だよなあ~というのが目に見えてわかります。

それに、夢のなかでも服の話が出てきたら、
そのときの自我状態がわかってすぐに対応ができるので

ひとつの判断材料にはなるかな、と。


私自身、男性性が強い傾向があるので…、、、うーん、今日はスカートはこうかな~~♪



---------------------------------------------

【嶋田恭子の 精神分析コーチング】

7日間のメールセミナーを始めました♪


「精神分析で、無意識をポジティブに書き換える方法」

1日1通、精神分析のことについてメールをお届けします。
全て読んで頂くと、なんとなく精神分析とはなにかがわかると思います。


セミナーの最終回に、読者様限定オファーも用意しています。

登録は無料ですので、ぜひ読んでみてください!


↓クリックすると登録画面に移行します。

コメント   この記事についてブログを書く
« 夢分析あれこれ:金魚の夢 | トップ | 体の声を聞く »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

夢分析の話」カテゴリの最新記事