inspiration-macrobiotique

マクロビオティックインスピレーション・随想古事記・日本語と歴史・バベルの塔・日々雑感

祖父の被爆体験から思うこと

2012-06-10 08:24:33 | マクロビオティック
私の祖父は深江素太郎と言います。先日実家の母の七回忌を済ませましたが、同時に祖父の四十七回忌のお祀りをしました。祖父は明治18年生まれ、昭和39年に亡くなりました。大村師範学校を出て教職に就き、祖父の母校でもあり私の母校でもある猶興館にも赴任したそうです。体育が専門で『自分は大して頭が良い方ではない・・・・』と述懐していましたが、祖父は平教員を8年余り経験した後若くして校長になり、以後退職するまで数十年校長として各地に赴任しました。

私の知っている祖父は曲がった事が大嫌いな厳格で優しい人でしたが、周囲は教え子ばかり・・・・・恐れ(?)敬われていました。国策の松浦線の開通のためには畑の真ん中を提供しました。その線路を近道とばかり歩いている人を見かけでもすると、誰彼なく叱り飛ばしていたそうです。今でも時々昔の祖父を知っている方から聞く思い出は、『安満岳の絶壁での逆立ち』のお話です。周囲の風景は違いますが、まあ東尋坊の絶壁(?)とでも言ったようなところです。『手さえつけるなら何処でも逆立ちは出来る』と言っていましたが、器械体操の名手でした。

当然体は非常に頑健でした。これは断言できます。祖父は養子で祖父の父は成田紋左衛門と言って松浦藩の剣道指南役をしていました。身体を鍛えるのが仕事のような家で育ったのですから、確信しています。その曾祖父は93歳で没しています。晩年の祖父の目標は、曽祖父の歳を超えることでした。私が高校生になった頃で詳しく覚えていませんが、90歳を超えることを目標にした長寿の会のようなものがあって、会員証(?)のバッジを見せてもらったことがあります。その頃の祖父は体力に不安があったに違いありません。孫の私にはわかりませんでしたが、日々衰えていくのを実感していたと思います。

何も知らなかった孫の私には、突然のように祖父はなくなりました。夏休みになって離れて暮らしている父母のもとに帰ったばかりのある日、祖父が78歳で亡くなりました。後で思えばお医者様の往診も、ウナギを持ってきたり体力の付くものをお土産にくださったり、とり立てて治療もないおかしな往診でした。祖父も私が出かけるときまでは寝たり起きたり・・・・・、孫娘の目には『そんなもの』でした。身体に出没する紫斑を見せて、『おかしなものばな、一週間もすると消えてしまう・・・・』と言ってました。唯一人すべてを知っていた祖母に後で教えてもらいましたが、祖父は紫斑病、つまり白血病だったのです。

祖父は長崎に原爆が投下されて3日目に、教職仲間の友人達を探しに長崎に行きました。そして惨状を目の当たりにしました。出来得る限りの事をしたと思います。放射線被爆の事は当時だれも知らなかったのですから。多くの日本人が今では防護服を着るところを、無防備で作業をしたはずです。祖父もその一人です。人力の意味すらない程の被爆をした多くの方々が無残にもすぐに亡くなりました。やっと生き延びることが出来たこれまた多くの方々は、ずっと床に就いたまま殆んどが亡くなりました。やがて被爆症を発症した方々が、長崎や広島の被爆者となりました。そして祖父らのように、それほどひどい被爆ではなく体力もあった人々は、年齢とその体力に応じて影響を受けたのだと思います。

現在私達が遭遇している福島原子力発電所崩壊による放射線被爆の問題は、祖父の被爆と似ていると思います。どれくらいの放射線量なら安心か?????毎日そう言った類の線引きが問題となっていますが、本当は被爆する側の問題だと思います。人によって体力が違うのですから。そしてマクロビオティックの徒なら、答えは分かっていますよね。体力というものが転がっているわけではありません。免疫力という食べ物があるわけではありません。それは私達が日々繰り返している食べ方にあり、自分の食べ方によって体の機能をどんなふうに働かせどんな体力を得、それを維持するのか・・・・・

それでもいつかは私達は自分の肉体を捨てる時が来ます。そのとき被爆症だとうろたえないよう、放射線量の増えた(?)今日を生きている意味を考えておきたいと思います。




それでは今日も:

     私達は横田めぐみさん達を取り戻さなければならない!!!





コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 6月休講のお知らせ | トップ | 知らすべからず?? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yi2a mama)
2012-06-28 05:28:44
おはようございます。子供と一緒に寝入ってしまい、ふと目覚めた夜中から、ずっと置き去りにしていたたくさんの繕い物を終えました。やっと頭の隅にあった「気になる事」がなくなりました。

先生の記事は毎回欠かさず読ませていただいていて、その度にお話ししたい事も沢山あって、ずーーーっとそこまでたどり着かず、もうすぐ7月です。今年は中学校の役員に思わず立候補してしまい、小学校、幼稚園…とそれぞれの行事に流されて1学期を終えそうな予感がしています(笑)。

先生の最新記事にもあるように、世の中はどんどん流れています。今も一番に思うのは、東北、福島の方々。この方々のために少しでもお役にたてる変化なら、私は喜んで波に乗ります。そう思っている方はたくさんいるはずなのに、国の中枢にいる人々は違うところで動いている???悲しいです。

マクロビオティックは日々の生活。すべては受ける側の問題。
本当にそう思います。社会の変化も、和子先生のお祖父様が被曝されても丈夫でいらした事も、先生が髄膜腫を玄米おむすびで完治された事も…。
改めて確認させていただきました。選択を間違わないようにしていきたいです。

さて、最後に我が家の近況を。長男はバドミントン部に入部し、朝練も加わりました。まだいっぱいいっぱいなところもある様子ですが、初めての期末テストも終了し、あとは中総体へ向かう…はず(笑)
次男は相変わらず毎日楽しく幸せです(笑)。長女は男の子に負けずサッカーしています。三男は立ち上がって1歩を踏み出そうとする、大きな変化に差しかかっています。自信たっぷりの笑顔がたまりません。

そういえば先月、娘の年中さんで水ぼうそうが大流行しました。去年、娘は我が家初となる手足口病はもらってきたのに、喉から手が出るほど欲しい病がうつらない!!!
受ける側の問題…何が違うのでしょうか…?
お久しぶりですね。 (和子)
2012-07-10 17:16:17
yi2a mamaさん、コメント有難うございました。お葉書をいただいてお返事しようしようと思いながら、果たしていません。yお兄ちゃん、ごめんなさい!!

実は東京を引き払いました。そしてやっと引っ越しが終わり、8割方片付きました。でも最後の心地よさに至っていません。

ゆっくり落ち着きを取り戻したら、また記事を書きます。それではお元気で。

コメントを投稿

マクロビオティック」カテゴリの最新記事