奄美自然観察記

高のフィールドより

地名のついた固有種 ユワンオニドコロ

2007-07-19 19:11:33 | 植物




湯湾岳(694m)は、霧に包まれていました。こうした湿潤な高度が湯湾
岳独特の植物たちをはぐくんでいるようです。今日は、湯湾岳の地名を
冠したユワンオニドコロの花をみることができました。ヤマノイモ科のつる
性多年草で1980年代に奄美大島で初めて発見された希少植物です。
花は白色の粒状の花がならんで咲きます。

【島口バージョン】(キシゆむた)
湯湾岳(694m)や、霧ぬかぶとぅりょうたっと。かしし湿たんたあかんど
ろかな湯湾岳にしかねん草んきゃぬほでぇりゅんだりょうろや~。きゅ
うや、湯湾岳ぬ名ぬつちゅんユワンオニドコロぬ花ばにゅんくとぅぬでけ
りょうたっと。ヤマノイモ科ぬつる性多年草ありょうてぃ、1980年代島な
んてぃ初めてぃにっきらったんむじらっさん草ぬあんべぇじゃ。花やしる
かん粒々しゅん花ぬならでぃ咲きりょっと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 湿潤な樹幹で咲く クスクスラン | トップ | のどを膨らませて鳴く リュ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ユワンドコロ (いまが)
2007-08-08 13:17:07
ヤマノイモ属の植物に興味を持つ者です。まだ見たことがなかったユワンドコロを検索していてたどりつき、霧の中の素敵な写真を拝見しました。是非教えていただきたいことがあります。
1. 一番上の写真を見ると、ツルは右上がりに巻いているように思えるのですが、木が太いためちょっと分かりにくいです。もう少し細いものに巻きついていたり、またはツル同士が絡み合っているような写真をお持ちではないでしょうか。
2.写真の花は雄花だと思いますが、雌花の写真をお持ちではないでしょうか。雌花は、おそらくは雄花に似ているでしょうが、花の下に子房が付いているため、枝からちょっと突き出しているように見えると思います。そのような花はなかったでしょうか。なお、ヤマノイモ属は雌雄異株ですので、雄花と雌花は違う株に着いているはずです。

以上、お手数をかけますがよろしくお願いします。
もう2箇所で観ています ()
2007-08-08 19:11:25
いまがさん、はじめまして。
私のブログをみていただき、ありがとうございます。ユワンドコロの花は、私も今回はじめてみました。あと2箇所で観ていて、1箇所は拡大してみると、おっしゃるように雌花だと思われます。ツルが絡みついたような写真もあります。もし、写真をごらんになりたいということでしたら、「奄美ネイチャーセンター」のHPを検索いただき、そちらのほうへ本名とご連絡先を明記いただいたメールを送っていただければ、返信メールへ添付できると思います。

コメントを投稿

植物」カテゴリの最新記事