Inoueinterior Room Blog

報道されない福岡の危機を伝えます。気分転換は山の話題。

2019年最小の満月+1@山口

2019-09-20 21:00:00 | 日記

9月14日は今年最小の満月だった。この日、福岡市内の天気は良くなかったので諦めたが、翌日、山口の田舎は絶好の撮影日和だった。月の見かけの大きさ(視直径)は地球と月との距離が近いときには大きく、遠いときには小さくなり、最も大きな満月は最も小さな満月に比べ約14%視直径が大きく、約30%明るく見えるのだとか。大きさの違いは肉眼ではわかりにくいが、15日、山口の田舎で見た月は、福岡市内で見る月に比べかなり明るく感じた。人口が少なく空気も綺麗な上、あたりに光害の原因となるようなものがないからだろうか。そんな昔と変わらない夜空を眺めながら、在りし日の父の姿を思い浮かべていた。

 

撮影日:2019.9.15(21時頃)

今年最小の満月+1日(iso400、1/250s、F6.3 トリミング有) 

 

 

 

 

シャッタースピードを遅くして(iso400、1/125s、f6.3 トリミング有)

 

 

 

 

シャッタースピードを速くして(iso400、1/640s、f6.3 トリミング有)

 

 

 

 

今年最大の満月(2月20日福岡市内撮影)と比べてみると…(カメラ設定はすべて同じ トリミング無)

     最大の満月(左)と最小の満月+1日(右)

大きさの違いがわかる 最大の満月は一番明るい時間帯で最小の満月は1日遅れなので、明るさの差はちょっと大きいかも

 

 

スマホで撮影すると…

機能が少ないのでこれが精いっぱい、、

 

 

 

《関連資料》

国立天文台。ほしぞら情報 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 五ヶ山クロスキャンプ場上の... | トップ | 博多駅前陥没事故~再掘削、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事