Inoueinterior Room Blog

報道されない福岡の危機を伝えます。気分転換は山の話題。

【福岡市議選】わずか90票差で、親高島派21議席に(4月18日更新)

2019-04-09 10:02:00 | 市政

7日に行われた統一地方選挙、福岡県知事選で小川知事が圧勝した。ひとまず安堵して休んでいたところ、8日午前1時すぎに突然、目が覚めた。市議選結果が気になっていたからだが、開票速報を見ると、ほぼ全ての議席が決まり、残り1議席というところだった。すぐさま親高島派の議席を数えてみたところ21議席。再度、数えてみたが結果は同じ。起きてほしくないことが起きてしまったと、がっくりしていると、喜びを抑えきれなかったのか、高島市長のツイート(ブログ)が入ってきた。お陰で眠れなくなってしまったので、詳しく見てみると、わずか90票差(博多区)で維新新人が共産党新人を制して、親派1議席を獲得。ここが運命の分かれ道となっていた。

高島市長は、親派(21議席)を確保するため、選挙期間中、公務を放り出し、自分の選挙のように選挙カーに乗り込み、候補者の応援をしていた。だが、高島市長が支援した候補者は全員落選している。やはり市民はきちんと見ていたということだろう。なぜ、高島市長はこれほど21議席に拘るのか。それは定数62人のうち3分の1以上、つまり21人の味方がいれば、議決のやり直しを求める「再議」を申し立てた際、議会の結論をひっくり返すことができるからである。言い換えれば、議会を自分の思い通りに動かせるからである。しかし、「再議」というのは、議決内容に異議がある(異常な)場合、最後の切り札として使うものであって、自分の思いを押し通すためのものではない。2年前、高島市長が再議で福岡空港新会社への出資を拒否したのは、議会軽視以外の何物でもない。この時、自民党1人が造反したため(21議席となり)、高島市長の勝利となったが、その時の独裁ぶりは忘れられない。

さて、懸念していたとおり、ふたたびロープウエーの話題が出始めた。先月、高島市長は「もうロープウエーは議論もしない」と表明したが、この時(親高島派は20人)、親高島派を増やしたい高島市長にとっては、間近に迫った市議選でロープウエー構想の争点化を避けたかった。しかし、選挙は終わった。しかも、21議席を獲った。いつでも計画を復活させることはできる。おそらく高島市長はこの時を待っていたに違いない。もう二度と復活してほしくないが、何をしでかすかわからないのが高島市政。時を見計らってロープウエー構想を持ち出してくるのだろう。なぜなら、JR九州が手ぐすねを引いて待っているから。いよいよ議会から目が離せなくなってきた。

 

 

改選後の初議会、新たな顔ぶれでどんな議論がなされるのか、、 (2019.4.8付 西日本新聞朝刊) 

 

 

 

《2019.4.18更新》親高島派が21人から22人に!

親高島派が1人増えて22人になった。内訳は、公明党が12人(改選前比1人増)、みらい・無所属の会と日本維新の会で構成された、福岡令和会が6人、自民党新福岡が4人。自民新福岡は、高島市長の応援を受けたとされる無所属新人(おそらく藤野哲司氏)が加入し、3人から4人に増えた。これで議会運営委員会に委員を出せるようになった。さて、これがどんな(悪)影響を及ぼすことになるのか。

・「親高島派」が22人 福岡市議会、会派構成決まる(西日本新聞 2019.4.17)

 

《2019.4.11更新》新会派「福岡令和会」誕生!

「みらい・無所属の会」と「日本維新の会」が10日、新会派「福岡令和会」を結成すると発表した。メンバーは、みらいの国分徳彦氏、藤本顕憲氏、浜崎太郎氏、維新の天野浩氏、堀本和歌子氏(新人)、無所属の橋田和義氏(空港問題の際、高島市長へ寝返った元自民)の6人。いずれも高島市長のお友達、そこに新人の堀本氏が加わった。高島市長に対しては「何でもイエスではなく、二元代表制の一翼として意見や提言もしていく」と話しているが、さてどんなものだか。じっくり見ていくことにしたい。それにしても、福岡令和会とは、、

新会派「福岡令和会」結成 みらい、維新などの6人 福岡市議会(西日本新聞 2019.4.11)

 

《2019.4.10更新》ここに注目!

野党第1党である福岡市民クラブ(旧民主党)は、代表の太田英二氏と幹事長の阿部正剛氏が落選し、8人のうち6人が新人であること。さらに、共産党が1議席減らしたことなど、果たして高島市政をどこまで追及できるのか。また、内部で揉めていた、福岡維新の会の代表・富永周行氏と副代表・とみなが正博氏が落選し、みらい・無所属に移っていた天野浩氏(高島派)が維新に戻り、新人女性議員の2人体制。ここが高島市政にどこまで追随するのか。それにしても、元自民党・伊藤嘉人氏が当選するとは思わなかったが、今回引退した光安力氏からきっちりバトンタッチできたことは、自民党にとっては大きいだろう。 

 

 

 

《関連記事》

福岡市長が奔走、効果は? 「親高島派」の議席増 重点応援の新人落選(西日本新聞 2019.4.9)

福岡市議選「市長派」3分の1以上に ロープウエー構想削除の見直し可能に(毎日新聞 2019.4.8)

福岡市議選「親高島派」21人当選 1増、再議「切り札」確保(西日本新聞 2019.4.8)

【統一地方選】福岡市議選 市長がヒートアップ、「与党議員」の増加狙う(産経新聞 2019.4.5)

 

《関連資料》

福岡市HP。平成31年4月7日執行 統一地方選挙 投・開票速報

NHK統一地方選・福岡市議選 各党議席

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 筑後桜めぐり2019(4月13日更... | トップ | 五ヶ山クロス・ベースに飲食... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も睡眠不足に・・・ (ひまわり7939)
2019-04-09 11:23:02
現職小川知事圧勝に安堵しているところに、福岡市議親高島派21人誕生を知り、私も愕然とし、睡眠不足になりました。
ただ、今日ニュースサイト「ハンター」記事を読み、少し安心しました。
それは21人すべてが、本当に高島市長の言いなりになるかどうかは不明だから。
それに今回県知事選で武内氏を支援したのに、7日敗北がわかると、麻生氏が出席した集会には欠席し、ブログでは選挙前とは態度を一変し、当選した小川知事にすりよるずる賢さ・・・
いつ裏切るかわからない高島市長を、全面的に支えるかどうか、疑問です。
市政を今後も、注意深く見守っていこうと思ってます。
ひまわり7939様 (山婆・ブログ管理者)
2019-04-09 16:38:28
コメント有難うございます。
ひまわりさんも睡眠不足でしたか、、
内容が内容だけに体によくないですね。

>21人すべてが、本当に高島市長の言いなりになるかどうかは不明だから

そうあってほしいですね。
維新の新人さんに微かな期待をしているのですが、、

>市政を今後も、注意深く見守っていこうと思ってます。

はい、市民が関心をもって注視していくことが一番大事なことだと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市政」カテゴリの最新記事