毒を放出!

日々生活のストレスを放出し、スッキリノビノビやっていこう!

朽木の紅葉 2018 + 温泉

2018-11-21 21:01:32 | ROAD
本日休み。
6連勤で疲れたのと近頃寒暖差のおかげか体もちょっと気ダルめ。
そんな感じなので今日はユルくドライブがてら朽木の紅葉を見て回り、温泉で〆るプランを実行。
もちろん天気が良いというのは予報でチェック済み。
紅葉はやっぱり日差しがないとね。

今朝は今季最低気温で朝が寒かったので陽が高くなるまで家の掃除など雑用をして9時半過ぎ出発。
琵琶湖大橋を渡り鯖街道へ。




お目当ての坊村の紅葉は見頃。
差し込む日差しも美しく、ちょうどイイ時間帯。
けど散ってしまっているのもあり、ちょっと遅く来てしまったかな。


夜露に濡れた落ち葉は艶がでてこれまた美しい。
そしてお寺の濡れた屋根に陽が差し湯気が上がっていた。


この時間帯がキレイに見れるというのは長年の経験で得たもの。
冷えた空気感が気持ちイイ。


(左)武奈ヶ岳へ続くおなじみの橋。
(右)こちらは葛川かや葺の家。


私は小学生の頃から何故かかや葺の家が好きだった。
いつかかや葺の家で寝泊まりしたいと思っている。

坊村を出た後はさらに奥へ入り、久しぶりに京都の久多へも行った。
がしかし、奥の紅葉はもう終わりかけで見どころ少な目。
あとどちらかというと杉並木が多く見どころ少な目。

そしていつもの神社。

見事な銀杏の落ち葉の絨毯。
しかしここも木には一枚も葉がついておらず落葉後、ちょっと遅かったな。


ここに来たのはちょうどお昼過ぎだったので、持ってきたコンロで湯を沸かしカップラーメンで昼飯。
日差しはあるけど風はなくちょうどいい塩梅の中での昼飯だった。
誰もいないし静かだし。

この後は再び鯖街道へ抜け、朽木温泉てんくうへ寄りサウナ6分×3含む1時間半ほど浸かり今季初の温泉でゆっくり。
寒くなると温泉の季節だな。

そして帰り道、京都大原の志野に買い物へ行き、比良山の下へ水汲みに行って自宅には16時前に帰宅。
なんだかんだ結構な時間のお出掛けだった。
コメント

スマホ導入(予定)

2018-11-20 21:11:12 | 日々思ったこと
日記のネタが全くないので先の話でも。

あったら便利だが無くても困らない、維持費がムダに高い、という理由で頑なにガラケーを使いスマホを遠ざけていた私だが、妻のスマホが経年で使いにくくなったこと、そしていろいろ教えてもらって我が家に合ったプランもあったことから私も遂に持つことにした。
それはSIMフリーの格安スマホ。

今までも妻と子供のはそれを使っていたのだが、それぞれ別の会社のを使いややこしかったので一社に纏めたかった。
それでどこかええとこはないかとこのテの情報に詳しいぼんさんに尋ねたら、3回線が1パックになって今まで妻が単独で使っていた回線より月々が安くなり尚且つ更に2回線使える(2回線はデータ専用)プランを教えてくれた。
つまり子供用にもう1回線払っていたのも不要になり、今まで2回線分払っていた金額よりもより安くなりながらもう1回線使えるということに。
それならば「私も持つかな」ということに。
しかもキャンペーン中で契約事務手数料も不要だったのでそれも利用、お得でした。

がしかし、肝心のスマホがまだない。

特に高機能も求めないし拘りもないのだがコストパフォーマンスに優れるものをこれまたぼんさんに教えてもらったら新型が目に留まり、それを発注(海外)。
発注できるのでもう発売されているものかと思いきや、これから発売のものでよく見ると納期はまだ1ヶ月ほど先。
別に急がないし、まあええかと思いながら待っているのだが先にSIMカードが手元に届いているのにそれを使う本体がないという切ない状態に。
で、今は年内に届くのだろうかという感じ。
ちなみにSIMはデータ専用なのでガラケーはまだ持つ予定。
故にケイタイはガラケー・仕事用ガラケー・スマホと3台体制となってしまい少々ウザイかもしれない。
そのまま使っていよいよガラケー不要となったらまた考える。
その逆もありえるけど。
コメント (2)

さようなり

2018-11-19 20:51:15 | 日々思ったこと
この前の子供との山行きを最後に(私が乗るのは)ファミリーカーがドナドナされ我が家から去っていった。
特に不満という不満もなく、このクルマは乗り潰すつもりだったのだがタイミング的なものがあって手放してしまった。
次のクルマはまだもう少し先。

ところでこの前のお出掛けでは往復約300キロを走行したのだがご覧の燃費。
湖岸道路と田舎道、そして起伏のある山岳道を走って平均燃費は15.8km/lを記録。
エアコンを使わない季節だということもあるだろう、過去最高燃費だと思う。
よく走ってくれたな。
コメント

2018年 渓流釣りを振り返る(道具編)

2018-11-17 22:02:37 | 釣り
日記ネタもないのでここらで毎年恒例のメモでも。

と言っても今年は新たに取り入れた道具というものはこれといってなく、劇的に変わったとか印象深いというものが特にない。
そんなことを言ってしまっては今日の日記が成り立たないので幾つか。

一番はリールを新調したことだろうか。
ストラディックCI4+C2000HGS、使いだしたのが禁漁前の9月で数回の使用だけどなかなか良い印象。
ライントラブルもその他トラブルも一切なく、水に濡れてもハンドルが重たくなることもなかった。
これは今後間違いなくメインリールだ。
一方不評をかった12カルディア200hはどうしようか思案中。
シーズンオフ中に不具合の件でオーバーホールに出すか否か。
オーバーホールに出すのももったいない気がする。

ラインに関してはもう全くのPE信者に。
今のところナイロンに戻ることはないように思うぐらい。
ナイロン比ライントラブルも格段に減ったし、強度があるし根掛かり回収率が高いのがよいところ。

ルアーについては今年フローティングも用意していたが、水が多かったからか使うような場面なく不発。
それでも何度か使ったが軽いが故、シンキングミノー比飛距離も出せず釣れる気しなかった。


そして来シーズン期待の道具といえば、
クマ除けの火薬鉄砲である。
コメント (2)

7ピタ

2018-11-16 22:07:55 | 日々思ったこと
今日は休みの予定だったが大阪行きの仕事が入っていたので休日出勤。
その仕事はスムースに進み予定通り、いや予定よりも早く終えることができて一安心。
帰社後はその後仕事と、溜まっていた他の雑用等をこなし7ピタで退社。
よく働いた。

代休はいつ取ろう。
コメント

ヤモリ現る

2018-11-15 21:28:09 | 日々思ったこと
昨日休みの午後は軽く外出する以外ほとんど家の中で過ごした。
というのも天気が良くなかったから。
自転車で北上すると気持ちよく晴れていたのだが、南部の家に戻るとドンヨリと雲多く冴えない天気で出掛けようという気になれなかった。

そんな夕方、外出して家の中に入り廊下を歩くとその廊下にカサカサ動く黒い影がありビビる。
一瞬この世で一番嫌いな生き物ゴキブリかと思って怯んだ。
がしかしよく見ると違って、ヤモリだった。
なんでヤモリが廊下を歩いているんだ?どこから入ったんだ?と思いながら捕まえる。
個人的にヤモリって愛嬌ある顔してて嫌いじゃないし、ヤモリは家守というくらいで縁起の良い生き物なのと害虫も食べてくれるので悪い印象は無い。
しかしそんなことは妻子供には通用しないw
ギャーギャー言うて「はよ取って!」と嫌うので、家の中においておくわけにもいかず玄関外に逃がしてやった。
コメント (2)

天気と気分で

2018-11-14 21:01:23 | ROAD
今日の休みは予定を立てず朝起きる。
天気と気分で何をしようか決めるという感じ。
で、朝起きたらブ厚い雲が空を覆いどこかへ行こうという気分は萎えたので寝巻のまま家の中でダラダラし掃除だけして10時から自転車乗りに。

そして悩んだのがウェア選び。
気温が低くなりさすがにレーパンでは走れないと思ったので、この春に買うといたナリーニのタイツをおろし今季初のタイツ走行。
そして上半身も悩む。
半袖+アームウォーマーではこれまたさすがに寒い、しかしジャケットでは暑そうだ。
ちょうどいいウェアがない、、、と思ったが、唯一持ってる長袖ジャージの存在を思い出し引っ張り出した。
しかしその長袖ジャージ、実はあんまり好きでない。
というのも色が黒色で、タイツと合わせると黒づくめになってしまうからである。
近頃サイクリストを見ているとモノトーンのウェアが流行っているのか黒づくめの人を見かけたりするのだが、私は黒いウェア(上着)が嫌いなのである。
だからほぼ封印し着ることなく衣装入れの底の方に埋もれていた。
なら何故買うたのか?と言われると気の迷いとしか言えない。
しかしまあ機能的にはちょうど良くって寒くもなく暑くもなく快適だった。

さてそんなこんなで走りだし、50キロコースへ北上すると天気が良くなってきて気分も上がる。
がしかし風が強くて難儀した。
北上するときは向かい風中心で、帰りは追い風だガンバロウと心の中で思ってたのに何故か帰りも向かい風多し。
自転車あるある。


本日の走行距離 51.0KM
AVE SPD 27.8KM/H
AVE CDC 71PM
AVE HR 136BPM
MAX HR 161BPM
ENERGY 921KCAL
コメント

押しまくり

2018-11-13 22:20:57 | 日々思ったこと
今日は仕事で岐阜へ。
時間がかかることがわかっていたので午前中早めに出発して・・・と予定していたのだが、出勤途中から電話がかかってくるし、出勤してからも予定してない仕事が入るし、来客もあったりで全然予定通りに行かずつもりしていた時間の1時間半押し。
そんなことでどんどん時間が押して岐阜での仕事を終えて戻ってきたのは日も暮れた時間帯。
それから外出でできなかった事務仕事などなどと明後日の準備をしてたら、

疲れた

明日は休む。
何しようかな。
けど、今は何も思いつかない。
コメント

徳山ダムで紅葉狩り

2018-11-12 21:32:51 | お出掛け
昨日の冠山行きの時に見た徳山ダムでの紅葉。
天気も素晴らしく、色付きも素晴らしく「うわ~ええな~」を繰り返し、クルマを止めては写真を撮ってということを繰り返しなかなか目的地に辿り着けないw


ただただキレイ


色とりどり


風もなく日差したっぷりで穏やかな中、登山口まで行かなければならないのに足が止まる。


早朝から来ているのだろうか、カメラを持った人たちが驚くぐらいに居る。


紅葉はきれいだが、この緑色の水に吸い込まれそうな気もして怖い。


徳山会館にも寄りました。
レオン君はいなくなり、小屋もなくなってたな。


紅葉迫り来る

こちらは下山後に撮影。

西日がちょうど黄色とオレンジの木々に当たって際だって美しく見える。
ダムに流れ込む支流には興味を惹かれて仕方ない、要チェックだ。


西日を受ける紅葉もキレイだ。


秋を満喫できたイイ一日。

贅沢を言うなら帰り道に温泉に寄りたかったな。
コメント

子供と冠山へ山歩き

2018-11-11 23:37:35 | お山歩き
今日は家族で秋のお出掛けをしたいということで休日出勤の代休を取得。

さてどこ行くか・・・と考えていたのだが、前日になって中娘に学校行事があることが発覚。
なんと!
せっかく休み取ったのに!
と、落胆しどうしようかと考えた結果、小娘が山歩き行きたいと言うのでその案に乗っかった。
というかその案をはじめから持っていた。

行き先はちょっと遠いが岐阜県の冠山。
私は過去に行ったことがあって、そこそこお気軽な割には展望が良く達成感を得られる記憶があったのでそこに。
加えて今の時期紅葉も期待できるだろうと踏んでのチョイスだ。
朝8時過ぎに自宅を出発し一般道を走り途中スーパーで弁当やお菓子を買い込んで、この前行ったばかりの国道303号線八草トンネルをくぐり岐阜県へ入り横山ダム、徳山ダム横を走り冠峠へ向かった。
道中、徳山ダム周辺の紅葉は素晴らしくクルマを止めては写真を撮ってたので現地着が遅くなってしまったのが予定外。
その写真はまた後日。


(左)そんなことで小娘と2人でお出掛け♪
(中)天気は秋晴れで文句ナシ!そして木々の色付き具合も素晴らしく文句ナシ!
(右)林道を上っていると特徴ある冠山が見えた!
「あそこまで行くんやで」と子供に教えると「遠い!」との返事w


(左)先に書いた理由で峠着が遅れてしまって12時前に歩き出す。
先に昼飯を食うか迷ったが、出発が遅くなってしまったので携行食を持ち腹が減ったら補給するということで昼飯は後回し。
(右)子供にはポールを1本持たせた。
快晴だが、標高は1000Mあるだけあって気温は13度ぐらいと低め。
でも歩き出すとちょうどいい塩梅、むしろ暑い。


眼下に見える山々は紅葉が見頃で素晴らしい。
やっぱり杉山でなくブナ山がイイな。
こちらは福井県側で、大野市へ続く林道が見える。


(左)冠山へ続く標高約1000Mの稜線は紅葉の見頃は過ぎ葉が落ちている。
(右)写真中央に見える草原のような場所は冠平。


(左)途中おにぎりを食べるなど休憩をしながら約1時間半で山頂着。
スント計測標高1215M、実際との差は50M、高気圧が張ってる分差が出たかな。
(中)セルフ記念撮影。
結構人気の山のようで登山者多数、子供連れの家族も多い。
(右)もう一枚記念撮影。
そういえば、冠平から山頂まではなかなか急な岩場があり、うちの子にそこを越えられるか心配したが意外に大丈夫だった。


山頂ではこの景色。
高度感あって、その下に広がる景色もお気軽な割には十分すぎるスケール!


こちらは徳山ダム方面。
登山道の右脇はなかなかの絶壁。

山頂では不思議と風も吹かず全然寒さも感じることなくポカポカ陽気。
ホントいい天気だ♪

(左)上りよりも気を引き締めて下山。
(右)よく歩いたな、十分十分。


(左)駐車場まで下りたら、クルマから椅子を取り出して遅めのお昼を食べました。
(右)このクルマでのお出掛けはひょっとしたら最後になるかもしれないので林道を下る途中で子供と山とクルマを記念撮影。

登山の往復約2時間半、道中クルマでの往復時間約7時間(寄り道含む)約300キロ。
天気良く、景色良く、子供と一緒に歩けて、そして紅葉も楽しめて充実感も十分。
イイ休日であった。
コメント