雨のち晴れ・・・時々ゆき

雨男お父さん、
我が家を照らす太陽王子
そして、時々ゆきお母さん

浅草富士浅間神社。

2013-09-30 23:31:10 | あめ

これまたすぐ近くにあるのが浅草富士浅間神社

浅草富士浅間神社

富士信仰が盛んで、富士山参拝が出来ない人のために

全国に浅間神社が出来たとか・・・。

 

御朱印は浅草神社でいただけます

 

コメント

被官稲荷神社。

2013-09-29 23:13:56 | あめ

続いて行ってきたのは

浅草神社のすぐ隣。

二天門の側にあります・・・

じゃじゃーん!被官稲荷神社

ちょい地味ー

 

稲荷なので狐がお出迎えです

 

連なる鳥居があったり、お社も社殿も歴史あるものだそうです

御朱印はお稲荷さんがハンコになっててカワイイ感じ

 

コメント

浅草神社。

2013-09-28 19:35:52 | あめ

今回行きたかったのが

ご存知!浅草寺

の隣にある

浅草神社です

 

三人の神様を奉っていることから「三社さま」と呼ばれます

 

紋様は三人の神様を3つの漁網で表してるとか

 

浅草神社で御朱印いただきました

浅草寺は人いっぱいで賑やかだったけど、

浅草神社は落ち着いてゆっくり参拝できます

 

コメント

浅草へ。

2013-09-27 17:30:12 | あめ

バーンっていったパソコンがやっぱり不調で

開けたり開けなかったりしてます

なので開けたタイミングでまとめ書きです

 

雨が降ってきた中、まずは浅草を目指します

銀座線の浅草駅はオブジェもシャレオツですわ

 

浅草といえばちょうちん 

駅降りるとでっかいアレがあるもんね

 

おなじみ、この「雷門」のちょうちん 

 

あれっ なんかペラッてない

ほら!裏っかわ見たらタペストリーじゃん

いつからこうなってるんだっけねぇ

 

まあまあ仲見世みながら神社行こう

で、せっかくだから浅草寺も参拝して

神社いくつか見てきたよ

 

また浅草寺に戻って仲見世の「あの店」で買い物を

と思ったら

アイスもなか・・・行くときはやってたじゃん

修学旅行の子どもたちがワイワイしてたじゃん

まだおやつの時間にもなってない時間帯だよ

ざんねーん

コメント

なんて日だ!

2013-09-26 22:46:16 | あめ

もうね、悔しいやら哀しいやら・・・

帰りの深夜バス全然寝れないからね

しかも朝着いて仕事行ったからね

 

振り返れば今回いろいろツイてなかった

神社めぐりの途中、近寄ったスカイツリーもこんな

全然見えないじゃん

 

帰り道はかろうじて、こんな

まあ登りに行くつもりはないからいいけど。

 

そのほかツイてないだらけだったけどさ・・・

帰ってきたらマーが、

「パソコンがバーンっていって画面消えた」だって。

 

なんて日だ

コメント

柏レイソル、アジアの頂点へ!

2013-09-25 23:09:06 | あめ

もうね、行くしかなかったんだよ

またまた日立台へ

アジアNo.1になると信じて参戦

アウェーサイドに近いけど前の席

これぞ日立台

 

平日だけど、ほぼ満員

さあ行こうよ!

 

 

 

しかーし結果は1-4

 

なんも言えねぇ

 

 

コメント

漢字。

2013-09-24 18:42:44 | あめ

ギンガの映画館でのっちが欲しがったモノ

プリントシール

名前をシールにするやつで、『漢字にして!』だって

ギンガもプリントされてるからお気に入りみたい

コメント

ふたり旅、再び。

2013-09-23 23:25:21 | あめ

のっちとふたり、映画を見に行きました

 

 

群馬まで   

群馬までーっ

 

ウルフェスで前売り券買ったんだけど、

よく見たら大都市圏しか上映してないの

いちばん近いのが群馬・伊勢崎だって

早起きして出発だ

 

途中でグミ食べる休憩があったり

 

コーヒーブレイクがあったりして

 

伊勢崎に到着 思ったより近かった

そうこうしてるうちに開館

楽しく映画を見ました

 

予告を見たら「第2弾は3月公開」だって

次もココまで来なきゃなのかな

まぁのっちが楽しめたのでよかったよかった

パーも楽しかったし

 

 

 

 

 

コメント

死神の浮力。

2013-09-22 22:53:12 | あめ

この新刊を読むために前作を読んだんだけど、

前作が思いのほかよかったので、こっちも期待

死神の浮力/伊坂幸太郎

 

今回は描き下ろし長編だそうで、あれっ短編じゃないの?

読み応えありそうじゃん!とページをめくると、

サイコパスと被害者夫婦のお話でちょっと重くて・・・

ただ死神・千葉のズレた言動が和ませたり助けたり

途中の追跡劇はゴールデンスランバーを思わせたり

結局は面白いんだよね

被害夫の父とのラストエピソードとか・・・いいね

そしてフリの回収も秀逸

最後の最後まで楽しめるんだわ、すごい

 

 

コメント

死神の精度。

2013-09-21 22:32:50 | あめ

新作が出たのでその前に既刊を読んどかなきゃ

死神の精度/伊坂幸太郎

 

死神・千葉と、死ぬのが「可」か「見送り」か

判断される人たちの短編集

読みやすい面白い

なんで読んでなかったんだろうね

前に出てきた人の事が後で語られたり・・・

「恋愛で死神」からのラスト「死神対老女」なんか好き

やっぱこの人伏線の回収ウマいね 今更ながら

 

 

 

コメント