雨のち晴れ・・・時々ゆき

雨男お父さん、
我が家を照らす太陽王子
そして、時々ゆきお母さん

永い言い訳。

2016-01-29 23:50:17 | あめ

本屋大賞の候補の中で唯一読んでなかった

永い言い訳/西川美和

 

バス事故で突然奥さんを亡くした人気作家。

それでも悲しめない主人公が、

同じく事故で残された家族と触れ合うことで・・・。

 

すごくよかった

直木賞は「流」に敗れ獲れなくて、

その時の講評が酷評だったけど全然いいじゃん

好きな作品になりました

 

コメント