「学び合い学習」を試して早速ドラマが生まれました!

「やった~~~!!!」
学校内に響きわたるほどの子ども達の歓声が上がりました。
クラスのみんなで力を合わせて目標を達成できた瞬間の歓喜の雄叫びです。
何ごとかと隣のクラスの子が見に来たほど。その楽しい雰囲気、そして喜びは普通じゃなかったようです。

何をやったのかというと、「学び合い学習」の導入をしてみたわけです。

「ジャンケンで3回勝ったら座れます。全員が座るまでやります。みんなが早く座れることが目標です。自分一人が座れることではありません。ヨーイ、ドン!」

大騒ぎしながら必死にジャンケンをする子ども達。

1回目、70秒。

「けっこう時間がかかったよね。じゃ、どうしたらタイムを縮められるか考えてみようか。」

たくさんの意見が出ました。みんなが納得できる素晴らしい意見の数々。

「では意見で出てきたことに気をつけながら、もう1回チャレンジしよう。ヨーイ、ドン!」

教室内を動きまわる子が激増する。
2回目、48秒。

「もっと縮められそうだね。実はこのクラスには弱点があります。『団結』のマインドマップには出てこなかったことです。分かる人?」

「はい、男女の協力です。」

「そうそう、まだまだやっぱり男女の分け隔てがあるよね。それを乗り越えたらもっと早くなるんじゃない。では、今度は自分達で目標を設定しよう。」

子ども達が決めた目標、45秒。

「では、ヨーイ、ドン!」

近くにいる人なら、男子も女子も関係なくジャンケンし出しました。

「タイムは・・・・・・・44.18秒!」
「イエーッ!!!」「わーっっっっ!」
みんな大喜びのニッコニコ!

次の目標、38秒。この微妙な数字。子ども達がいかに頭を使っているかが表れていますよ、ここに!

「ジャンケンなんて言ってたら遅くなるから、“ポンッ”でやろうよ!」
「よーし!やろう!やろう!」
「じゃ、いくよ、ヨーイ、ドン!」

大騒ぎも極めつけ。楽しくて楽しくてならない状態。

「早く席につけ!」「座っている人、どんどんジャンケンしろ~!」

全員が3回勝って席につく。
そしてタイム。

「3・・・・・(子ども達、机をたたいてドラムロールの真似、ダダダダダダ・・・・)・・・・・5秒! 35秒です!」

「うわ~~~~~~っっっっっ!!!!!!」

何とも言えない達成感。たかがジャンケンをして遊んでいただけなのに、なんだか感動に包まれている教室。

「すごいよね! みんなで同じ目標を目指してさ、ジャンケンしただけなのに、なになに、この達成感は! これを勉強でもやったらさ、すごいことになるんじゃない! 自分だけが勝つんじゃなくって、みんなが勝てるように、みんなができるようにしていけば楽しいよね!」

学び合いの導入でいきなりドラマが起こってしまった井上学級です。
これを学年で取り組んでいくようにしようと思います。


導入だけでなく、国語と総合の時間でも学習に学び合いを試してみましたよ。

国語での設定目標
「教科書の『ガイドブックをつくろう』を読んで、クラス全員が大事なところをノートにまとめ、誰もが説明することができる。それを12:05までにやること」

総合での設定目標
「20分間で、インターネットを使って、全員が日光に関する資料を手にすること」

子ども達、ちゃ~んと教え合いながら学習を進めていました。

もともと、マインドマップという思考ツールを持っている集団ですから、ここに学び合いの心が加わればかなりすごいことになる予感がします。

*************************

じつは昨日、横浜市にある「神奈川近代文学館」で開催された「学び合いセミナー」に参加し、学び合いとはなんたるかを勉強させていただきました。これまで見た学び合いの授業が「どうしてこれが学び合いなんだろう???」と、どうもしっくり来ていなかった私は、その本家に行って話を聞かないと分からないだろうと教えてもらいに行ったわけです。

学んだ内容に関してくわしく書くと、とんでもないほど長い文章になる(小冊子を1冊作れるくらい)ので、マインドマップを載せておきました。



まずは、上越教育大学「西川 純」先生の講演『できない子なんていない』マップです。



次は、信州大学「三崎 隆」先生の『出前(模擬)授業』の様子マップです。


三人目は、上越教育大学「水落芳明」先生の『学び合い 安全な入門講座』マップです。



セミナーの内容を要約すると、

(1)従来の授業ではどうしても「傍観者」的な学習者が生まれてしまう。学習とは本来、全員が主体者となった状態のことを言う。

(2)子ども同士が学び合うことによって、深いコミュニケーションが生まれ、「WE(みんなで)」という意識になり、教室の空気が温かくなる。

(3)学び合いは授業方法論ではなく、子ども観、学校観、授業観をしっかり持って、学びの環境に整えるという教育哲学である。(と私は感じた)

(4)教師の役割は授業の中心にいる授業者ではなく、「授業コーディネーター」と捉えていく。

(5)達成目標を学習者全員が共有し、一人が「できる」のではなく、「みんなができる」ことを目指す。

(6)これによって学習効果は必ず上がる。

(7)さらに子ども達の人間関係、道徳的実践力なども向上していく。

ということですが、じつはこの内容は、私が所属している某研究会では、「問題解決学習」として研究し、すでに当たり前のように授業実践されていたことでした。


長くなりましたので、あとはぜひ本をお読み下さい。

「勉強しなさい!」を言わない授業―年間を通して、クラス全員の成績を上げ続けるなんて簡単だ!
西川 純
東洋館出版社

このアイテムの詳細を見る


「静かに!」を言わない授業―教員経験5年未満の方は読んではいけません!?
西川 純
東洋館出版社

このアイテムの詳細を見る


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
コメント ( 11 ) | Trackback (  )
« 研究授業のご案内 他の学年のマ... »
 
コメント
 
 
 
大事ですね。 (まゆたけ母)
2009-06-08 21:14:35
達成感=自信=学習意欲の増進ですね。また、じゃんけんを取り入れたことで、コミュニケーションも図れて、最高の授業になりましたね。井上先生ご自身も達成感を得ることが出来たのではないでしょうか。
 
 
 
ありがとうございました (janglejap)
2009-06-08 21:19:54
横浜セミナーでは教え子が発表してくれました。
西川先生のブログから参りました!マインドマップもすごい!!ですね。

学び合いの考え方は新しいようでわかっている方には「当たり前」の考え方なんだと思います。
当たり前を当たり前とわかってもらうために・・・これから共に学んでいかれたらうれしいです。
 
 
 
Unknown (N先生)
2009-06-08 22:27:09
ご参加ありがとうございました。
詳しいことは、手引き書に書いてあります。
躓いたらメールして下さい。
サポートしますよ。
記事内容から考えると、すんなり進むと思います。
問題があるとしたら、しばらくして起こる「慣れ」だと思います。
いずれにせよ、よかった、よかった。
 
 
 
理論的な裏付け (イノッチ1000世)
2009-06-08 22:37:18
昨日のセミナーで最も理解できたことは、「学び合い」ということの理論的な裏付けでした。

実は私は今、「もしかしたら今日の授業が自分の最後の授業になるかもしれない」という自分への追い込みをしながら授業をしていますので、自分の教育実践の裏付けになるものはすべて吸収していくというモードに入っています。

昨日のセミナーは、ひとつひとつ腑に落ちるものでした。

今日、同僚に、セミナーの全貌をマインドマップを使いながら説明し、「学び合い」は使える、否、やる必要があるという理解も得ました。

私が開発してきた「アファメーション」を活用した授業と完全にマッチしています。猛スピードで授業実践をさせていただきますので、どうぞ楽しみにしていて下さい。
 
 
 
すごい! (ima-kiy)
2009-06-08 23:17:49
懇親会の最初のテーブルでお隣だった「曳舟」のima-kiyです。「明日からやります!」とおっしゃっていましたが、早速感動的な姿に出会っていらっしゃるところがすごいです。尊敬します。
東京の定例会(おにぎりの会)でお待ちしております!
 
 
 
こんばんは! (横浜 小田)
2009-06-09 01:26:32
『学び合い』にお越し頂きありがとうございました。
実践とブログへのアップのスピーディさに感服します。
マインドマップ講習会で、申し込み頂けた中でも、
ダントツのトップでした。

子どもや大人のために、より良いものを!と探求し、すぐに実践される姿、大変勉強になります。

私の場合、色々なことかじって、
身になっていくのは、少し時間がかかるので、
見習いたいと思います。

井上先生の笑顔と真剣な顔には惹かれるものがありました。子供たちもきっとそうなんでしょうね。

井上先生のブログで紹介されていた本を2冊、
さっそくアマゾンで買いました!
マインドマップfor kids と読書術です。

これからもよろしくお願いします!
 
 
 
あの会場に! (あきのり♀)
2009-06-09 05:01:40
こんにちは。
一昨日のセミナー、参加しました。
高校で教員をしております。
マインドマップフェローにも魅力を感じていて、先生のブログもチェックしています♪
同じ会場にいたとは…!
学び合いも画期的ですよね~。同じような興味の方がいらしてうれしいです。
いつかお目にかかれますように・・・。
 
 
 
皆様、コメントありがとうございます (イノッチ1000世)
2009-06-09 08:35:34
たくさんのコメントありがとうございます。

学び合いの情報を発信しただけで、こんなに多くの方からコメントが入るとは、確かな力を持った運動になっているのですね。

勉強させていただきます。
 
 
 
Unknown (水落芳明)
2009-06-09 13:16:50
早速やってくれたんですね!嬉しい~!!
『学び合い』はどんどん進化していくことと思います。
その都度「そりゃあそうだ。」と納得したり
「なんでだ?」と立ち止まったりすることがあるでしょう。
そんな時こそ、全国の同志とのつながりをいかしてください。
WEになりましょう!
「第5回教室『学び合い』フォーラム2009」もよろしく!


 
 
 
ん~~すごい!! (sumi-chan)
2009-06-09 15:29:42
『学び合い』神奈川の懇親会で、ima-kiyさんの隣りにおりました、sumi-chanです。
セミナーで学ばれたことを整理され、ご自身のクラスで早速実践されたこと、同僚の方にもお話されたこと、内容もすばらしいのですが、セミナーから明けて1日で!?ちょっとびっくりしてしまいました。
名刺を拝見しただけでも、多岐に活動されていらっしゃるようでしたが、ブログを拝見して、圧倒されています。
これからもクラスの子ども達の自慢話をたくさんアップして下さいね!楽しみにしています。
 
 
 
結束力がすごいですね! (イノッチ1000世)
2009-06-09 19:08:44
さらなるコメント、ありがとうございました。

私が一度情報アップしただけで、これだけの反応をして下さるということは、普段からの情報交流を盛んにしていらっしゃる証拠ですね。

強い結束力を感じます。

皆さんの情報も、いろいろと参考にさせて頂きます。

今後ともよろしくお願い致します。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。