BSE&食と感染症 つぶやきブログ

食品安全委員会などの傍聴&企業・学者・メディア他、の観察と危機管理を考えるブログ by Mariko

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ目次その1(最新)

2006年04月18日 13時21分26秒 | このブログの目次
最新版から。。
2006年7月14日、最新版更新あり。

米国牛、危険部位入り肉骨粉食べまくりじゃないですかNEW!

米国牛輸入再開に関する質問主意書&政府答弁が出てましたNEW!

「政府姿勢に異論のプリオン専門委員に厚労省が圧力、食安委本会議委員が指図」という記事
【狂牛病】病院に行く人には他人事ではないBSE/vCJD
 
世界のBSE,vCJD対策の方向を決めるOIEの問題点 公衆衛生・院内感染の学者不在  
【新検査その2】BSEの感度のよい新検査開発についてのご紹介  
米国産牛肉(挽肉!):JALグアム線の乳幼児用機内食に使用  
農水省が米国BSEの危険隠す 感染確認1年前の報告書を非公開に、という記事  
「食の安全」「自己責任」だけでは対応できないBSE・・医療による感染  
「赤ちゃんの粉ミルクの産地は?&きっこの日記のご紹介」 
衆議院から政府に対し、BSE問題に関する質問主意書が提出される
特定生物由来品・ヒト胎盤注射を美容目的で推奨:大手出版社
アルツハイマーとヤコブ病の誤診・集団発生など、情報リンク
どうやって「個人の選択」?豪州産に別産地の牛脂を針で注入
羊の炎症乳腺に異常プリオン ”牛の炎症部位”は大丈夫?
BSE意見交換で仏学者「米国状況は非常に劇的かも・あまりよくないかも」  情報訂正および追加あり!12月15日
狂鹿病問題:鹿ハンターからヤコブ病26名発生 そして鹿肉骨粉や油脂・エキスの行方は?
食安委の事務局が不透明に見える件で寺田委員長に伺ってみた
BSE:国会で食安委の”科学根拠”に疑問続々 でも報道されず
【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官見積(=年間30万トン?)
食品安全委員会の米国BSE評価計算は、抜け穴・欠陥だらけ
プリオン調査会傍聴 トピックは山本茂貴委員作のトンデモ草案
狂鹿病(CWD)とBSE評価について食安委に質問してみた
我々と米国の牛は、まさか「シカ」等を知らぬ間に食べている?!
危険部位の完全除去が無理な理由「スタンニング」&米国牛:シカのプリオン病評価は?
農水省からの回答:新聞の小澤義博氏のコメントは事実ではない
【内外無差別は?】米国牛トレーサビリティ案を、自民のふただ(ニ田)議員が否決するといっている件
衆院:農水委員会のBSE質疑で油脂・血液飼料の問題指摘&食安委内紛
アメリカは牛の危険部位入り肉骨粉を海外に輸出?
肉エキスと動物油脂の産地って米国・中国が少なくないみたいですね。
日経BP社の記事が、日本の経営者に与える影響について
米国調査団報告&OIE小澤義博氏の広告&米科学アカデミーが政府対策批判
【番外編】日本学術会議参加の113学会で不正行為
プリオン専門調査会:米国牛輸入審議 傍聴報告
危険部位→レンダリング(肉骨粉)→鶏飼料→鶏糞ごみ→牛の飼料・・・・?
【米国】牧場に置く「補助飼料」の中身は?&中枢神経組織検出キット
OIEは信用できるか?&【蔓延】米国とカナダで狂鹿病発生 原因は?  
米国の高リスク牛の隠蔽状況と、輸入停止国&中国の様子は?
英国:BSE(狂牛病)被害者は本当に150人だけ?盲腸推計3800人と、二次感染防止通知6000人
米国食肉輸出連合向けに販促費供出を決定とか。&毎日新聞社説
米国の2頭目に関する疑問&、BSEと労働安全について
米消費者団体CUが20ヶ月以上全頭検査をUSDAに要求・専門調査会傍聴
世界初、生体牛テスト開発News & 別件で感度10倍、費用1/10のテストも
全頭検査廃止・米国牛輸入再開を推進される食安委・唐木英明教授のご活動
日本のBSE感染源は肉骨粉ではなく「代用乳材料の汚染」説 &米国2頭目
米国牛輸入に関する調査会傍聴と歯科・内視鏡の感染対策
【中国の鳥インフルエンザ】北京大使館が「注意事項」を掲載 【121人死亡説に全世界注目?】
[米国産牛肉]「輸入再開の条件は整っている」 by読売新聞社説
中国の鳥インフルエンザで死者が出たという報道?&台湾でSARS騒ぎがあった
2005年05月26日まで

以前の情報:ブログ目次その2へ
2005年01月25日 ~ 2005年05月21日
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 「政府姿勢に異論のプリオン... | トップ | 米国牛輸入再開に関する質問... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
BobKit (soma)
2006-01-20 02:22:09
Hi people! We just opened our cool site same like this: buy vicodin: http://markqw.blog.nol.hu/ vicodin online cheap vicodin vicodin; buy soma: http://pub39.bravenet.com/guestbook/3313240073/ soma order soma cheap soma;
はじめまして (でじたる書房)
2006-06-02 21:52:30
『infectionkei2』様



ブログ楽しく拝見させて頂きました。

大変楽しく読ませて頂きました。



最近、『BSE&食と感染症 つぶやきブログ』のような面白いブログは、修正・加筆して電子書籍として販売するとヒットすることがよくあります。



そして、無料で登録できる電子書籍でヒットしたら、次はそれをそのまま商業出版化する、という流れも出てきています。



そこでお願いがあるのですが、商業出版のアシストもしているでじたる書房で、あなたのブログを販売してみませんか?



■TOP:http://www.digbook.jp/

■ライター登録ページ:http://www.digbook.jp/writers_site/

■ライター登録者数:1800人

■総書籍数:6300冊



ご登録、販売にあたり費用は一切無料です!

お待ちしております!



医学者はタバコ事件で何をしてきたのか (煙魔大王)
2006-06-18 14:39:43
すでに1950年代から喫煙とがんの因果関係はさまざまな研究により示されてきたが、その後さらに喫煙による健康被害により医療費全体が増大し、またニコチンによる麻薬に匹敵する依存症についても明らかになってきた。またタバコは正常な使い方をして人体に健康被害を及ぼす唯一の商品であるとも説明されだした。それにも関わらず、わが国では情報の公開が遅れてきた。そこで重要な役割を果たしてきたのが学者たちであり、この役割を担ってきた学者の数は膨大である。受動喫煙の問題が明らかになってきた頃、東京女子医科大学 香川順教授と帝京大学医学部 矢野栄二教授は、米国などのタバコ会社から多額の研究資金を受け取り、受動喫煙による害を否定するための研究を行った。これら学者達による一連のプロジェクトは、タバコ会社の内部文書により明らかになり、2002年12月、BMJ(イギリス医学雑誌)に研究の結果が発表された。



津田敏秀著『医学者は公害事件で何をしてきたのか』 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

このブログの目次」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

タミフルのカプセル 11月23日 (「はたともこ日記」ブログ       http://www.hatatomoko.org)
新型インフルエンザのパンデミックな流行に備えて、タミフルはその特効薬とされ世界中の注目を集めている。現在、製造販売の権利を持つスイスのロッシュ社は勿論のこと、ラムズフェルド米国防長官をはじめ米国の政治家によるインサイダーが噂される、タミフルを開発し特許権
牛タンを食べて考えた (サステナ・ラボ)
久しぶりに牛タンを食べたのですが、高くなりましたね~ 量は前より少ないのに、値段は1.5倍、実質的には2倍になった感じです。それでも経営は大変なようで、牛タンの本場仙台では、廃業したお店もあると聞きます。 これはもちろん、BSE(牛海綿状脳症)のために米国産の牛
低所得者ほど死亡リスク高い?! (柏・松戸・東葛エリアのくらし生活情報サイト)
こんにちは。Aです。 先ほど、何気なく見た夕刊フジBLOGでビックリした見出しがありました。 低所得者ほど死亡リスク高い―運動不足解消で防げというもの。詳しく読んでみたところ、鈴木庄亮・群馬産業保健推進センター所長(群馬大学名誉教授)&群馬大学医学部グル.
暴れん坊のサンタクロース (奥田健次の教育改革ぶろぐろ部)
吉岡治(詞)・小林亜星(曲)『あわてんぼうのサンタクロース』。 なんだかなあ。北
誰がために、肉は来る。 (青二才の成長日記)
米産牛肉、約2年ぶり輸入解禁へ・食品安全委が容認の答申 遂に来ました、牛肉輸入再開。 これで思う存分牛肉食べられるぞ~、・・・ってか。 BSE&食と感染症 つぶやきブログ様
誰が騙して誰が騙されるのか (サイクルロード ~千里の自転車道も一ブログから~)
今日は寒かったですが、朝早めに出て、少し遠出して来ました。
誰が騙して誰が騙されるのか (サイクルロード ~千里の自転車道も一ブログから~)
今日は寒かったですが、朝早めに出て、少し遠出して来ました。
食品表示 気にしてます? (お菓子作りの情報ショップ アントベティ倶楽部)
皆さんは食品表示を気にしていますか?ネット調査サービスのマイボイスコムによると『食品表示見ているか』という質問に対してとても気になるのでいつも見ている 11.3%特に気になる項目だけ見ている   49.4%上記のように6割近くが関心を持っているそうです。また、
牛肉は何を買えばいいの? (アトピエ)
元々ファミレスで食事をしない家族であった。 だからスカイラークやバーミャンなどで
BSE21頭目と確定診断・北海道千歳市の死亡牛 (株式会社 イシイ Weblog!! (YARRAH))
 農水省は10日、北海道の千歳市の農場で死亡した乳牛1頭を牛海綿状脳症(BSE)と確定診断したと発表した。国内の感染牛は21頭目。牛は焼却処分され、市場には出回らない。  農水省や北海道によると、5歳9カ月の雌のホルスタインで、6日に心不全で死んだという。感染
■すき屋好きやブロガー同盟に賛同します (平和・自由・民主主義とインターネット)
ブログ「半共分子の独り言」「とりあえず」さんのエントリーにある同盟に賛同します。  せめて食べるものぐらいは安心できるものにしてもらわないと、困ります。何年かしてヤコブ病が蔓延し、その責任は官僚が悪いことになり、当時決定をした人物はすでに退職していない。
すき家好きやブロガー同盟発足 (とりあえず)
 私は「すき家好きやブロガー同盟作ってもいい」と言っただけなのに、過剰な反応が出てしまい、nizan(美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・)さんが賛同トラックバックを送ってくださり、そのうえ、川辺よりの朱夏さんがバナーをああしろこうしろとおっしゃるので、仕方
すき家好きやブロガー同盟発足 (とりあえず)
 私は「すき家好きやブロガー同盟作ってもいい」と言っただけなのに、過剰な反応が出てしまい、nizan(美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・)さんが賛同トラックバックを送ってくださり、そのうえ、川辺よりの朱夏さんがバナーをああしろこうしろとおっしゃるので、仕方
米国産牛輸入の陰謀論 (奥田健次の教育改革ぶろぐろ部)
それ、見たことか。 これまで、ずっと当ブログで警告を発してきたアメリカ牛の輸入再
春の野菜が出てくるようになりました (にわか主夫の日々の感想)
最近は、菜の花なんんかの春の野菜が出てくるようになってきました。 今のところ料理するっていっても、野菜は、菜の花にしても、スナップえんどうにしても、ブロッコリーにしても、にんじんにしても、ゆでちゃう。 水はほんの少しで、ステンレス鋼なべなんで、それで無.
◆ タバコ産業から研究費をもらった著者の論文は警戒を要する ◆ (タバコ産業から研究費をもらった学者の論文は警戒を要する)
◎◎ 科学者がたばこ産業から研究費をもらうことによりその研究結果の信頼性が損なわれている ◎◎ BSEや鳥インフルエンザ、政治や経済を巡る問題でも同様である(資料4、資料5、資料6)。 平山雄による受動喫煙の害の発見とタバコ産業関係者による隠蔽とタ ...
米国産牛肉問題「日米専門家協議の茶番」 5月20日 (「はたともこ日記」ブログ )
どう考えても単なる通過儀礼でしかない3日間に及んだ日米専門家協議。予想通り、来月中旬には米国産牛肉の輸入再々開が決定される見通しだ。見ている方が空しささえ覚える日米協議、実態は「協議」でもなんでもなく、一から十まですべては米国の言いなりなのだ。 ...
受動喫煙の害を隠すプロジェクトについて (Tobacco Control Reference)
How a tobacco industry funded paper reached erroneous conclusions. English Here 1981年 日本の平山雄博士が受動喫煙が肺癌の原因になることを発見。平山博士は「タバコを吸わない女性が喫煙者と結婚すると、非喫煙者と結婚した場合に比べて肺癌になリやす ...
アメリカ産牛肉輸入再開! (社会問題をメッタ斬り!)
わがままで身勝手なアメリカの言い分に押し切られて、人命よりも国益を優先した無能な日本の官僚は危険な米牛肉の輸入を再開する。。。 アメリカ産牛肉輸入再開!絶対反対!! と言ったところで輸入は再開されるだろう・・・ そこで先ず初めに!! アメ ...