BSE&食と感染症 つぶやきブログ

食品安全委員会などの傍聴&企業・学者・メディア他、の観察と危機管理を考えるブログ by Mariko

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヤギ&羊は肉や乳にも感染物質?・オランダで26歳vCJD・ピッシング・新検査

2005年04月23日 09時50分56秒 | 狂鹿病(CWD)が蔓延&ヤギ、羊は?
■感染ヤギと羊の場合、肉や乳を通して感染物質が人間の体内に入る可能性、という報道
仏、ヤギやヒツジのBSE検査を強化 (4/19)
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=4&i=2005042008912p2
>「ヤギや羊では牛に比べ体内の多様な組織に感染物質が広がりやすく、肉や乳を通して人間の体内に入る可能性もあるとしている。」(抜粋)

ヨーロッパ:強化に向かう羊のBSEリスク予防措置
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/highlight/02030701.htm
フランス研究グループ、羊の筋肉に異常プリオン発見
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/04052401.htm

牛が駄目だからということで、『パンが駄目ならお菓子を食べればいいのよ』というように、ダチョウや羊、鹿の販売に力を入れているというニュースを見たことがありますが、食品安全委員会が意見交換会に招致した英国の学者は「鳥や豚も感染する」と発言し、羊は筋肉からプリオンが検出、鹿は狂鹿病(CWD)という問題があるわけです。本当の問題は、その動物が飼料に何を食べているのか、産地や商社はどこか、飼料の責任者は誰か、その土地の肥料はどうなっているのか、どんな環境で育ち、どんな薬剤を使われてきたのか、etc...ということなのだと思います。今のトレーサビリティーも、意味がないとはいいませんが、そこまで詳細に公表してほしいと思うのですが。。

ついでですが、最近のミルクの安全性に関する研究はこちらを。
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2005/foodinfo-4_2005.pdf
ついでにトランス脂肪とミルクについて
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2005/foodinfo-8_2005.pdf
食品安全情報から
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html


■オランダで初めてvCJD患者発生 26歳女性 2005/04/22(Fri)
笹山登生さんの掲示板から抜粋(ご発言[1135]引用)
http://www.sasayama.or.jp/saboard/b_board.cgi
>昨日、オランダ当局が発表したところによると、この患者は、26歳の女性とのことである。オランダでは、17頭のBSEが、発生している。また、オランダやデンマーク経由で、ドイツのNordmilch EGで製造されたSundkalvやRod KalvoやGron Kalvoという名の血漿蛋白が、1996年から1997年にかけて、日本を含める、全世界に出回ったとの疑いもある。とすれば、今回のvCJD発見は、当然ともいえるものなのか?
http://www.foodconsumer.org/777/8/mad_cow_disease_vCJD_Creutzfeldt_jakob_disease_Dutch_woman.shtml

■オランダで初の新型クロイツフェルト・ヤコブ病患者=日本の飼料問題再燃か?
http://www.jc-press.com/kaigai/200504/042201.htm


毎日新聞の小島正美さんの記事なのですが。。
■知らなかったBSE:/中 ピッシング 安全部位、汚染の可能性
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/shoku/news/20050422ddm013100026000c.html

上記には、ピッシングが中心に指摘されており、ピッシング、スタニングも当然対策を取る必要がありますが、食肉の汚染源はそれだけではなく、背割りほかの解体時の汚染も当然無視できないのだ、という指摘がOIEの専門家会議でなされていました。
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/908c7deb10e4ca1f6f086f7208273d2f
また、OIEの意見交換会では、複数牛の筋肉中の末梢神経から異常プリオン蛋白質が検出されたことを受けて「早急に世界中の科学者が連携して研究をしなければならない」という専門家の指摘がなされていました。

文中に、「米国などはピッシングを行わない」とありますが、これら問題もお忘れなく。。
■アメリカの食肉処理の現場で内部告発が続いている
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/89c21679c9a1a74908daa94270800649
■BSE最新と過去のニュース & アメリカ牛は本当に安全か?(EUによる米国評価)
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/18d64aa98bf84460a8424a70764212fb
■アメリカ牛は本当に安全か? その2 鶏糞に糖蜜をかけた飼料とは?
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/462f08e8cc6a6919618c3b8acbedde00

追加:
農業情報研究所さんが、毎日新聞の記事のミスリードを心配されてます。
★「BSE:全頭検査の神話・・・」(毎日)が作る特定危険部位除去の若い牛は安全の「神話」
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/05042201.htm

ちなみに、小島正美さんの(上)の記事全文
知らなかったBSE:/上 全頭検査の神話 異常プリオン、高齢牛ほど蓄積
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/shoku/news/20050421ddm013100132000c.html
私が以前中間とりまとめ案を見て思ったのは、数頭だかの、牛の検査で、ある時期から扁桃にプリオンが溜まり、それが突然消えてしまい、また突然出現する、という表が添付されているんですが、「プリオンはいったい、どこにいってしまったのかしら?」ということです。分解されるわけでなし。小島さんに伺ってみたいですね。

>ここに、BSEの検査をしていない18カ月の牛の肉と、検査済みの36カ月の牛の肉がある。脳や脊髄(せきずい)など危険部位は除去してあるが、両方ともBSEに感染している可能性がある。あなたはどちらを食べますか--。

↑しかしなんでこんな最悪の選択肢が出てくるもんですかね?飼料管理を徹底すれば感染牛を食べないで済む率がぐっと下がるわけです。1mgでも牛を感染させ、環境汚染物質としても扱いが非常に難しい異常プリオン蛋白質も、効果的に増やさないようにすることができます。末梢神経やら炎症部位からプリオンが検出、牛は1mgで感染、サルは50mgの脳で感染、などと、次々と新しい知見が出て、WHOも感染牛のすべてを食物連鎖から排除せよ、と勧告を出している現在、「感染しないように厳格に育てられた牛を作るべき」というのが普通の考え方ではないでしょうか。飼料管理に目をつぶって、「感染牛 ”病気の牛”を食べる機会を増加させる」というリスクを消費者が負わなくてはならない理由がさっぱりわかりません。。。まして、感染牛が増えた場合、扱う現場の人たち皆が危険に晒され、そのSRMがもし肥料なんかに混入した日には、今度は土を扱う農家さんに危険がでてくるわけです。(英国ではSRMは毒ガスマスクをつけて密閉倉庫で厳密管理をしている) そこらは、三部作の(下)で語られるのでしょうか。


■感度100倍の検査装置実用化まであと一歩 より高感度な生前診断装置も開発中
http://www.tokachi.co.jp/kachi/0504/04_22.htm
BSE自動検査装置を試作 感度はエライザの100倍 田村教授:「超高感度検査装置を開発中で、生前診断を試みたい」
> 【札幌】北大、帯広畜産大、富士レビオ帯広事業所などの共同研究チームが、BSE(牛海綿状脳症)の全自動検査装置の試作機を開発した。BSEスクリーニング検査のエライザ法(酵素免疫検査法)に比べ、感度が良く、短時間で大量の検査ができる。酪農畜産地帯の本道には、道産牛肉の安全性を迅速にチェックする画期的な開発となる。BSE問題で日本への牛肉輸出が絶たれた米国政府関係者が早くから装置に注目、秋には、米国で装置を使ったフィールドテストが予定されている。(平野明)以下略「蛍光相関分光法(FCS)」とのこと。道内の関心が薄いそうで、10月に米国でテストだそうです。

ほかにも、血液を用いた、生体牛検査に関するニュースがありました。
Chronix Biomedical Awarded Grant for Mad Cow Disease Living Test
http://biz.yahoo.com/bw/050418/186005.html?.v=1
試験の結果は、2004年9月15日の国際動物遺伝学会 at 東京(日本)という学会で発表があったとか書いてあります。
http://www2.kobe-u.ac.jp/~isag2004/

※OIEのBSE検査に関するガイドラインの見直しは、なんと、4年に1回なんだそうで。。OIEの診断マニュアルを元に語るのは、情報が古く判断を誤る可能性がありそうですね。常に最新情報をWatchする必要があります。


■最近のBSE情報について、邦版と海外版で報道内容の詳細度が異なるのでUP

4月8日のOIEコード改正専門家会合のニュース
Japan experts concerned about mad cow rule change
http://www.krvn.com/news/agricultural/index.cfm?ID=9187
BSE国際基準で専門会合 OIE総会へ日本案検討(共同)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050408-00000099-kyodo-bus_all

4月18日の意見交換会のニュース(両方とも共同)
Consumers oppose proposed int'l standard on beef safety
http://asia.news.yahoo.com/050418/kyodo/d89hru9g0.html
BSE対策緩和に批判続出 消費者らが意見交換会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050418-00000159-kyodo-bus_all

「Consumer group representatives point out that a causative agent of the disease, formally known as bovine spongiform encephalopathy, was detected even in peripheral nerves and that it is impossible to remove specified risk materials completely. 」
「消費者団体の代表は、BSEの原因として名高い物質は末梢神経にさえ検知されるし、”完全に”危険部位を除去することなど不可能だということを指摘した」云々、と英語版では伝えておりますね。日本のニュースは端折り過ぎでは?
コメント (23)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島村農相「飼料問題は食安委... | トップ | 昨年2月の食安委の議事録「1... »

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kouhei)
2005-04-23 13:59:45
<鹿は狂鹿病(CWD)という問題があるわけです。



そうなんですか、知りませんでした。

BSE問題はこちらを参考にさせていただきます。

TBありがとうございます



読売新聞の社説はどうなの 2

http://love.ap.teacup.com/kouhei2/

TBありがとうございます (ko-bar-ber)
2005-04-23 18:46:22
定期的にTBいただきありがとうございます。

最近の反日報道などで、社会から忘れ去られがちですが、とても重要な問題です。

食の安全については、いつも心しておかねばなりませんね
Unknown (ちょも)
2005-04-23 20:49:19
TB有難う御座います

「お菓子を」ってマリーアントワネットじゃないッツーノ

もう、食の安全については自己管理に依るしかないのでしょうか。

政治とは、それを司る者達とは、業者とは、

マーケットとは?
Unknown (maida01)
2005-04-23 20:55:43
TBをありがとうございます。



最近は何でもかんでもおかしくなっていきますね。
TBありがとうございます。 (iso-certification)
2005-04-23 22:57:12
参考にさせて頂きたい内容がたくさんあります。

これから、拝見させて頂きます。

虎場ありがとう (i☆Letterの主人)
2005-04-23 23:57:46
色々と参考になりました。

これからもよろしくお願いします。
トラックバックありがとうございます (ふとっちょパパ)
2005-04-24 02:22:06
事実を重んじる「環境リスク学 不安の海の羅針盤」は一読すべき本ですね。
Unknown (Mariko)
2005-04-24 08:24:15
「環境リスク学 不安の海の羅針盤」(中西準子さん)の話が出ていますが、あれには、たとえば、公衆衛生に与えるリスクが計算に全然入っていないと思いました。BSEのリスクは食の安全だけではなく、人のvCJD、そして人から人への伝播リスクが出てきています。



検証:普通の生活で、vCJD=人型BSE(狂牛病)が感染しないとは本当か?その1 歯科編

http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/57316d5ea76dd6092e7c843c2e7d6403



こういうのを入れないでえらい学者さんがリスクを些少に語られるのは、現場の対策が遅れるなどの影響があるため、困ったことだと私は思いました。現に、ヒトのプラセンタ(胎盤)の美容目的の乱用、その使用者に対する献血規制がないことなども、甘い抜け穴だらけの計算が原因の一つでしょう。



プラセンタは牛の場合、「硬膜」と同じランクの感染性に位置づけられています。

Unknown (kazuhaya)
2005-04-24 10:44:26
T/Bありがとうございました。

いろいろ拝見させて頂き勉強になります。

輸入が解禁されてしまえばファミレスやファーストフード(吉野家含む)から口に入ってくるのは必至ですので、なんとか米国牛の月齢判断くらいは科学的に根拠があるものに改めさせてほしいと思っています。(それでも100%安全ではないですが・・・)
Unknown (Unknown)
2005-04-24 19:51:24
TBありがとうございました。

牛肉に限らず、どの食べ物ももう絶対安全なものはありませんね。今の時代は、世界中で食物の交易を行っている時代ですから、各国の生産者や業者の利害から独立した食の安全性を検査する国際機関が必要だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

狂鹿病(CWD)が蔓延&ヤギ、羊は?」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

26 トラックバック

環境リスク学 不安の海の羅針盤 (金言豆のブログ)
★本日の金言豆★日本のダイオキシン汚染源の大部分は、農薬 一般的と思われていた知識が、その後の検証の結果実は間違っていた、もしくは歪んで伝わっていた、ということはままあることです。 ダイオキシンは、古い焼却処理場でゴミが不完全燃焼したときに発生し、処理場
吉野屋を食ってきた (踊る新聞屋-。)
 一日限りの牛丼復活、ということで吉野屋へ行って来ました。  テイクアウトは一人四個まで、中で食べるのにも数分待ちと、さすがに混んでいました。 http://www.asahi.com/national/update/0211/020.html 吉野家、1日限りの牛丼「復活」 全国でファンが行列  牛
BSE全頭検査の緩和 (髭星人)
BSE対策見直し案を審議している食品安全委員会プリオン専門調査会は、全頭検査対象
輸入牛肉問題について (kazuhaya style)
昨日、食品安全委員会にて牛肉の一律全頭検査の基準を緩め、生後20ヶ月以下の牛を検査対象から除外する、
BSE汚染牛肉がすぐそこに迫ってくる (Nanyasoreの日記)
支那そば、キムチネタに飽きたので、牛肉ネタを。 米国産牛肉、7月までの輸入再開に強い期待…農務長官  【ワシントン=広瀬英治】マイク・ジョハンズ米農務長官は11日、日本が米国産牛肉を輸入停止している問題について、7月に日米政府が輸入条件の再協議を予定し
○ 「狂牛病(人類への警鐘)」 (◆ 評価のQ&A ◆)
・ 狂牛病とは 狂牛病は、1985 年にイギリスで初めて発生した(公に認められたのは86年)。以来、世界こ広がり続け、現在、100カ国で狂牛病が発生しているという。病気の原図よ「プリオン」という蛋白質。病気にかかった牛の脳にはスポンジ状の空洞ができ、中枢神経が機能し
◆ 安全の値段? (◆ 評価のQ&A ◆)
 2004年2月、米国のBSE(牛海綿状脳症 狂牛病)の影響で、牛丼が食べられなくなったと、テレビや全国紙などマスコミ挙げて大騒ぎである。はて? そういえば、今年も2月11日も大騒ぎだったな。 BSEの問題で米国産牛肉の輸入が禁止され、牛丼の販売が中止にな
献血と牛丼のDB化 (猫手企画@新聞屋)
今日献血をしてきた。気がつけば13回目だそうで、それを知ったのはPHS経由で繋がっている献血センターDBに私の名前が残っていたから。そういえば献血手帳ってのをつくった記憶がある。「住所変更しておきますね」ってそれって滅茶苦茶個人情報じゃん。っていうか、ゲンブツで
じわりBSE問題 (5号館のつぶやき)
 つい先頃まで、アメリカから輸入することになる牛肉に関しては、アメリカの要求に応じ、すべての食用牛をBSE検査する「全頭検査」を改め、生後20カ月齢以下の若い牛を検査対象から外すことなどが食品安全委員会で決まったばかりですが、これは行けると思ったのか、「
非科学的な説明 (5号館のつぶやき)
 国内で初めて感染が確認され、変異型ヤコブ病によって死亡したとされる男性が90年に24日間だけイギリスに滞在していたことが確認されたというニュースが出ました。  そりゃあ、イギリスに24日間も滞在していれば、ハンバーガーも食べれば、ウシのエキスを含んだ
BSE 関連ブログ (いちごいちえ)
BSE&食と感染症 つぶやきブログさんからTBいただいて、BSE問題のことが詳しくかかれているので、片手間(Rubyの勉強しながら)に読もうと思ったのですが、情報量が多いので、じっくりと読まないとちょっと理解できなさそう・・・ とりあえず、明日あたり、早めに出社して
牛肉 パート2♪ (他人のふんどしで相撲をとってみる)
狂牛病の牛肉を食べたことによる死亡者が日本で初めてありました。 イギリスに滞在中に感染したもようです。 この病気の発生件数が、157件中147件がイギリスです。 まじっすか。 イギリスが怖すぎる。管理がなってないんだろうな。 これで、吉野
吉野家の牛丼 だいじょうぶ? (「Tシャツ」と「丁字路」)
牛丼復活は遠目に見ておこう。そんなこと言われると気分的になんかいやじゃない。
牛丼(その2)(日本の国益) (Naotaka Uzawa)
 大学時代、農業経済学の講義において、NHKスペシャルを見ました。この時の主題が...
BSE検査「生後30ヶ月未満」除外へ (Continental Breakfast)
政府はBSE検査を生後30ヶ月未満は除外する方向で検討に入ります。「全頭検査が条件」として日本が禁輸措置をとってきた米国産牛肉の輸入再開に向けた環境を無理やりつくろうとしています。 食品安全委員会プリオン専門調査会の報告書案では「現在の検査法では若い牛の感染の
米国牛の輸入再開する場合に望む事 (mutter away)
ライス国務長官が来日しました。BSE問題についても(米国の視点から見た)早期解決を望んでいます。もし30ヶ月までの米国牛を輸入再開する場合に、日本の政府へ望む事があります。
加工牛は危険 (毒入りチョコレート)
日本人の同級生に、「最近日本のニュース見た?」と問われた。 なんでも、狂牛病で他界された方が出たって話じゃございませんか! しかも、英国在住経験有り。 在住真っ只中の私としては、ちょっと他人事じゃない話だ。 その患者さんは、住んでいたのが10年以上前とのことだ
米国産牛肉、日本へ輸出再開 (1喝たぬき)
[ワシントン 26日 ロイター] ジョハンズ米農務長官は26日、今週東京で開催されている日米BSE(牛海綿状脳症)専門家会合について、米国産牛肉の日本への輸出再開に一歩近付かせる、との見通しを示した。
牛肉問題 (裏的毒日記)
なんだかとてつもなく恐ろしいニュースが。 <BSE>国内対策見直し案了承 輸入再開に一歩前進 by毎日新聞 内容は >内閣府の食品安全委員会は31日、下部組織のプリオン専門調査会がまとめたBSE(牛海綿状脳症)の国内対策見直し案を了承 ライスさんが来日し、政府
今年の冬も流行!? (BLOG&etc…)
日曜に、鳥インフルエンザ問題で話題になった“浅田農産船井農場”の元従業員が鳥イン
牛肉トレサビリティ法☆ (お得で素敵☆専業主婦あずさのワクワク好奇心)
平成16年12月1日より、牛肉トレサビリティ法が施行されたのをご存知でしょうか? 何でも、スーパー等で販売している国産牛肉は、個体識別番号の表示が義務づけられ、PCで検索すれば、その牛の生まれた場所、飼養場所などが簡単に調べられる、というものです。 い
ジンギスカンが女性に大人気な訳は ?ダイエット !? (話題のナレッジベース)
ジンギスカンの名前は聞いた事があるが、食べたことがない方も多いと思います。しかし、最近ジンギスカは牛肉BSE問題などもあり、女性にジンギスカンの人気が出てきています。特に東京にジンギスカンの名産地として北海道や隠れ産地の長野県からの進出が多いのです。 ジンギ
ジンギスハーン襲来!(北海道あれこれ外伝) (片付けられない症候群)
 狂牛病問題で不安を感じる消費者や、実際の輸入規制もあって、牛肉がちょっと嫌われ
クロイツフェルト・ヤコブ病患者の初乳は感染性 (Speak Easy)
クロイツフェルトヤコブ病も初乳は感染性と考えるべきだそうです
BSEプリオンの新型とは? (ふか&もけ)
イタリアで新型BSEが確認された?  に関連して、#TRPG (irc.cre.jp)におけるLog。 [fukanju] http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20040217i306.htm そして新型BSEがイタリアで発見? [fukanju] 今までのBSEプリオンとは型が違うらしい。 [fukanju] 詳細不明だな
Codeine. (Allergy to codeine.)
Acetaminophen codeine phosphate.