BSE&食と感染症 つぶやきブログ

食品安全委員会などの傍聴&企業・学者・メディア他、の観察と危機管理を考えるブログ by Mariko

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

農水省が米国BSEの危険隠す 感染確認1年前の報告書を非公開に、という記事

2006年03月05日 10時13分55秒 | アメリカ牛は安全か?
こういう記事がありましたのでご参考まで。

米BSEの危険隠す
感染確認1年前に報告書
農水省、非公開に
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-03-05/2006030501_01_0.html

米国初のBSE(牛海綿状脳症)感染牛が確認された二〇〇三年十二月の約一年前に、農水省が「米国でBSE発生の可能性がある」とする報告書を作成しながら、非公開にしていたことが四日、日本共産党の紙智子参院議員事務所の調査でわかりました。

「可能性ある」のに輸入継続
 日本では、〇一年九月にBSE感染牛が発見され、全頭検査や危険部位除去を始めていました。その約一年後の〇二年十一月、農水省は、米国牛の危険度を報告書にまとめながら、米国から背骨や脳などBSE感染の危険部位の輸入を続けていました。

 EU(欧州連合)は、日本より早い二〇〇〇年七月、米国産牛肉の危険度評価を公表し、BSE危険部位の輸入をやめていました。

 存在が明らかになったのは、農水省のBSE技術検討会がまとめた「米国の牛海綿状脳症(BSE)ステータス評価結果について」(案)と題する危険度評価報告書と検討会の議事録。

 同報告書は「BSEが米国内に侵入し、リサイクルされて牛に感染した可能性はある」と記述。検査の不十分さから感染牛が見つかっていないだけで、「アメリカで将来出ないという確証はない」「出る可能性があるが、それが高いか低いかということ」(同議事録)などと、BSE感染牛が米国内に存在する恐れのあることを指摘していました。

 同検討会は、〇二年十一月二十一日の会合で評価結果を米政府に通知し、公表することを決めましたが、結局、公表されませんでした。米国側への通知も行われませんでした。

 「公表手続きが手間取っている間に、翌年(〇三年)春、カナダでBSE(感染牛)が初めて見つかり、北米全体の危険度評価の前提がくずれた」(農水省動物衛生課)というのが理由です。

 カナダと米国は北米で、同一地域とみなしていたため、BSEを確認していないという前提での報告書は公表できなくなったというのです。しかし、公表手続きに「手間取った」というのはあまりに不自然です。

 この報告書や議事録は、非公開だったため、内閣府食品安全委員会のプリオン専門調査会での米国牛輸入再開問題の審議でも反映されませんでした。


 これらの文書は、紙事務所の小倉正行秘書が情報公開請求をしていたもの。情報公開・個人情報保護審査会が昨年末にBSE技術検討会の資料の一部開示の決定をしたことを受け、農水省が開示しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「食の安全」「自己責任」だ... | トップ | 米国産牛肉(挽肉!):JA... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
英国産肉骨粉を大量に輸入したイスラエル (Mariko)
2006-04-18 12:08:10
英国の肉骨粉輸出先 再考



昔のBSE関連の本を読み直していて思ったんですが、

イスラエルって飼育頭数が少ない割には大量に英国から肉骨粉を輸入していたんですね。全部自国で使っていたのかな?



英国の肉骨粉の輸出 データ 

http://www.niah.affrc.go.jp/disease/bse/uk_mbm.html



牛の飼育頭数 〔2004年〕

http://www.teikokushoin.co.jp/11_toukei/toukei/world/30.html

豚の飼育頭数 〔2003年〕

http://www.teikokushoin.co.jp/11_toukei/toukei/world/31.html





コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アメリカ牛は安全か?」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

米国産牛肉使用ステッカー (奥田健次の教育改革ぶろぐろ部)
スピードよりも安全を。