花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

運転手の前方確認?

2016年06月28日 | 社会
バスと自転車が衝突、高校生と乗客けが 新庄


 27日午前7時25分ごろ、新庄市沼田町の国道458号で、山交バスの路線バスと、同市中道町の高校1年男子生徒(15)の自転車が衝突し、男子生徒とバスの乗客の女性(55)が軽いけがをした。

 新庄署によると、バスが直進中、左から道路を横断してきた男子生徒にぶつかった。男子生徒は登校中で歩道をバスと同方向に走り、右に曲がってバスの前方を横切ろうとした。ぶつかった衝撃で転倒し、右肘や膝をすりむいた。乗客の女性はブレーキの弾みで前の座席に顔を打った。

 バスは金山町発県立新庄病院行きで、男性運転手と女性以外の乗客7人にけがはなかった。同署は運転手の前方確認と男子生徒の後方確認が不十分だったとみて調べている。

2016年06月28日 山形新聞より





このような事故の原因は前方確認でもなければ、後方確認でもない・・・


常識があるか無いかの問題だろう


横断歩道でもない場所を自転車が突然横切る事を予測して走行したのでは

走行車両は法定速度どころか自転車の速度以上を出せない事になる


最近の中高生は「轢けるものなら轢いてみろ」的な態度で道路を我が物顔で闊歩する

二列・三列に人も自転車も「我が物顔」が通常である

それも・・・校門から見える場所で、教師の見ている前である

教師のお座なりの「危ないぞ 端に寄れ」の声が空しく響く・・・


どうして横断歩道でない場所を横断してはいけないのか

先生に知れたら怒られるから?

警察官に見られたら注意されるから?

一度轢かれて大怪我や、命を落としてから考えてほしい・・・(無理?)


オレ様 など、社会に出れば、取るに足らない「ちっぽけ」な存在であることを知るがいい

コメント

娘の命と引き換えにした携帯電話

2016年06月21日 | 社会
衝突事故で助手席の女児死亡…エアバッグで圧迫


大阪市東住吉区で今年2月、軽乗用車が電柱に衝突して助手席の女児(当時3歳)が死亡する事故があり、女児は、作動したエアバッグで胸を圧迫されて亡くなっていたことが、大阪府警東住吉署への取材でわかった。

 女児はシートベルトをしていたが、チャイルドシートには座っていなかったという。同署は運転していた母親(30)(堺市中区)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)容疑で今月16日に書類送検した。

 同署によると、事故は2月17日午後4時50分頃、東住吉区公園南矢田の市道を走行中に発生。車は道路脇の電柱に衝突し、母親にけがはなかったが、助手席にいた女児が死亡した。

2016年06月21日 Copyright © The Yomiuri Shimbun









この事故の問題は「チャイルドシート」に座らせていなかったのでもなく

エアバッグの責任でもない

この母親が携帯電話を落し、拾おうとしてハンドル操作を誤ったものである

車を運転中に携帯電話を傍に置くこと自体、この母親は「間違っている」と言いたい

なぜバッグの中にしまっておかなかった?


その携帯・スマホ・・・娘の命より大事ですか?


涙をどれだけ流そうとも、どれだけ謝罪の言葉を並べてみても

命より携帯に意識が行った時点で、母親失格だと言わせてもらう。



コメント

正体がばれたから解散するだけだ

2016年06月20日 | 社会
シールズ:参院選後に解散へ「声を上げる流れできた」


 ラップ調の「コール」で安全保障関連法に反対する抗議行動をリードし、若者の政治参加の象徴的存在にもなった「SEALDs」(シールズ)は、参院選後に解散する。中心メンバーの奥田愛基(あき)さん(23)は「安保法廃止の目的は達成できず、50点」としつつ、「市民の側から声を上げる流れはできた」と感じている。

 「民主主義って何だ」「これだ」。コールとレスポンスと呼ばれる参加者同士の軽妙なかけあいは、抗議行動に参加するハードルを下げた。「普段の自分でありながらデモに参加する。デモのやり方を変えたい」という思いから生まれたものだ。一方で達成できていないこともたくさんある。「安保法も廃止できていない。だから50点」

 シールズ結成後、奥田さんは各地の集会で講演する多忙な日々を過ごしてきた。「今は変化の途中で、選挙はまだ政党や労働組合などの限られた人だけのものになっている。去年はデモの光景が変わったとして、今年は選挙の光景を変えたい。参加型のカルチャーを若者にもっと定着させたい」と言う。

 注目され、息苦しく感じることもあった。元々、人前で話すことが苦手だったという。中学時代に不登校を経験し、生まれ育った北九州市から沖縄の離島の学校に転校。孤独と向き合ってきた。スピーチは今も恥ずかしいという。「たかだか学生団体で、できることも時間も限られる。多くの人の助けも必要だし、みんながもっと主体的になったら良いな、シールズみたいなのがいっぱいできたら良いな」

 シールズは昨年5月の発足時に活動は今夏の参院選までと決めていた。「解散を『もったいない』って思う方がいるなら、その人たちがまた新しいことを始めてほしい」と、後に続く学生らに期待している。

 参院選後は大学院で政治学の勉強に専念するが、個人として政治参加は続ける。「若者の政治参加と言われるけど、被選挙権は衆院が25歳、参院が30歳。これも引き下げても不思議ではない。もっと若い世代の政治家が出てきてほしい」【山崎征克】





何も考えないお花畑有権者やテレビ視聴者には認知されたかもしれないが

中身の無さは正常な日本人ならとっくに承知の話だ

民主主義ってなんだ? と言っていたが、理解できたのかぼんくらたちよ・・・

解散を勿体ないなどと思うのは、左巻きの似非日本人か在日だけだろう(笑)


半島出身者(帰化人)が政治参加するなど「まっぴら」な話である

ミンスを観れば今更いう事でもないが・・・・


理念や大志など無く、政治を食い物にするだけが取り柄の民・共の議員たち

そんな輩に支援を受けていた馬鹿者若者に期待も意義も感じる訳が無いではないか

参院選後と言わず、即刻解散してはどうか?

それが日本のため、日本の将来のためと私は思うのだが・・・・。



コメント (2)

韓国籍で無職、京都在住の男の素性?

2016年06月20日 | 社会

「イスラム教徒なんですけど、今から御所に爆弾落とすんで」110番に爆破予告…容疑で韓国籍の男を京都府警が逮捕

 「京都御所に爆弾落とす」などと嘘の110番をして、警察業務を妨害したとして、京都府警東山署は11日、偽計業務妨害の疑いで、韓国籍で京都市東山区の無職、鄭慶樹(ていけいじゅ)容疑者(37)を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。

 逮捕容疑は11日午前7時40分ごろ、京都市東山区祇園町北側の公衆電話から「イスラム教徒の者なんですけど、今から御所に爆弾落とすんで。仕掛けたんで」などと、嘘の爆破予告を110番し、警察の業務を妨害したとしている。

 同署によると、現場に駆けつけた同署員らが、電話ボックスの脇に隠れていた鄭容疑者を発見。鄭容疑者は走って逃げたが、署員が追いかけ、約300メートル先で確保した。

 鄭容疑者は「爆弾はない」と供述。府警の警察官や皇宮護衛官らが、京都御所や周辺を捜索したが、不審物はなかったという。





韓国籍で無職、京都在住・・・・

日本に寄生する害獣・在日の典型的モデルだ


世界を観ても、犯罪を犯した「外国人」は国外追放するのが常識だが

世界一のヘタレ国家・日本では、毅然とした対処など限りなくゼロに近い話

日本の政治が機能していないことを、あらためて実感する事例である


この男の背後に大きな組織が無かったから、実名報道されただけであり

これが某宗教・政党がらみだったり、部落解放や電○の関係だったりすると

通名報道で日本人の犯行にすり替えられてしまう・・・・



在日犯罪者を庇うくせに、米国人犯罪者だと徹底的に叩く日本の社会に

強い違和感を覚える昨今


夜間若い女性がジョギングやウオーキングをすることは、シリアやイラクに

立ち入ることと変わらない話に聞こえるのは私だけだろうか・・


個人が危機管理ができないことを政治利用してはいけないと私は思う

お花畑日本人は「因」を作らない事を習慣にしたほうが良いだろう


在日の犯罪を積極的に報道する姿勢を見せないマスコミは評価に値しない

日本の犯罪率を押し上げているのは、間違いなく在日なのである。




コメント

理解できない事件の真相は?

2016年06月18日 | 社会
糖尿病男児死亡、殺人罪で建設業の男を起訴


 1型糖尿病を患っていた宇都宮市の男児(当時7歳)にインスリンを投与させず死亡させたとして、宇都宮地検は17日、栃木県下野市、建設業近藤弘治容疑者(61)を殺人罪で宇都宮地裁に起訴した。

 捜査関係者によると、近藤容疑者は「(両親に)インスリンを打つなとは言っていない」と否認している。近藤容疑者は昨年12月から鑑定留置されていた。

 一方、保護責任者遺棄致死容疑で書類送検された男児の両親について、地検は不起訴(起訴猶予)とした。

 起訴状では、近藤容疑者は男児が定期的にインスリンを投与しなければ死亡するおそれがあることを知りながら、2015年4月7日頃~27日の間、両親にメールなどで投与を中止するよう指示し、同日朝、1型糖尿病で衰弱させ殺害した、とされる。

2016年06月18日 Copyright © The Yomiuri Shimbun







最近のニュース記事は理解できないものが多くなった気がする


男児が死亡したのはインスリンを投与しなかったからだという

インスリンを投与しなければ、男児が死ぬ恐れが有る事を両親は承知していた

なぜ、容疑者のメールごときで、我が子を死なせたのか?

本当にメールが原因で男児が死亡したのだろうか?


表に出せない大きな何かが隠されているような気がする

容疑者の指示を守らなければいけない理由とはどのようなものだったのか?

我が子の命を奪ってまで、容疑者のメールに従う事とは・・・・


検察はそれが解っているから「不起訴」にしたのだろう

検察に不都合な隠された事実がありそうで、気になってしまう

何かの大きな組織が陰で蠢いているのか?


おそらく、この事件はうやむやのまま埋もれてしまうのだろう

報道する自由、知る権利の裏側に、「報道しない自由」「知らせない権利」も存在する

それが日本という国なのかもしれない・・・・。



コメント

忸怩たるものある・・・が責任は感じてない?

2016年06月16日 | 政治
「推薦した立場、忸怩たるものある」公明・山口代表


公明党の山口那津男代表は15日、東京都の舛添要一知事が政治資金「公私混同」問題などの責任を取り、辞表を提出したことについて「(平成26年の都知事選で自民党とともに舛添氏を)推薦した立場として、内心忸怩(じくじ)たるものがある。都民にご心配をおかけしたことは大変申し訳ない」と述べた。党本部で記者団の取材に答えた。

 同時に「重要なことは都民に与えた不信感を早く払拭して、都政の停滞を取り除くことだ。打開に向けて今後努力していきたい」と訴えた。

 参院選への影響を問われると、「(舛添氏は)公私のけじめがきちんとついていない点が、大きな不信を買った。国政の参院選とは次元の違うことで、あまり影響がないのではないか」との見方を示した。

 一方で参院選の追い風にしようと自民、公明両党の推薦責任を追及する構えの野党を牽制(けんせい)。「都政の停滞を打開することが党派を問わず都民の願いだ。政争の具にすることは避けるべきだ」と強調した。

 舛添氏の後継候補の選定に関しては「政党として主体的に取り組む必要がある」と意欲を見せ、「原点に返って都政のあり方、リーダーのあり方を見つめ直した上で、さまざまな相談をしていきたい」と述べた。





「恥」など知っているのだろうか?

忸怩などと言う言葉を使ってはいるが、恥じ入っているようには見えないが・・・

都民が何を心配していたと思うのか?

都民が感じた「不信感」は、紛れも無く舛添氏を推薦した【自公党】に対してではないか

参院選に影響があるかどうかは「神のみぞ知る」ということだ


自己保身だけは素晴らしい才能があるようで、「政争の具」にすることは避けるべきという

反省だけなら「猿」でもする

結局「忸怩たる思い」、そして「心配をかけて申し訳ない」のほかは、推薦した責任も

謝罪の言葉すらない、舛添東京都知事を作り上げた責任は感じていないという事ではないか


「原点に返って都政のあり方、リーダーのあり方を見つめ直した上で、さまざまな相談をしていきたい」

いったい誰と相談するつもりなのか・・・・


東京都のリーダーの在り方以前に、連立与党の政党としてのあり方を見つめなおしては如何だろう。


コメント

正論を言う元大リーガー

2016年06月15日 | 裁判

ローズ氏「日本では高校の安打も数えるだろう」


 大リーグ最多安打記録を保持するピート・ローズ氏が、日米通算安打記録で自身の安打数に1本差としたイチロー(マーリンズ)について、「日本では、高校時代の安打も数えるようになるだろう」と語ったと、米紙USAトゥデー(電子版)が13日、報じた。

 ローズ氏は「大リーグと日本の野球が同じレベルだと言う人はいないだろう」とも述べた。(宮崎薫)

2016年06月15日 Copyright © The Yomiuri Shimbun






まさしく正論である

私は以前から野球とベースボールという違いというより

別の国でプレーするのにどうして記録を通算したがるのか不思議に感じていた


飛躍した例えに聞こえるローズ氏の言葉だが、このままいくと少年野球の記録まで通算しそうな

「自分大好き日本人」にはしっかりと考えてほしいものだ・・・


どれだけ「自慢したがる現代日本人」を見せつければよいのか・・・


中国四千年の歴史や韓国半万年の歴史を笑う現代の日本人たち

今回の通算成績とは、それを笑えない話にしてしまっているのではなかろうか?


姑息な成績の通算で評価しなくても、イチローは偉大なプレーヤーに変わりはない

アメリカでプレイするなら、アメリカ人の気持ちも考えるべきであり

日本のマスコミもアメリカ人に対し、礼を失してはダメなのではないか・・・


慮ることを忘れたマスゴミの連中にローズ氏の言葉の真意は分かるまい・・・


日本人らしい日本人が少なくなったことが今回の記事であきらかになったかもしれない。



コメント

気になる記事

2016年06月14日 | 社会
みそ汁に大量の睡眠薬混入し夫殺害、妻を逮捕


 夫に多量の睡眠薬を飲ませて死なせたとして、栃木県警は13日、野木町野木、無職斉藤俊子容疑者(63)を殺人の疑いで逮捕した。

 発表によると、斉藤容疑者は2014年8月10日頃、自宅で、夫の無職六郎さん(当時71歳)に多量の睡眠導入剤を混入したみそ汁を飲ませて、薬物中毒で死亡させた疑い。

 同日午後9時45分頃、近隣住民が自宅の離れであおむけで倒れている六郎さんを見つけ、119番し、駆けつけた救急隊員が死亡を確認した。斉藤容疑者も自宅母屋で倒れているのが見つかり、意識不明で病院に搬送された。斉藤容疑者は翌日意識が回復したが、今月13日まで入院していた。

 斉藤容疑者は以前、精神科に通院し、睡眠導入剤を服用しており、「200錠ほどみそ汁に入れた」と話している。斉藤容疑者は六郎さんと2人暮らしだが、母屋と離れに分かれて住んでおり、「親戚から一緒に住むよう言われ、一緒に死のうと思い、夫にみそ汁を飲ませ、自分も飲んだ」と供述しているという。

2016年06月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun






この供述では何を言おうとしているのか判断できないが・・・


親戚から「一緒に住め」と言われ、嫌だったから殺したのか?

「一緒に住め」と言われても、夫が拒んだので、一緒に死のうとしたか?

家庭内別居など何処にでも転がっている話

精神的に病んでいたようなので、言葉に触発されたのか

どちらにしても、親戚の「言葉」が大きな悲劇を生んだことになる


たかが言葉

されど言葉

言葉で何かが起こるのは、言葉に魂が宿るからなのか・・・・


良かれと思い発した言葉が、一人の命を奪い一人の犯罪者を生んでしまった

なんともやりきれない記事である。




コメント

昔は聖職者 今は性蝕者

2016年06月13日 | 社会
25歳の公立学校教員、強姦未遂の疑いで逮捕 福岡


 福岡県警は9日、同県春日市須玖北(すぐきた)2丁目、公立学校教員永江健太容疑者(25)を強姦(ごうかん)未遂と住居侵入の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 南署によると、永江容疑者は昨年4月16日午前1時40分ごろ、福岡市内の20代の女性会社員宅に侵入し、女性を強姦しようとした疑いがある。女性が騒いだため、玄関から逃げたという。

 署は、近くのコンビニエンスストアの防犯カメラ映像などから永江容疑者が浮上したと説明。永江容疑者と女性に面識はないという。






教師が強姦をしたのか、強姦魔が教師になったのか

昔は教師という職業は「聖職者」と思われていた

70年前から聖職者はどんどん減り続け、現在では絶滅危惧種になっている


代わって外来種である「生殖者」あるいは「性職者」が増殖しているようだ

保健体育の授業をしない教師は、どこで実技をしているのやら・・・。



コメント

署名してくれるなら 誰でも良い共産党の方針

2016年06月12日 | 社会
共産党運動員、小学生らに安保法反対署名求める

2016年06月11日 Copyright © The Yomiuri Shimbun







組織的な行為ではないが・・・

義援金・募金を党運営に流用する共産党だ

どんなに言い訳しても「異常」な組織であることは疑いも無い

誤って済むなら 警察はいらない!


教育的配慮が欠けていたのではなく、常識が欠如していただけである

小学生に声をかけたというなら、外国人にも声をかけているのではないか?

在日○○人や、**人に通名で署名させているのではないか


そういう非常識な事を平気でやりそうなのが共産党という事である。



コメント (2)

何の修業をしているのやら

2016年06月11日 | 社会
滋賀・延暦寺で僧侶が暴力 3人被害、鼓膜破るけがも


 大津市の天台宗総本山・延暦寺は9日、2~4月にかけて同寺の男性僧侶(40)が僧侶らを殴る暴力行為があったと明らかにした。

 同寺によると、この男性僧侶は境内の宿泊施設の副館長。4月9日夕方に施設内で修行僧(25)を殴り、修行僧は鼓膜が破れるけがを負った。その後の聞き取り調査で、男性僧侶は2月には口論となった別の僧侶(35)の装束を破り、4月10日にはこれとは別の僧侶(27)を殴ったことが分かった。

 同寺は4月16日、男性僧侶を厳重注意とした。男性僧侶は3人に謝罪、再発防止の誓約書を提出、謹慎中という。同寺は、「信者の方々に謹んで深く深くおわびする」とし、6月9日付で再発防止のための対策委員会を設置した。





何の修行を行う場なのか

有能な住職になる機関、総本山なのだろうか・・・

それとも、経典を学ぶ場なのか、信者の耳に心地よい声明を聞かせるための修業の場なのか


世間では金儲けに血道を上げ、夜の街を徘徊する「生臭坊主」も多いと聞く

どの道に身を置いても、一生修行というのは常識である


比叡山は戦国時代のように荒廃してしまうのか・・・

導く者(高僧)たちの宗教観が問われているのかもしれない。



コメント

的外れなマニュアル改定に苦笑

2016年06月10日 | 社会


<若狭町給食センター>勤務時間中の排便禁止…食中毒受け



 ◇マニュアルを改定

 福井県若狭町で先月下旬、ノロウイルスによる集団食中毒があり、食事を調理した同町給食センターが、調理員の勤務時間中の排便を今後禁止するよう「衛生管理マニュアル」を改定したことが分かった。再発防止に向けた衛生面での改善の一環だが、過剰ともいえる労働現場への規制に、専門家からは疑問の声が上がっている。

 センターは8校の小中学校の給食を調理しており、先月21日から給食を食べた教職員や児童生徒が相次いで食中毒を発症。今月4日までに計363人がノロウイルスに感染した。センターは業務停止となり、来月中旬の再開に向け、マニュアル改定を進めていた。

 新しいマニュアルでは、勤務時間(午前7時半〜午後4時45分)中の調理員について「保菌などの状況を確認することが難しく、センターでは原則排便しない」と規定した。

 センターの担当者は「緊急事態であり、規定を厳しくした。排便を我慢できない場合は、早退などの対応をとる」とし、「調理員が早退した場合に備え、予備調理員3人を確保した」と説明している。

 感染症に詳しいある男性医師は「聞いたことがない対策だ。手洗いの励行やトイレの消毒などが現実的だ」と指摘。文部科学省学校健康教育課も「調理員の生理現象への制約は、学校給食衛生管理基準になく、国として同様の対策は取ったことがない」としている。

 脇田滋・龍谷大教授(労働法)は「公共目的での緊急対策と理解したいが、働く人の権利にも配慮は必要だ」と話している。

毎日新聞【高橋一隆】










    排便→ノロウィルス感染→食中毒発生

日本人ならこういう物の考え方はしないだろう・・・


常識では、排便→手洗いの徹底→防疫→安全調理→食事の提供

こう言うのが論理的な思考というのではないのだろうか


この担当者は、何を学んで生きてきたのか

手をしっかりと洗う習慣というが、言われなくてもするのが日本人ではなかったか?

トイレに行くなといっているようなマニュアルの改定


 頭 大丈夫ですか?


どうなってしまう この日本!


コメント

裁判所の不可解な判断

2016年06月10日 | 裁判


娘が挙式、組幹部の勾留を5時間半停止 大阪地裁が決定




関税法違反などの罪で起訴され、拘置所に勾留されている指定暴力団「山口組」直系団体の50代幹部について、大阪地裁が先月、勾留の執行停止を5時間半に限って認め、娘の結婚式に出席させていたことが地裁などへの取材でわかった。本人の病気や親の危篤などでなく、祝い事での執行停止は極めて異例だ。

 勾留停止は5月の挙式予定日の午後0時半から午後6時まで認められた。被告側は「服役を繰り返して娘の成長期に不在のことが多かった。娘も結婚式への出席を望んでいる」と申請。大阪地裁が同月10日、警察官と弁護人の同行を条件に、式がある関西のホテルへの一時滞在を認めた。

 大阪地検は申請に反対意見を出した。初公判の前ではあるが、被告が否認していて、逃走の恐れがあり、組員で前科もあるとの理由だった。結果的に勾留停止が5時間半に限られ、警察官の警備態勢も整ったとして、不服申し立ての準抗告はしなかった。地裁は今回、同時に申請された保釈は認めなかった。

 類似の事案では大阪高裁が1985年、詐欺未遂罪で起訴された男の「弟の結婚式に出たい」とする申し立てで、地裁が認めた決定を検察側の抗告に基づき取り消した例がある。「勾留の必要性や逮捕前の生活状況を考えると、適当ではない」と判断した。


     ◇

 〈勾留の執行停止〉 警察署や拘置所などで、容疑者や被告の身体の自由を拘束する「勾留」を、裁判所が一時的に解くこと。親族らが身元を引き受け、滞在場所も限定される。実刑判決が出るまで拘束されない「保釈」と違って、保釈保証金を納める必要はなく、起訴前でも申し立てできる。お金が用意できない場合や、保釈が認められない際の緊急手段でもある。

朝日新聞社








さすが日本をダメにしていると言われている裁判官諸氏

被害者や遺族には非情だが、加害者・犯罪者には「最高の温情」をかけるのが流儀らしい

許可を出した責任者の氏名を公表すべきではないか?

天に恥じずにだした許可なら、できない訳が無いだろう・・・



こんな裁判官に委ねなければならない日本の司法、何とかならないものなのか

こんな裁判官、裁判所、裁判制度など、何の意味がある?

コメント

沖縄県民の選択が「これからの沖縄」に与える影響

2016年06月09日 | 軍事
ロシア軍艦艇3隻も同じ時間帯に尖閣接続水域に


 防衛省によると、中国海軍の艦艇が9日未明に沖縄県・尖閣諸島沖の接続水域内に入った問題で、同じ時間帯にロシア軍の艦艇3隻も近くの接続水域を航行した。

 同省は両国海軍の動きに関連があるかどうかを調べている。

 接続水域に入ったロシア軍の艦艇は、ウダロイ級駆逐艦と補給艦、航洋タグボートの3隻。尖閣諸島南沖から接続水域内に入り、久場島と大正島の間を抜け、同水域から出たという。

2016年06月09日 Copyright © The Yomiuri Shimbun








米国次期大統領選挙での、沖縄撤退構想に言及したトランプ氏発言

沖縄議会選挙で基地撤廃、反米・反日の選択とも受け取れる結果を踏まえ

日米関係にぎくしゃくした雰囲気を感じた中露が探りを入れてきた


沖縄は日米と中露の間にそびえる「万里の長城」的存在だった

沖縄県民はさぞかし満足だろうが・・・


今回の米軍属の事件によって、禁酒命令が出された

横須賀では「閑古鳥」が鳴いているという

沖縄ではどうなのだろう?

基地と共に生きてきた沖縄の商店主とその家族

基地が無くなり国の補助も打ち切られてからでは、後の祭りどころではないだろう


このままいくと中国・ロシアが尖閣ばかりでは無く、沖縄の海のあちらこちらに跋扈し始めるだろう

漁民も安心して漁などできなくなる日が当然来るであろうし

観光客も今以上に治安などを警戒して、足を遠ざけるかもしれない


沖縄の人込みに石を投げ入れれば、シナ人に当たる日もそれほど遠くは無い気がする

沖縄のため・・・が、本当に沖縄のためになるのなら、何も言えないが・・

国という大きな括りで考えるならば、沖縄の選択は大きな課題を残したのかもしれない


軍備と言うものを遠ざけて、平和が訪れるならそんな善いことは無い

日米関係がちょっと揺れ動いただけで、中露が「ちょっかい」を出してくる現実

沖縄に基地が無くなれば、中露が何もしないと言う保証を誰ができると言うのだろうか?


戦争を起こさないための軍備というものが有る事も歴然とした事実である



米軍基地が悪いのではない

罪を犯した人間が「米軍在籍」だっただけである

在日韓国・朝鮮人の犯罪件数と在日米軍の犯罪件数はどちらが多い?

殺人を犯した在日には寛容で、米国人に厳しいと言う矛盾を抱える日本という国


今回の事件で米軍基地があるから事件が起きると言うなら

在日韓国・朝鮮人犯罪者は在日を認めるから事件が起きるのではないのか

在日韓国・朝鮮人を強制的に国外追放せよと言いたい!


それが公平な判断というものではないだろうか・・・・。



コメント (4)

命を懸けた山菜はさぞかし美味かろう

2016年06月08日 | 社会



<クマ出没>警告看板無視し入山者次々

タケノコ採りの男性3人が相次いで犠牲になった秋田県鹿角市十和田大湯の山林には、危険を顧みずに入山する人が後を絶たない。
 「この先でクマによる死傷事故発生! 危険」
 6日早朝、警告する看板が立てられた林道入り口から500メートルの所に、1台の車が止まっていた。しばらくすると、70代の男女が山林から現れた。
 「タケノコ採りですか」と声を掛けると、笑顔で袋いっぱいのタケノコを見せてくれた。夫婦で能代市から2時間近くかけて来たという。クマが怖くないのかと尋ねると、男性は「山の奥に入らなければ大丈夫だよ」と意に介していない様子。クマよけ対策も「何もしていない」と言う。
 「ここはたくさん採れるんだよ」と話す夫婦は十数年来訪れている。1週間ほど前にも来たばかりで、採ったタケノコは近所に配っている。男性は「喜んでもらえるのがうれしい」と語り、やめるつもりはない。
 付近ではこの日、夫婦のほかにも山菜採りとみられる数台の車を見掛けた。青森県境にも近く、青森側から訪れる人も少なくない。
 鹿角市は林道に至る市道の入り口を通行止めにしているものの、周辺の畑や牧草地から入山可能なため、規制は困難だ。市農林課の担当者も「入山者に自主規制をお願いするしかない」と、他に打つ手がない現状を口にする。

(河北新報)より







こういう現実を知ると熊被害に心を痛めるのがばかばかしくなってくる

何時から日本人は物の価値が判らなくなってきたのだろうか・・・・


馬鹿は死ななきゃ治らない


いやいや・・自己責任で入山する人間をとやかく言うまい

さぞかし命がけで採った山菜・筍は美味かろうて (笑)


シリアに渡航する なんちゃってジャーナリストと程度は同じかもしれない

こんな人間に税金など使わず、放置すればよいのかもしれないが・・・


その筍・・・命より大事なものですか?



コメント (2)