花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日・印首相 真言宗総本山・東寺を見学

2014年08月31日 | 政治


インド首相に東寺案内 安倍首相、仏像など見学


2014.8.31



 安倍晋三首相は31日午前、来日しているインドのモディ首相に世界遺産の東寺(京都市南区)を案内し、共に仏像などを見学した。前夜の京都迎賓館での夕食会に続く「おもてなし」で、インドとの関係強化を目指す意向を強くアピールする形となった。

 東寺は真言宗の開祖・弘法大師空海ゆかりの寺院で、密教を通じてインドとの関係も深い。

 安倍首相は東寺講堂前でモディ首相を出迎え、講堂内に安置された仏像や、国宝の五重塔を一緒に見て回った。大日如来像の前では並んで合掌した。

 安倍首相は境内を散策中もモディ首相の隣を歩き、手ぶりを交えながら談笑。集まった報道陣に笑顔で手を振り、写真撮影に応じるなど文化や歴史を通じて首脳間の交流を深めた。





私は「東寺」を訪れたことはない

一度は行って見たい寺院の一つである

インド首相を接待するのに、どうして「東寺」だったのか?

何か思惑でもあるのか、なんていうのは「下種の勘ぐり」?

こういう場合は、「政教分離」とか、特定の宗派の重用とは

誰も言わない・・・・

国宝、世界遺産だから?

それとも「密教の総本山」「根本道場」だからなのか


政教分離などというのは、単なる政治的な「方便」でしかない

創価学会と公明党の相関を見て、政教分離など「有名無実」は明らかである

政治家が地元の神社を参拝しても、誰も異を唱えないが

靖国に参拝すると、とたんに眼を吊り上げて非難を始める

反対の為の反対は、日本の政治儀式としか思えない

そんな人間に血税を使うことに疑問もあるが・・・・


朝日新聞ですら、東寺見学には触れないようだ(笑)

信念もモラルもない「売国新聞屋」だから・・・・さもありなん。


私も東寺を観たくなってきた

月が変わってから、日帰りでもよいから行ってみよう

東寺の写真を観ていたら、そんな気分になってきた(笑)


コメント (4)

爺の気まぐれ 推奨ブログ 皆さんはどう考える

2014年08月29日 | 日記





このブログのブックマークの欄に【ひとりごと】というのがある

このブログを始める少し前に偶然知ったブログである

もう2年半にもなるだろうか・・・・

ブログ主は【実名】【住所】を公開して、ある事件の告発をしている

http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp/


私は物事は論理的にしか進んでゆかないと考えていて

人は病気や事故では死なない

死んだ時が寿命だと思っている


このブログ主の言葉を信じているかと問われれば・・・

ある程度は信憑性があると言っておきたい

根拠を問われれば、論理的な組み立てをしてみると

彼がブログを書き続けていることが「最大の理由」である

彼は相手に対して、「訴えて来い」と誘っていて

「受けて立つ」とも公言している


* セクハラ、名誉毀損で「何でも訴訟」の現代において

  実名批判をして、放置されている事

* 彼が、異常者であろうと、健常者であろうと、罪は罪であり

  名誉毀損、事実誤認の罪は問われる(刑罰に処されるのは別問題)

  ところが総理大臣から現役閣僚、上場企業の役員まで言われ放題

  なのに、批判や訴訟の報道記事すら皆無である。

* 私は信じる必要は無いと思っている

  疑って考えて、全ての状況を冷静に、彼によって「不利益」を被る

  人間の立場で考えてみればよいと思う。

* まず彼の言葉を疑う事とは、この問題のドアの前に立つ事なのである


私は毎日ブログを観続けている

本人が言うとおり、曖昧さが見える部分もあるが

一つ一つ検証する必要など無く、私達には事実を確かめる手段も無い

見守って、確認して、論理的に符号する事を、記憶にとどめるだけでよいと思う

これだけの内容のブログである

話題にもせず、無視を続けるメディア

内容はともかく、話題性のあるブログを無視する意図が見えない・・・。


こういうブログもあることを少し拡散してみたい

そんな気まぐれで、この記事を書いている(笑)


彼の書いていることが、嘘や妄想なら訴訟の一つや二つ、あってもおかしくない

私はその事だけでも、注目する価値はあると思うのだ

信じるも信じないも、個人の問題である



事実であろうと無かろうと・・・・。

暇なら週末にでも、少し前から読んでみるのも一興かと思う

最初は「嘘だろう」「そんな馬鹿な」ということでよいのである。


私は密かに 応援 している

彼の「闘志」に対して・・・

骨は読者がきっと「拾う」

私は確信に近いものを感じている。

コメント (2)

ウクライナ紛争にアフガンを観た

2014年08月29日 | 海外




ウクライナ情勢を観ていると、歴史は繰り返すものなのだと言うこと

あらためて思い知らされる気がする。


気になる事がある

どうしてプーチンは国際社会に逆らうような行動を続けるのか

公然と露軍を派遣していても、国連は表立った行動をなぜできないのか

言葉は悪いが、「子供の口げんか」にしか見えないのだが・・・

こういう紛争を回避させる為の「国連」ではないようである


プーチンはオバマが何らアクションを起こさないという

確たる「担保」を持っているのか?

何か腑に落ちないモヤモヤ感が頭を離れない・・・・

口先だけで非難する国際社会


「逃げるな」「止まれ」と言って、素直に立ち止まる「逃亡者」はいない

「止めなさい」「手を引きなさい」と言われて、矛を収めた侵略者は存在しない

国際社会も「言霊思想」にかぶれたのか?

言葉で言ってどうにかなった国際紛争はあっただろうか?


町でも、国でも、世界でも・・・・

警察が機能しないと、泥棒・強盗が跋扈する


今回のウクライナ紛争も裏で仕組まれた可能性は無いのか?

アメリカが大人しすぎる・・・・

脚本があっての「出来レース」

へたれオバマと狡猾プーチン

どちらも食えない人間ではある


それにしても、無駄な金食い虫の「国連」

存在意義すら薄れて、無用の長物化しているのが気にかかる

こんな機関の常任理事国に、どんな価値があるのか?

戦勝国でもない「中国共産党」が常任理事国という現実

これだけでもとんでもない機関ということが理解できるだろう


ウクライナが「第二のアフガニスタン」にならないことを願う

コメント

意味の解らない自民党のお家騒動(笑)

2014年08月27日 | 政治




「石破氏の乱」自民党内に強まる批判 「人事権を侵害」「本当に戦が下手だ」+(1/2ページ) - MSN産経ニュース








定番の「お家騒動」には興味は無い

自分達で自らの首を絞める行為であることに気づけない者たち

「かってにやっていろ」 というところか・・・・。



ひとつだけ不思議に思うことがある

「正式要請がない段階で安全保障法制担当相への就任を拒否する意向を示した」

あれ?

ではどうして石破氏はそれを知っていたのだろうか?

この拒否は「的を得た就任拒否」だったわけなのだろう・・・

どうして要請されていないポストを拒否したのなら

「そんな要請はしていない」

という、官房長官のコメントでなければ筋が通らないではないか

首相が要請(打診)→ 幹事長が拒否 → 公に拒否を明言

こういうのが普通に考える状況だが

首相は要請していない → 幹事長は公に拒否を明言  → 官房長官不快感を表明

さてさて・・・意味の解らない展開になっている


コンセンサスという自民党の十八番が機能していないのか

それとも本当は要請があって、石破氏が「役不足」という思いが強かったのか


まぁどちらにしても、靖国参拝を躊躇ったり反対する安倍・石破両人には

何も期待などするつもりも無いのだが・・・・


それにしても、「異常気象」と「景気の悪さ」に頭を痛めているのは

庶民だけのようで、永田町はそれどころではない様子だ

消費税増税が重くのしかかる「初秋」である。


コメント

肉を過酸化水素水に漬けるシナの冷凍肉

2014年08月26日 | 海外


漂白剤漬けの鶏の足、3万トンを押収 中国


香港(CNN)

中国で食品の安全性を巡る問題がまた明るみに出た。国営新華社通信は26日までに、殺菌や漂白に使われる薬品、過酸化水素水に漬けられていた鶏の足3万トン以上が押収されたと伝えた。

この問題で49人が汚染食品を製造した容疑に問われ、うち38人がすでに逮捕された。

中国の報道機関は、大きなおけの中で過酸化水素水とされる液体に漬かった鶏の足の映像を流している。

過酸化水素水は飲み込むと吐き気などの消化器症状を起こす。鶏の足を白く清潔に見せるために使われたとみられる。

新華社通信によれば、薬品漬けの鶏の足は浙江省の永嘉で最初に見つかった。当局の調べにより、江蘇、安徽、河南、広東各省の計9カ所の工場で過酸化水素水が使われ、複数の有名ブランド名で店頭に並んでいたことが分かった。

インターネット上では国内の消費者から「中国に安全な食べ物は残っているのか」「食べていい物を探す方が難しい」「昨日たくさん食べてしまった、吐き出したい」といった声が上がっている。

中国では昨年7月、冷凍肉の倉庫から賞味期限を大幅に過ぎた鶏の足20トンが見つかり、警察に押収された。中には46年前の鶏の足もあったという。






割箸(割箸)、爪楊枝(つまようじ)や繊維品、やっぱり「肉」も漂白剤塗れだった

どれだけ割り引いて考えても、シナに安全な食べ物が存在する事はない

金持ちは通販で日本産や欧州産を購入している

日本とは違う意味で「国内産」を口にしない

高くても安全な日本産を口にする・・・。

その日本では高いからと言って、安くて危険な中国産を口にする(笑)


中韓は「見た目」だけが優先される

整形も漂白も、根っこの部分では同じなのである。


見た目が同じなら「同じ物」というシナ

見た目がよければ、中身は気にしない南朝鮮


食品は見た目ではなく、味と安全性なのである

おそらく何万年経っても、かの国の国民は理解できない事だろう

健康に生きるために食す「食料品」

食べて健康を阻害し、命を縮めるのであれば、理に適っていない

つまりはそういう事なのだ

日本人も早く気づいて欲しい・・・・。

コメント

日本人に似合わない「氷水かぶり」という支援

2014年08月26日 | 社会




昨日始めて知った「アイスバケツチャレンジ」

難病(ALS)の支援ということのようだが

どうも「拝金主義者」、「河原乞食」の売名行為と思えてしまう。

私が古臭い人間だからかもしれないが、日本人はかつて売名を伴う義援は

「姑息」と思われてきた

そっと手を差し伸べることに異論は無い

外国人がやっていることに賞賛するのは結構な話である


ところが日本の著名人は、「善意」や「心」まで数字に替えてしまう

善意は心である

心はあるようでない「見えないもの」

見えないから価値が有るモノも、この世の中には多く存在する

大っぴらに主張しない善意が「日本人らしさ」なのではないか

人知れず心のこもった支援・寄付をしてこそ、数字以上の価値がある

「私はこれだけの支援・寄付をしました」

傍で観てると、尊い行為には感じられない・・・。


私には「レジの前」に置いてある寄付金箱のほうがよっぽど素敵だと

思えてしまう

強制された支援・寄付にどれほどの価値があるのか


心のこもらない支援は、政府機関の役人に任せておけば良い

そう考えると、これもマスゴミの視聴率稼ぎの陰謀か?

難病支援が悪いとは言わない

手段は選ぶべきで、取捨選択は自分の意思で行いたいものだ

私には今回の「氷水被り」、金持ちのお遊びに見えてしまう

せっかくの寄付金も「汚く」感じるのはなぜだろう・・・。


日本人は表立って支援するのは「恥」と考えてきた

見えないところで「ひっそり」とやるから「粋」なのである


よく聞く「タイガーマスク」のランドセル

足長おじさんの支援など、日本人らしい「心」の伝え方がある

やはり日本人には「似合わない」今回の支援・寄付だと

私は思っているのである。

コメント

これからどうする?このブログ・・・

2014年08月24日 | 日記





このブログの最初の投稿は、2012年8月24日である

今日で丸2年経ったことになる


当初の目標は2年間更新を続ける事だった

2年を経て多少の迷いはある

続けるかどうか

続けるにしても、更新間隔や内容など

今のままのブログでよいのか・・・


これは数少ないブログ閲覧者とはかかわりの無い話だ

自分がどうしたいのか?

そういう問題だろう


もうしばらく「手探り」の状態で、続けながら

考えてゆくべき問題なのかもしれない


最近 思うこと

これで良いのだろうか?

良いも悪いも、所詮無学な長屋の爺の戯言である

自分自身も閲覧者も、期待などしていない

それも事実である。


コメント

国民こぞって「警察嫌い」の社会

2014年08月24日 | 地方



暴走行為を警察官が制止し中学生にけがさせる 山梨


2014.8.23



 甲府市大里町の市道で7月下旬、2人乗りのミニバイクが転倒し、運転していた山梨県中央市の中学3年の男子生徒=(15)=が顎の骨を折る重傷を負った事故があり、暴走行為をしていたミニバイクを止めようとした県警南甲府署の男性署員の手が当たったことがけがの原因だったことが23日、同署への取材で分かった。

 署によると、けがに関して男子生徒側から「殴られたのではないか」との指摘があり、署が調べていた。30代の男性署員は当初「触っていない」としていたが、自分の手が当たったことを認めた。「言い出せなくなった」と話しているという。署は男性署員の腕時計が顎に当たった可能性があるとみている。

 事故は7月23日午前3時10分ごろ発生。甲府市内で暴走行為を繰り返していたミニバイク約10台を、南甲府署のパトカーが追跡していた。男子生徒は無免許だった。






毎度の報道を観て思うのだが

どういうわけか、日本人は警察官を「忌み嫌う」傾向にあるようだ

ヤマト民族特有の【ケガレ思想】から生じることだろう


たしかに最近の警察官の不祥事は多くなっている

それも増えたのではなく、公表される件数が多くなっただけで

昔から不祥事など何処の組織・機関・役所でもあることだ


それを差し引いても、「やってられない」思いが現場にはあるだろう

職務を全うすれば、社会から難癖をつけられる

そのうち、警察官志願者が減るか、やる気の無いサラリーマン警官だけに

なってしまう事になるのでは?


そもそも今回の問題も、警察官がどうのという話ではない

未成年のしかも中学生の小僧が、無免許で暴走行為をした事が原因だ

アメリカなら「撃ち殺されて」も仕方が無いような犯罪者なのだ

どうして小僧の犯罪を糾弾しないで、警察官の行為にばかり関心が行くのか


今回のような事件が重なると、この警察官のように「言い出せなくなった」

と言う言葉でも解るとおり、「萎縮」する警官が増えてくる

警察官に治安を託していながら、警察官をまるで犯罪者のように扱う

「市民」というのはどんな人種なのだろう?


小僧が怪我をした原因は、自ら無免許で暴走行為をしたからであり

それを制止しようとした警察官に非は無いのである

そこを起点に物事を考えなくてどうなるというのか

日本ではこういう言葉で表現する・・・

【 自業自得 】


何が「非」で、何が「是」なのかをしっかり踏まえて

誤解や扇動されない、文章構成で報道する事を望みたいもの

反日・親中・親韓を旨とする新聞ばかりが、幅を利かす日本において

淡い望みではあるのだが・・・。




コメント

この国は本当におかしくなっている

2014年08月23日 | 裁判
頭がおかしい のはいったい誰?
警官「頭おかしい」の侮辱に1万円賠償命令 東京高裁2013.8.23  警察官に「頭がおかしい」と侮辱されたとして、川崎市の男性が神奈川県に100万円の損害賠償を求めた訴訟の...








1年前の「思い」が大きくなって、私の頭に住み続けている

裁判官(判事)の常識の無さと警察官への偏見は理解を超える

今一度、冷静に考えてみると、こういう問題に大きな疑問を投げかけない

日本の報道機関の「姿勢」が不可解である

批判しろと言うのではない

どうして論理的な分析をして、疑問を市民に投げかけないのか?

それとも、マスゴミは揃いも揃って、当然の逆転判決だという認識か?


いつからか、この国に「良識」というものが消えてしまった

偏差値教育、詰め込み学習、学歴優先社会

どこかに「人間の柔軟さ」と「人としての温かみ」を忘れてきたようである。

コメント

長屋の爺の生活の中の書籍たち

2014年08月23日 | 日記





私は、若い頃読書は好きだったが

今ほど熱心な読書などしたことが無い

テレビを観なくなって何年になるだろう

新聞を読まなくなって何年になるのか・・・

情報と知識は与えられるのではなく

自ら拾い集め、貯えるものだと気づいたのは何時のころか


学業も情報も、上から頭ごなしに押し付けられると

生来の反骨心?(へそ曲がりか?)が拒絶し始める

気づいたときは、学校は退屈であり、親の気持ちを考え

卒業まで通っただけで、勉学などとは言えないものだった


「学校で習っただろう?」 と言われても

何のことやら・・・解るはずもない

ところが社会に出れば、地理も化学も高等数学も無用の世界があり

最低限の日本語と道徳心とやる気があれば

生きて行ける時代だった


私がテレビを観なくなったのは、つまらない内容ばかりで

時間の無駄に思えたのがきっかけである

偏向報道は端から気づいていた事で、文句言っても仕方が無い

そんな後ろ向きの思いもあった

生まれが北国、育ちが関東なので、関西流の笑いに馴染めず

吉本だらけの「低脳番組」に嫌気が差した

大きな理由はこれだと思う・・・。


新聞紙は「赤旗」「聖教新聞」「朝日」「読売」「産経」「道新」

「日経」「中日」「毎日」を購読してみたが

結果は世間の言うとおりの内容である

毎月数千円の購読料を払って、大見出しとテレビ欄だけ・・・

そういう家庭も在ると聞く、一面と最終面だけが必要というのも

どうかと思うが、中身はゴミを包むのに重宝しているとか・・。


私は本を読んでも、読み返すことなく、友人知人にあげたり

リサイクルショップに持ち込んで「処分」していた

中身を確認して購入する事ができない「欠陥人間」である

買ったは良いが、数ページ観ただけで燃やしたくなるような

そんな書籍にも出合ったことがある


最近は記憶力が落ちてきた

さらにブログに書く記事に関係する事は、うろ覚えでは差しさわりが出てくる

そんな理由で、何度も読み返す癖をつけ

書籍は保管するように習慣づけたのである

時代小説、近代史、海外の著書の翻訳本、古代史など

直近3年分だけでも、200冊は超えている

処分したのは、おそらくその何倍にもなるだろう


幸運にも熟年離婚してはや10年になろうとしている

おかげで現役の職人である事から、生活費以外に自由になる

お金が多少なりともあるから出来る事だろう


最近書籍の置き場に頭を痛めている

この際だから、時代小説だけでも処分しようかと考えている

場所をとらない「文庫本」130冊程度、欲しい方があれば

無償で進呈したいとも考えているが、どうなることやら・・・。


秋に床のリフォームする計画のため、家財は少ないに越した事はない

来月には産廃業者に、「不要な粗大ゴミ」を回収してもらう計画だ

自分で全て行う工事、用意周到でないと大変な事になる


未だに富士山の日差しの影響で、腕や首周りがひりひりしている

真夏の富士山は結構凛々しかった

霊峰富士のご利益は「国家鎮護」「国内平和」だろうか


自然災害というには、あまりにも酷い状況を観て

人間のか弱さと自然と共に生きることの難しさを感じてしまう


豪雨被害に遭われ亡くなられた方へ謹んで哀悼の意を 表します。



* 時代小説蔵書

居眠り磐音江戸草紙 1巻~45巻 (佐伯泰英著)

   〃      橋の上、江戸草紙読本、江戸地図

酔いどれ小藤次留書  1巻~19巻 (佐伯泰英著)

   〃      青雲編 品川の騒ぎ

藍染袴お匙帖    1巻~9巻 (藤原緋沙子著)

隅田川御用帳    1巻~16巻 (藤原緋沙子著)

髪結い伊三次捕物余話 幻の声~心に吹く風まで10巻(宇江左真理著)

日暮し同心始末帖  1巻~6巻 (辻堂 魁著)

夜叉萬同心     冬蜻蛉、冥途の別れ橋、親子坂 3巻 (辻堂 魁著)

栄次郎江戸暦    1巻~11巻  (小杉健冶著)

浮世絵宗次日月抄  命賭け候・冗談じゃねえや  (門田泰明著)

   〃      秘剣双つ竜・半斬ノ蝶(上・下)

   〃      任せなせえ・奥傳 夢千鳥・夢剣 霞ざくら

燦(さん)     1巻~4巻 (あさのあつこ著)

弥勒の月・夜叉桜   (あさのあつこ著)

立場茶屋おりき   1巻~18 (今井絵美子著)他6冊

その他      北重人 著作6冊 乙川優三郎 著作6冊

         葉室麟 著作 7冊 諸田玲子 著作10冊 等々・・・・。


* もし個人での利用を約束してくださるなら、コメント等でお知らせください

  無償でお送りいたします。
 転売目的はご容赦を・・・。


コメント

平成26年度富士総合火力演習8・21

2014年08月22日 | 日記




8月21日(木) 富士総合火力演習(総火演)に行って来た

24日が本番だが、その予行として数日、開催されている

夜明け前、パラパラと雨が落ちる空模様に、心配だったが

夜明けと共にその心配は払拭された。



開場まで朝の日差しに曝されて、長い時間待たされたのは

その後の楽しみの序章なのか(笑)





この催しは、陸上自衛隊の最大規模の【実弾演習】である。


島国であるわが日本において、ともすると「不必要」と考える国民も居るようだが

しかし、災害救助や災害支援が本来の使命ではない

祖国を護る気概は海自・空自と何ら違いは無いのである

百聞は一見にしかず・・・

想像以上の精度、戦略性、そして最新装備に心強ささえ感じた。


         


         


         


         


           



とにかく暑かった・・・・

早朝から並び、予行のための予行演習?もあり

10時開始とは言いながら、それよりも早く爆音に曝され

いきなり心臓を掴まれた心地であった

場内は「禁酒」「喫煙所以外の喫煙禁止」「三脚使用禁止」

そして「日傘禁止」という厳しい条件も特筆ものである


マニアは最前列の「ブルーシート席」に陣取る

相撲で言うなら「砂被り」みたいなものか?


   


開始前の演習場の整備の様子と最前列の観衆

次第に観客も増えてきたところ

わりと空間が埋まっていない事に、予行だから満場にならないのかと・・・


ところがそんな浅はかな思いを時間と共に消し去られる事になる


      


公式な発表など無かったが、流れてきた関係者の言葉では「三万人」とか

19日(火)にも開催されている予行なので

同じだけ入ったとすれば、すでに6万人?

21日と23日は、夜間演習もあるそうだから

いったいどれくらいの国民が観覧するのだろう


この日は時折ガスがかかり、遠くの様子が見え難いこともあったが

全般的には好条件での観覧だったと思う


しかし・・・暑かった

何度も散水車が、観覧席前の散水をしたが

瞬く間に水蒸気となって消えてゆく

深夜出発で殆んど寝ていない老体にはかなり厳しい条件

おまけに暑さと睡眠不足により、食欲が全く無い

24時間で口にしたのはパン1個、弁当3口程度・・・

あとはお茶と缶コーヒーという、修行僧のような状態だった



まだ体調がよくないのだが、更新しないと気遣いをかけてしまうことに

とりあえず、真夏のイベント参加の報告第一弾という事で・・・



コメント (2)

中国産を国内産に切り替えるユニーのPB商品

2014年08月19日 | 社会


ユニーが中国製PBを国内製造に切り替え 来年2月までに26品目


2014.8.19  



 ユニーグループ・ホールディングスは19日、日本マクドナルドなどで中国の食品会社の期限切れ食肉が使われていた問題を受け、中国から輸入しているプライベートブランド(PB)商品26品目の製造・加工を、来年2月をめどに原則として国内に切り替える方針を示した。

 ユニーグループのPB商品は約1600品目に上り、そのうち中国で製造しているのは、水煮野菜や冷凍食品、菓子などがある。中国製以外のPBの原材料や原産地の表示に関しても、分かりやすくなるよう改善を検討している。

 同社の梅本稔取締役執行役員は本部で開いた記者会見で「店頭で『中国の商品なのか』と尋ねるお客様が多い」と述べ、消費者間で食への不信感が高まっていることを、今回の対応の理由に挙げた。

 梅本氏は国内生産に変更した場合、価格が高くなり「実際にお客様に買っていただける価格でなくなる商品も多い」と指摘した。




どちらを選ぶか・・・

そういう話かもしれない


安くて不信だらけの商品は「賢明な日本人」は買わないと考えている

安全な日本製品は「価格が高くなる」ので買ってくれないと考えている

どちらを選択してもユニーは「買ってくれない」と考えている。


ところが、安いだけで安全に疑問のある中国産は買わないという事実があり

日本産は高いので消費者は買わないと、勝手に「決め付け」ているだけである。


いくら安くても、日本産以外は買わない消費者がいる事をご存じないようだ

ユニー系のスーパーで、キムチの売り上げがどうなのか?

私の観る限り、殆んどキムチの陳列棚に人影は無い

時折前に立つ人も、日本製の漬物をカゴに入れているのが現実だ

当然私もキムチは買わない


魚介類も「韓国産」は見向きもしない

大腸菌だらけの韓国産は御免被りたい

生産地・原産地の表記の無い商品は、ほとんど購入しない

日本人が日本産を購入しないでどうする・・・

風が吹けば桶屋が儲かる では無いが、日本産を購入する事が

日本の生産者を救い、巡り巡って自分の仕事にも影響する

誰かを儲けさせるなら、日本の生産者に儲けてほしい

それが普通の日本人の感情ではないだろうか


中国の「習さん」に儲けさせるくらいなら

韓国の「朴さん」に儲けさせるくらいなら

日本の「佐藤さん」「田中さん」に儲けていただきたい


自分がいやな事は、他人にもしてはいけない

自分がして欲しい事は、他人にしてあげるべきである


自分勝手な考えであるが、私の仕事は「日本人の家庭」が

ほんのちょっぴり「豊か」にならないと、仕事が増えない事情が有る

衣食住の「住」はいつでも後回しなのである

日本の家庭がほんの少し、ちょっとだけ豊かさを感じてくれれば

私もほんのちょっぴり、おこぼれに預かれるという話なのである。


意外と日本産だけを食べていても、出費はそんなに増えていない

私の実感である

地元の野菜など、中国産から見れば、安い物である


日本産が高いのは訳がある

きちんとした手間隙をかけ、安全に配慮し、自然と共に育てたもの

汗と思いがこめられた「大地の恵み」なのである

少々高いのは、保険代と思えば気にもならない


老い先短い爺である

命が惜しくて日本産を食べているわけでもない

日本人は昔から「日本の食物」を食べてきたのであり

日本人が日本の「汗の結晶」を買わない現代社会

どうなってしまったのだろう・・・・。

コメント

靖国問題の戦犯はいるのか?

2014年08月17日 | 歴史





慰安婦強制連行の捏造問題は「朝日新聞」が主犯であり

福島瑞穂(趙春花)が共犯である


では靖国問題の陰の功労者(戦犯)はいったい誰なのか

1、共同通信社の記者

2、時の総理大臣・三木武夫氏

3、日本のマスコミ各社

知る人ぞ知る話である。


靖国問題の起源は日本の売国記者の悪質な質問と

不用意な総理大臣の発言から引火し、マスゴミが油を注いだ問題だ

「公人としての参拝か」「私人としての参拝か」という質問に

「私的参拝で公的参拝ではない」と答えた。

ただ、それだけの話である。

アメリカ人なら「ノーコメント」で通すだろう(笑)


先の総理大臣・田中角栄が参拝しても、日本のマスゴミも

シナ・朝鮮も公のコメントなど一切無く、問題にすらなっていなかった。

無意味な質問と、不用意な答弁が招いた、哀しい史実である。


靖国参拝が問題なのでもなく、合祀問題が起因でもない

マスゴミの史実に対する不勉強が齎した「日本人の悲劇」なのである。


草葉の陰で「ビッテル神父」も嘆いているだろう

せっかく靖国神社焼却案を撤回させ、存続したのは何のためだったのか

国の為政者が遠慮するような現在を、どう思うだろう・・・。

遺されたものが当然行うべき参拝を、躊躇う事など想像しなかったに違いない

玉ぐしを奉納したから、国民との約束は果たした?

多くの国民は「約束を反故にした為政者」としか見ないだろう

痛恨の極み・・・・とは何の話だったのか?

去年12月に参拝した後、語ったあの言葉が信念なら、どうして躊躇う必要があるのか

日本の政治のトップとして、内外にキチンと示すべきではなかったか


参拝を自粛して結果として、朝鮮人は拳を下ろしたのか?

南朝鮮政府の論調は些かも変わりはしなかったではないか

参拝しようとしまいと、結論から導き出す不合理な論理で武装する朝鮮人

言葉も誠意も温情も通じない土人国家なのである


日韓併合35年を問題にするが、歴史的に植民地だったモンゴルによる

100年の統治には「難癖」をつけないのは不可解である。

モンゴル支配で朝鮮は栄えたのか?

日韓併合で朝鮮は衰退したのか?

シナに隷属して、毎年3000人の女子と金品を搾取されたことを

どうして歴史問題にしないのか?

歴史に向かい合うとは、そういう事なのである。


靖国神社の『大村益次郎』像の隣に、「ビッテル神父」像でも建立してはどうか

西欧諸国の一層の理解が得られると思うが・・・。


ドイツ人神父が理解していた事が、どうして日本人の政治家が理解できないか

どうして英霊の子孫である日本人が理解できないでいるのか

私には理解できない現象なのである。
コメント (2)

靖国神社が今在る理由を知る

2014年08月15日 | 歴史




【もしかすると、靖国神社は存在しなかった】


こんな事を言うと「頭がおかしくなった?」と言われそうである

ところが戦後「靖国神社焼却案」が実際にあった

もちろんGHQ(連合国軍総司令部)の計画である


戦前・戦中は日本の神社は「内務省」の所管であり

靖国神社だけが「陸海軍省」の所管だった

明治政府が唱えた神道指令に言うところの、「神社は宗教ではない」

という行政上の取り扱いを廃止した(国家神道の廃止)


とくにGHQが神経を尖らせたのは、靖国の存在だった

この神社がある限り、日本人はいつか結束するだろう

そういう疑念を抱いていた事は想像できる。

彼らは靖国神社、護国神社を「ミリタリー・シュライン」と呼び

伊勢神宮やその他の神社とは別の扱いをしたのである

ミリタリー・シュラインを訳すと【軍関係の神社】となるのか

軍国主義的神社ならば、「ミリタリスティック・シュライン」となる

未だに米国の一部政治家にも、靖国に異常な反応をする人が居るが

まさにこういう潜在的な意識が根底にあるのかもしれない。



この焼却案を止めたのは、カトリック・ドイツ人神父であった

「ブルーノ・ビッテル」氏なのである

氏は焼却してはならないという趣旨の強硬な意見書をGHQに提出した


【 いかなる国家もその国家のために死んだ人々に対して、敬意を払う

  義務があるという。それは戦勝国家、敗戦国家を問わず平等の真理

  でなければならない。 もし靖国神社を焼き払ったとすれば、その行為

  は米軍の歴史にとっても不名誉極まる汚点となって残るであろう。

  歴史はそのような行為を理解しないに違いない。】


このことから焼却案は撤回されたという。









私は「慰安婦問題」も日本人の誇りと名誉を傷つける事案だと思うが

もっと日本人を傷つけているのは「A級戦犯」という問題である

この「虚像」を払拭しない限り、靖国問題は戯言の問題ではすまなくなる

茶番(東京裁判)によって作られた罪人像であるA級戦犯という名称を

日本人が受け入れている限り、靖国問題は解決しない

核爆弾を用いて、無辜の市民(女性・子)を数十万人殺戮したものが

英雄で、責任を潔く自らの命で償った人間が、犯罪者というのは道理に適っていない


靖国で会おう 

これは英霊と遺された(護られた)人間との「日本人の約束」である

約束を護るのが、日本人らしさなのである

他国から横槍を入れられたくらいで、参拝を断念する国家指導者に

英霊は失望しているだろう


生前の小野田寛郎氏の言葉に

【兵士は相手が憎くて殺したのではなく、元々が国家の正義のために

 戦い、不運にして戦死したのです。従って戦争が終われば互いに

 相手側の忠勇な護国の勇士の栄誉を讃えるべきです。・・・(中略)

 日本人は亡くなった方は神仏になられるから、鞭で打ったり、約束を

 反故にしないという、本当にきれいな気持ちを持っています。

 いわゆる浄き明き直き心といわれる日本人のものの考え方です。】


このことが理解できない獣並みの知能しかない国家

シナ・朝鮮の虚言を真に受けない日本人がどれほどいるのか?

英霊に尊崇の意を表すことが世界の常識なのだと言う事を・・・・。


コメント

靖国の季節がやって来た

2014年08月14日 | 歴史
靖国参拝を考え今思うこと
人間は生まれ育った環境や、時代によって一つの言葉に対する認識が違う認識と言う言葉が適切かどうかは別にして(解釈と言っても良いかもしれないが) 『先の戦争』...






去年のこの時期より、今の方が関心は高まっているのか

それでも、おそらく大半の日本人は「無関心」だろう

シナや朝鮮は学校教育で洗脳するが、わが日本では新聞・TVなどの

報道を通して洗脳しているのが現実である。


平和宣言での「・・・過ちは 繰返しませぬから」の言葉に集約されている

原爆を作って、使用して、20万人の市民を虐殺したのは、日本人ではない

大量破壊兵器・核爆弾を使う「過ち」を犯したのは、米国なのである

この声明文をケネディ大使が読むのなら理解できる


例え戦争と言う異常な世界であっても、人道的に許されない事がある

ナチスのホロコーストは糾弾するが、米国の核使用には誰も言及しない

冷静に考えれば、これほど不可解な話は無いのである

被爆者や遺族の米国批判はあまり聞かないのはなぜか?

日本が戦争などしたから、原爆を落とされたのは仕方が無い?

そんな一方的な判断こそ可笑しいのである


未だに「憲法九条」は存在しているが、シナが尖閣を侵犯しているのに

平和憲法が防いでくれていないのを、どう解釈するのか

黙ってみているだけで、平和憲法九条がシナの艦船を追い払ってくれると

言うのなら理解もできる。

憲法とは自国民に適用されるもので、敵対国には意味などゼロなのだ

小学生でもわかる理屈が理解できない「お花畑国民」


戦争と言う言葉にすら「穢れ」を感じ、靖国という言葉だけで「罪悪感」を

感じる日本人

どんな言葉で表そうとも、国を護るという事は「闘う」ことなのである

護る為に闘う事を否定するというのは、妻や子、親を見捨てて自分だけ

助かりたいという事なのである

愛する者のために闘うのは、世界共通なのではないか


チベット、新疆ウィグルの現実を知り、シナを批判する人は多い

ウクライナ、クリミアの現実を見て、ロシアを批判する人は多い

もし彼らに「平和憲法九条」があれば、死なないで済んだのだろうか?


チベットやウィグルで亡くなった人を否定する事ができようか・・・

争いはいけない 争いを放棄すれば平和になり、命を落とす事もない

そう言ってウィグル人に声をかけてみればよい・・・

自分がいかに愚かな事を発言しているのかを・・・・気づくまで永遠に
コメント (2)