花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NHK予算案の可否の狂った論点

2014年03月31日 | 政治


NHK予算を承認 参院も全会一致ならず


2014.3.31



 NHKの平成26年度予算は31日昼の参院本会議で、与党と一部野党の賛成多数により可決、承認された。

民主党をはじめとした野党各党は慰安婦問題などをめぐる籾井勝人会長の発言を問題視して反対。

みんなの党は賛成した。

 全会一致とならないのは18年度以来となる。

NHK予算審議は野党が籾井氏の発言に反発して審議入りが25日と大幅に遅れ、27日に衆院を通過した。






賛成した「自公党」も情けないが、反対した野党の屑議員は

反対する理由が狂っていることに気づかない


日本の国歌・国旗を否定する「公共放送」の異常さが理解できれば

賛成できるはずが無い

・・・・・と思わないのが今の自民党の「五月の鯉のぼり議員」


胡散臭い野党議員など・・・

会長人事に争点を持ってきて、反対するなど「屑の中の屑」である

それと同じくらい、国を貶める売国行為を許す自公党政権も「屑」である


骨も無く肝もなく、考えも無い私利私欲の国会議員の多さ

口では国家の為と言いながら、国のためにならないことばかりを容認する

こういう異常な状態が長く続けば、70~80年前の時代の再来も考えられる

国民の思いを無視し、国家の誇り、国家の国益を害する異常な政権運営が

何をもたらすか・・・。


西洋のことはあまり詳しくないが、教会での結婚式において

新郎・新婦が牧師の前で、誓いの言葉を述べると聞いた


常に妻(夫)を愛し、敬い、慰め、助けて変わることなく、

その健やかなるときも、病めるときも、富めるときも、

貧しきときも・・・・・


今、日本人に必要なのは、国を愛し、国を敬い、どんなときも

国と共に生きる覚悟をもてるかどうか・・・。


あなたは・・・日本という国が・・・好きですか?

日本と言う国に・・・・誇りをもてますか?



少なくとも・・・私は・・・日本が好きで

私は・・・・日本人として、誇りを持っている。



私を誇りある日本人の末裔として、産み・育ててくれた両親に

感謝しています。

コメント (4)

日本人が知らない史実

2014年03月30日 | 歴史






ある国では、他国の元首相を暗殺した人間を「英雄」と讃え

暗殺された国の国民は、自らの国を「悪い国」と教えられる

事実を報じなくても、解ってくれるという発想

日本人らしいと言えばそれまでだが

「出さぬ言葉は伝わらない」ことも知るべきである。


日本は「良い国」だと言って、罷免された自衛隊幹部がいた

この国は本当に悪い国なんだろうか?



日本は嘗て大国ロシアと戦ったことがある

 日露戦争 と呼ばれ

このときの逸話が今も残されている


プーチン大統領も感激「浜寺捕虜収容所」 世界一の好待遇が示す史実


【 2万人動員し突貫工事、電灯も完備 】


 当初は次々に送られてくる捕虜をテントに収容したが、2万人近い

大工や作業員を動員して突貫工事で居住棟を建てた。

診療所、礼拝堂、パン工場などが設けられ、日本語教室も開かれた。

まだ一般家庭に電気が行き届いていない時代に、収容所内ではどこも電灯がついた。

収容者には運動のために外出も許可され、毎朝隊列を組んで出かけ、夕方に戻った。

地元の住民との交流もあり、親しくなって家に招待される捕虜もいたという。

負傷者のために皇后陛下から義手、義足、義眼が贈られ、ロシア政府からは

同盟国だったフランスを介して手当金が支給された。

明治39(1906)年2月までに全員がロシアへ送還されたが、収容中に

亡くなった89人は共同墓地に手厚く葬られた。


1905年(明治38年) 日本の政府は 79,454人のロシア兵捕虜を29ヶ所の

ロシア兵俘虜収容所に収容した。その中でも 現在の高石市高師浜にあった

浜寺俘虜収容所は 面積 13万坪の敷地に 28,000人のロシア兵捕虜を収容した

日本最大の捕虜収容所。 

当時 高石村の人口は 3,500人であった。

日露戦争当時 ロシア全土のロシア人の文盲率は 男子61%、女子83%、

平均 73%であり、識字率平均27%といわれ 

当時(1904-1905)の日本人の識字率は 男子97%、 女子90%であった。

聖書、祈祷書、ロシア語の教科書、 ロシア語訳のある日本語の教科書を送り

ロシア語のできる司祭を送ってミサ(聖体礼儀)を行い文盲のロシア人捕虜に

ロシア語を教えた。




自虐的に歴史を振り返り、隣国から要求されるまま謝罪を繰り返すより、わずか

100年ほど前に、世界に称賛され、胸を張れる史実があったことを覚えておきたい

そして日本人としての誇りを、子供たちに伝えたい。


コメント (3)

消費税率8%の未来

2014年03月30日 | 政治





いよいよ消費税が8%になる

日本の政府は言い換えれば、浪費癖の人間が「カード地獄」に落ちたような

使い道を反省し改める事を忘れ

収入の少なさばかりを論う


独法改革も手付かず、天下り法人の整理も忘れられている

特別会計は未だに治外法権の扱いであり


桜の咲くこの季節、郊外へ花見に行かれる方も多くなる

公共交通が整備されていない地方では自動車は不可欠だ

その自動車を動かす「ガソリン」は150~160円/L

文句を言っても仕方が無いから口を閉ざしているが

税金の高さには閉口するしかない

揮発油税・地方道路税を合わせて、ガソリン税と呼ぶ

本来は28.7円(1リットルあたり)だが・・・

暫定税率分約25.1円が加算され、53.8円にもなっていて

永久不滅の「暫定的な課税」という奇妙な課税形態になっている

暫定の意味を子供に教えることに躊躇ってしまう話で

これは自民党の輝かしい功績である(笑)


一度に40ℓガソリンを入れれば、40X53.8=2.152円

なんと一回の給油で、2152円の税金を納めていることになる

さらに、明後日からは8%の消費税がこれに加算される

40ℓ×150円=6,000円 6,000円×8%=480円

2,152+480=2,632円

一回の給油で支払う税金は、2,632円という計算になる

一円でも安い物を求めて、遠くのスーパーに通う主婦にとって

この数字は許しがたいものかもしれない。

これは電気料金・NHK受信料と同じく、消費者には選択の自由の無い

お上の「年貢」と同じ構造である

私達の一票で当選した国会議員が「有権者」の味方でない証拠である。


浪費癖が治らないから、税率を上げる、それでも足らないから

さらに課税する・・・「いたちごっこ」と言うしかない。


日本人は大人しいし、深く物事を考えないように教育されている

政府のやる事は「正しい」という、危うい洗脳さえ感じる


例えば、高速道路の料金システムがわかりやすい話だ

この高速道路、元々は国民の税金で建設したものである

その税金で造った道路を、使用する納税者に対し、使用料を取って

さらに消費税まで加算する

挙句の果ては、国民の財産を「民営化」という名目で、処分する

これは民営化という名の国家財産の私物化であり、一部権力者の簒奪に

他ならないのである

国家管理であれば、将来的に無料化も予想されるが、民営化では

永久的に有料・課税の対象でしかない

利権に絡む「狢(むじな)」の打出の小槌となったわけである


外国では高速道路は税金で建設され、償却年数が過ぎれば無料化

されることが多い

理由は「税金で国民のために造ったもの」であり、恩恵を受けるのは

当然国民なのである。

「古物(ふるもの)半値の五割引き」

古くなれば安くなる・・・物事の道理ではなかろうか

日本の高速道路は「古物」になると、「骨董価値」がでるらしい(笑)


この民営化という「奥の手」はとてもよく考えられた手法だ

諸物価があがり、値上げ・増税する場合において

公営と民営では国民の「あきらめ度」が違ってくる

国が保持・管理していれば、国民は政府に「反対」を迫る事になる

ところが、民営化されれば、一企業の商行為という認識で

「採算」という免罪符が与えられる

相手が企業なら、「嫌なら利用しない」という選択肢が発生し

否応無しに消費者の負けになるというわけだ


これが過去における数々の公共事業の民営化の核心だと思っている


経済優先と言う政府の「錦の御旗」によって、税金を使い自然を破壊し

そのうえ永久に国民から「金」を搾り取る政策が、戦後自民党が築き上げた

平和な日本の実体である

日本を取り戻すのは、国民の手から「自公党」の手に戻すことになりそう

そんな危惧が、最近の自公党の言動に垣間見えるのである。


自民党議員が全員悪者というつもりはない

努力している議員もいるだろう

だが、努力している事と「結果」は別物であり

現在がおかしければ、改める努力も必要だ

言い訳をするために国政に出て行ったわけでもあるまい

実のある結果を期待するのは、有権者の権利ではないだろうか。
コメント

「首相夫人を招待」報道の裏を考える

2014年03月29日 | 政治


慰安婦施設「首相夫人を招待」報道 日本の外務省幹部「虚偽の話 事実無根」


2014.3.28 [「慰安婦」問題]



 【ソウル=加藤達也】聯合ニュースなど韓国メディアは28日、元慰安婦の韓国人女性が共同生活するソウル近郊の施設「ナヌムの家」の安信権所長が今月17日に日本外務省の山本恭司地域政策課長らと面会した際、「安倍昭恵首相夫人を施設に招待したい」との意向を伝えていたと報じた。

 報道は、日本側が安所長に対して「本国に伝える」と応じたとしている。

 報道について日本の外務省幹部は「事実無根」と否定。

「なぜ虚偽の話が伝えられたのか、事実関係を確認している」と不快感を示した。

 安氏は招待の狙いについて韓国メディアに「昭恵夫人が韓国に関心をお持ちだと韓国でもよく知られている」とした上で、「施設でおばあさんたちと話せば同性として共感できることがあり、慰安婦問題で何らかの役割を果たしていただける」と語ったという。




外交は戦争である

飛び交う「言葉の砲弾」をいかに、無力化するか

飛んでくる弾の「虚実」にどう対処するか

報道が事実でも虚偽でも関係ない次元の工作活動である

報道を借りた裏の神経外交・神経紛争なのである


この報道が事実かどうかは、さして重要ではない

この報道によって出てくる「影響力」が重要なのであり

外務省が躍起になって「火消し」に務めるところからして

やっと事の重大さに気づき、重い腰を上げたともいえる。


何にせよこの問題の根っこの部分では「素地」があればこそ

そういう話題なのである

「家庭内野党」と豪語し、「できるファーストレディ」を主張し

国民感覚から大きく乖離した言動の数々・・・。





政治家でも外交官でもない、主婦が侵してはいけない「領分」がある

その判断が昭恵夫人にできていたかどうか

彼女が「総理夫人」でなかったなら、南朝鮮も同様の扱い・処遇を

してくれたかどうか、子供でも理解できる話だろう


日本の家庭の主婦ではなく、首相夫人という立場を狙われる

その下地は過去の彼女の言動に起因しているのである

本人は「主婦外交」のつもりらしいが、都合の良いときだけ

利用されている事に思いが至らないのは残念な話といえる

安倍首相を助けるつもりが、大きく足を引っ張っている事が

お解かりかどうか・・・。


問題は事実かどうかより、そういう話題が出ることの重大さ

日本のトップの妻として、常に「油断は無いか」「脇が甘くは無いか」

大和撫子・良妻賢母の自覚が有るのなら、身を律して諸事に当たられたほうが

賢明であろう。

その身が正しければ、国民は賛意を示し、支持もされ、疑念を持つ事さえ

しないものである。


あぁ やっぱり・・・と思われる、「身のほど」を自覚して欲しいものである。

コメント (2)

福沢諭吉の「脱亜論」は賞味期限が無い

2014年03月28日 | 歴史



 【 物事の本質は時を経ても色褪せないものである 】



福沢諭吉の脱亜論(現代語訳)

福沢諭吉「脱亜論」 1885年3月16日 時事新報

日本の不幸は中国と朝鮮だ。

この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を

共有しているが、もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、

日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。

地球規模で情報が行き来する時代にあって、近代文明や国際法について

知りながら、過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。

国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。

もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は

捨てるべきである。

日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。

ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。

この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。

悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。

私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。


* これは約130年前の日本人が書いたものである

130年前に理解していた事を、どうして現代の政治家・国民は

理解できないのか・・・・。


福沢諭吉の肖像(一万円札)を毎日眺めながら

損だ 得だ 儲かる などと言う前に、この文章を肝に銘じなければ

いけないと思うのである。



コメント (2)

安倍昭恵夫人が政権の主?政権のお荷物?

2014年03月28日 | 政治


韓国、昭恵夫人を招待 元慰安婦の支援施設「会って話せば共感できる」


2014.3.28 [「慰安婦」問題]



 旧日本軍の元従軍慰安婦の韓国人女性が共同生活するソウル郊外の支援施設「ナヌムの家」の安信権所長が、17日に日本外務省当局者らと面会した際、安倍昭恵首相夫人を施設に招待したいとの意向を伝えていたことが28日、安所長の話で分かった。来週中にも昭恵夫人に招待状を送る予定という。

 安所長は「昭恵夫人が韓国に関心をお持ちであることは韓国でもよく知られている」とした上で、「施設を訪問し元慰安婦のおばあさんたちと話をしてみれば、同じ女性として共感できることがあり、慰安婦問題で何らかの役割を果たしていただけるのではないか」と狙いを説明した。

 外務省の山本恭司地域政策課長らは17日、ソウル市内で安所長と面会し、慰安婦問題で日本政府のこれまでの取り組みを説明し、女性らの要望を聞いていた。(共同)





「外交」は大砲を撃たない「戦争」である

戦略としては、相手の脆弱(ぜいじゃく)な部分を攻めてくる

これは兵法にも適っていることである

「雌鳥歌えば家滅ぶ 」と昔から言うが・・・

このままでは、歌うだけではなさそうだ

「雌鳥踊れば国滅ぶ」になりそうな気配である


以前から、私はこのファーストレディは総理のアキレス腱になる

そう思っていたが

時を経るにつれて、アキレス腱どころか、時限爆弾にもなりかねない

それほど剣呑な夫人のようである

婦唱夫随(本来は夫唱婦随)では人心は離れていく事になる

事の本質を理解されていないようだ

総理夫人は「外交官」でも、「政権幹部」でもない

首相の妻であり、安倍昭恵総理夫人、それ以上でもそれ以下でもない

一歩下がることも学ばれたほうがよろしかろう

それが嫌なら、半歩下がって共に歩んだほうが

首相の良妻、献身する賢妻と映ると思うのだが・・・。

森永家のお嬢様には献身的な妻は、演じられないかもしれない。






コメント (5)

大きな国益より、目先の利を日本に集る南朝鮮

2014年03月27日 | 地方


石原氏、橋下市長に苦言「大阪都構想分からない」


2014.3.26 [日本維新の会]



 日本維新の会の石原慎太郎共同代表は26日、東京都内の日本外国特派員協会で講演し、出直し大阪市長選で過去最低の投票率で再選した橋下徹共同代表について「自分の政策の表現方法をもう少し考えた方がいい」と苦言を呈した。橋下氏が掲げる大阪都構想に関しても「よく分からない」と述べた。

 歴史認識問題をめぐり中国と対日共闘する姿勢を示している韓国を「韓国はあまり興奮しない方がいい。中国に接近して、どういう得があるのか」と牽制(けんせい)。「日韓関係は、日本よりもむしろ韓国にとって大事だ。歴史の大きな流れに対する認識が欠けている」と指摘した。






首都移転ではなく、首都構想とやらは、石原氏でも解らんと言う

庶民の私達にはもっと理解できない話である

あの小泉・郵政改革・構造改革とおっつかっつの話

思い込んだら命がけ・・・に見えるお寒い話である。


さてと・・・

理解力の無い クネクネ大統領

中国語は堪能らしいが、漢字を読み解く能力が欠如している

朝鮮の正史は「漢字」で書き残されている

李氏朝鮮の歴史を正常に読み解くには

漢字に堪能でなくてはならない


現在、南朝鮮において「漢字」の文盲率は眼を覆う状態

中国漢字も日本漢字も読めない、書けない人間だらけである


そもそも、なぜ朝鮮人が歴史を軽視・無視するのか

とどめておくほどの輝かしい歴史が存在しない事に尽きる

宗主国・シナに、毎年三千人の若い女性を差し出した過去

屈辱的歴史を言い出せば、きりがないほどに・・・・。


人種差別の国は少なくない

しかし南朝鮮は、人種どころか人間差別、年齢差別までする

宴席で酔客が喜ぶ舞がある

「病身舞(ビョンシンチュム)」という韓国伝統芸能だ

脳溢血の後遺症のある人の仕草を真似るものという

高齢者にも酷い仕打ちをする

裕福な高齢者は問題ないが、貧乏な高齢者には残酷である

「汚い あっちに行け」などと追い払われる事がある

儒教の国だから老人を大切にする・・・・は真っ赤なウソ!

万に一つも「真実」が無い国なのだから


クネクネ女史は「日本はもっと人道主義を学べ」と仰った

言葉だけ知っていても、自分の国で遂行することができない

のは、致命的な能力欠如と言うべきだろう。


韓国の知人が常に言う言葉がある

「反日を言っているのは、少数の教育程度の低い人や

田舎で貧しい暮らしをしている人間だけです」

たしかに南朝鮮国民全員が反日とまでは言わない

日本にも「反日」を叫ぶ日本国民は数多くいる

問題は一市民が叫ぶのと、政府・国家が叫ぶのでは

そもそも次元の違う話である。

少数の市民が「反日」「仮想敵国」と言うのと

政府が世界に向けて「反日」「敵国」と言うのは違う話なのである。


今回の日米韓の首脳による記者会見でわが国の総理は・・・

拙い朝鮮語で「ご機嫌取り」する姿を世界に配信した

国民のプライドを踏みにじったも同然なのではないか?

あの国とかかわる事は「百害あって一利無し」

オバマのタメに日本人の誇りを捨てるのは疑問でしかない

こんな国のタメに、集団的自衛権を行使する事に「異議」あり

友好国でも同盟国でもない、仮想敵国と言う国に、自衛官の

大切な命を危険に曝すような真似はしてはいけない


謝罪や土下座をするのはわが国・日本ではない・・・

感謝などしなくて良い

日本に構わないで欲しいだけ

日本国民はそう思っているのである。



コメント (2)

教え子の女子高校生に乱暴のゴルフ指導者に無罪

2014年03月27日 | 裁判


教え子の高校生に乱暴のゴルフ指導者に無罪 強制起訴初の性犯罪 鹿児島地裁


2014.3.27



 ゴルフの教え子で18歳の高校生だった女性に対する準強姦罪に問われ性犯罪で初めて強制起訴されたゴルフ練習場経営者の判決で、鹿児島地裁(安永武央裁判長)は27日、無罪(求刑懲役4年)を言い渡した。

 最高検によると、強制起訴の一審判決はこの日の判決を除き5件あり、うち有罪は科料9千円とした徳島地裁判決の1件だけ。

 公判で検察官役の指定弁護士は「支配的な師弟関係にあり女性は抵抗できなかった」とし長年の指導経験からその心理を把握していたと主張。弁護側は「厳しい師弟関係ではなく反抗できない状態ではなかった」と無罪を主張していた。

 経営者は平成18年12月9日にゴルフ指導を口実に女性をホテルに連れ込み、混乱して抵抗できない状態と知りながら乱暴したとして起訴された。

 鹿児島県警は23年に書類送検したが、鹿児島地検は「拒否の意思表示をしていない」と不起訴にした。鹿児島検察審査会の2度の議決を受け、指定弁護士が24年、在宅起訴した。







この裁判の行方は、私なりに気になっていた事件である

報道だけの資料から推察するしかないが、この問題は


* この女性の心理をどう解釈するか


* 立場を利用した「悪質な指導者」の倫理観・道徳心などを

  どの程度考慮しているか


十代の若者にとって、生活の空間はとても狭い

ゴルフ練習場の生徒であれば、好きな習い事をさせてくれる

両親に対する思いも当然あったろう、拒絶する事はゴルフから

遠ざかる事でもある

散々親に経済的負担をかけ、「先生がいやらしいから」と

レッスンを途中で放り出す事に躊躇いはなかったか?

その生徒の心理を逆手にとって、破廉恥な行為をしたなら

あまりにも酷い話である。

地方(鹿児島)でゴルフ練習場を経営して

生徒にレッスンするくらいの人間である

地元でも有力な「名士」なのかもしれない

地方は他人の目が気になる土地柄でもある

噂話でも若い女性は傷つくだろう

この話は「江戸時代」の話ではない

ロケットが宇宙に飛ぶ、平成の出来事なのである

じもとの有力者が若い女性に触手を動かす

江戸時代さながらの蛮行にも思える


あくまでも、女性の言い分が事実という前提での感想だが


裁判官は本当に世間の人間関係や、生活の中に潜む

「無言の圧力」にどれだけ精通しているのか

他人を慮る(おもんばかる)ことがどれくらいできているか


最近の裁判判決を観るにつけ、良識より常識が欠ける内容

命の息遣いが感じられない判決内容

弱いものは、あくまでも弱く脆く

強いものはどんな状況でも優位であり続ける判決

国が理不尽な目に遭っている弱者に代わり

事実を求め、相応の償いをさせるのが「裁判」


この制度が機能しなくなれば、人間として「私刑」を選ぶ

国民が増えてくる事になる

痛みの理解できない司法制度が続くなら

個人的な意趣返し、「私刑(りんち)」を容認する社会が訪れる


何を信じればよいのか

何を支えに生きればよいのか

この国はいったい・・・何処に向かっていくつもりなのだろう。

コメント

大間原発について政府の魂胆を知りたい

2014年03月26日 | 裁判


「提訴時に立場、表明したい」 大間原発差し止めで菅長官


2014.3.26



 菅義偉官房長官は26日の記者会見で、北海道函館市が国や電源開発を相手に大間原発(青森県大間町)の建設中止などを求めて提訴する議案を同市議会が全会一致で可決したことに関し「実際に提訴された段階で政府の立場を表明したい」と強調した。

 市は4月3日にも東京地裁で提訴に踏み切る。







私は「反原発」でも、「原発推進」でもない

電力は必要であり、化石燃料の無い国土にあっては

安定したエネルギーの確保は国策であり

現状では容認もやむなしと考えている


その大前提が「究極の安全対策」をすればという条件がつく

「想定」などと言う甘い思考で、自然の力に向き合う愚かを

再度繰り返さないことが絶対条件に成る・・・。


この原発建設の問題、地方に住む国民には解せない問題もある

首都・東京は人口の1割が集中し、電力消費も地方の比ではない

首都・東京が消費する電力を東京で生産せず地方に押し付ける

この問題は原発容認の立場でも、疑問に感じるのである。


巨大な臨海都市、広大なリゾート施設を作る事はできても

原発は東京都に作らないと言う論拠が希薄である

政府の言うように本当に「安全」であるなら、原発を東京都内に造り

電力の自給自足を検討すべきではないか? 

環境にも優しい「原子力」というなら、首都東京には

うってつけの環境保護型の建造物という事だろう


一千万都民のタメに大きな犠牲を払った福島県民

もう二度と同じ過ちを繰り返してはいけない


青森県民が消費するのでないなら、何処の地域が消費する

タメに「大間原発」を建設するのか明らかにすべきだろう

東京湾に隣接する高層マンションや、TDLの広大な施設を

見るたびに、消費される電力はどこから持ってきているのか

気になっている国民もいるはずである。


作るなとは言わないし、言える立場でもない。

地方軽視の安易な計画は、東電のような「屑企業」を肥やすだけである

ライフラインが国営で無いという事からして

この国の政府の危機管理の、程度の低さを感じてしまう


憲法を変える前に、政府の根本的理念を変えたほうが

良いように思えてしまうのである。

コメント

NHK職員はみかじめ料で足りなくて同僚からも取り上げた?

2014年03月26日 | 事件


同僚13人の財布から140万円盗む NHK副部長を懲戒免職


2014.3.26 [窃盗・ひったくり]



 NHKは26日、同僚の財布から現金を繰り返し盗んだとして、横浜放送局かながわ東営業センターの戸崎光弘副部長(49)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。被害額は同僚13人で計約140万円に上るという。

 NHKによると、戸崎元副部長は平成24年ごろから約2年間、川崎市中原区の職場で、同僚13人の財布から数千円から数万円の現金を繰り返し盗んでいた。受信料の被害は確認されなかった。

 2月上旬、同僚の1人が財布から現金がなくなっているのに気付き、内部調査で判明。戸崎元副部長は「生活費の一部として使った」と話し、13人に対して被害額を弁済したという。戸崎元副部長は23年6月から同センターに勤務し、受信契約交渉を担当する管理職だった。

 NHKは「コンプライアンス(法令順守)の徹底を進めている中で誠に遺憾。改めて綱紀粛正に努める」とコメントした。






特別驚く記事でもない

あぁ やっぱりな・・・

正直な感想である


チンピラかゴロツキのような受信契約担当者

その輩を管理する人間なら「さもありなん」である


世間では、読売新聞の勧誘員とNHKの受信料徴収員は

ヤクザまがいであるという認識

知らないものはいない・・・

いや、知らないのは永田町の代議士先生だけである。


みかじめ料を取り立てる「チンピラ徴収員」

その受信料で贅沢な生活をし、挙句の果ては贅沢の限度を越えて

他人の財布にまで手をかける始末

何がコンプライアンスだ!

臍で茶を沸かすような話である



観たい人間だけが、観たい時に契約をして

観れるような仕組みにすればよいだけだ

B-CASカードなる物があるのだから

CS放送並みに課金制度は簡単にできるはずである。



いつまでも「みかじめ料」を放置している総務省

仕事をしないなら解体してしまえ!

省庁は少ないほうが節税になる・・・・。


いつになったら、正常な仕組みに戻るのか?

韓国語を覚える暇があるなら、制度の仕組みの異常を

調べるほうが国民の為である

そうではないか? 安倍総理さん・・・。

コメント

さぁ花見の季節と飲酒運転の季節がやってくる

2014年03月26日 | 社会





桜の開花前線が話題になってきた

この地域でもちらほら蕾が開き始めた

来月には気の早い「花見客」が出没しそうである


この時期はとかく飲酒の機会が増える

酒は楽しく呑みたいものである

ところが、この時期は飲酒運転が多くなる

花見会場の駐車場は、車 車 車でごった返す

警備員も汗だくになる


ところが、重大な犯罪、危険行為、殺人にもなりかねない

飲酒運転だが、花見客の飲酒運転は減る事はない

今年も嫌な予想だが、犠牲者が出ることになる

原因は明白である

各都道府県の警察本部長、警察署長が本来の仕事をしないから

飲酒する場所で「飲酒検問」をしない不思議・・・・

防犯意識の欠如

職務怠慢

税金泥棒

そのお蔭で市民の生命が危機に直面しても

一向に取締りを強化する気配すら見えない


だれも このことに触れようとはしない

なぜなのか?

警察幹部にとって、不都合な問題があり

取り締まりに本腰を入れられない

裏の事情があるからだろう

地元飲食業界との癒着が原因で取り締まらない

パチンコと並んで、飲食業も大事な「タニマチ」だから

眼を瞑るしかない、市民にとって腹立たしい限りである


酒が悪いのでもない

自動車が悪いのでもない

人の命を奪うかもしれない飲酒運転が悪いのである

そんな「幼稚園児」でもわかる理屈

エリート警察幹部が理解できないはずも無い

であるならば、職務怠慢、犯罪幇助に等しい行為

そうではないのか?


今年は命を落とす方が、ゼロでありますよう

祈らずには居れません


自分が加害者になってから

自分の家族が被害者になってから

気づいたのでは遅すぎる


「他人事(ひとごと)」で済んでいるうちに

気づいて欲しい、今年こそ・・・・。
コメント

朝鮮総連売却決定の行方

2014年03月25日 | 裁判


朝鮮総連副議長「民族差別」「司法の暴挙だ」 売却決定の本部で会見


2014.3.25 [北朝鮮]



 朝鮮総連中央常任委員会の南昇祐副議長は25日、競売でマルナカホールディングス(高松市)への売却が許可された東京都千代田区の中央本部で記者会見し、「司法当局が在日朝鮮人に対する民族的差別をあらわにした暴挙だ」と、許可決定を出した東京地裁の判断を非難した。南副議長は総連の実質ナンバー2。

 昨年10月の再入札で50億1千万円の最高値を付けたモンゴル企業が書類不備で失格となり、22億1千万円で入札したマルナカが繰り上がった。総連側は「3度目の入札をすればより高い額で売却される可能性がある」として、売却許可に執行抗告(不服申し立て)している。

 南副議長は「地裁はモンゴル企業より28億円低い額で入札したマルナカを有利に扱った」と批判。「公正さを欠く。時代の流れに逆行し、歴史に汚点を残す許し難い行為だ」と強い口調で述べた。







心の中では絶望感で一杯だろう

「引かれ者の小唄」も出ない状況に笑いが漏れる


ただ・・・日本人は喜んでばかりいられない

まるなかHDは営利企業だ

総連に対し「明け渡し」を要求するだろうが

何せ不動産投資が事業であり、利益を求め然るべきときに

第三者に転売するだろう

その善意の第三者が、さらに転売しない保証など無い

私的企業・団体が保有する限り、総連の関与はとめられない

北朝鮮関連を追い出し、シナ関連が後に居座る事が無い事を

願うばかり・・・。

どちらに転んでも、「反日」の出城には変わりは無い


通常なら国家が最終的に管理利用するのが望ましいが

今の政府では「火中の栗を拾う」ことは無いだろう

思い切りの悪さ、及び腰では世界トップクラスの政府

真実を叫ぶ事すら躊躇う「腑抜け政権」だ

未だに「拉致実行犯」と「協力者」の逮捕すらできない

G7に率先して出席する「先進国」の実情なのである

わずらわしい事に目を背け、ひたすら前に進んだ結果の

先進国であり、経済大国という呼び名である。


面倒な事はお座成りにし、不都合には目を背け

「大事」と「小事」の区別も出来ず

悪戯に時だけを経てしまった結果の現在である

どれだけ譲っても、思いやりを見せても

理解する能力を持たないシナ・朝鮮

お花畑にもほどがあろうというものだが・・・・


日本人を拉致した犯罪国家の人間とその施設

区別する事になんら問題は無く

日本以外の国なら、強制退去でも不思議でない問題

それを言うに事欠いて、「差別」とは笑止である


国民はこの総連跡地について、これからも目を離しては

いけない

信用の置ける政府にはほど遠い「自公党」政権なのだから

冷静に大きな眼で監視しなければならないのである。


コメント (2)

建て前だけの茶番に意味無し

2014年03月23日 | 社会
下請けへのしわ寄せ防げ 政府、消費増税の価格転嫁を注視  +(1/2ページ) - MSN産経ニュース






全国に中小・零細企業が何社あるか・・・

消費税増税は規定路線だ

直前の今になって「指導」とは建て前重視の茶番である


弱いものはなぜ弱いままなのか

選択権が強者にあるから、そういう理屈である

嫌なら 他所の業者を使うという「強者の言い分」

是を抑える術がないまま、指導と称する監視は意味が無い

価格転嫁の問題が「悪行」なら、罰則を設けるべき

理屈からいえば、そういう事になる


大企業の「パワハラ」は死活問題でもある

一個人ではなく、企業に寄り添う従業員家族まで突き落とす

行政や政治の「痛みの解らぬ」施策ではとめようが無い問題


その原因は、めぐり巡って家庭の問題でもあるから始末が悪い

一円でも安く・・・・

常識と思えるこの発想が、自らの企業を窮地に追い込んでいる

消費者・購買者が「一円でも安く」を願えば

大企業は「一円でも安く」仕入れようとする

その一円を負担するのは、誰でもない・・・

消費者個人の収入が減れば、安く納品でき

消費者が「安い買い物」をできる仕組みである


その間にある「企業努力」という名の減益は

消費者の給与の減額によって補填される


安いものを願えば願うほど、中小・零細企業に働く

労働者の収入は減る事になるという話


風が吹けば 桶屋が儲かる の笑い話になる


一円でも安くを願う消費者(弱者)が悪いのか?

一円でも負担するのを嫌う大企業(強者)が悪いのか?


最近の日本を見れば、「お得」「お値打ち」「儲かる」

願いは「得する事」、安い事が美徳とでもいうように・・・


江戸時代、大晦日の「すす払い」の竹を売り歩く商売があった

当時の江戸は、いたるところに竹やぶがあり

わざわざ買い求める必要は無かったが、僅かな銭で竹を購った

そんな「無駄」に見える心使いで、庶民は助け合って生きていたのである


日本人の思いやりは、維新の風とともに、遥か遠くへ

吹き飛ばされてしまったのかもしれない。


コメント

首相は建前論に終始している余裕はない そうです

2014年03月22日 | 政治


首相「建前論に終始している余裕はない」 防大卒業式で訓示


2014.3.22 [安倍首相]



防衛大学校卒業式で卒業生を前に訓示をのべる安倍晋三首相=3月22日、神奈川県横須賀市の防衛大学校(早坂洋祐撮影)


 安倍晋三首相は22日午前、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で訓示し、「現実から目を背け、建前論に終始している余裕はない。必要なことは現実に即した具体的な行動論と法的基盤の整備だ」と述べた。集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈の見直しと法整備を進める考えを改めて示したものだ。

 首相は、日本近海の公海上で米軍イージス艦が攻撃される事態を例示し「机上の空論ではなく現実に起こり得る。その時に日本は何もできないでよいのか」とも指摘。自身が掲げる積極的平和主義を踏まえ、「自衛隊の高い能力をもってすれば、もっと世界の平和と安定に貢献できる。世界は諸君に大きく期待している」と激励した。

 平成25年度の卒業生は448人で、任官辞退者は10人。留学生はカンボジア、インドネシア、モンゴルなどの計14人だった。

(産経webより転載)








私の個人的な考えでは、「集団的自衛権」の行使は必要だと思う

全面的にもろ手を挙げて・・・ではないが容認している。


ただ、今回の安倍晋三首相の「意気込み」の異常さに首をかしげるのだ

後ろから「急かされるよう」な一途な姿に違和感を覚える

彼は言う・・・

「現実から目を背け、建前論に終始している余裕はない。

 必要なことは現実に即した具体的な行動論 云々・・・。」

現実から眼を背けないなら、なぜ「河野談話」を踏襲する?

言動 全てにおいて「不可解」ではないのか?

集団的自衛権においては「現実に即した具体的な行動」を起こし

従軍慰安婦強制連行においては、建て前論に終始する

これを「不可解」「二枚舌」と言わず何と言う?


今回の集団的自衛権の行使に関する行動は、アメリカの国内事情

不都合な事案の援助、これではないのか?

日本が陥った危難には「だんまり」を決め込んで

自国が受けるかもしれない危難には「手を貸せ」という論理

改憲して当然の「GHQ押し付け憲法」を正当な理由で改正する事を

認めてもらうために、オバマ政権に尻尾を振り、言いなりになる

「腹が据わったリーダー」の姿は何処にも見えない


20万人移民政策も、欧米の移民政策の見直しの「つけ」を

日本に押し付ける魂胆が見え見えである

このままいけば、日本は「移民の捨て場」にされてしまうだろう

戦後レジウムから抜け出る為に必要な

「負け犬根性」を捨てなければいけない

日本の負担が、「正当な代償」でなければおかしいのである

都合の良い「オバマ政権」の懐具合と、不都合な事案に付き合うなど

愚の骨頂と言える。


安倍晋三首相が如何なる問題にも、今回のような強い態度で臨み

優先させるべきものは、国民の願いであり

他国の国益ではない事を、自覚して欲しいのである。

他国の利益に傾倒したり、顔色を窺うなど

安倍晋三首相の言葉通り、そんな余裕など無いのが日本である

一番解っていないのは・・・・安倍晋三自身なのかもしれない。

コメント (2)

まるで朝鮮宗教を見ているようだ

2014年03月20日 | 政治


二階氏、党員獲得を痛烈批判 「まるで官僚主導の党運営だ」


2014.3.20 [自民党]



 自民党の二階俊博元総務会長は20日、自ら会長を務める二階派総会で、党員獲得にノルマを与え、未達成者に罰金を科す石破茂幹事長主導の党員獲得運動を痛烈に批判した。「何の相談もなく偉そうに党員を集めろ、集められなかったら処罰すると言ってくる。まるで官僚主導の党運営だ」と不満を爆発させた。

 矛先はおとなしい若手議員にも向けられ、「若い人も元気があるなら、党本部に上がり込んでいく気概を持たなきゃダメだ」。

 さらに「命令ばっかり。バカにするなっていうことだ。(記者団が)おらなかったら、もっと言ってやる」と最後まで怒りは収らなかった。






さすが政権与党「自公党」という景色が見える

議員を党員捕獲のノルマで縛り、未達成者には「鞭(むち)」を振るう

どこかの半島宗教が母体の政党が絡んでいるとはいえ

ここまでするか? 

政治をするために、自民党から出馬し、議員になった人間に

党員を集められないといって、「罰金」とは気でも狂ったか?

党員が集まらないのは、総裁をはじめ党幹部の言動が理解・支持されて

いないことに起因する。

サルでもわかる理屈であろう・・・・。


己(おのれ)の失態を議員に転嫁(てんか)する愚策

二階氏でなくても怒るのは納得できる話だ

「河野談話」を撤回できなかった責任はどうやって償う?罰金か?

「20万人移民政策」など、得意顔で語る政党(集団)に

国民が金を払ってまで、入党するはずも無い・・・

政治馬鹿もここまで来ると、「非常識」な間抜け親父に見えてくる


物事には 須らく 理由(わけ)があるべき


そんな言動をしているから、党員が離れ、新規入党者が集まらない


かの国でも言っていたではないか・・・


その身正しければ、令せずして行わる

その身正しからざれば、令すといえども従わず



必ず 誰かが きっと見ているのである


その眼を常に意識できているかどうか

その「眼」とは、温かい気持ちを残した眼でもある


冷たい視線にばかり、気をとられていると

本当の理解者を永久に失う事になるのである。


コメント