花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国旗・国歌を否定する教育機関に「血税」は使ってはダメ

2015年06月17日 | 社会
文科相、国立大に国旗・国歌要請…大学側反発も


 下村文部科学相は16日、国立大全86校の学長らを集めた東京都内の会議で、入学式や卒業式の際には国旗掲揚や国歌斉唱を行うよう要請した。




 国旗掲揚と国歌斉唱を両方とも行っている国立大は約16%にとどまっており、大学関係者からは「大学の自治や自主性は尊重されるべきだ」などと反発する声も上がっている。

 会議は文科省が各国立大に大学入試改革や運営費交付金などの方針を説明するために開かれた。その際、下村文科相は国旗掲揚や国歌斉唱について、「各国立大の自主的な判断に委ねられているが、適切に判断いただけるようお願いする」と実施を求めた。

 国立大での国旗掲揚などを巡っては、安倍首相が今年4月の参院予算委員会で、「税金によって賄われていることに鑑かんがみれば、(愛国心などのかん養をうたった)教育基本法の方針にのっとって正しく実施されるべきだ」との考えを示していた。

 小中高校の場合、学習指導要領に国旗掲揚と国歌斉唱を行うよう明記されているが、大学については明確な規定がなく、各大学の裁量に任されている
文科省の調査によると、今年の卒業式で国旗掲揚と国歌斉唱をいずれも行った国立大は14校。国旗掲揚のみ実施したのは60校で、12校はどちらも行わなかった。国旗掲揚の方法としては、式典会場の壇上に学校の旗とともに掲げたり、式場の外のポールに揚げたりで、国歌については「演奏だけ行っている」という大学も含まれている。

2015年06月16日 20時43分 Copyright © The Yomiuri Shimbun






この記事を読んで、憤慨する日本人も多い事だろう


だが私はあきれ果てている・・・

大学の学長にではない

今の今まで、大学だけを野放し状態にして税金を注ぎ込んできた

歴代政府の愚か者にである



今まで好き勝手に走り回っていたペットを、いきなりリードで繋ごうと

するような愚行に反発するのは「ペットも人」も同じだろう


税金で運営する組織に「規制」が無いこと自体、政府の管理責任の意識の希薄であり

教育をおざなりにしてきた報いである


沖縄県知事といい、大学学長といい・・・

自分たちの置かれている立場を自覚できない「立派な人物」である(笑)



この際だから国旗・国歌を受け入れない全国の国立大学を民営化してはどうか

国民の血税で運営されている自覚がないものに、国の誇りや国民としての

自覚を芽生えさせる教育などできるはずがない


カネ(税金)は欲しいが、指導(意向)には従えない

沖縄県知事と同類だろう・・・



反国家思想の人間が、明日の日本の指導者を育てられるわけがない

日本を愛せない人間を作るために、国民の血税は一円たりとも使わせたくない


権利と義務の定義が狂っている教育現場

嫌なら「辞めろ」

嫌なら「止めろ」

日本を愛する人間のために税金は使われるべきである。

ジャンル:
学校
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 長屋の爺の生活の中の書籍た... | トップ | たまにはこんなニュースは嬉... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教育者の驕り (路傍の石)
2015-06-18 11:17:11
自分達は偉い ?
このように勘違いした馬鹿者が多いのが日本の悲劇。

上に行くほど顕著になる。いびつな教育 (学歴社会) の成れの果て。

全く、あなたの仰る通りです。

自民党の驕りと無策が、公金を扱う人間の責任感を麻痺させて来た。

国を敬わない人間を製造し、道徳心を失わせる教育現場に
血税を注ぎ込む必要はない。

教育者の驕り、
先般の安保法案における法学者の意見陳述がその良い例です。

「人はそれを、専門馬鹿と称して来た。」
何のための教育 (長屋の爺)
2015-06-19 20:15:55
こんばんは

国に害する人間を増殖させるために税金を使う

そんな国はあり得ない話です

自由とは「規制された枠の内」で有効なものであり

枠を逸脱すれば「好き勝手」であり自由とは呼びません

自由な教育にも当然の如く規制・制約はあると考えます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事