花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ルールを知らない理由とマナーの悪さ

2018年03月06日 | 社会
全国で事故多発の「一灯式信号機」撤去へ…徳島



 黄色と赤色のランプ点滅で車に交通規制を指示する「一灯式信号機」について、徳島県警は新年度から、撤去を始める。
 ルールを理解していないドライバーによって事故の原因になるケースが多く、試験的に交通標識に置き換えた交差点では、事故が減少したという。
 一灯式信号機は、ランプが点滅し、黄色側が注意しながら、赤色側が一時停止した後に、それぞれ交差点に進入するよう決められている。県内では住宅街など夜間の交通量が少ない場所を中心に105基設置されている。だが、一時停止しないドライバーが多く、全国で事故が多発しているという。
 警察庁が2015年12月に「代替が可能な場合は、信号機の撤去を検討する」と都道府県警に通達したことを受け、県警でも撤去を検討してきた。
 県警は効果を確かめるために、17年1月、徳島市新蔵町の「徳島保健所前交差点」にある一灯式信号機を撤去。代わりに、赤色が点滅していた方向の交差点入り口に夜間になると発光する「一時停止の標識」を設置した。また、交差点内を赤色で舗装して、路面に書かれた「止まれ」の文字を拡大した。約1年かけて調べた結果、撤去前の1年間で6件だった物損事故は3件に減少。人身事故は0件だった。
 孫との散歩で同交差点近くをよく通るという主婦(70)は「これまで車同士が交差点で衝突しそうな時や、スピードを出した車に歩行者がはねられそうな時があった。運転手も夜間発光の標識の方がわかりやすいのでは」と話していた。
 県警は道路を管理する市町村や、地元自治会らと協議を進め、不要な一灯式信号機を撤去していく。交通規制課の吉枝正隆次長は「維持管理費用の面からも不要な信号機は撤去すべきと考える。効果的な代替策を関係者と話し合い、事故の防止にもつなげたい」と話した。(行田航)
2018年03月06日 Copyright © The Yomiuri Shimbun








一灯式信号機のみならず、一旦停止場所の違反も後を絶たない

その理由を考えずに信号機や表示の変更で対処すると、もっと大きな問題に

直面することになる気がする


私の経験からいえば、とにかくルール・法規を知らなさすぎるドライバーが多い事

特に【優先順位の理解不足】、【一旦停止の意味の理解不足】

【施設駐車場の出入り方法のルール無視】等々 数えたらきりがありませんが


どうしてルールを知らないのか?

教習所は実技と法令を学び、運転資格を取得する機関であるのに

きちんと実社会で通用する大事な事に時間を割いていない事が原因と

私は考えます

側道から本線に進入する場合の優先順位など、最近のドライバーは

きちんと理解できていない

一時停止は「きちんと一旦止まればOK」などと勘違いしていること

一時停止とは次のように教えられたはずだ・・・

道路交通法
(指定場所における一時停止)

第43条  車両等は、交通整理が行なわれていない交差点又はその手前の直近において、

道路標識等により一時停止すべきことが指定されているときは、道路標識等による

停止線の直前(道路標識等による停止線が設けられていない場合にあつては、交差点の直前)

で一時停止しなければならない。


この場合において、当該車両等は、第36条第2項の規定に該当する場合のほか、

交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。


* 第36条第2項 車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、

その通行している道路が優先道路(道路標識等により優先道路として指定されている

もの及び当該交差点において当該道路における車両の通行を規制する道路標識等による

中央線又は車両通行帯が設けられている道路をいう。以下同じ。)である場合を除き、

交差道路が優先道路であるとき、又はその通行している道路の幅員よりも交差道路の幅員が

明らかに広いものであるときは、当該交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。


上記の青色の部分が「後段」と呼ばれ、多くのドライバーが理解できていない

大事な部分である

つまりは止まっただけでは不十分であり、交差する道路を通行する車両の妨害を

してはいけないということなのである


上記の優先順位が定まっていない場合には「左方優先」となるのです

でも教習所で教習生が全員理解できるような授業(講習)をしているのかは

甚だ疑問ですが・・・・


さらに多いのが大型スーパーなどの駐車場から本線に出入りする車のマナー

左折して本線に入るのに右側によって停止し、走行車の途切れるのを待つ

ドライバーの多い事・・・

右から来る車両が左折して駐車場に入りたくても、右側に寄っているため

左折できないで立ち往生する車が多すぎます(後続車は大迷惑)

左半分に停止線が引かれていても、無視するドライバーが殆どなのですから


さらに入口と出口が明記されている場所でも、無視して出口から入ったり

入口から出るなど、まさに「民度」「常識度」を疑うドライバーばかり

マスゴミが言うほど最近の日本人の民度は高くない気がしますが・・・


昨今では教習所は「免許を買うところ」と揶揄されています

マナーと共に「ルール重視」の教習指導を願いたいものですね。



コメント

自ら考えよ!

2018年02月15日 | 社会

危険な流氷上の記念撮影「落ちたら助からない」
 









流氷の上に乗ったらどれほど危険なのか・・・

小学生でもわかる話である

そんな簡単なことで啓発ポスターを作らねばならない日本の社会とは

あまりにも愚かで悲しい話に聞こえてしまう


自らの頭で考える機能の劣化した現代人は難しい試験問題は解けても

日常の基本が理解できない精神的にも未熟な人間だらけだ・・・・


スマホを操作しながら自転車に乗れば、どれほど危険なのかも理解できない

日本人が私の周りでも多くみられる


便利さと豊かさは異なることに気づけない現代人たちに、私がどういう言葉で

批判・否定しても一向に気にすることは無いだろうが


親の説教と冷や酒は後から効いてくる

人生にリセットボタンなどは無いことを自覚すべきではないだろうか・・・。



コメント

町名地番変更の是非

2018年01月24日 | 社会


町名に「神田」、50年ぶり復活…歓迎と懸念






今日でgooブログ開設からちょうど2000日になった

最初の記事が奇しくも町名地番の変更に対する疑問の記事だった


歴史とか伝統というモノを、何処かで切り取る事は避けられないとは思う

しかし、部外者がとやかく言うべきでは無いとは思うが、日本を愛する

一人の爺が思うには、変えなければならない已むに已まれぬ理由が

ある場合を除いて、変えるべきではないと思っている

ましてや不動産価値に影響するとかなど言語道断であり、こういう経済優先

経済至上主義のような輩を斟酌する必要など無いとも思う


私の記憶が間違っていないなら・・・

この「猿楽町」は江戸時代ころに武家屋敷が立ち並ぶ場所だった

本来は「まち」だったのである

古来、江戸では武家地は「まち」、商業地や江戸住民が住む場所は「ちょう」と

呼び分けていた

それも今ではうやむやになっているようだが・・・・


古き善き日本を残そうとするなら、千代田区の猿楽町は「さるがくまち」に

渋谷区の猿楽町は「さるがくちょう」にしてはどうか・・・


神田という名前が入るかどうかより、大事にしなければならない事はあるはず

それが歴史であり伝統ではないかと私は思いますが・・・。




コメント

原因と結果

2018年01月22日 | 社会


分離帯超え横断の4歳男児、タクシーがひき逃げ



21日午後11時35分頃、神戸市長田区大橋町の市道で親族らと一緒に横断していた男児(4)がタクシーにはねられた。

 タクシーは逃走したが、後続車の男性が110番して、追跡し、約2キロ先で停車させた。

駆けつけた兵庫県警長田署員が、運転手(69)(神戸市兵庫区)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の両容疑で逮捕した。

男児は頭を打つなどの軽傷。

 同署の調べに対し、運転手は「気が動転して思わず逃げてしまった」と話しているという。

 同署によると、現場は片側2車線の中央分離帯のある道路。男児は、横断歩道のない場所で親族らに連れられ、中央分離帯を乗り越えて渡っていたという。

2018年01月22日 Copyright © The Yomiuri Shimbun







片側2車線の道路

中央分離帯を乗り越え

横断歩道でも無い場所

親族らに連れられ横断


そして・・・通りかかったタクシーに轢かれた


逃げたタクシー運転手も愚かだが、この親族という人間は最低・最悪の人間である


ちょっと道路の反対側までというレベルの話ではない


片側2車線というのは、双方向は4車線あるという事だ

その中間には中央分離帯がある

それを横断するというのは常識外の話で、子供連れで渡るなど基地外沙汰だ

まして、夜の11時半ごろに子連れで・・・


自動車を運転していて人を轢くというのは許されない事なのだが


しかし、毎日車を運転している人間なら一度は経験しているはずだ

横断歩道でもない場所を、左右の確認もせずに横断する馬鹿者を

轢きそうになった経験が・・・・


これは大袈裟ではなく、多くのドライバーが経験している事なのである

あと10メートル進むか戻れば横断歩道が有ったり、歩道橋が有るのに

命がけで横断する愚か者が後を絶たないのは事実だ


さらには、子連れの多い事といったら日本の未来に絶望すら感じてしまう

子供は大人の背中を見て育つ

その大人があまりにも愚かなのは日本の道徳・倫理社会の崩壊なのか?


子供が「中央分離帯を越えて渡りたい」と言うわけが無く

大人の無分別が子供にけがを負わせ、タクシー運転手を犯罪者にしてしまった

加害者が被害者に、被害者が加害者に・・・・

この事故はそういう問題を孕んでいると私は思う。


コメント

相撲界と周りに集まる愚か者たち

2018年01月17日 | 社会







日本の相撲界に夢や神聖を求めている日本人には申し訳ないが

今回の問題で少しは目が覚めたかと思いきや、依然として不感症というか

根本に気づいていない人が多いのには驚かされる


横綱の品位・品格だとか言うなら、そんな人間を横綱にした人間が

公に謝罪して責任を取ればよい話だ


伝統ある「国技」、「神聖」と言うなら、外国人力士を認めた

時点で「国技」ではなくなったと思うべきだろう


元横綱・北の富士が横綱・白鵬の「張り差し」を横綱の相撲ではないという

批判をしたようだが、相撲の技に「張り手」が在るのだから「らしい」とか

いうのは個人感でしかなく、そこまで言うなら「禁じ手」として正式に決めなくては

お門違いの話になるだろう


わたしはこの北の富士という元横綱が嫌いで、金で弟子の千代の富士に部屋を売った

大ばか者と思っている

横綱の品格を落したのはお前が先輩だろう!


素人が無責任な発言をすることと、元横綱が発言するのでは影響力が格段に異なる

それを踏まえないで「言いたい放題」の元力士の発言には嫌悪感を感じる


貴乃花親方のマフラーに「いちゃもん」をつける女性議長もどうかと思うし

早い話が「坊主難けりゃ 袈裟まで憎い」という事なのだろう


貴乃花部屋の力士に「注意」をする協会幹部の態度にも疑問を感じる

左手をズボンのポケットに入れたまま、にらみつけるように注意する姿は

893がチンピラに説教する姿を思い出してしまった(笑)


髷を結った力士が私服で街を歩く姿より、この幹部の姿の方が見るに堪えない

世間で言うところの「常識を逸脱」していないか?


国技、神事と語る人に問いたい・・・・

そのような神聖な取り組みに「懸賞」をかけることの意味をどう説明するのか

国技を冒涜し、興行相撲にしたのは、協会幹部と相撲愛好家、視聴者なのでは

無いだろうか・・・・。


コメント

無恥に気づかない愚か者

2018年01月07日 | 社会

ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏の発言を中国・環球時報が報道 「中国に尖閣を侵略されたら白旗を挙げて投降する」の見出しで


 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は2日、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔氏(37)が、元日にテレビ朝日系で生放送された討論番組「朝まで生テレビ! 元旦スペシャル」で、沖縄県石垣市の尖閣諸島が侵略された場合、「白旗を挙げて投降する」などと述べた発言を掲載した。

 2日の環球時報インターネット版では「日本の芸人、釣魚島(尖閣諸島の中国名)が『侵略』されたら、白旗を挙げて投降する」との見出しで、村本氏の発言を報じた。

 「中国が沖縄を欲しいと言ったらあげるんですか」との龍谷大の李相哲教授の問いに「だって中国から取ったんでしょ」と述べたことを紹介。

 村本氏の「尖閣諸島を守るために人を殺すくらいなら、(尖閣は)いらない」「僕は(尖閣諸島を)取られてもいいです」「なぜ中国や北朝鮮が日本を侵略するという話になるのか、私、分からない」という発言も報じた。

 さらに村本氏が昨年12月17日のフジテレビ系番組「THE MANZAI」に出演した際、沖縄県の米軍基地に関して「日本全体の問題をなぜ沖縄に押しつけるのか」「(日本政府は)見て見ぬ振りをしている」と発言したことも掲載した。

 一方で日米関係については「大量の兵器を買ってくれる日本は、米国にとって『友好国家』ではなく『便利な国』にすぎない」との村本氏の発言を引き、一連の村本氏の発言の結果、自身のツイッターが炎上し「日本の教育の失敗だ。小学生以下の知識だ」などという非難であふれた上、テレビ朝日に「今後、村本氏を使うな」という声が殺到しているとした。

 村本氏のツイッターには「沖縄は中国から取った」発言などを非難するものが今もあふれている。(WEB編集チーム)







「日本教育の失敗だ」とは思わない

この男の学んできたものは在日半島人の「反日教育」だろう


奇しくも、香山リカとかいう女が

「問題を抱えている人間は、その問題から目をそむけ、虚勢を

張ろうとして、自分の過去さえ捻じ曲げる」

そう公言したそうだ・・・


ハッキリ言って、半島人の思考そのものではないか


歴史は「点」では語れない

幾重にも複雑に折り重なった糸が織り成すものこそ「歴史」である


無知は知ることにより無知ではなくなるが

無恥は生まれ持っての「素地」であり、無恥な人間は何処まで行っても

無恥な人間として一生を過ごす定めにある


テレビを観ない私はこの男がどんな人間なのかわからないが

まともな日本人とは異なる人間という事だけは理解できた・・・。


コメント

反日・反米が理念の沖縄2紙のクズさを観た

2017年12月09日 | 社会










沖縄2紙の報道しない自由、知らせない自由の十八番である

偏向報道の極みを邁進する沖縄2紙だが、本土の新聞紙も程度の差こそあれ

五十歩百歩ということだ


不都合なことは知らせない自由はどの新聞紙でも最大限発揮している

容疑者の実名報道しない新聞紙が他紙を批判するのは如何なものか・・・・



自分達に都合の悪い事は「眠った振り」「死んだふり」するくせに

国民の知る権利には応えようとはしない姿勢を貫くことが新聞紙の実態なのである


日本国民として・・・

勇敢なる米海兵隊ヘクター・トルヒーヨ曹長の回復を心から祈りたい


コメント

危機管理のできない お花畑国家

2017年11月25日 | 社会
国が廃棄した赤外線カメラを不正輸出、中国人留学生を書類送検 中国の軍事関連企業に渡る? 



 軍事転用が可能で輸出が規制されている米国製の赤外線カメラ装置を日本国内のインターネットオークションで落札し、中国に不正に転売・輸出したとして、警視庁公安部や東京税関などは24日、外為法違反(無許可輸出)の疑いで、東京都足立区の中国人留学生の男(22)を書類送検した。容疑を認めているという。背後関係は確認されておらず、公安部は金銭目的だったとみている。

 関係者によると、カメラ装置は国土交通省の災害用ヘリに搭載されていたもので、価格は5千~7千万円。新たなカメラ装置の導入に伴い、平成27年9月に廃棄処理が決まり、三菱電機(東京)が廃棄処理事業を受注した。しかし実際に廃棄処理を請け負った2次下請け業者が廃棄せずに別業者に転売。この業者がオークションに出品した。

 これを中国人留学生が約55万円で落札し、中国在住の軍事関連企業に勤務する男性に約250万円で販売。成田空港から輸出した。既にカメラ装置は中国側に渡っており、所在は不明という。

 送検容疑は28年5月28日、カメラ装置を経済産業相の許可を得ないで不正に輸出したとしている。







あまりにもお粗末なニュースに、言葉を失ってしまった

このシナ留学生も工作員なんだろうが、そのような「軍事機密に匹敵する物」を

廃棄するのに、下請けに丸投げした三菱電機、それを転売した業者、それをオークションに出した

業者と馬鹿ばっかりなのには怒りすら忘れてしまう・・・


そういう重要な備品の廃棄には周到な制約項目が無ければならないはずなのに

お人好しというべきか、能天気というべきか・・・危機管理の欠如は世界一であろう


技術は国家をも傾け、国家を破滅に導くことを知らないわけでは無いだろう

腐れ北朝鮮が大きな顔ができるのも、核開発のノウハウをどこぞの国から手に入れた結果である

自分にとって不要だからと言って、相手にとって喉から手が出るほどの場合もある


日本人の馬鹿さ加減は、死んでも治らない致命的な事かもしれない


こんなことが有っても、政府・関係省庁は緊急に法整備などしないで身内の保身だけに

ひたすら邁進し、アメリカ向けとして不正に輸出したシナ人の罪だけを問う事になる気がする。




コメント (2)

日経よ「この問題」は株価予想ではない

2017年11月17日 | 社会
河野太郎外相「完全な誤報」 日経のユネスコ分担金拠出報道を否定 


 河野太郎外相は17日の閣議後記者会見で、国連人権理事会の作業部会がまとめた暫定報告書に慰安婦問題で日本に謝罪と補償を求める要求が盛り込まれた件に触れ、「非常に重要な事実誤認がない限り、(各国から)出された意見はすべてまとめて報告書という形になる。日本として精査し、答えが必要なものについてはきちんと答えていきたい」と述べた。

 一方、日経新聞が17日付の朝刊で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)による慰安婦関連資料の「世界の記憶」(世界記憶遺産)登録をめぐり、支払いを留保している分担金を「政府は支払う手続きに入る」と報じたことに関し、河野氏は「完全な誤報。日本政府として分担金支払いは決めていない」と否定した。

 河野氏は「ユネスコ改革は後押ししていきたいが、日本として、きちんとやるべきことをやってくれなければ、分担金支払いを止めることも含め対応しないといけないという状況に何ら変わりはない」と明言。分担金支払いは当面見送る意向を改めて示した。





私がまだサラリーマンをしている頃、ある先輩から「日経は読むなよ」と助言された

意味が解らず不満だったが、「事実と予想は別物で憶測や独断で書いたものは

判断を誤らせる」・・・・という事だった。


その当時から、今回のような傾向が強かったというべきだろう

当時は東京在住で新聞は何でも読むようにしていたサラリーマン時代だった

反日についても自分自身の中に、確たる信念もできていない時代でもあった


言うべきことは信念をもって言う

父親を反面教師に持つ河野大臣の今回の発言は正論である。



コメント (2)

外国籍・無職・犯罪 日本社会の三種の神器

2017年11月13日 | 社会

中国籍の男、ID情報274万件を不正入手


 家電量販大手「ビックカメラ」や通販大手「楽天」の会員ポイントが不正使用された事件で、警視庁は13日、詐欺容疑などで逮捕した中国人の男のスマートフォンやパソコンから、約274万件の他人のIDやパスワードなどが見つかったと発表した。

 流出した情報を使い回す「リスト型攻撃」に悪用されたとみられる。同庁は、男を不正アクセス禁止法違反(他人の識別符号の不正保管)容疑で再逮捕し、IDなどを入手した経緯を調べている。

 再逮捕されたのは、埼玉県入間市、中国籍の無職張鳳陽被告(27)(詐欺罪などで起訴)。

 発表によると、張被告は昨年12月~今年9月、スマホやパソコンに、東京都内の50歳代の男性ら3人が通販サイトなどで使っていたIDやパスワードを保管した疑い。調べに対し、「仲間から送られてきたIDなどをスマホに保管していた」と供述している。

2017年11月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun








報道する側もそれを観る側の人間も「当然」のように受け止める記事の内容だが

どうして中国籍の人間が無職で日本に滞在しているのだろうか?

この報道を見る限りsightseeingの人間ではないようだし、留学生でもないようだ

無職で日本に滞在できる抜け道でもあるのか?


外国籍犯罪者が合法的に滞在・生活できる日本と言う国・・・・

どこかおかしいと思いませんか?

しかし、このような犯罪者が刑期を終えると国外退去・強制送還されるのか

その後について我々日本国民は知らされていないのも事実である


自民党を批判する人も、立憲、希望、共産を批判する人も含めて

こういう大事な問題に関心を寄せる人は殆んど居ないのが現実でしょう


経済だ外交だ、核問題だと大きな事柄に注目している日本人が多いらしいが

生活に直結するこういう問題にはあまり関心が無いようである


社会とは政治家や経済人ばかりで動いているわけでは無い・・・・

名も無き【日本人】の周りで織りなす生活も「日本の社会」ではないだろうか

名も無き生活者の利益を守るのも政治の役割だと思いますが・・・。



コメント

偏見に満ちた報道 **よお前もか?

2017年11月08日 | 社会

神社放火で自衛官ら逮捕 群馬県警


 群馬県桐生市内の神社の社殿に火をつけ、全焼させたとして、群馬県警は8日、非現住建造物等放火容疑で、陸上自衛隊大宮駐屯地の陸士長、風間大志(21)=さいたま市北区日進町=ら3容疑者を逮捕した。風間容疑者は「現場にはいたが、火はつけていない」と容疑を否認しているが、残りの2人は認めている。
 逮捕容疑は、6月12日午後8時ごろ、桐生市梅田町の護国神社の社殿に侵入し、畳の上にライターオイルをまき散らして放火し、木造平屋約70平方メートルを全焼させたとしている。神社は無人で、近隣への延焼などはなかった。
(産経新聞より)






産経新聞を一番良識ある新聞と思っている方には申し訳ないが・・・

簡単な話、どの新聞も五十歩百歩、目くそ鼻くそなのである

たしかに放火の容疑者が自衛官かもしれないが、自衛官以外の2人の姓名・年齢を

掲載しないのはどういう理由なのか教えてほしいものだ・・・


放火犯が逮捕された、その内の一人が現職の自衛官だったという事だろう

自衛官になる若者が全員、聖人君子であるはずもなく道を誤る者もいるだろう

こういう報道の仕方は朝日や毎日、中日(東京)が得意とする報道姿勢である

「産経よお前もか」

そんな言葉が聞こえてきそうな日本のマスゴミの現実である。


コメント

これは序章なのか?

2017年11月07日 | 社会
「アメリカを捕まえろ」総領事館前に模造刀の男


 5日午後0時20分頃、大阪市北区西天満の「在大阪・神戸米国総領事館」前の歩道で、男が袋から日本刀のようなものを取り出したのを警戒中の大阪府警機動隊員が発見し、男を取り押さえた。

 刀は模造刀だったが、かばんに包丁(刃渡り約20センチ)を所持しており、機動隊員が男を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。
 府警警備部の発表では、男は調べに「知らない」と否認、名前や住所は黙秘しているという。所持品などから、大阪市内に住む60歳代の男とみられる。男は模造刀を取り出した際、「アメリカを捕まえろ」と発言。包丁を持っていた理由については「騒がせようと思った」と話したという。

 この日は、トランプ米大統領が来日。米国総領事館付近では、機動隊員らが通常態勢で警備していた。

2017年11月06日 Copyright © The Yomiuri Shimbun






おそらくは在日朝鮮人の愚行だろうが、北朝鮮有事になればこのような反日・反米分子が

蜂起する可能性もある

公安も頭の痛い事態になりそうだ・・・・


とにかく在日外国人が犯罪を犯したときは本国へ強制送還すべきである

とは言っても・・・自公で過半数と公言する安倍自民党にこの英断は望めない


都合の好い時だけ「グローバル」を唱え、不都合には眠った振り、死んだふりをする国会議員

世界基準で考えることができない今の日本の政治

世界の国々の顔色をうかがうだけで飽き足らず、在日外国人にまで「良い顔」をしたいようだ


在日外国人を排除しろというのではない

悪質な外国籍犯罪者を放逐せよと願うのである


不倫相手を「性策秘書」にした山尾志桜里などという人間を当選させた国だから

真っ当な事を望むことすら無意味なのかもしれないが・・・・。



コメント

お花畑日本人の現実を観た

2017年10月16日 | 社会














お花畑も此処まで来ると「哀れ」にさえ感じてしまう

どんなことも、どんな時も全ては【他人事】であり、対岸の火事として受け止める

危機感の欠如は似非人道主義、動物愛護という捻じ曲がった私感によって自己満足の世界に没頭する

熊の命と我が子の命の優先順位を考えて言っているのか甚だ疑問である



優先順位も知らずミサイルが飛んできて、家族が命を失ってから防衛(反撃)しろと言う・・・



最近、私はこの国が「人にやさしくない」と感じるようになった

政治ばかりの責任ではないだろうが、自然界に生きているのは動物も植物も人間も同じなのである

なぜこの世に「生」を受けたのか?

なぜ自分は生きているのか?

獣(動物)に命を奪われるためでもなく、テロリストや殺人犯に命を奪われるためでもなく

侵略者に命を奪われるためでもないはずだ・・・・


しかし、現実は動物を保護して農業生産者の生活を脅かしてもだれも声を上げないし

愛する家族を理不尽に殺されても、加害者は法律で守られてしまい、殺された被害者の

人権も生存権も軽く扱われてしまう


この国では国民の命の優先順位が著しく低くなっているとは思いませんか?


いったい何がいけないのか・・・

いったいどうすればこの問題が解消されるのか・・・


このままいくと、国民のほとんどが「被害者」になってから、議論される気がしています


そして、それまでに理不尽にも命を奪われた日本人は「人柱(ひとばしら)」として、

いや生贄(いけにえ)として、何時の日か忘れ去られるのだと思っています


ヘイトだ差別だと声を上げる前に、日本人の命の優先順位を考え、声をあげることが大事

天皇だろうが総理大臣だろうが、名も無き国民が存在しなくてはその存在すら無意味になり

その社会のピラミッドの底辺に存在する「名も無き市民・国民」の命を守ることが最優先だと

私は考えています。

コメント

中身より形式が優先されてる日本の社会

2017年10月12日 | 社会
市の敬老ようかんにカビ、1000個自主回収



 山口県下関市は11日、9月10日に同市が開いた敬老の祝典で参加者などに配ったようかん約5000個のうち、同市の菓子店「三池屋」が製造した1000個を自主回収すると発表した。

 包装不良でカビが発生する可能性があるとしている。
 市長寿支援課によると、祝典に参加した高齢者4562人に記念品として配布。そのほか、高齢者施設などに配った。今月に入り、「カビが生えていた」といった問い合わせが市や同店に数件寄せられた。これまでに健康被害の報告はないという。
 回収対象品の箱には「三池屋」と印字されており、賞味期限が10月20日となっている。問い合わせは同課(083・231・1168)、三池屋(083・266・3615)へ。
2017年10月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun







ひと昔前なら、だれが考えても「おかしい」というものが

平然と行われているようだ・・・


今回は業者の不手際・失態だったわけだが、地方の中には敬老の日の記念品(参加品)

として、一般人でも手ごわそうな「せんべい」を配ったところもあるそうだ(笑)

高齢者など「固い食べ物」が苦手な人は多い・・これって常識ではないだろうか?


だれでもちょっと考えれば理解できることが理解できない世の中になったのか

企画を健康な若者や現役壮年に委ねるのは仕方がないとはいえ

老人に対する配慮ができない日本人が多くなったという事かもしれない・・・


何時かは自分も通る道と思えば、一歩踏み込んだ配慮が欲しいものである。




コメント

人柱の風習が正されない日本の社会

2017年09月30日 | 社会
児童見守り男性死亡の現場、念願の信号機設置へ



 島根県益田市久々茂くくも町の国道191号で1月、集団登校中の児童の見守り活動をしていた三原董充ただみつさん(当時73歳)が酒気帯び運転の軽トラックにはねられ死亡した事故で、県公安委員会は、現場の交差点に、押しボタン式の信号機設置を決めた。

 県警は、来年1月末の設置を目指す。

 事故では、子どもたちに付き添っていた三原さんと小学生がはねられ、三原さんが死亡した。三原さんは1983年に下校中の次女・舞子さん(当時7歳)を交通事故で失い、再発防止のために十数年間毎朝、見守り活動を行っていた。

 信号機の設置は、地元の豊川地区連合自治会が2008年、「見通しが悪く危険」などとして県警などに要望していたが、実現しなかった。

 事故を受け、同連合自治会や小・中学校など7団体は3月、事故現場の交差点に、押しボタン式の信号機の設置などを求める要望書を、県公安委員会や県警本部に提出した。県警は5月、現場の交通量などを調査。益田署は8月、信号機設置を求める上申書を県警に提出していた。

 県公安委員会は今月21日、交通量や、なだらかな下り坂でスピードが出やすい道路環境であることなどから設置を認めた。県警交通規制課によると、現場では、午前7時からの12時間に車両約5000台が通行するという。

 三原さんとともに児童の見守り活動を続けてきた日比勇さん(74)(益田市久々茂町)は「信号機の設置は地域の念願だった」と語る。「我々が見守りをできない時間帯もあるので、これで安心できる。ただ、犠牲はあまりにも大きかった」と三原さんの死を悼んだ。(立山光一郎、中瀬有紀)

2017年09月30日 Copyright © The Yomiuri Shimbun






横断歩道、信号機、横断歩道橋

その設置には必ずといって良いほど、市民の命の犠牲があってから設置されている


「転ばぬ先の杖」という意識が希薄な日本の行政

どこの地方にも「人柱」になった市民が存在する


重い腰は尊い命と引き換えにしなければ上がらないものなのである

外国に援助できる税金は総理の一声で数千億円規模であるのに、子供や老人の命を守る「税金」は

果てしなく少ないようだ


自民党が政権を担うようになってから、どれくらいの「貴い命」が人柱として失われたのか

東京五輪を招致する税金で全国にどれくらいの横断歩道橋や信号機が設置できるのか?

考えたことが有る日本人は居るのだろうか・・・・


日本人が生活保護を受給できないのに、在日外国人が容易く受給できる国

国民の命は国民自身が守らなければならない国・・・


それが私たちの住む日本という国なのである




コメント