「皇室問題INDEX」設立準備室

マスメディアによる皇室の偏向報道、ネットに流れる東宮家への誹謗中傷を検証しています。

「皇室問題INDEX」開設準備室スタート

2013-04-15 23:24:51 | 日記
ようこそ、おいでくださいました。
西田様のブログでお世話になっていますINDEXです。
準備室のスタートが遅くなってしまい、すみません。

ここでご協力いただける方へ、連絡先メールアドレスのご連絡をお願いしていましたが、
ご連絡いただきながら届かないケースがあるなど、
さまざまな不都合が発生することがわかりましたため、
メアドご連絡のお願いは、いったん中止とさせていただきます。
あしからず、ご了承ください。

ご協力を申し出てくださった方々に厚く感謝を申し上げますとともに、
メアド等は無関係に、ご協力いただける方法を検討したいと思います。

至らぬ点ばかりで恐縮ですが、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


コメント (18)   この記事についてブログを書く
   | トップ | 「皇室問題INDEX」が目指すも... »

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ROMしかできないと思いますが (ranteijo)
2013-04-16 16:25:47
このようなサイトができてうれしく思います。
あまりにも偏った悪意ある報道、ご本人たちはどんな思いでご覧になっているか、想像しただけで胸が痛みます。

今、ある曲を探すためにyoutubeをググッてました。
何の関係か、右にずらりと皇室関係の画像が。
いくつか見てみました。
幼い愛子様を連れた東宮ご夫妻の画像、熱狂的な歓迎の声なのに、下に書かれたコメントのひどいこと。
そしてあちらの家の画像には、絶賛のコメントが。

でも今見ると、愛子様と同じ年齢であちらの坊やさん、同じことができるでしょうか。

一部は酷いマスコミ報道を信じさせられた人もいるでしょう。
でも何か大きな組織が陰にいるような気がします。
もう北朝鮮のあのアナウンサーの語りをおちょくれませんよね。日本だってほとんど同じになっている。

日本が北朝鮮並の国になるか本当の民主国になるか、今が岐路のような気がします。
どうぞがんばってください。
ありがとうございます (INDEX)
2013-04-17 01:18:21
励ましのコメント、ありがとうございます。

>一部は酷いマスコミ報道を信じさせられた人もいるでしょう。
>でも何か大きな組織が陰にいるような気がします。
>もう北朝鮮のあのアナウンサーの語りをおちょくれませんよね。日本だってほとんど同じになっている。

ほんとうに、その通りと思います。
いつの間に、こんなことになってしまったのか、
驚くようなスピードだったと思います。

大きな組織力の前に、蟷螂の斧のようなことかもしれませんが、
「小さなことからコツコツと」をモットーに、
できることから少しずつやっていきたいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。
西田さまのところで知りました。 (マーシャ)
2013-04-17 07:43:44
よろしくお願いします。
昨日から挑戦しているのですが、投稿できないのであきらめていました。
メアドはどこへ書くのでしょうか?
応援します (auxilia)
2013-04-17 09:27:20
初めまして。

このようなサイトが出現し、非常に嬉しく思います。
平成の皇室報道は、昭和の皇室報道を全否定すると同時に、あまりにも偏りすぎています。

東宮家は徹底的に貶め、汚い言葉で罵りのコメントばかり。
特に愛子さまへの誹謗中傷は酷すぎます。一般人なら訴える事ができますし、裁判をしても勝つでしょう。

ところが、向こうの方は異常なまでの持ち上げぶりで、まるで北朝鮮のようです。

少しでも東宮一家の擁をすると、組織的な嫌がらせコメントが大量投入されるので、これからINDEXさんは大変だと思います。
でも、今の皇室報道の異常に怒っているのは自分だけではないはずです。

自分も微力ながら応援します。


ソースと言われても (ranteijo)
2013-04-17 13:35:29
アップありがとうございます。

>連絡先メールアドレスをご投稿ください

とあるけど、どこに書いていいかわかりません。きちんと書かないとアップされないのかと思いました。
本文に書くと晒されてしまいますね。管理人様にお教えするのは吝かではないのですが。

西田様のブログも読んでいますが、とてもあのレベルの文は書けないのでロム専です。
何か書いても「ソースは?」とやたら訊く方がいますが、素人が何を言えるでしょう。
「週刊新潮の何号に」なんて書いても、その記事そのものが「雪は黒い、カラスは白い」と書かれてる。流石に素人だっておかしいと思う。
もし私が皇族と接する立場なら、今度は守秘義務が生じます。
結局は今見ている事実と、自分の人生体験を突き合わせて、半分は想像で書くしかありません。

子供時代から週刊誌には美智子様のグラビアがトップに、しょっちゅうテレビで美智子様特番が。
いつも他の皇族方に如何にいじめられたかという話。

そして今は仕事をしない嫁に如何に苦労させられてるかという話。

何だかおかしいと思い始めました。
そして「もしかして美智子さまって、それ程素晴らしい方ではないのでは」と、思い切って前提を変えてみたら、色んなことがすっきりと納得できたのです。
でも国民の大部分が半世紀も崇めた人を、今更見直すって大変ですよね。
できれば美しい夢のまま信じていたい。
私も悲しい思いで、かつて理想の女性だった人の老残の姿を眺めています。
Unknown (Carroll)
2013-04-17 14:41:43
はじめまして。
知識もなければ素材もないので、私もロムしかできないと思いますけれど、このようなサイトができることは本当に嬉しいです。

特別、某宮家側が嫌いというわけではないのですが、今の報道のあり方、世論のあまりの偏りに首を傾げるばかりです。
記憶でしかありませんが、昭和の皇太子一家のあり方や報道を覚えているので、同じことをしても一方が叩かれ、一方が賞賛されるというその落差に納得できないものを感じるのだと思います。

今の東宮家下げ連中のように、根拠の無いことを並べて誹謗中傷するのではなく、公表された情報を元にコツコツと検証してくださるサイトになっていただければとても嬉しいです。

応援することだけしかできませんが、どうかがんばってくださいませ。
Unknown (auxilia)
2013-04-17 23:11:48
メアドを記入する欄が無いのですが、コメント欄に書き込んで良いのでしょうか?

微力ですが、私で協力できる事は協力したいと思います。と言っても、出版物からの書き出しぐらいしかできませんが、事実とは違う報道とか記事の訂正になれば、それは検証になると思います。

応援しています。頑張って下さい。
お詫びと御礼 (INDEX)
2013-04-18 00:10:38
●マーシャ様 
メアドの件、何度もチャレンジいただいて申し訳ないです。
個人情報の扱いは一歩間違えると大変なことにもなりますため、
ここで連絡をお願いすることは中止いたしました。
メアド無関係に協力いただける方法を検討しますので、
お待ちいただければ幸いです。

●auxilia様
>出版物からの書き出しぐらいしかできませんが、事実とは違う報道とか記事の訂正になれば、それは検証になると思います。

仰る通り、出版物からの書き出しは重要と思います。
週刊誌など数か月前に書いたことを忘れて(忘れたふり?)矛盾したことを書きますものね。
上記の「メアド無関係に協力いただける方法」が決まりましたら、ぜひお願いします。
たとえば、年代別、テーマ別などで取り上げるトピックを決め、このブログのコメント欄を利用して
検証作業を進めるなどの方法はいかがでしょうか。

●ranteijo様
>国民の大部分が半世紀も崇めた人を、今更見直すって大変ですよね。
できれば美しい夢のまま信じていたい。

美智子様幻想は永遠なのかもしれませんね。人は赤裸々な事実よりも、美しい幻想を信じたいようです。
ただ、それとは別に、覚醒した人が気づいたことを書き記しておくことは重要と思います。
日本人は、そういう二重構造(幻想+赤裸々な事実)で皇室を見ているのかも。
紀子妃の婚前の不始末を事実として多くの日本人が知っていても、
赤十字の副総裁として壇上にいる彼女を許容するように。
私たちは、幻想を越えて、事実を書き記す役割のほうを担いたいですね。
皇室の在り方が幻想の許容範囲を超えた場合、見て見ぬふりをすることがないように。

●Carroll様
>今の東宮家下げ連中のように、根拠の無いことを並べて誹謗中傷するのではなく、
>公表された情報を元にコツコツと検証してくださるサイトになっていただければとても嬉しいです。

ありがとうございます。コツコツと検証するということ、肝に銘じます。
ただ、公表された情報以外の、ネットに書き込まれた一般の人々の情報にも貴重なものがあり、
それらも収集したい思いがあります。
その扱いをどうするかは、課題だと思っています。
はじめの一歩 (west)
2013-04-18 07:41:44
皇居の落書きを通して参りました。
細かい検証に貢献できるかどうかは分かりませんが、少なくとも皇太子殿下ご一家を応援する気持ち、そして現在のメディアのあり方に疑問と憤りを抱く気持ちに揺らぎはありません。

丁度昨日のニュースで皇太子殿下同妃殿下お揃いで訪蘭されることが明らかにされました。喜ばしいと思うと同時に、愛子様の身辺に不安を覚えます。ずっと続くこの異常なバッシングには常に身体、命の危険も伴っているように思えます。このような状況の中ではじめの一歩を踏み出してくださったこと、大変感謝しております。
どうぞよろしくお願いいたします。
応援します (speranza)
2013-04-18 09:15:20
INDEX様、このようなブログをお作り下さいまして、ありがとうございます。

日頃メディアの無責任な報道に憤りを感じておりました。

私は立派な文章を書けるわけでもなく、情報通なわけでもありませんが、できることをしてお手伝いしていきたいと思っております。

頑張って下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事