「皇室問題INDEX」設立準備室

マスメディアによる皇室の偏向報道、ネットに流れる東宮家への誹謗中傷を検証しています。

【退位めぐる有識者会議】 秋篠宮を「皇太弟」「皇太子」にという意見で一致する茶番

2017-03-26 04:40:01 | 皇室問題
 天皇の退位をめぐる「国会見解案」をまとめるため、いったん中止していた有識者会議が再開され、3月22日に有識者ヒアリング(第2次)が開かれました。この日は愛子さまの中等科卒業の日で、晴れやかな東宮ご一家のお姿と、「秋篠宮を皇太弟に」というヒアリング結果のニュースが重なる、妙な偶然がありました。

 ヒアリングに招かれ、以下の質問への回答を求められた3人の有識者全員が、秋篠宮を「皇太弟」「皇太子」にとする意見で一致したのです。国民世論との乖離に絶句するしかありません。

▲ヒアリングで3人の有識者に回答を求めた質問


▲本郷恵子(東京大学史料編纂所教授)の回答


▲君塚直隆(関東学院大学教授)の回答


▲新田 均(皇學館大学現代日本社会学部長)の回答

「議事次第」には、ヒアリング対象者は「天皇の退位後のお立場等については、第1次ヒアリングの結果も踏まえ、様々な観点からの意見が聴取できるよう皇室史等に精通した者から選定」したとあるが、「様々な観点からの意見」にはまったくなっていない。どの有識者も、なぜ秋篠宮が皇太子(皇嗣たる皇子)とされることに疑問を呈しないのか? 直系の愛子さまがいらっしゃることを無視するのか? また、新天皇の即位と同時に皇太子が存在しなくとも何の不都合もないことを指摘しないのか? 

 --国民の8割が「女性天皇」を望んでいることが完全に無視されており、完全無視しているということが一般大衆に「ピンとこない」形でしか伝えられていない。生前退位については「国民的議論が巻き起こるのが望ましい」と言っておきながら、このありさま。皇室と政府がグルになって国民を「ケムにまく」=「騙す」ことに決めたとしか思えない。「皇室と政府」と言ったが、「天皇と安倍総理」と言ったほうが的確だろう。週刊新潮はときどき深奥を突いた記事を出してくるが、この記事(2017年1月12日号)がコトの真相を伝えている。

>無理難題/陛下を恐れる「安倍官邸」の対策が「秋篠宮さまを皇太子待遇」

 「恒久法」にしてほしいという今上の要求を安倍総理が呑めず、「一代限りの特例法」という形にする代わり、天皇のもう1つの要求である「秋篠宮を皇太弟に」を呑まざるを得なかったということ。その交換条件で天皇と安倍総理が手打ちし(醜悪)、衆参両院の国会見解案も、再開された有識者ヒアリングでも、秋篠宮皇太弟で一致するよう誘導されたわけです。この3人の有識者はそのために選ばれた人たちであったと。

 こんな茶番を黙って見ているわけにはいきません!先にお伝えしていた通り、「女性天皇を支持する国民の会」を立ち上げ、新聞広告を打つための資金募集を始めたいと思います。新聞広告だけで終わるのではなく、粘り強く「女性天皇を支持する」声を上げ続けていくために、その新聞広告で「男女を問わない直系継承=愛子さま立太子こそが皇室が存続する唯一の道であり、それこそを国民は望んでいる」ことを訴えるとともに、「女性天皇を支持する国民の会」の会員をつのります。会員の声と、”ほんとうの有識者”の論考を編集した会報誌をつくり、みんなの意見をとりまとめて「大きな声」にしていく仕掛けを考えていきます。

 以下は、そのための第一歩となる新聞広告のクラウドファンディング実現のためのフローチャートです。

▲新聞広告クラウドファンディングのフローチャート

 菅野完さんが5年前に成功させたクラウドファンディングによる新聞広告のフローチャートを真似て作ったものですが、「電子本の制作」のところがオリジナルです。新聞広告が成功しても、出稿には至らなくても、どちらの場合も、電子本(女性天皇を支持する国民の会の会報誌)は作ることにするのです。最初は小さく始まっても、少しずつ大きくしていけばいいでしょう。
 また、チャートでは目標を「読売新聞15段」にしていますが、「毎日新聞」への変更を検討したいと思っています。料金が倍近く違うのと、生前退位に関する報道は毎日新聞がいちばんマシ(?)にみえるため。

 この企画は2月末に検討を開始し、3月中のスタートを考えていました。しかし、愛子さまのバッシング報道への抗議コメント編集に予想外の時間がかかってしまい。いまようやく仕上がったところで、あとは印刷と送付作業が残っていますが、月末までには送付(18か所予定)を済ませて手を離れる予定です。ということで、3月末から4月初めにかけて、上記運動を開始できると思います。どうか、もう少々お待ちください。そして、開始までの間、この構想に関するご意見をお聞かせいただけたらありがたいです。
コメント (26)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【資料】天皇の退位をめぐり... | トップ | 【ご報告】愛子さまバッシン... »

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ついていきます (ふんふん)
2017-03-26 08:31:29
最後のフローチャートの部分にはともかく賛成です。付いていきます。

で、肝心の問の箇所について

「天皇が退位した場合、直系主義をとる現行皇室典範のもとでは、皇太子(皇嗣たる皇子)が存在しないことになるが、皇嗣は皇太子とすべきかどうか」

この問い方では、まるで直系主義であることが悪いかのようです。直系主義を止めて、皇嗣を確保せよ、と。

ただ、私はここで言いたい。
日本語には単語に性別を区別するという意識が無い代わりに、何となく日本人は、本来性別の区別のないものについて、男性を指すかのような錯覚を持ってきました。

たとえば、男流作家という語がないのに、女流作家という言い方はおかしい。どこか「作家」という語が男性であることを意識しているようにとらえているからこそ、女性の作家であることを、取り立てて「女流」というわけです。

「皇子」、おそらく法律用語としては「コウシ」と読むのだと思いますが、これもちょっと似たような印象操作がされています。
これは本来は皇族の子という意ではないですか。つまり、子であることに、男女の違いを本来は問うはずがない。
古語だと「みこ」と読むのでしょう。「みこ」だって尊いお子たという意であって性別の差はない。なのに、わざわざ「ひめみこ」と「ひめ(め=女)」を付す別の単語を作ることで、「みこ」が男性であるかのようなイメージをもたせている。

「みや」も同じ。「みや」には男女の差はない。けれど「ひめみや」という言い方が別にあることで、「みや」は男性を指すかのような錯覚を作っている。

何が言いたいかというと、「皇子」が男子を指すというのは、錯覚に過ぎないということです。

実際現行皇室典範をみれば
「皇統に属する男系の男子が」と規定しています。
「皇統に属する」のは、男子も女子もそう、それどころか男系も女系もそう。
だから、わざわざ「男系の男子」って限定しているんです。

「天皇が退位した場合、直系主義をとる現行皇室典範のもとでは、皇太子(皇嗣たる皇子)が存在しないことになるが、皇嗣は皇太子とすべきかどうか」

現行皇室典範では徳仁天皇のもとで皇太子が決まらないのは、直系主義を取っているのが誤りだからなのではありません。
皇子とは男子しか指さない、そのように感じてしまう日本語の錯覚を利用し、
また法的には第一章第一条で「男系の男子」と規定しているせいです。

ここを突っ込まないという点で、問われた自称有識者は大バカだと言えましょう。

なぜ直系長子制になるように、すでに現行皇室典範ですらなっているのか。なぜ養子すら禁じたのか。

院政期に多発した歴史的経緯を知っているくせに、その本質的意味すら理解していないという点で、本郷恵子氏は歴史家を名乗るのもおこがましいほど、愚かです。

君塚直隆氏もサリカ法なんて言い出すくらいなら、それが欧州王室のほとんどがとっくに脱皮して捨て去った古い考えであり、現在は神の前で夫婦となることを誓った男女のあいだに産まれた子を重んずるという立場から、男女を問わず王位を継承する形になっていることこそを言うべきでしょう。

いまだサリカ法に囚われているのはリヒテンシュタイン公国だけであることを、なぜ君塚直隆氏は言わないのか。
どうしてもはや一国だけにしかそれが残っていないのか、イギリスも男女問わぬ直系長子制に変わったのはなぜか、そこをこそ言うべきなのに。

現行皇室典範は、天皇たるべき本質的資格者について
「皇統に属する男系男子」
と厳しいしばりをかけている。
そのために、せっかく直系長子制であるのに、また途中から嫡系主義をこっそり取り込んできたのに、不安定で穴だらけの皇位継承の原理になっているのです。


★第一章第一条に本質的なことをまず書く、という点では
「皇統に属する嫡系の子」としても良いのかも知れませんね。
現在の皇室典範では、嫡系主義であることは、第一章でなく、第二章の、皇族の範囲のなかにこっそりとしのばせ、結果として嫡系主義になるように規定しています。
ただまあ、近年は子である権利は区別しないというのも主流になりつつあるので、本質的なところに「嫡系」を謳うのは良くないかもしれません。
Unknown (柴犬)
2017-03-26 09:23:41
ご提案と実現に向けての行動、ありがとうございます。
実現の際は是非協力させてください。

納得は出来ませんが、100歩譲って 納得のいく説明やらなにかがあるならまだしも、
民意をまるっと無視した形でこんな意味不明の秋篠宮トクトクプランを押し切ろうとされたくありません。

お忙しいと思いますが、よろしくお願いいたします。
提案 (あぶらちゃん)
2017-03-26 11:49:20
女性天皇どうこう敬宮さまどうこう以前に、次の次の天皇について密室で決めることに反対というふうに持っていけないかと思うのですが。
陛下の退位については、「国民が賛成している」を理由に押し切られました。
その退位を話し合うはずの有識者会議で、しかも御厨座長代理が「話し合ったこともない」と明言していた次の皇太子についての話が当たり前のように議題に上がっているのは国民に対する詐欺だと思うのです。

天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

なのですから、国民に諮りもせずに勝手に決められては困ります。
あまりにも偏りのある意見、これでも「専門家」の集まりと言えるのか? (anima mea)
2017-03-26 13:40:32
index様、新トピックの立ち上げをありがとうございます。22日の敬宮様の中等科ご卒業に敢えてこのようなニュースをぶつけてきたわざとらしい意図に憤りを覚え、そして改めて有識者会議の内容を見ると非常に偏りのある意見に終始し、なぜここまで敬宮様の存在を消そうとするのかということに納得いかない思いでした。

ふんふん様も指摘なさっていますが、

>「天皇が退位した場合、直系主義をとる現行皇室典範のもとでは、皇太子(皇嗣たる皇子)が存在しないことになる」という箇所に注目しています。

ここまで踏み込んでいるなら、「じゃあ直系の敬宮様が次の皇太子となられるように典範改正を視野に入れるべき」という結論に普通はなりそうなものです。しかし有識者会議は完全に直系の敬宮様を無視して「秋篠宮の呼び方どうする?」という話し合いだけで終わっており、あまりの不自然さに気持ちが悪くなります。

本郷恵子氏も君塚直隆氏もその筋では専門家と言える人物であるのに、敢えて敬宮様のお名前を伏せて意見書を書くように求められているとしか思えません。専門家であるならこんな「秋篠宮ありき」の偏った結論だけでとどまるはずがありません。「次の皇嗣は敬宮様か秋篠宮かという議論を始めるのが先」という意見を無理やり抑え込まれ「秋篠宮に皇統を移す前提で意見を書け」とどこからか命令されている印象しかありません。

新田均氏に関しては論外と言えます。新田氏は田中卓先生からも過去痛烈に批判されていたような人物です。皇嗣に関する重要な事柄を「典範を改正しなくても特例法に盛り込めばよい」という、非常に乱暴な意見に唖然としています。

国民は陛下の生前退位に大半が賛成の意を表明していました。しかしそれは「高齢の陛下に負担はかけられない」という国民の善意から来たものです。国民が賛成しているのは「今上陛下の生前退位」についてのみであり、その先の「将来の皇嗣を秋篠宮と決めてしまう」ことについてまで国民は賛成した覚えはありません。
しかもたった3~4人程度の「有識者()」の偏った意見だけで全てを決めようとしている姿勢に異常性を感じます。こんな騙し打ちのような格好でコソコソと皇嗣の件まで(広い議論なしに)勝手に決めることは民主主義・国民主権を冒涜していますし、国民の善意を踏みにじる最悪な行為です。パブコメも利用すべきだし、場合によっては「次の皇嗣は敬宮様か秋篠宮か」という国民投票を行ってもいいくらいの重要案件です。

やはり各所への抗議や応援意見送付は、地道に続けていかなければならないと思います。というのも、「今上陛下の退位後は東宮ご一家と両陛下のお住まいを交換する形で結論」というニュースが出たことで、「ああ、秋篠宮家が東宮御所に移って両陛下が秋篠宮邸に移るというニュースによほど抗議が殺到したんだな、ということは抗議活動はそれなりの効果があるかもしれないということか」と少し前向きな気持ちになれたからです。

今は世間は森友の件に目を奪われていますが、これは大変危険なことだと感じます。その間に国民に気付かれないうちに粛々と「秋篠宮に皇位を移そう」という企みが進行してしまう危険性が高いです。何とかしてこれを食い止めなければなりません。「国民はちゃんとあなたたちのやろうとしていることを監視してるぞ」という態度を示さないといけないと思いました。

私もメアドのない大島理森衆院議長と、内閣官房への抗議の手紙を書き、そして津村議員と河野太郎議員への助けを求める(?)手紙を書き、これから投函するところです。やれるだけのことはやりましょう、皆様。

※なお有識者会議では今上陛下の退位後の件についても議題になっていますが、「上皇とする」とか「退位後も活躍していただく」という意見にも憤りを感じています。結局、全てが今上陛下と秋篠宮の思惑通りに進んでいるとしか言いようがない内容になっています。そして陛下が「高齢や体力」を理由に退位したかったわけではないことが改めて鮮明になりました。
これだけは言いたい (「どうしても言いたい」さんではない)
2017-03-26 21:15:38
野田も尤もらしいことを言ってますが、
少なくともこの点を言いたいです。

人間必ずしも歳の順に死ぬことでないのは、三笠宮家を見れば判ります。
でも大体平均寿命まで生きることを前提に、代替わりを予想します。
不敬な例えですが、徳仁天皇が崩御され鯰天皇になるとする。年齢差で言えばその時代は数年に過ぎない。

平成への代替わりで初めて知りましたが、膨大な費用が掛かるのです。
兄弟間継承は、たった数年でその費用が2回かかるということです。

若者は不況にあえぎ、要介護老人は増え続ける。
東北の復興は遠い先、原発の処理は膨大な損失を産み続けています。
日本はそれどころではないのに、どこかのパフォ好きなおっさんによってオリンピックが招致され、それにも莫大な費用が掛かっている。
築地市場問題も先が見えない。

だれかが2ちゃんに書いてたけど、台湾が巨額の見舞金をくださった。その金額も上記の費用に比べたらほんのはした金。
一体日本はどこからその金を出すのでしょうか。

鯰を皇太子にという意見に対して、まずその費用をどうするのか、たった4、5年で2回も出費を強いられるのか。
まずそこを問いたいと思います。

何が何でも鯰に皇統を、今上のその意思がどのような形でか伝えられてるのは確かでしょうね。


君塚様
ここを読んでらしたら、あなたの著書はどぶに捨てますから印税を返してください。
結論ありきの回答 (MAX)
2017-03-26 22:05:04
もう少し納得の行く意見が出なかったのでしょうか。
皇太子、皇太孫とあるのですから典範は直系継承を念頭にしてるということです。
本郷さんはごく当たり前のように秋篠宮夫婦を皇太弟夫婦にして悠仁さんだけ参加の皇太弟一家にして眞子さん佳子さんは秋篠宮家に残すとの意見。
天皇位貰えるなら一家バラバラだっていとわない。
あの一家ならそれもOKでしょうがむき出しの欲望が現れてるようでおぞましい限りですね!
この方、血も涙もない人に思えます。

君塚さんは西洋の王族に詳しいとのことですがなんで現在のヨーロッパの王室の継承事情を無視するのでしょうか?
例にされてるデンマークのクヌーズ王子は王弟だけど王様夫妻に男子が生れる可能性があるので決まってなかった。
しかし王様一家が人気があるのでマルグレーテ王女が継承者になったとあります。
クヌーズ王子は結局単なる弟だったようです。
悠仁君のために秋篠宮を皇太子にしてはとありますが皇室で最年少、しかもたった一人の男子に頼っているようでは今回の案件、皇位の安定的継承は解決しません。

新田氏の意見はバカバカしくて、元々凄く軽薄な感じの方だからこんなものだろうとは思ってましたけど。
典範は直系継承になっているのに皇子を現天皇の子でなく歴代天皇の子と解釈して特例法で適用とは無茶苦茶ですね。
そういうの先例になるでしょう。
今回の生前退位もこれからの天皇も出来るようにするようですから。
継承者を厳密に決めず、場当たり的な感じがします。土台がグラグラの皇室です。
そうまでして秋篠宮に皇位を移そうとするとはおかしいです。
秋篠宮は岡山の獣医大に視察に行ってるそうなので日本会議が必死なのでしょうか。

Index様、いよいよ始まるようで期待しています!
私も毎日がいいように思います。
田中卓先生を取材して掲載してくれたのですから。
皇室の毎日が戻ってきたようです。

Unknown (シロキジ)
2017-03-27 09:17:14
朝のニュース。
「天皇陛下、公的活動退く意向 退位後、二重象徴を回避 住まいは東宮御所で調整」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000001-asahik-soci

ちょっとは抗議が効いたのでしょうか?退位するんだから当たり前の話ですけどね。
でも「私的活動は許してちょ」っていうところがせこいですけど。

それにしても。

今回の有識者会議は秋篠宮をなんとか「皇太子」にするのに都合のよい理屈ばかりを並べ立て、皇室典範をぐちゃぐちゃにしようとお構いなし。

こんなことをして、これから先の皇位継承にどれだけ混乱を与えることでしょう。
「特例法」をくっつければ「生前退位」も「傍系の皇太子」も思いのまま。そんなあほな。
国民は皇室のことなんかにくわしくないから反論など来ないだろうとタカをくくってでもいるのでしょうか。

上皇だの院政だの過去に明らかに弊害があったものを復活させるくらいなら、女性天皇も同時に議論すべきです。3人の有識者は専門家なのだから直系継承の重要性も、女性天皇も充分ありなこともわかっているでしょうにあえてそこを無視しているところが悪質です。

「退位」についてはスピード感を持って進めればいいでしょうが、次々代の継承については今急いで決める必要など全くないはずです。傍系の秋篠宮か、唯一の直系長子となられる愛子さまか、国民に改めて意見を募り、充分に議論をするべきです。

「壺切御剣」を資格のない人間に与えるべきではありません。
学者失格 (あぶらちゃん)
2017-03-27 10:57:17
結論ありきで何かを書くように求められてそれに従ったのなら、その時点で学者失格。
学者としての矜持も何もない。
日本を滅茶苦茶にすることに加担しただけのクズであって同情の余地もない。
こいつらにも手紙で抗議かな。
(朝日の記事を読んでむしゃくしゃしてるので言葉が荒くなってすみません)
国民に対する裏切り (momo)
2017-03-27 18:14:45
あんまりな内容に言葉もありません。
元々、この会議は「今上陛下の生前退位」についてのみ議論するはずだったのではないですか?
秋篠宮をどうするのか、なんて全く別の話であったはずなのでは。

それが一体いつから、こんな話になったのでしょうか。
寝耳に水とはまさにこのこと、何時のまにやら国民の知らないところで話が進められ、まるで既成事実か何かであるかのように有識者会議で語られるなど、そんなことあってよいはずがありません。

最早、この一連の生前退位騒動の真の目的はこういうことだったのではとしか思えません。
「高齢で大変だから」
と国民の同情を引き、どさくさに紛れて秋篠宮への皇位継承を確定させる、典範改正をして徳仁天皇陛下の生前退位の可能性に含みを持たせる、何故なら正面から民意を問えば敬宮殿下を女帝にと望む声が圧倒的多数なのを分かっているからです。

「政治に口出しはしない」
と言うのに、懐妊リークで国会を捩じ伏せ、高齢を理由に典範改正を求め、皇位継承に関する重要事項を秘密裏に決めてしまう。妊婦と高齢者という弱者をたてに国民的な議論の口を封じてしまう。それも、一度ならず二度も。こんなのはどこぞの芸人ではないですが、
「これがお前らのやり方か~!!」
と叫びたい気持ちで一杯です。

※長文、乱文失礼しました。
Unknown (ハナミズキ)
2017-03-27 19:23:00
いつもありがとうございます。私は皆さんの様に文才もありませんが、1月以降メール、手紙、はがきなど微力ですが訴えています。

今回まとめておすすめいただいている活動にも賛成します。

違う側面からの提案です。
素人考えなのでばっさりやっていただいて構いません。
YouTubeを利用するのはいかがでしょうか。
若い年代にも目につく形で、画用紙くらいの大きさに敬宮愛子内親王殿下へのメッセージを書いて、本人が一言コメント。のようなものをできるだけいろんな年代の方から集めて、YouTubeに投稿する。
やっぱりこんな動画も削除されるのでしょうか?
インパクトがあれば若い10代世代とか、世界にもみていただけるのかなと。
ピコ太郎や母親に売られかけたソニアさんラップYouTubeからそんなことを考えました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

皇室問題」カテゴリの最新記事