「皇室問題INDEX」設立準備室

マスメディアによる皇室の偏向報道、ネットに流れる東宮家への誹謗中傷を検証しています。

■ネットのデマ検証:雅子さまに対する誹謗中傷(悪意の捏造)について

2015-06-30 01:50:10 | 日記
最初に問題提起されたヨシュア様のコメント、それをフォローする多くの方がたのコメントを、要約して掲載します。

■雅子さまへのテロル(ヨシュア)

・雅子妃のトンガ訪問が庁内に波風、という記事がlivedoorニュースに出て、その記事を元に「ガールズちゃんねる」という掲示板にトピックスが立ちました。そのコメントのほとんどは妃に対する非難でした。国内公務をしないというのが主なものですが、ただただ呆れるしかない言いがかりもあります。曰く、

 雅子妃、あるいは、雅子妃の両親は創価学会である。 
 雅子妃は朝鮮人(トピックスのコメントママ)である。
 雅子妃はティアラをヤフーオークションで売り飛ばした
 雅子妃の父親は借金まみれで東宮御所に泊まり込んでいる。
 雅子妃は父親の借金返済のため、ティアラをヤフーオークションで売り飛ばした。

こんな根拠のない話が、あたかも事実であるかのように語られているのです。こういうのをテロルというのではないか。まるで雅子妃を叩いてくれと言わんばかりのコメントをメディアに出す宮内庁も問題で、世論誘導と雅子妃に対する悪意を感じる。

・「ガールズちゃんねる 雅子妃 トンガ」で検索し、最新の書きこみを読んでください。雅子妃=創価・朝鮮人・ヤフーオークションでティアラを売却した、ということがすっかり事実として語られています。他にも敬宮を女帝として即位させ、その暁には創価学会の在日エリートを婿としてあてがい、日本乗っとりをたくらんでいるという話も……まことしやかに語られています。コメントの殆どは、雅子妃に対する中傷とバッシングで埋まり、雅子妃を擁護するコメントには、ことごとくマイナスがつけられています。

(注)雅子さまを叩けと言わんばかりの記事を掲載(週刊ポスト)
 宮内庁からの世論誘導ともとれる悪意の記事は、小学館発行『週刊ポスト』掲載。
・雅子妃のトンガ訪問が庁内に思わぬ波風 批判受けかねないと懸念も

●雅子妃とそのご両親は「創価学会員である」「朝鮮人である」というデマ

・皇太子妃を選ぶとき、どれほど遠い親戚、古い先祖まで調べ上げられるか。人権違反と言えるほど思想信条、財産状況も調べられる。その意味では紀子さまの結婚の方が、本来は許されなかったはず。

・雅子さまの高祖父は、海軍予備門(のちの海城学園)設立者の古賀喜三郎大佐。曽祖父の山屋他人は海軍大将、江頭安太郎は海軍中将。そのほか雅子さまのご親族の海軍幹部関係者が、幕末・明治維新のころから皇室とかかわりがある。

・高祖父の古賀氏(佐賀藩士)は、幕末、官軍として仕えた有栖川宮(高松宮喜久子妃殿下の祖父)との交流から、のちに海軍予備門設立の際には、有栖川宮を通じて宮内省の土地を払い下げられるなど、皇族の手厚い協力を受けている。

・この古賀氏の娘婿が、同じ佐賀藩出身で、のちの海軍中将の江頭安太郎氏であり、更にその子息が、日本興業銀行(現・みずほ銀行)の常務取締役(のちにチッソに役員として出向)で雅子さまの祖父である江頭豊氏である。

・曽祖父の山屋他人(盛岡藩士)は、海軍大将として大正、昭和(当時は摂政宮)の二人の天皇の側近くに仕えている(無論、明治天皇にも若いころに仕えている)。山屋氏は大正半ばに海軍大将に就任、その後、連合艦隊司令長官を歴任しておられ、当時の位人身を極めた方。

●「雅子妃はティアラをヤフーオークションで売り飛ばした」というデマ

・ティアラはお妃個人のものではなく、宮内庁が管理するもの。降嫁するときは置いていく。
・知人に「雅子妃がヤフーオークションでティアラを売却した」とネット掲示板で噂されていると話したら、肩を震わせて笑っていた。普通に考えれば笑い出すような話である。

●「雅子妃の父親は借金まみれで東宮御所に泊まり込んでいる」というデマ

・国際司法裁判所判事(前国際司法裁判所所長)である小和田恒氏は公人であり、収入は調べれば判るはず。オランダ在住で東宮御所に泊まりこむ?はずがない。
・秋篠宮妃の母親が(ご発育が十分ではない悠仁さまのお世話のため)宮邸に泊まり込んでいるという噂のほうが信憑性がある。そのスライドではないか。

●「雅子妃は国内公務をしない/ないがしろにしている」というデマ

・雅子さまはご成婚以来、ご療養に入られるまで、宮中行事やご接見、地方行啓、国際親善など、積極的に取り組んでこられた。これは宮内庁HPにある平成14年、平成15年の「ご日程」を確認すれば分かる。平成15年1月16日には天皇皇后両陛下のご名代として公務に出席された。これに加え、(なかなか公にされないことも含めて)現在の妃殿下のご活動を見ても、何事にも真面目に取り組まれるお方であり、決して怠けているのではないということが分かる。

■東宮ご一家(雅子さま)への誹謗中傷は組織的になされている

・もう何年も前から、雅子様に対するデマを、組織的かつ大量に書き込む団体らしきものがあることは、こちらと同様のブログ等でもすでに周知のこと。被災地にあるお味噌屋さんのブログも、皇太子ご夫妻がお見舞いに訪問したということで、凄まじい炎上をして閉鎖に追い込まれたのは有名。

・誹謗中傷の内容は、おそらく書いている人達自身、あるいはその背後にある団体自身のことではないか。

・「ガールズちゃんねる」は完全なヤラセサイト。ランサー○というサイトで、ガルちゃんに書き込みをするバイトが募集されていたという証言が出ているくらい(皇室関連トピかどうかは不明)。実際にバイトをしたらしき人からも、「○字につき○円で書き込みをした」という証言が出たこともある。「ガールズ」と称しているが、実際は男性もかなり出入りしているという話。雅子様叩きのトピックも何らかの工作が働いていると言っていいと思われる。

・中国共産党は国をあげてインターネットの書き込みを操作し、事実の隠蔽、嘘の捏造、歴史の改ざんまでやっている。日本のマスゴミが大好きな韓国では、気に入らないタレントの掲示板などに大人数で誹謗中傷の書き込みをし、自殺にまで追いこむ事件も発生している。これらを考えると、事実無根の捏造話で雅子さまを誹謗中傷しているバックはどこか透けて見える。彼らは日本の国民ではないので驚くほど皇室のことを知らない。彼らの最終的な目的は『皇室解体』だと思います。

・ネットに書かれた荒唐無稽な陰謀論を真に受けるバカな日本人がいることも事実。そういった情報弱者をターゲットにしていることは明らか。

・ゲッペルスの言葉に『小さな嘘より大きな嘘に大衆は騙される』『嘘も100回言えば本当になる』がある。ネットでの誹謗中傷があまりにもヒドイ場合には警察に通報する方法もある。

●ネットの誹謗中傷に拍車をかける大マスコミ、宮内庁(=両陛下)と秋篠宮夫妻

・雅子様について、ネット上での凄まじい情報操作が行われているのは確かで、それが大手マスコミにもつながっている。

・東宮バッシングがネット内だけなら良いが、出版物、それも日本を代表するような文藝春秋社、新潮社、小学館etc 大出版社から毎週毎週出されている。それなりの大学を出て入社試験を受けて入ったような人々の手で、「よくこれだけ出鱈目を」という記事が書かれている。書いていて良心が疼かないのか? 彼らが馬鹿な記事を書き続けている間は、こちらも「そんなことに騙されないぞ」と発信し続ける必要がある。

・婚約前から筆頭宮妃は朝日新聞の記者の前で泣いて見せるくらいズブズブの関係だった。愛子内親王が数日学校を休まれただけで不登校と書いたのも、雅子妃殿下を流産に追いやったのも朝日新聞系だ。週刊朝日はネット情報のまんまの記事で皇太子御夫妻をバッシングしたこともある。組織的といわれるネット工作も疑わしい。なにせ筆頭宮家当主を一切誉める訳でなく、ひたすら涙を共有してる筆頭宮妃だけを誉め称えているのだから。

・ネット上の事実無根の与太話、何度でも訂正と抗議を続けるべき。皇太子ご夫妻は祭祀や神社への下賜でもネット上に間違った情報が拡散されている。これを放置している東宮職は怠慢以外のなにものでもない。嘘も百回言えば本当になる効果を狙ってやっていることには、きちんと抗議していくべきだ、

・「記者たちは本当は真実を知っていて正しい記事を書きたいのかもしれないが、何かの圧力でそう出来ないでいる」という可能性は十分にあり得る。それに宮内庁が絡んでいる可能性も否定できない。

・平成の宮内庁は、鎌倉、湯浅、羽毛田、風岡といった歴代長官が揃いも揃って必ず一度は公の会見などの場で東宮家を批判する発言を行っている。なぜそんなことが強気で出来るのかを考えると、「宮内庁=今の両陛下」という図式が浮かび上がる。両陛下がバックにいるから宮内庁は東宮家批判を堂々と行えるし不敬扱いにもならない。国民からの批判も当然宮内庁が受けることになるが、見返りとして何らかの待遇を用意している。羽毛田氏が長官を辞した後、参与という地位で宮内庁にとどまれたのが良い例。

・小泉元総理も「皇室こそ最大の抵抗勢力」と述べ、宮内庁の病巣には切り込めなかった。「宮内庁=両陛下」ということに気付き、秋篠宮夫妻の間に倫理違反で男子が生まれたことに両陛下の意思を感じたからこそ、それ以上の改革ができなかったのだろう。両陛下がバックにいる宮内庁は「改革できない聖域」だった。

・自分たちの周囲をイエスマンだけで固め、自分たちの意見のスピーカー代わりに宮内庁を使っている両陛下。両陛下の庇護の元、東宮家に対して不敬な発言を堂々と行い、その見返りとして何らかの待遇を得る宮内庁(と長官)。元凶はそこにある。

・平成16年の皇太子殿下の「人格否定発言」の後、秋篠宮殿下と天皇陛下のご発言が、結果的に宮内庁の皇太子同妃両殿下に対する理不尽な批判を正当化させてしまった。秋篠宮殿下は「東宮御所という大きな組織と比べると、こちらは周りにいる人たちも少ないので、比べるのは無理がある」などと発言したが、人の多寡の問題ではない。紀子妃は「人々に支えられ、試行錯誤しながら経験を積み、一つ一つを務めて参りました」と自信に満ちた発言をしたが、皇太子妃と宮家皇族の妃は立場が全く異なるのだから、これもまったく無意味な発言だ。

・陛下の責任も重い。皇太子妃殿下に対して行った場当たり的な対応や過密な日程調整、妃殿下の意思を無視するかのような言動を繰り返してきた宮内庁の官僚たちを、陛下は皇室の長として厳しく戒めるべきだった。かつて香淳皇后も、なかなか親王が生まれないことに当時の宮内官僚が側室制度の復活を検討したが、昭和天皇はストップをかけ、皇后陛下を励まされた。今上陛下は宮内庁を止められず、妃殿下をご病気に追いやり、皇太子家に対する厳しいバッシングという風潮を生んでしまった。今上陛下は皇室の長としては昭和天皇に及ばない。何かと宮内庁内部やネット、マスコミに称賛されている秋篠宮殿下もこれまでの言動を見れば、皇室の長としては相応しくない。

・友納尚子氏が書くように「秋篠宮、天皇と続いた厳しい言葉によって、マスコミの皇太子ご夫妻批判は、あたかもお墨付きをもらったかのように歯止めがきかなくなって」いったと思われる。歴代宮内庁幹部は、これまでの言動に対する責任を取っていない。羽毛田氏は宮内庁長官在任中、所見として陛下のご心労、ご心痛の原因として、「雅子さまの病気の原因を皇室そのものに求める論」を挙げた。そこまでして両殿下へのバッシングに拍車をかけたいのかと思った。

・こうしたデマを5年も10年も放置しているのは、雅子さまのご先祖と皇室とのかかわりを快く思わない、嫉妬深い「粉屋の娘」さんの意向なのかもしれないとも想像される。

・雅子様が回復基調にあってお出ましの回数が増えてくると、こういった誹謗中傷がネットや週刊誌などに出てくる。

●日本人は忘れない--「国民の記憶」

・途絶えること無く工作員やバイトを使って、ガールズチャンネル等に書き込みをしたり、検索順位が上がるような工作をしたところで、皇太子様ご成婚当時の記憶と敬宮様ご誕生当時の国民が大喜びした様子、紀子妃懐妊による国会審議潰し~悠仁親王誕生までの国民のシラケっぷり(記帳の数を調べて下さい)は、その記憶は、永遠に消えない。

----------------------------------
別トピックに書かれたコメントからの要約は以上です。

★検証メンバー: (鷽) (愛読者) (マーリン) (昭和生まれ) (はじめまして) (Unknown)(かつての大学受験生)(AB型)


上記項目に関する情報やご意見をコメント欄にご投稿ください。できるかぎりソースを添えて。もちろん、新たな項目も大歓迎です。
コメント欄に書かれた内容を上記の「記事」に織り込んでまとめていきます。長大になれば分割してまとめていきます。

いずれ、まとまったものを電子ブックにしてネット上に広く公開することを目指しましょう。捏造されたデマに騙されかけている人たちの目に触れるように。「嘘も百回言えば真実になる」を、この日本で現実にしないために。

英文要約も入れて、日本の皇室の問題点、東宮家に対する誹謗中傷の異常さ(マスコミ、宮内庁が加担していると推論せざるを得ない状況)を、世界に向けて発信することを目指しましょう。外圧がなければ、日本の皇室の異常性(ほとんど狂気としか思われないレベル)は自覚されず、改革もなされないと思います。たとえ代替わりしても。官僚組織・利権団体のしぶとさは想像を絶するものがありますから。

コメント (143)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ■皇室報道検証:目に余る佳子... | トップ | ■総論:東宮家の捏造デマを執... »

143 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (にゃーこ)
2015-06-30 15:33:54
私的なことですが、私も初めてネットでのデマに触れたとき衝撃を受けました。それまで、どういうデマが流れているのかを知らなかったので。
それから色々と調べたりしているうちにこちらを知ったのですが、この問題はひとことでは言えない複雑な構造を秘めていると感じています。

確かに、皇太子殿下妃殿下を貶めることで秋篠宮の方々が利を得ることはあるでしょうが、そんな単純なことではないと思うのです。
勝手なイメージですが、秋篠宮殿下も妃殿下も、目先の利益だけが重要、長期的な視点や深い思考から遠い方々のように思えます。それをいいことに、煙幕に使われているように思います。

これは今上両陛下についても同じで、両陛下のご意向に沿うように体裁さえ整っていれば、その裏の意味や思惑を気にされないのではないかと感じています。そのため、ある意味で利用されていらっしゃるのではないでしょうか。

朝日新聞は、確かに秋篠宮に近いです。そもそもご成婚スクープを出したのが朝日新聞です。いわゆるご公務も朝日新聞がらみのものが多いですし、深い関係を感じます。

一方で、朝日新聞と深い関係にあるのは中国共産党です。慰安婦問題にしろ、南京虐殺にしろ、日本にとってマイナスになる、そして中国にとって意味のあるものは、すべて朝日新聞から発信されています。

このふたつには関連がないはずがありません。

反日勢力が取り込めない存在、それが、皇太子殿下妃殿下なのでしょう。日本の象徴である皇室を潰すために、東宮の存在が邪魔なのだと思います。

万が一、秋篠宮殿下が天皇にでもなったら、おそらくいままでのスキャンダルを握られていて、あっという間に皇室はなくなります。
それが狙いなのだと思います。

また、こういう反日組織とは関係がなくても、秋篠宮殿下を利権の源泉として、甘いものに群がるアリのような人達も存在しているように思えます。

数多いお出かけ(ご公務)は、こういうものも関係しているでしょう。おこぼれを受ける人が膨大に居そう、そして、そのために辞められない状態になっているのではないでしょうか。
ご当人たちは努力がキライで、目先のおいしいことやたのしいこと、お金を貰ったり使ったりできることさえあれば、それで満足なんでしょう。皇族の自覚なんてない、命令して従ってくれればいいと思っているのではないでしょうか。うまく使われていることなんて思ってもいないか、自分が使っていると勘違いしているか、いずれにしても阿呆です。

日本人の謙虚さと、それを利用する権力によって、いまの日本は歪んだ構造になっていますが、その象徴がいまの皇室なのではないでしょうか。

シロアリに食い尽くされようとしている皇室の、御柱が、皇太子殿下妃殿下敬宮内親王だと思います。
ひどいブログ! (呆れた)
2015-06-30 20:38:54
自分たちの品の無さが如実に現れた恥ずかしい
ブログですね! 準皇族のお方のブログでしょうね。
呆れたさんへ (晶子)
2015-06-30 23:01:41
川嶋辰彦さんは
「わたしたちは(娘の紀子が文仁親王と結婚して宮妃となったので)準皇族です。」
と発言したそうですよ。

このブログは、ソースが明記された事実でもって、検証されています。

品があろうとなかろうと事実が書かれています。



アンチ東宮というのは (あぶらちゃん)
2015-07-01 00:37:54
「ネットのデマ検証:雅子さまに対する誹謗中傷(悪意の捏造)について」というトピックスに乗り込んできて、場違いも甚だしい罵詈雑言を吐く「呆れた」みたいな連中です。
驚くくらい皇室について無知で、世間の一般常識からもかけ離れているのが特徴です。
何しろ「外務事務次官」がどのような役職なのかも知らないレベルですから。
なので、何度否定されても恥ずかしげむなくいい加減なことが書けるわけです。

さて、連中が大好きなヤフオク(自分の生活水準でしかものが考えられないので、皇族がヤフオクで品物を売り飛ばすという突拍子もない発想が出てきます)ですが、ティアラ以外にも雅子さまが高松宮妃喜久子様から譲られた扇を出品したと喚いていたこともありました。
その時はご丁寧にも証拠画像だというものを出してきていますが、これが似ても似つかない別物でした。
見れば分かるものですら分からないのです。
一事が万事こうです。

あ、ヤフオクと同じくらい連中が好きな創価ですが、先日、秋篠宮家と非常に親しいタイのシリントン王女が創価大学から名誉博士号を贈られていましたよ。

タイ王国シリントーン王女 創価大学に来訪
http://www.seikyoonline.jp/news/headline/2015/04/1217717_5058.html
反日組織と利権集団 (遠眼鏡)
2015-07-01 02:13:41
にゃーこ様のコメント、朝日新聞と中国共産党の関係など、興味深く拝読しました。朝日の岩井記者がいかに秋篠宮家(というか紀子妃)べったりでも、新聞社まるごととはなかなか思えませんでした。

岩井記者の前に朝日の皇室担当記者だった人は、岩井記者ほどの悪辣な動きはしていなかったのでは。その前任記者が掴んでいた皇室のマル秘事項は、まるごと岩井記者に引き継がれたと読んだ記憶があります。岩井記者はそのマル秘事項をかかえ、川島辰彦氏と手を結び、紀子さんと礼宮の交際をフォローし続けたようです。

紀子さんという皇室への決め球をもつ川嶋氏と、出世の野望を持つ左巻き・岩井氏の結びつきが、朝日新聞社のその後の対皇室戦略を方向付けることになったのか。あるいはその逆なのか?

★岩井記者と先輩記者の話はいずれソースを捜して転記したいと思います。

最近、女性週刊誌が「(紀子さん婚約を迫って)川嶋辰彦氏が御所に乗り込んだ」ことを改めて記事化したようですが、これも朝日新聞の後ろ盾なしにはありえなかったでしょう。一般家庭の父親が「娘をキズモノにした責任を取れ」と、東宮夫妻(当時)に迫れるわけがない。まず、面会不可となるでしょう。朝日新聞という大メディアが控えていたから(暴露される恐怖)、門前払いにはできず、会わざるをえなかった。

おりしも昭和天皇の後を継ぐ「即位の礼」を控えた時期で、スキャンダルを恐れた東宮夫妻(当時)は、通常はありえない結婚を認めざるをえなかった。即位の礼に、そうそうたる宮妃(喜久子さま、百合子さま、華子さま)を後ろに従えて、出自最悪の紀子妃がナンバー2として美智子妃の後を歩くなど、本来ありえないこと。ありえない結婚からスタートした平成は、やはりドロドロになってしまいましたね。

★女性週刊誌の該当記事、宮妃たちから礼宮の結婚について異議があったことなど、いずれソースを捜してきます。

岩井記者は紀子妃と伴走して皇室内に牢名主の地位を築きましたが、それは「皇室滅亡」を狙ってのことでしょうか? 滅亡よりは、にゃーこさま仰るように、皇室の権威を借りて思うように日本の政治や民意を操ることではないかと思います。朝日新聞は本体としてどこまでそれを自覚してやっているのか見当もつきません。しかし、アエラの皇室記事の悪質さを振り返ると、会社全体としての合意ができている可能性も否定できませんね。

★アエラ、週刊朝日、朝日新聞本体などの皇室記事を、改めて調査し記録する必要があると思います。(課題)
★新聞本体に、岩井記者の社説でしたか、ひどいものがありましたね。(怒)
★そういうものを収集してストックしておく資料庫が必要かもしれません。

>こういう反日組織とは関係がなくても、秋篠宮殿下を利権の源泉として、甘いものに群がるアリのような人達も存在しているように思えます。数多いお出かけ(ご公務)は、こういうものも関係しているでしょう。おこぼれを受ける人が膨大に居そう、そして、そのために辞められない状態になっているのではないでしょうか。

利権集団は「ご公務」のおこぼれを手放せず、「新しい衣装と美食と外歩き、カメラと称賛記事が大好物」の両陛下と秋篠宮夫妻を重宝するのでしょう。にゃーこ様のご指摘により、「国内外の反日組織」と「国内の利権集団」が暗黙の裡に手を結び、操りやすい・無自覚な両陛下と筆頭宮家に食いついているという構図が浮かんできました。
「国内の利権集団」は、さらに細分化して見ていく必要がありそうです。

・宮内庁守旧派、筆頭宮家べったりの文科省など官僚組織。
・美智子さまご実家筋の正田家・安西家につながる経済界。
・紀子妃ご実家につながる半島系(デビ夫人など)・解放同盟系(松本龍氏など)。
・男系男子という幻想に閉じこもる反知性の神社系。(日本会議など)

これらの権力がアンチ東宮としてどのように動いてきたか・動いているかを調べ、記録していく必要があると思います。

★宮内庁・文科省の皇室利権(公務関連など)に関する情報、正田家・安西家の皇室利権に関する情報、川嶋家と半島系・解放同盟系の繋がりに関する情報などを収集したいです。大変なら、URLだけでも。

>日本人の謙虚さと、それを利用する権力によって、いまの日本は歪んだ構造になっていますが、その象徴がいまの皇室なのではないでしょうか。シロアリに食い尽くされようとしている皇室の、御柱が、皇太子殿下妃殿下敬宮内親王だと思います。

真の日本人は、日本人をかたる反日組織と国内の利権集団によって情報操作され、真の日本人の象徴である東宮ご一家を失おうとしている、その危機に瀕しているようです。マスコミの嘘、ネットの工作に気づいた人たちが、嘘を嘘と、工作を工作と見破るための情報を収集し、分析し、今ここにある危機を訴えていく必要があると思います。

<検証に参加される皆様へ>
上の文章で★印にしたところ、お手持ちの情報(本や雑誌、ネットの記録)がありましたら、ここに投稿していただけませんか。私も探します。よろしくお願いします。
岩井記者の狙いは皇室を消滅させることだと思います。 (2階ネコ)
2015-07-01 08:42:56
遠眼鏡 様


有難うございます。
情報弱者であまりお役には立てないのが悔しいですが、私も出来るだけやってみたいと思います。

岩井記者ですが、今度の秋篠宮ご夫妻の銀婚式の記事で、この人の狙いは、皇室消滅、しかも国民から断罪され抹殺されるような、できるだけ不名誉な形での消滅を狙っているのだと思いました。

真の秋篠宮応援団なら、まして古くからの仲なら、今の状況に危機感を覚え苦言を呈するはずです。嫌われ遠ざけられることを承知で意見した浜尾侍従のように…。真の友、忠臣なら、今の秋篠宮家の危うさを見ていられないはずです。

〇両殿下、皇室は序列が第一、もっと謙虚に東宮家を敬わなくてはなりません。待遇を東宮家と同等にせよ、などの要求はもってのほかです。
〇殿下、私的なお出かけが過ぎます。
〇妃殿下、公務に熱心アピールも、お子様方の躾と教育がこの体たらくでは「子供の教育をほったらかしにして」と言われ、逆効果ですよ。
また、皇室は本来、質素を尊びます。妃殿下の衣装や宝飾品は質量ともに度を越しています。
〇将来の天皇というならば、悠仁親王はもっと国民の前に出すべきです。
〇待遇は東宮家、情報開示や気ままな振る舞いは宮家のまま、というのは許されません。
〇お子様方の進学に関して、「裏口」「特別待遇」との批判があることを、もっと重大に受け止めないといけません。厳しい社会情勢の中、学費が払えなくて中退もしくは進学自体を断念せざるを得ない国民の心情にもっと寄り添わねばなりませんよ。
〇神道の家柄でありながら、お子様をICUに進学させた以上、「神道の作法や神道を受け継ぐ心構えはきちんとできています」と国民に示すべきなのに、佳子内親王が玉串を奉げることすらまともにできないなど、有りえないことです。
〇佳子内親王の成人したお姿を見て、あまりに皇族としての品や教養のないことに唖然とし、「悠仁親王の養育をこのまま秋篠宮家に任せておいて大丈夫か?」と思った国民が多数いることをもっとご自覚ください。

このくらいのことが言えなくて、何が古くからの知り合いで見守ってきた仲なのか、と思います。

ところが、岩井記者は「これまでのお二人の歩みは立派でした」「これからも今のままでいいんですよ」「大丈夫、私たちが応援しています」で、あげくに「秋篠宮家にもっとカネをやってくれ」アピールでしょ? 
「カネクレ」アピールが、どんなに反感を買っているか、どんなに軽蔑されているか、わかっててやっているのでしょうね。
私は、この人、本当はアンチなんだと思いました。

昭和天皇のお心を継いでいるのは、東宮ご一家で、正統な皇位継承者は敬宮様です。江戸時代の光格天皇も前の天皇の一人娘である欣子内親王の婿です。欣子内親王の婿にふさわしいから天皇になったのであって、血筋的に1番近いから選ばれたわけではありません。しかも、欣子内親王を中宮にすることによって天皇の権威と正統性を認められたのです。中国や韓国・北朝鮮は知りませんが、日本の国民感情とは、そういうもの。だから、これだけマスコミがキャンペーンしても、世論は敬宮様継承待望論なのでしょう。

岩井記者(ひょっとして朝日新聞自体も?)の狙いは、1代限り国家公務員待遇の女性宮家や旧皇族復帰などを目くらましに敬宮様が皇籍離脱可能な年齢になるまで時間を稼ぎ、時が来たら敬宮さまを皇室から離れさせることでしょう。叩き出すというより、「これだけすぐれた方を皇室の檻に繋ぎとめておくよりも」的な形をとるのかもしれませんが…。あとは放っておいても皇統は秋篠宮系に移り、直接、手を下さなくても自滅していくでしょう。国民から見放され、軽蔑され、断罪されて消えていくという岩井記者の理想の形で…。

モーリさんの発言もそういう狙いとみれば納得です。

時間は、あまり残されてはおりません。

もし、私が秋篠宮殿下に諌言するとしたら、
「皇位はお諦めなさいまし。天皇家の次男、東宮の臣下のお立場に徹することこそ、皇室並びに秋篠宮家安泰の唯一の道です。」
と申し上げます。

もう一つの責任者 (匿名で)
2015-07-01 10:33:07
遠眼鏡様
今の東宮バッシングの仕掛け人、読んでいるうちに恐ろしくなりました。
更に見逃してはいけない人たちがいます。
悠仁さま出生に手を貸した医師たちです。

だれがあのタイミングでの電撃発表を、「たまたま自然妊娠した」「性別なんか知らない」と信じるでしょう。
伴性遺伝病の人以外には禁止されている行為です。
今上の心臓手術をした医者がやたらとそのことを威張りまくってますが、こちらの方は医師としての名誉になりません。だれがそれをやらせたのか。
それが出来るほどの権威を持つ人、畏き辺りでしょう。

証拠なんて示せませんが、妊娠中のキコさんへの異様な気の使い方、内廷のお孫さんを身ごもった雅子妃にも示さないものでした。露骨なまでに判りやすい方たちです。

秋篠家が欧州王室から忌避されているのではという意見、それがばれているからではないでしょうか。キリスト教国にとって神に背く大罪です。「顔も見たくない。どこかに追いやっててくれ」くらい言いそうです。

「まだらの紐」でシャーロック・ホームズが「医者が犯罪を犯すほど恐ろしいことは無い」というセリフを言ってます。
人体の知識がある。毒物も手に入りやすい。死亡診断書も書ける。最も完全犯罪をやりやすい人かもしれない。だからこそ最高の倫理基準が求められるのです。
それを脅して違反させてしまった。日本最高の権威の方が
もちろん証拠は無い。だけど誰が見ても李下に冠を正しまくったという感じです。

蛇足ですが
キコ妃の結婚前の例の噂
「医者には守秘義務がある。話すはずが無い。だから根も葉もないでっち上げ」とアンチは言ってますが、もちろん医者は黙ってますが、これは当時身近にいた人から真実と聞いています。
というか母親の和代さんが口をつぐんでなかったのです。
その辺がやはりまともな感覚ではないですね。
でもこれは水掛け論になるでしょう。今更議論することもないのかなと思います。

どんな脅しであれ、あの時屈してはいけなかったのです。その結果が今の恐ろしい状況です。



先日の対談形式のお言葉 (speranza)
2015-07-01 13:44:59
「雅子妃は国内公務をしない/ないがしろにしている」

雅子さまを批判する人のほとんどは秋篠宮家を褒め称えていると思いますが、その秋篠宮さまが何とおっしゃっているかというと

文仁親王同妃両殿下ご結婚満25年に際してのお言葉(宮内庁HP)
>公的ということに関連して,あなたもよく知っているように,皇族には国事行為の臨時代行以外に公務は存在しません。あくまで公的な行為もしくは活動であり,言葉としてきちんと区別するべきものと考えます。

つまり国事行為の臨時代行以外は公務ではなく、臨時代行は皇太子様しかなさいません。
陛下の代行をなさっている皇太子様の代行を秋篠宮さまはなさったことがありますが、これは平価の代行ではありませんので公務ではないということです。

当然その意味では皇后さま、皇太子妃殿下も公務はなさいません。

そのことを批判者が支持する秋篠宮同妃両殿下は意味不明の対談でおっしゃっているのです。
指示する相手に否定された批判者たちはどう考えているのか聞いてみたいものです。
訂正です (speranza)
2015-07-01 14:07:01
「陛下」と書くところを変換ミスをして「平価」としたまま送信してしまいました。

申し訳ありませんでした。
★ 愛子ちゃんイジメ、本当はあった。 (遠近両用眼鏡)
2015-07-01 21:16:14
★ 愛子ちゃんイジメ、本当はあった。


これも検証すべきだと思います。

当時からマスコミのみならずネットまで、愛子ちゃんがワガママで悪いからイジメられるのだ、悪いのは愛子ちゃんだ、ワガママな愛子ちゃんを叱らない東宮夫妻も悪いのだ、とゆう論調一辺倒でした。

はたして本当にそうだったのでしょうか。

★ イジメっ子たちは徒党を組んで授業を妨害していた。
★ イジメっ子たちは授業中なのに廊下を練り歩いていた。
★ イジメっ子たちは初等科規則を破っていた。
★ イジメられていたのは愛子ちゃんだけではなかった。
★ イジメっ子たちを注意していた真面目な男子生徒が初等科から他校へ転校した。
★ テレビで「うちの子だけが悪いのでしょうか。」と答えている映像が流れた。
★ イジメっ子たちの背後に某人物が関係しているというニュースが流れた。

これだけのことが記事に書かれたり映像として流れていたのに、イジメは無かった、悪いのは愛子ちゃんだと決めつけたのはあまりにも一方的で納得できません。

学習院はお受験して入るほどの人気校なのに、年度途中で他校へ転校するなんて普通では考えられません。
よほどのことがあって嫌になったから他校へ転校したと考えるのが普通です。
つまり、当時の初等科にイジメっ子たちがいたから、愛子ちゃんにだけでなく他の生徒たちへのイジメも蔓延していたから、それで嫌になって他校へ転校したと考えるのが普通です。

この問題について事実を知る人たちや関係者に発言していただいて、それらを集めて検証することは、マスメディアによる皇室の偏向報道、ネットに流れる東宮家への誹謗中傷を検証することにもつながると思います。

もし当時を知る人たちや関係者がここを見ていたら、どうか勇気を出して発言してほしい。
それは当時イジメられていた子どもたちの名誉回復になるし、公平で正しい皇室報道になるのですから。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事