夢と希望と笑いと涙の英語塾

INDECという名の東京高田馬場にある英語塾で繰り広げられる笑いと涙の物語
新入会員募集中!

定期上映会: Be Cool/ビー・クール

2005年09月07日 08時04分23秒 | 映画レビュー
9月3日から全国公開された『Be Cool/ビー・クール』を、INDECではまたもや一足早く8月27日の定期上映会にて楽しみました。もちろん、いつも通り、アメリカから取り寄せた英語字幕のDVDを、120インチの大画面と5.1chサラウンド音声で上映するというやり方です。

『炎のメモリアル』に関して書いたブログでも申し上げた通り、旬のアメリカの大衆文化を知りたければ、ジョン・トラボルタの映画を見るのが一番です。その信念から、アメリカ留学をお世話するINDECとしては、トラボルタ出演の映画は必ずといってよいほど、定期上映会にて会員諸君に見てもらっています。

トラボルタは、様々な役をこなせる器用な俳優です。そのうまさには、舌を巻かざるをえません。

その中でも彼がいまめざしているのは、かつての俳優で言えば、ジェームズ・スチュアートあたりがそうであったような「アメリカの良心」を演じることのような気がします。

たとえば、この『Be Cool』。アメリカ人の理想である「強気をくじき、弱きを助ける」という精神で貫かれたコメディです。

この映画のあらすじをこの観点からまとめてみましょう。トラボルタが演じるのは、映画プロデューサーとして順調に活躍している元ヤクザ者のチリ・パーマー。友人の死で混乱している、インディーズ・レコード会社社長であるその妻(ユマ・サーマン)を助けようとする縦糸に、トラボルタが目をつけるのが、場末のバーで白人のノータリン・ヤクザ(ビンス・ボーン)に搾取されている黒人の歌手(クリスティーナ・ミラン)をボーンから切り離し、サーマンと組んで歌手として成功させてあげるという横糸が絡むのであります。

つまりは、か弱き女性や黒人を助けることで、トラボルタは現代のアメリカの理想を演じようとしているのです。

そこで用意したのが、いま最もアメリカで活躍している黒人のエンターテーナーたちでした。ミランを始めとして、ザ・ロック、アンドレ・ベンジャミン、セドリック・ザ・エンターテーナー。映画の中、彼らはトラボルタのおかげでみんな成功していきます。

(ボディビルのファンであるゴウ先生は、アンドレの仲間に有名な黒人プロ・ビルダーを二人見つけて喜んでおりました。セリフも何もないその他大勢の役ではありますが、こんな仕事をしないと、アメリカでもビルダーは食べてはいけないのでしょう。そういう黒人も救っているのがこの映画なのです。なんだか現実と虚構とがクロスオーバーしています。)

その典型が、役者志望でありながらボーンの舎弟兼運転手を演じているザ・ロックの成功です。トラボルタのおかげでニコール・キッドマンの相手役として『サモアの出会い(Samoan Rendezvous)』という映画に主演できるようになるのです。そのビルボードが写されるところでは、個人的に一番笑えました。

それに対して、白人はすべて割りを食います。ボーンのみならず、あの名優ハーベイ・カイテル(個人的には『テルマ&ルイーズ』の刑事役が大好きです)もトラボルタにつぶされ、白系ロシアン(?)・マフィアたちもトラボルタに壊滅させられます。

この意味で、『Be Cool』はいまのアメリカでは何が善で、何が悪なのかがスキッと見通せる映画に仕上がっているのでした。

しかし、この生真面目さは、ゴウ先生を楽しませてくれない理由の一つでした。どこかお説教臭さを感じてしまうのです。

それに対して、この作品の前作にあたる『ゲット・ショーティ』(1995年)。そこでは、トラボルタは、ジーン・ハックマンやらダニー・デビートやらルネ・ルッソやらの白人大物俳優の間で飛び跳ねているチンピラに過ぎませんでした。そこには、「アメリカの良心」を演じる気構えもありません。ゆえに、弾けてました。笑えました。

ゲット・ショーティ

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


ところが、10年経ってみると、チンピラが組長に変身してしまったのです。大物の貫禄を身につけ、困っている弱者を救う役をトラボルタがやるようになってしったのです。ああ、チンピラのトラボルタが好きなのに。『ソードフィッシュ』のトラボルタが最高なのに。

ソードフィッシュ 特別版

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る


そこで製作サイドは知恵を絞ります。かつての軽いトラボルタの姿を共演陣に表現してもらおうとしたのです。

それがビンス・ボーンでありました。しかし、彼の「黒人気取り」の演技にはゴウ先生は乗れません。『ドッジボール』の悩めるボーンが冴えています。悪ぶっても、ボーンはワルにはなれないのです。(拙文にてご確認ください。

さらに、LAレイカーズのコービー・ブライアントが出てきたり、エアロスミスのスティーブン・テイラーが出てきたり、あれこれ用意されているイジリにクスっと笑ったとしても、腹を抱えて笑い転げるところまではいきません。

それもこれも、トラボルタをあまりにカッコよく描きすぎているこの作品のコンセプトについていけなかったのかもしれません。ゴウ先生が見たかったのは、「カッコよくなれ(Be Cool)」という映画ではなく、「カッコよくなりすぎなさんな(Don't Be Too Cool)」という映画だった気がします。(あの『フォノミナン』の暖かさを思い出してください。)

皮肉なことに、よくCMなどで取り上げられる『パルプ・フィクション』以来のユマ・サーマンとのダンス・シーン。ゴウ先生は、こここそはもっとCoolに決めて欲しい気がしました。あのダンスの名手であるトラボルタがあの程度のものしか見せられないようでは、題名に偽りありということになります。残念でした。

というわけで、ゴウ先生ランキング:B-/C+

アメリカ大衆文化の最前線を知りたい方、上の文章に登場した俳優・歌手のファンの方には、1800円は高くないでしょう。しかし、そうではない方、安いチケットを金券屋で手に入れてから映画館に向かってください。

それにしても、トラボルタ、この映画の外でもCoolな男でした。

**********

トラボルタが自家用機で被災者に食糧5トン運ぶ (時事通信) - goo ニュース

2005年 9月 6日 (火) 12:20

【メテーリー(米ルイジアナ州)5日】大型ジェット機の操縦免許を持つことで知られる俳優のジョン・トラボルタさん(51)と妻の女優ケリー・プレストンさん(42)は5日、自家用ジェット機でハリケーン「カトリーナ」の被災者たちに食糧5トンを運んだ。夫妻はまた、救助隊員用に破傷風ワクチン400人分も持ってきた。(写真はニューオーリンズ近くの保安官事務所を訪れたトラボルタさん=中央=とプレストンさん=左)

トラボルタ夫妻はルイジアナ州の州都バトンルージュに食糧を届けたあと、洪水状態が続くニューオーリンズ市を見て回り、救助隊員を激励したり避難民用のシェルターを訪れた。トラボルタさんは、テレビ・トークショーの女王オプラ・ウィンフリーさんをまとめ役とする救援活動の一環として行動していると語った。トラボルタさんは「これは今日、我々がやるべき仕事だ」と語った。

歌手セリーヌ・ディオン、ラップ歌手のカニエ・ウェストさんらのスターたちは米政府の対応の遅れを厳しく非難したが、トラボルタさんは非難の合唱には加わらず、「良いところも悪いところも見た」と語った。〔AFP=時事〕

**********

さすが、トラボルタ、やることがでかすぎます。カッコよすぎます。やっぱり、トラボルタからは絶対に目を離せません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« 拉致問題解決に命を懸けるの... | トップ | 投票だ!期日前投票も簡単だ! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かっこいい (エンペラー)
2005-09-07 20:00:22
 ジョン・トラボルタかっこよすぎですね。状況を見て即行動・・・素敵です。真似したいところです。これからも目を離さずトラボルタをチェックしていきます!
楽しかったです (TAGO)
2005-09-08 07:48:57
上映頂き誠にありがとうございました。



ブログを読ませて頂き、『ゲット・ショーティ』と『ソ\ードフィッシュ』も観てみたくなりました。



それにしても、ジョン・トラボルタは格好良すぎます。
素晴らしい対応です (BXL)
2005-09-08 08:36:31
残念ながら「Be Cool/ビー・クール」を拝見出来ませんでしたが、是非とも見てみようと思いました。



また、ジョン・トラボルタの対応を伺い、声高に政府を非難しているだけの芸能人とは一味違うと感じました。今後もジョン・トラボルタに注目していきたいです。
フリーメールを取得しよう (ウェブメール)
2005-09-08 16:33:28
Hitmailはシンプルで使いやすい完全無料のメールサービスです。



☆登録の際、プライベートな情報は必要ありません。

☆すぐお申し込み、すぐご利用できます。(最短5秒)

☆プライベートメール(セカンドメール)に最適です。

☆もちろん携帯でも使えます。



さらに!!

プロフィール設定、画像添付もできます♪

メル友探しだってカンタン!!



http://hitmail.cc/bn001
こんばんは (えい)
2005-09-08 20:03:46
お久しぶりです。



TBありがとうございました。

『フェノミナン』懐かしいです。

僕もあの映画はとても好きでした。
TBありがとうございました! (nicoco)
2005-09-08 22:38:21
仰る通りですね!彼の出る作品に旬のアメリカの大衆文化を感じます!!!後ほどこちらからもTBさせていただきます。

重くて今の時間送信してくれないのです・・泣・・。

感想読めてよかったです♪又よらせてください♪

コメントを投稿

映画レビュー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

17 トラックバック

カニエ・ウェスト(Kanye West) (洋楽Life)
カニエ・ウェストは1977年6月8日、アメリカ・ジョージア州に生まれのラッパーである。身長は180cm。アリシア・キースやジェイ-Zをプロデュースしたことで、よく知られています。2004年、3ヶ所の骨を折る自身の自動車
★「Be Cool/ビー・クール」 (ひらりん的映画ブログ)
ジョン・トラボルタとユマ・サーマン主演。 友達から「ゲット・ショーティ」(1995)の続編だと教えてもらってた。 前作は超面白かったらしい・・・ので、先に見ておきたかったけど。 あと、ひらりんお好みのN・Kちゃんも出てる・・という裏情報もあり。 今回はチネチッタで
『Be Cool』 (ラムの大通り)
----豪華な顔ぶれの映画だね。 主演のジョン・トラボルタにユマ・サーマンが絡むだけでも 『パルプ・フィクション』なのに、ハーベイ・カイテル、 ダニー・デビート、ジェームズ・ウッズといったベテラン、 ザ・ロック、ビンス・ボーンに、スティーブン・タイラーまで出てい
「Be Cool ビー・クール」@20世紀FOX試写室 (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
元々は別の会場で見ることになっていたのですが、3回も予定変更をしてやっと今日見てきました。秀君が見たがっていたので、秀君の休みに合わせて数回予定変更。途中でもう連れて行くのを止めようかと思ったくらいの予定変更でした。こんなにコロコロしてまで見に行ったのは
絶対的な安心感 「BeCool」 (平気の平左)
評価:65点 Be Cool 「スターウォーズ」、「山猫は眠らない」、「ツインズ・エフェクト」に続く、「いきなり続編から観てみようシリーズ」第4弾です。 「ゲット・ショーティ」の続編ということですが、前作の知識はゼロです。 が、知識ゼロでも、かなり楽しめました
Bee Cool★ビークール/ゲットショーティ続編 (我想一個人映画美的女人blog)
FOX試写室にて。いや~この顔ぶれ、ほんとに豪華{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 大好きなユマと、パルプフィクションコンビであるトラボルタ、 ダニーデヴィート。ヴィンスボーンとバーベイカイテルは私的には 別にどーでもいいが、+ゲストに{/atten/} エアロスミスのステ
Be Cool/ビー・クール (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
本日1本目は「Be Cool/ビー・クール」です。   鑑賞した日   : 9月3日土曜日 鑑賞した劇場 : イオンシネマワンダー   映画館の前には行列が。みんな「NANA」が目当てなのかな? 同時上映の本作はガラガラでした。   それでは早速感想を…
ビー・クール(Be Cool) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
イケてる? それとも イカレてる? ジョン・トラボルタ主演、「ゲット・ショーティ」の続編(?) 映画業界で成功した元取立て屋のチリ・パーマが、こんどは音楽業界へ殴りこみ!
ビー・クール*Be Cool (CinemaCoconut)
9月の3日から♪俺はCOOLだ!チョットお先に観てきたよ♪
なんでもありのエンターテイメント映画◆『BE COOL/ビー・クール』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
8月30日(火) 試写会にて ジョン・トラボルタが、取立て屋から映画プロデューサーに転身するという作品、『ゲット・ショーティ』(1995年)の続編。「続編」であることを前面に出すと客足が遠のくことを意識してか、公式サイトにも、宣伝用のチラシにも、そのことに関して
ビー・クール! (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
 アンタッチャブル山崎と並ぶ”割れアゴ世界一”ジョン・トラボルタと、”眠たそうな顔世界一”ユマ・サーマンが、あの「パルプ・フィクション」以来、夢の共演!  その他、豪華
Be Cool★★★☆☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:Be Cool/ビー・クール 『映画プロデューサーのチリは、友人の頼みで無名歌手のリンダをプロデュースするため音楽業界に足を踏み入れる。 』 director ...F. Gary Gray Chili Palmer ...John Travolta(The Punisher) Edie Athens ...Uma Thurman(Kill Bill: ...
「BeCool/ビー・クール」(2005) (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
\"BECOOL\"監督・・・F・ゲイリー・グレイ原作・・・エルモア・レナード出演・・・ジョン・トラヴォルタ、ユマ・サーマン、ヴィンス・ヴォーン、ダニー・デヴィート、ハーヴェイ・カイテル、ザ・ロック、セドリック・ジ・エンターテイナー、クリスティナ・ミリアン、アンド.
#32:ビー・クール (*KAZZの呟き*)
KAZZのこの映画の評価  またもやショックをうけました全然、クールじゃない 確かに、音楽は流石にアップテンポで中々クールな選曲だったけど。。。 これは、10年前の前作『ゲット・ショーティ』の続編に当たる映画です 前作では、金貸しから映画プロデューサー...
試写会「BeCool」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「BeCool」開映19:00@イイノホール 「BeCool」 BE COOL  2005年 アメリカ 配給:20世紀FOX 監督:F・ゲイリー・グレイ 製作:ダニー・デヴィート、デヴィッド・ニックセイ、    マイケル・シャンバーグ、ステイシー・シェール、  
タランティーノ監督ヘのオマージュか?《Be cool》 (アロハ坊主の日がな一日)
待ちに待っていた『Be cool』を観てきた。 10年前に上映された『ゲット・ショーティ』の続きもの。 当時はもうひとつ当たらなかった。そんな映画あったっ けという人も多いだろう。取立て屋から映画プロデュー サーに転向したチリ・パーマ(ジョン・トラボルタ)の サク
Be Cool (土曜の夜は・・・)
story ジョン・トラボルタ演じるチリ・パーマーが『Be Cool』で再びスクリーンに還って来る!  『ゲット・ショーティ』(1995)で活躍した、ギャングから映画プロデューサーに転身した、あの男だ。だが今回のチ