夢と希望と笑いと涙の英語塾

INDECという名の東京高田馬場にある英語塾で繰り広げられる笑いと涙の物語
新入会員募集中!

定期上映会: ドッジボール

2005年05月11日 00時46分01秒 | 映画レビュー
2005年4月16日定期上映会の報告です。

この映画も『Shall we Dance?』同様、日本公開前にアメリカから取り寄せたDVDで見ました。もちろん120インチワイドの画面で5.1chのサラウンドでです。

結論、おバカさん・スポ根映画は最高!

おバカさん映画だけでもおいしいのに、この作品にはスポ根のフレーバーまでが乗ってきます。この素晴らしさに気づかないようでは、映画ファンだとは申せません。

伝説のドッジボール・プレーヤー、Patches O'Houlihanの言葉が泣けるではないですか。

"If you can dodge a wrench, you can dodge a ball."
「スパナをよけられたら、ボールもよけられる!」(ホントかよ!)

冗談だと思ってはいけません。伝説のプレーヤーは、ホンモノのスパナを投げて選手を鍛えるのであります。『巨人の星』も『アタックナンバー1』も裸足で逃げ出すトホホぶりなのです。

しかもボールを6個も使うアメリカン・ドッジボールは、ボールを1個しか使わないセコイ日本式ドッジボールよりもドッジする(よける)ことが重要になる相当ハードなスポーツです。

これならラスベガスで賞金トーナメントが行われることもありうるかも(?)と思ったのでした。

ともかく、負け犬たち(underdogs)が一人一人の持ち味を活かして、憎き敵を倒すという勧善懲悪の王道を行く映画です。日本では興行的に苦戦するのは分かりますが、こうしたコメディ映画が作られヒットすることを祈って、個人的に応援させてもらいます。(昔のクレージーキャッツの映画なんかのように。)

見ると元気が出ること間違いありません。問題は映画館まで行ってもらうことなんですよね・・・。

ゴウ先生ランキング:B-

でも楽しいです。補償も保障も歩哨もできませんが、保証します。

日本でも作って欲しいなあ、『真の負け犬物語 ポートボール』。
コメント (5)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« レニー・ゼルウィガーまで結婚! | トップ | やっぱり、ロシアも中国も同... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみました (Moon)
2005-05-13 01:28:22
笑いながら真剣に観られる映画でした。

『真の負け犬物語 ポートボール』を日本で作って欲しいです!

日本でも、おバカさん・スポ根映画が製作されるような

文化の厚みが欲しいです。
笑い転げました (Raglan)
2005-05-14 04:35:31


ひさびさに笑い転げた映画でした。

あまりにも面白く、最初から最後までスクリーンに釘付けになりました。



アメリカン・ドッチボールのルールにも驚きでしたが、ここまで真剣にバカバカしい映画を作ってしまうのがすごいですね。





ポートボール映画もいいですねぇ。

楽しみです。



最高でした! (壊れた蓄音機)
2005-05-14 13:43:11
心の底から楽しめました。上映頂きまして誠にありがとうございました。



それにしても『真の負け犬物語 ポートボール』というタイトルに脱帽です!先生のようにコピーライターとしての才能を磨かねばと感じております。
はじめまして (mina)
2005-08-28 15:58:04
TB、ありがとうございました。



☆日本公開前にアメリカから取り寄せたDVDで見ました。もちろん120インチワイドの画面で5.1chのサラウンドでです。

・・・うわー、すご~い。羨ましい環境ですね。でも、mina、英語が判んないから、観ても理解できないかも・・・。残念。



☆"If you can dodge a wrench, you can dodge a ball."

「スパナをよけられたら、ボールもよけられる!」

・・・minaはDVDを日本語で観たから、当然、判ったけれど、その後、このサイトの記事を読んで、英語で字幕なしで観たら、聞き取ることも難しかったです。顔が引きつるばかりで、笑うことすらできませんでした。とほほ・・・。



これからも、よろしくお願いします。
ポートボール (浜松のNです。)
2006-02-20 12:41:42
はじめまして。ひょんなことからこのページにアクセスしまして・・・。そちらの地区ではポートボールが盛んなようですね。

浜松も単位子供会で≒90チームほどあります。

「ポートの映画・・・」とまでは行きませんが、実は今年2月に堺市のチームと交流大会が開催され、テレビにも取り上げられたんですよ。 来年は岡山やその他の地区のチームも、とインターネット上で盛り上がっています。



ところで「そちらの地区・・・」はどちらなんでしょう?

まずは市町村名だけでも教えていただきたく、合わせてぜひ一度情報交換もしたくおもいますので返信お待ちしております。

「よろしくおねがいいたします」

コメントを投稿

映画レビュー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

「ドッジボール」 (It\'s a wonderful cinema)
 2004年/アメリカ  監督/ローソン・マーシャル・サーバー  出演/ヴィンス・ヴォーン      ベン・スティラー  全米公開時、あの「ターミナル」を抜いて堂々1位を獲得した作品。ベン・スティラー製作です。  ジムを買収から救うため、賞金5万ドルを求
ドッジボール 今年の163本目 (猫姫じゃ)
ドッジボール   あたし、コメディーって、あんまり見ないんだケド、、、 おもしろかったです!! 笑っちゃいました!!   ゴメン、俳優さん達、ぜんぜん知りません。 でも、すごい人が出ているの。 2人。 1人は、ホント、びっくり!です。 ぁ、映画館
ドッジボール (minaの官能世界)
ベン・ステイラーが演じるホワイトは、凄い努力家で事業も大成功している。 彼の経営するジムはたくさんの会員を抱え、飛ぶ鳥も落とす勢いなのだ。 彼が努力しているというのは、こういうシーンからも判る。 誘惑に負け、ドーナッツを口にすると、乳首に取り付けた電極から
ドッジボール(DVD) (ひるめし。)
負け犬たちがボールで人生をつかみとる! CAST:ベン・スティラー/ヴィンス・ヴォーン/クリスティーン・テイラー 他 ■アメリカ産 93分 ベン・スティラーってちょっと苦手だけど・・・ この作品スピルバーグとトム・ハンクスの「ターミナル」を抑えて全米No1獲得したし
ドッジボール(Dodgeball:A True Underdog Story) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ローソン・マーシャル・サーバー 主演 ベン・スティーラー 2004年 アメリカ映画 93分 コメディ 採点★★★★ 弱小スポーツジムのダメダメ6人組が、大手スポーツジムによる買収を阻止するための金目当てに、やったこともないドッジボール世界大会に出場する、「ドッジボ