田舎都会からの便り

北海道新幹線・新函館北斗駅のある北斗市から発信してます

山旅&黒湯・孫六温泉

2019年12月05日 03時42分10秒 | 温泉の話

 フォト・・・孫六温泉

ブログは 毎朝更新努力しています

更新は 私が「元気で自遊人」している写真記録の便りです

田舎都会通信フォト毎日更新中

過去記事2016年 茶臼岳・三斗小屋温泉

8日目 夜半崩れた天気が回復しましたが 強風

ロープウエイ乗り場のアナウンスは 「強風で運行停止になる可能性が強いので あらかじめご了承下さい」を繰り返していた

まず 雲海を背に那須岳最高峰・茶臼岳へ向かいました

今回の目的の一つは 秘湯・三斗小屋温泉まで足を運び 露天風呂に浸かることでした

小屋のご主人は 「宿泊者以外の利用はお断りなんですよ」

山頂へ戻る足取りが 超重くなる・・・でした

興味のある方は写真記録をご覧下さい

茶臼岳2016年5月7日フォト


 行雲流水  山旅黒湯孫六温泉

本州の秋の山旅 東北地方は私の鬼門です

日本海側は雨が多いらしく 休養日が多くなります

天候は自然の采配する事なので おとなしく従う以外の答えなしです


磐梯山登山の翌日10は 

行き当たりバッタリ変更は 秋田県田沢湖町にある乳頭温泉郷「黒湯・孫六温泉周辺散策」

雨が降っても無風なら「傘散策」ができます

 

この日は ここ黒湯から乳頭山に登る予定でした

朝方の強い雨が 弱い雨に変化・・・

黒湯 門を潜れば そこは江戸時代の風情

宿泊したことはないが 何回も散策している

その時代時代で 小さな風情の変化がされてます

打たせ湯も自然の中にある感じで存在感タップリでした

今は囲われ 目にすることはできなくなりました

湯治場にも外国人が来てくれる時代になり 対応も対策も変化必至を感じます

降雪量が多く 冬は休業やむなしのよう

以前3月に来た時 積雪量と残雪の多さにビックリしました

下記に写真記録を載せましたのでご覧下さい

雪国の一軒宿経営は 維持経費が多く 大変そうに感じます

黒湯と孫六の温泉は 歩いて行ける道があります

手軽な散策コースなので利用しやすいですよ

興味のある方は散策の写真記録をご覧下さい

黒湯・孫六温泉周辺散策

興味のある方は写真記録をご覧下さい

 黒湯温泉2009年6月

過去記事2015年   孫六温泉 

先日 乳頭温泉郷・孫六温泉近くの源泉で3人が死亡する事故が起こりました

硫化ガスによる痛ましい事故でした 合掌

孫六温泉まで歩いてみました 

路線バス終点・大釜温泉

 

 

大釜温泉で分岐し孫六温泉へ向かいます

心細くなりそうな道が付いてました

歩き始めてまもなく 除雪機と出合いました

孫六温泉の社長さんが先行除雪をしているという

しかし吹き溜りが多く温泉へ行くのは無理 という情報を得ました

せり出した雪ぴが不気味

豪雪地帯の秘湯

温泉宿の通年営業は 雪との闘いの覚悟がいりそう

飛ばした雪を強風が押し戻し 雪のカーテンをつくる

まもなく雪が解けるが 営業利益の出る期間は短い

テレビで見る温泉は至福に映る

しかし現実は 自然との格闘が大変そう

孫六温泉は まだまだ先

私は ここで退散です

来年 また挑戦 したいなあ

 自遊人の記録・総集編  思い出登山・道外編

楽々散策2018総集編    楽々散策2019総集編(67~)

無理せず登山2018~総集編  思い出の記録・北海道編①

 

ふるさと 新函館北斗駅&自然・冬   野鳥・写真家・小山圓太郎作品館 

        懐かしの大野・「黄金の台地に」写真家・星野勲

4日は台風並みの強風でした

わが家の日本シャクナゲは ちぢこまった

しか~し西洋シャクナゲは シャキーン

外来種 強し 

 

  ポチ してご覧下さい

の仲間の森・写真が語る森

江差追分節・魂の唄を聴く  法亀寺のしだれ桜 

 車中泊 車中泊まとめ Kizasi.jp「車中泊」    

ふくろう・大沼国定公園   大沼だんご・車内販売に

 写真家 稲場祐一 作品   巨大ツリー2018総集編

  高齢時代を考えよう・総集編  私の一筆・総集編 


この記事についてブログを書く
« 黒湯温泉2009年6月 | トップ | 大黒様・妙心寺 »
最新の画像もっと見る

温泉の話」カテゴリの最新記事