田舎都会からの便り

北海道新幹線・新函館北斗駅のある北斗市から発信してます

696峰2020年2月12日

2020年02月14日 02時40分07秒 | 山登り・散策の話

696峰2020年2月12日

北海道北斗市 無名の山・696峰 

夏道はないので冬に登るのがベターです

上川汲沢の登山口から往復 

出発点・北斗変電所から標高差約600m 往復約6kmです

午前9時 出発

午前9時10分

前方・北斗市上水道取水地

この坂を上がると開拓農地

開拓農地の前方は きじひき高原キャンプ場

きじひき高原キャンプ場から見た開拓農地は 下方の白地部分

まもなく登山口

尾根をめがけて前進

 踏み跡があり 楽々前進

風に振り落とされたクモ

ふすま絵を眺める気分になる光景です

油断大敵

きじひき高原の奥は 吉野山

二股岳

お遊びトンネル

例年に比べ 少雪

津軽海峡冬景色

大野平野

強風の張り倒し技は 怖い

踏み跡は強風に消されていた

午前10時45分 山頂到着 出発点から1時間45分

市渡交差点付近

峩朗鉱山 右・当別丸山

696峰の前方は700峰 5分ほどの距離です

午前10時50分 下山開始

正午 出発点(北電変電所)到着 下り1時間15分 往復3時間


この記事についてブログを書く
« 楽々散策2020総集編(1... | トップ | 楽々散策123・696峰 »
最新の画像もっと見る

山登り・散策の話」カテゴリの最新記事