田舎都会からの便り

北海道北斗市から発信

きじひき高原・かんじき散策②2018年1月14日

2018年01月18日 03時23分17秒 | きじひき高原・匠の森の話

きじひき高原・かんじき散策2018年1月14日

北海道北斗市村山 きじひき高原

高原道路は全線舗装され 夏場は車やバスで行けます

しかし冬場はキャンプ場手前約1km地点で除雪はストップです

ここまでわが家から車で約10分

ここから木地挽山方向のかんじき散策を天気の良い日にしています

今時節としては 例年より雪が深いです 

スノーモービルの跡に感謝しながら近道前進

大野平野は特A「ふっくりんこ」の米どころ

北斗市は北海道水田発祥の地

左・展望台 右・展望施設

電柱の左が道路

展望施設の屋根の雪は 強風と共に去りぬ

横津岳

函館山

『北海道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ベトナムを歩く・フォントー... | トップ | 全函館華道展 »
最近の画像もっと見る

きじひき高原・匠の森の話」カテゴリの最新記事