いなカフェ・ブログ

Broachの「食と健康」から移設。遠軽/プラザカワイ&いなカフェが協賛するブログです。

ソマチッドの研究者ガストン・ネサン

2017年01月03日 | 食と健康

ソマチッドの研究者ガストン・ネサンに会いに行った日本人、から

抹殺された治療法(04)ガストン・ネサン博士のソマチッドの活性化

現代医学では、癌は、癌化された一つの異常細胞が全体に広がっていくと考えます。しかしネサンは、全体的な免疫力の低下が前提としてあり、それが全身の一番弱い部分に影響して癌が起こると言う考えに至りました。この考え方は、ルドルフ・シュタイナーや、千島喜久男博士も随分前から提唱している概念であり、現在では「免疫革命」の著者として有名な安保徹先生なども話されるようになってきました。

ことしは「ソマチッド」を本格的に調べようと思っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がん治療の真実を考える | トップ | ファーストフードの主な危険性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

食と健康」カテゴリの最新記事