因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

劇団うりんこ『わたしとわたし、ぼくとぼく』

2019-01-27 | 舞台

公式サイトはこちら 関根信一(劇団フライングステージ 1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21作・演出  こまばアゴラ劇場 27日終了 
 久々に気持ちよく泣ける舞台を見た。健人は30歳の保育士だ。保護者会で一人の父親から「男の先生に、うちの娘のおむつを
替えてほしくない」と言われ、自分がゲイであることを言えず引きこもりに。ある日突然一人の少女が現れ、「世界を救ってほしい」と言う。少女に導かれるまま、健人は1997年にタイムリープ。10歳の自分と出会う。好きだったクラスメイトの少年が転校してしまってから、健人は元気がない。クラスの女子たちからは「何だか気持ち悪い」とからかわれ、孤立しがちな健人のそばには、仏頂面の美都里がいて、何かと健人をかばう。彼女は可愛い服を着て女の子らしくすることを願う母が苦手だ。

 映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』を思わせる構成だが、30歳の健人が10歳の自分といっしょに行動すること、健人のすがたが見えるのは、セクシュアリティだけでなく、何か屈託を抱えた人、悩んだり迷ったりしている人だけらしく、意外な人に見えるところや、傷ついた経験の辛さのあまり、健人自身が自分の過去の記憶を封印している部分が少なからずあること、10歳の自分を助けようと悪戦苦闘しているうちに、次第に思い出し、今の自分を見つめ直し、未来を力強く歩きだすまでを描いた75分である。

 大人の健人役の宮腰裕貴以外の俳優は、年齢も性別も考え方も異なる複数の役を演じ継ぐ。年齢的にかなり無理のある配役もあるが、あざとさや作りすぎ感がまったくないのは、この作品が観客の想像力を自然に引き出す魅力を持っているためだ。関根信一の劇作家・演出家としての手腕はもちろんだが、子どもに向けてLGBTを題材とした作品を観客に伝えたいという俳優諸氏はじめ、劇団の方々の熱意の力が大きい。

 現在は2017年の設定となっているが、理解のある人ばかりではない。前述の父親は、健人がゲイであることをカミングアウトしてなお、健人を厳しく一瞥する。歩み寄りの一言を残すのではないかと一瞬期待したが、彼はそのまま去っていった。残念だが、それでいい。父親の気持ちもまた、単なる無理解と断罪されるものではないと思うからだ。この役を子ども時代の健人と同じにいみひでおが演じることも重要であろう。

 同じく美都里役の(山内まどか)は、「うちにはママが二人いる」と告白する母役を演じる。同性パートナーと共に子育てをする苦悩を打ち明け、溶け出すように涙が溢れる。芝居の演技を超えた自然な涙である。前半では全身に鎧をまとい、他者を拒絶しているかのような美都里を演じていただけに、違う人物を演じながら、あのときの美都里の心もまた、温かな涙で柔らかく溶けていったのではないかと思わせる。

 東京公演大千秋楽のアフタトークゲストは、昨年一般社団法人fairを設立し、LGBTに関する情報発信、啓発キャンペーンを行っている松岡宗嗣氏である。劇中の健人とその母の関係に酷似した経験があるそうで、この母上というのがまた大変な実行力の持ち主であられるとのこと。

 生きづらいと思っているひと、ひとりで悩みを抱えている人。また傍らの人が苦しんでいることに気づきながら、どうしていいかわからない人、まったく知らないひと。いろいろな人がいる。一人ひとり、その魂は「オーダーメイド」なのだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本のラジオ『ショウジョジ... | トップ | 因幡屋2019年2月の観劇と句会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台」カテゴリの最新記事