因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

劇団民藝 『闇にさらわれて』

2019-06-26 | 舞台

*マーク・ヘイハースト作 丹野郁弓翻訳・演出 公式サイトはこちら 紀伊國屋サザンシアターTAKASIMAYA 7月3日まで(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38 ,39)ユダヤ人法学者の父フリッツ(西川明)、ドイツ上流階級出身の母イルムガルト(日色ともゑ)を持つ若き弁護士ハンス・リッテン(神敏将)は、1931年、ある殺人事件の証人としてアドルフ・ヒトラーを召喚し、激しい尋問を行って反ファシズムの旗手として喝采を浴びる。しかし2年後成立したヒトラー政権に拉致され、強制収容所に送り込まれる。母イルムガルトは、息子を救い出すために孤独な闘いを始める。

 作者のマーク・ヘイハーストは2011年、ハンス・リッテンを題材にしたテレビドラマおよびドキュメンタリーを発表したのち、初戯曲を執筆。2014年に初演され、高い評価を得たとのこと。冒頭は母と息子が離れて左右に位置し、母が息子の手紙を読み、息子がその内容を語り掛ける場面に始まる。異なる時空間をひとつの場として提示する手法である。ふたりの台詞が最初は見事なタイミングで発せられているが、やがて重なって聞き取りにくくなるあたりに、母子の運命の歯車が狂わされることを予感させ、観客を舞台に一気に引き込む。

 奇しくも今年4月9日に逝去した舞台美術家・島次郎の最後の作品となった。ステージ中央に四本の鉄柱が立ち、ハンスが投獄された収容所、イルムガルトがゲシュタポ将校(千葉茂則)を訪ねていく部屋などになり、手前や両脇のスペースも尋問室や応接室などに変化し、最後はハンス逮捕の発端となった31年の法廷の場面にもなる。舞台の左右の壁には格子の嵌った小さな窓があり、天井の中央にぽっかりと穴が開いている。ハンスはじめ政治犯、アナーキストたちが収監された牢獄が、社会から隔絶された場所であり、そこからの生還することがいかに困難かを象徴するものなのであろうか。

 物語が進むうちに、ファシズムの暴力によって連れ去られ、劣悪な環境の収容所で過酷な尋問を受ける息子、ひたすら息子の無事を祈って奔走する母親。権力者によって翻弄される市井の人々の悲しみと、不屈の闘志、家族の情愛といったものを想像するのはいささか安易で甘かったとことに気づかされる。

 登場人物の心象や行動は複雑で、微妙である。愛する息子を助け出したいと願っていても、夫と妻とでは考えや行動が異なり、しばしば衝突し、相容れない。物語後半、イギリスの貴族で、政治家であったアレン卿(篠田三郎・客演)を前に、リッテン夫妻が諍う。夫にもアレン卿にも腹を立てて退出するイルムガルトのことを「息子を思う母親というものは…」というフリッツの言葉が、取り繕うにしてもあまりに凡庸に聞こえたことは、悲しいすれ違いを示す一場面である。

 すれ違いは夫婦間だけでなく、母と息子のあいだにも生じる。母は、ナチが要求している情報を明かし、解放されるように息子を説得するが、彼は聞き入れない。母子を引き裂いたのは、ナチという暴力的な権力だけでなく、イルムガルトとハンスは、別の人格であり、濃厚な血のつながり、家族の情愛を以てしても変えることのできない、生き方の違いである。

 ドイツ人とユダヤ人。一般市民とナチスという二項対立の関係性には収まり切れない複雑なものは、イルムガルトが何度も訪れるゲシュタポ将校とのやりとりにも表れている。イルムガルトは、彼を訪ねる際、大きな声ではっきりと「ハイル・ヒトラー」と発し、敬礼をする。それは、相手の懐へ入り込むためのひとつの手段であり、巨大権力者への果敢な挑戦の一声でもある。イルムガルトと将校の論戦は見応えがあり、次第に皮肉なユーモアを醸し出すほどだ。

 本作のテーマは、イルムガルトの最後の台詞に集約される。この物語は終わっていない。観客が舞台から受け取るものは非常に重苦しいが、終演後は清々しく、なぜか勇気が湧く。誠実に作られた舞台は、たとえ悲劇的なものであっても、観客に佳きものを与えられることの証左であろう。

コメント   この記事についてブログを書く
« 流山児★事務所公演 『新宿オ... | トップ | 2019年7月の観劇と俳句の予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台」カテゴリの最新記事