因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

新国立劇場演劇研修所第12期生試演会『トミイのスカートからミシンがとびだした話』

2018-10-30 | 舞台

*三好十郎作 田中麻衣子(研修所コーチ)演出 公式サイトはこちら 新国立劇場小劇場 31日で終了
 1951年「群像」に発表され、戯曲座による初演以来67年ぶりに上演される作品に取り組むのは、2016年入所の12期生を中心に、8期、9期からも一人ずつ加わった若手俳優たちである。敗戦後の東京周辺。ミシンを手に入れた富子は娼婦稼業から足を洗い、洋裁で身を立てようとしている。仲間たちから祝福され、伯父夫婦の助けを借り、弟や妹と暮らしながら準備を始めたが、富子のことを記事にしたいと新聞記者がやってくるあたりから、早々に雲行きが怪しくなる。

 ただでさえ女性の自立が困難であった時代に、美しく魅力的であるがゆえに男たちの欲望に翻弄される富子が、紆余曲折を経て心身傷ついた果てに、ささやかな幸せを手にするまでの物語である。

 同じ研修生の公演といっても、一昨年冬の『噛みついた娘』はみっちり学んだ末の卒業公演であり、それに比較すれば、今回の試演会はずっと手前の段階にある。上演時間じたいは2時間15分であり、休憩無しでも観劇可能な長さである(ただし今回の上演はテキストレジされており、実際はもっと長いとのこと)。しかしひと息がなければいささか辛く、休憩があっても前半後半ともに長く感じられ、疲労感があったことは否めない。

 富子を演じる永井茉梨奈は、すらりとした長身に生き生きした表情、声もよく通り、この役にふさわしい大器である。終盤、怪しげな薬を売るためにストリップまがいの踊りをする場面がある。宮本宣子の衣裳、黒田育代の振付ともに、いかにもまがいもののインチキ商売であり、そのために肌を晒し、奇妙な声を発する踊りをさせられる富子の哀れな様子がいっそう際立つのだが、その反面、垢ぬけないところがユーモラスに見える効果もあり、何より永井の堂々として大真面目な踊りっぷりが天晴で、安易な同情や感傷を抱かせない。逞しく生き抜きながら、富子は無類のお人好しでもあり、それが不運を呼び寄せてしまうのだが、観ているうちに、「いったいこの先どうなるのか?」という疑問が、「何とか幸せになってくれないものか」と彼女に近しい心持にさせられる。

 永井だけでなく、俳優陣の奮闘ぶりは非常に好ましい。ちょっとした表情や台詞のひとことに、達者なところを見せる俳優もあり、唸らされる場面もあった。ただその奮闘ぶりが熱すぎる面もあり、いたしかたないとは言え、実年齢より上の役を演じる俳優には、残念だがどうしても無理が生じる。舞台全体の空気を作り出し、その空気を動かすには、一つの場面、一人の俳優が良くてもうまくゆかないのである。

  当日リーフレット掲載の宮田慶子研修所長の挨拶文にある通り、「想像力を最大限に使って、未知の人間を作る」こと、自身とは全く異なる時代、社会背景、境遇に活きる人間を発見すること、俳優であるには、永遠に突きつけられる課題の答を見つけるために、「謙虚に懸命に、身を削る覚悟を持ち続けなければならない」のであり、今夜の舞台を見る限り、その覚悟はじゅうぶんにある。そしてこれから力強い歩みが始まること(いや、もう始まっている?)を予感させるものであった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 板橋ビューネ2018参加 サイ... | トップ | 因幡屋11月の観劇と俳句の予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台」カテゴリの最新記事