因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

劇団桃唄309『アミとナミ』

2019-06-16 | 舞台

*長谷基弘戯曲・演出・音楽 公式サイトはこちら 座・高円寺1 16日終了(1,2,3,4
 当日リーフレットに掲載の長谷の挨拶文には、ハンセン病を題材に舞台を作ってきた過程、志の強さが誠実に綴られている。これまでに中編を2本作り、2016年には、国立療養所大島青松園を描いた『風が吹いた、帰ろう』を同じ座・高円寺で上演した。本作は4本めになるとのこと。日本社会の暗部とも言えるテーマに寄り添い、多くの困難を乗り越え、舞台作りに取り組む姿勢に、改めて感銘を受けた。

 舞台上手寄りに喫茶店らしきスペースがあり、中央から下手側で物語本編が進行する。喫茶店風スペースに出番を待つ、あるいは出番の終わった俳優が出入りするが、全員がそこを必ず通るというわけでもなかったと記憶する。本編は複数の場所、時間が目まぐるしく交錯し、いささか混乱する。喫茶店風スペース設置の意味合い、舞台効果が感じ取れないこともあり、残念ながら舞台の勢いに最後まで心がついていけなかった。それぞれの立場で問題の捉え方は異なり、互いが交わることで考え方も関わり方も変容していくが、個々の人物の造形、物語の展開いずれも駆け足で、どこに視点を向ければよいのか、舞台に対する心の向け方が決まらず、落ち着かないままの観劇になってしまった。

 テーマの歴史を紐解きつつ、過去の出来ごととせず現在につなげ、演劇として見せること。過去と今とこれからを舞台で描くこと。むずかしいことだが、倦まず弛まず活動を継続することは素晴らしい。また桃唄の舞台には、「挑戦」という強張った気概よりも、対象に寄り添うしなやかさと優しさがあり、それを受け止めることができればよかったのだが。

コメント   この記事についてブログを書く
« studiosalt 番外公演 初期作... | トップ | 新宿梁山泊 第65回公演『蛇姫... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台」カテゴリの最新記事