因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

2013年因幡屋演劇賞

2013-12-26 | お知らせ

 2013年の因幡屋演劇賞を以下のとおり発表いたします。
*小西耕一作・構成・出演 小西耕一ひとり芝居『既成事実』『破滅志向』
*green flowers 内藤裕子作・演出『かっぽれ!~春~』『かっぽれ!~夏~』
*劇団フライングステージ 関根信一作・演出『OUR TOWN わが町 新宿二丁目』

 先日劇評サイトwonderlandに掲載されました「振り返る私の2013年」と基本的に同じですが、小西耕一ひとり芝居と『かっぽれ!』は、今年上演された2本を連作として挙げさせていただきました。みなさま、おめでとうございます。といいますか、ありがとうございました。

 じつは俳優さんから男性女性おひとりずつの<俳優部門>も考えたのです。男性はiaku vol.4『目頭を押さえた』に中谷家の長男一平を演じた野村脩貴くん(ブログ記事では一平くんのことには触れておりません。ごめんなさい)、今年最後にみたシーラッハ作品朗読の橋爪功さん、女性は鵺的公演『この世の楽園』(高木登作・演出)に出演のとみやまあゆみさんが即座に思い浮かびました。
 しかし作品(戯曲や小説)があり、翻訳や演出、すべての共演者、スタッフがあっての舞台であり、演者おひとりだけを特化することにためらいがありましたので、やはり上記の3つといたします。

 グリフラの『かっぽれ!~夏~』を観劇した知り合いが、「あの舞台は誰も傷つけないね」と言いました。落語の修業は厳しく、先のみえない不安定なものです。好きなことで暮らしが成り立つところに到達するには、ことばにしつくせないほどの苦労がある。『かっぽれ!』の登場人物のなかには、後輩に先を越された人、道半ばで諦めた人、好きな道に進めなかった人もいて、決して単純な人情喜劇、予定調和的な世界ではありません。
 『かっぽれ!』の舞台にあふれる笑いには、ひとを小馬鹿にしたりあざ笑ったりするたぐいのものはありません。けれど人々は、現実のわたしたちと同じように、あるいはそれ以上に劣等感に耐え、軽んじられ、絶望することもあるはず。
 『かっぽれ!』の人々が、自分のかわりに傷ついてくれているのではないか。ふとそんな気持ちになるのです。だからみているわたしたちは傷つかずに済む。その痛みが優しく温かな笑いとなって劇場を満たす。『かっぽれ!』の幸福感はまさにそれです。

 今年出会ったすべての舞台、かかわった方々、因幡屋通信を読んでくださった方々、ぶろぐやツイッターにお運びくださった方々にありがとうございますとお疲れさまを贈ります。
 そして来年もどうかよろしくお願いいたします。

コメント   この記事についてブログを書く
« 橋爪功×シーラッハ『犯罪|罪... | トップ | 因幡屋2014年1月の芝居 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お知らせ」カテゴリの最新記事