因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

太宰治作品をモチーフにした演劇公演第15回日本のラジオ『カケコミウッタエ』

2019-05-31 | 舞台

*屋代秀樹作・演出 劇団サイトはこちら1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13
 三鷹市芸術文化センター星のホール 2日終了
 同ホールの「太宰治をモチーフにした演劇公演」第15回参加作品。
 太宰治の『駆込み訴え』は、イエス・キリストの弟子の一人であったユダが師のいどころを密告する様相が一人語りで記された短編である。冒頭の「申し上げます。申し上げます旦那さま」に始まり、最後の「へっへ。イスカリオテのユダ」まで一気呵成。その間ユダの心は激しく揺れ動き、イエスに対する複雑にねじくれた愛と、それゆえの憎しみが溢れるように綴られている。朗読、スタジオソルトのリーディング公演も忘れがたい。内容も形式も、演劇の作り手の意欲を掻き立ててやまない作品であろう。

 劇場サイトには、主宰の屋代、構成員の安東信助、沈ゆう子のインタヴューが掲載されており、屋代が太宰のほかの作品も十分に読み込んだ上で本作を選んだことなどがよくわかる。「私が一番好きな小説」であるからだけでなく、劇作家としての戦略、自分たちの舞台として構築する意志をもっての上演である。

 原作はひたすらユダが一人で語り尽くすものであるが、本作は、インタヴューで語られた通り、「現代のおける群像劇」である。舞台は現代の日本、「健康道場」と言う名の自己啓発コミュニティを装った新興宗教団体に出入りする人々の交わり、後半からは政治利用を目論む市議会議員が絡み、コミュニティの変容と、人々のなかでいちばんニュートラルで真っ当な感覚を持つ粕井(ユダ)の自死が描かれる。登場人物は、イエスと12人の弟子、マルタとマリアなどを微妙にもじった名で、太宰の原作や聖書にしるされたエピソードも周到に織り込まれている。

 昨年、屋代が劇団おおたけ産業に書き下ろした『はこぶね』も、新興宗教団体がモチーフになっていたが、ごく小さなコミュニティの変容と崩壊に凝縮されていたこともあり、わりあい受け止めやすい印象であった。今回の『カケコミウッタエ』は手強い。俳優は皆自分の持ち場と、作品ぜんたいへの役割を的確に理解し、決して易しくはない作業であったと思うが、ある人物は自然体で、別の人物は極端に、それぞれ今までにない造形を誠実につとめている。圧巻はフジタタイセイ演じる粕井の長い独白の末の死の場面であろう。

 しかし、いわゆる俳優の独壇場にならないのが日本のラジオの不可思議な魅力であり、上演前の注意事項のアナウンスからそのまま芝居が始まり、いったいどう終わるのかと固唾をのんでいると、登場人物のひとりが「ここで〇〇(題名)は終わります」と唐突に(自分にとってはそのような感覚である)締めくくるのもいつものことなのだが、毎回そのタイミングが読めず、「やられたな」と劇場をあとにするのである。今回の『カケコミウッタエ』は、自分にとって不完全燃焼感の濃い観劇となったが、それは残念なことではなく、むしろこれから先の作品への足がかりになりそうだ。

コメント   この記事についてブログを書く
« リーディングシアター『レイ... | トップ | 2019年6月観劇と俳句の予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台」カテゴリの最新記事