因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

因幡屋通信57号完成

2017-09-30 | お知らせ

 おかげさまで、因幡屋通信が57号を重ねることができ、9月30日(土)設置先各劇場、ギャラリーさまへ発送いたしました。お読みくださる方々、設置や配布にご協力いただいている皆さま、ほんとうにありがとうございます。
 今回は、
「あなたがハンナになる日」と題しまして、ジョン・レタラック作 鈴木アツト演出の『ハンナとハンナ』リーディング公演について書かせていただきました。
 観劇後のブログ記事はこちらです。
 
入稿直後に、麻生太郎副首相が講演会において、「北朝鮮から難民が押し寄せる可能性があり、難民が武装していたら警察か自衛隊か、射殺するのか」云々の発言をし、物議をかもしました。舞台を見続ける日々において、社会情勢は刻々と変化し、さまざまな発言が飛び交います。それらをすべて知り、理解し、なおかつ原稿に反映することは非常に困難ですが、ひとつの舞台をより深く知ろう、考えようとすればするほど、舞台の背景や作り手側の意図や願いがどこにあるか、周辺の事情、関連事項の知識など多くを考えなければならないことに気づきます。

 えびす組劇場見聞録は、劇団民藝稽古場公演『負傷者16人』を取り上げました。2012年に観劇した新国立劇場版を含め、観劇がやめられない日々の暮しを考えたものです。観劇後のブログ記事はこちら。合わせてよろしくお願いいたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劇団民藝公演『33の変奏曲』 | トップ | 2017年10月観劇と俳句の予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お知らせ」カテゴリの最新記事