因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

川和孝企画公演+シアターχ提携公演 第45回名作劇場 

2017-11-30 | 舞台

*日本近・現代秀作短編劇一〇〇本シリーズ 公式サイトはこちら1,2,3)川和孝演出。オフィス樹主催 両国シアターχ 12月2日で終了
 優れた戯曲、上演の機会が少ない戯曲を取り上げ、100本の上演を目指して1994年秋からはじまったこのシリーズも、今回で92本まで到達した。チラシ裏にびっしりと記載されたこれまでの上演記録に圧倒される。

秋元松代『ことづけ』
 
1949年「現代戯曲」に掲載され、翌1950年に劇団文化座が初演した。敗戦から数年のころ、ある地方の農家・南俊平のうちに素人の集団強盗が押し入り、犯人のうち津田という若者だけが逮捕された。ある晩、その津田の母親ふさが農家を訪れ、息子のしたことをひたすらに詫び、罪滅ぼしにこの家で只働きしたいと言い出す。俊平は怒り狂い、南家の息子と娘は驚きながらも父をなだめ、ふさの話を聞こうとする。
 
本作の肝は、ただ怒る一方だった俊平が、ふさの戦中戦後の転落のありさまを聞くうちに、呆れ返ったり叱咤したり、わが身を振り返ってしんみりしたり、やがて同情と共感にいたり、題名である「ことづけ」に結びつくまでの台詞の応酬である。
 
戦争による国策に翻弄され、さんざんな目に逢ったふさを、「そのときどうして〇〇しなかったんだ?!」と叱りつける俊平はまことに筋道が通っており、戦時中の特殊状況による不運はあったにせよ、ふさのあまりのお人好しぶりはほとんど笑うしかない。

 敗戦の傷がまだ癒えないなか、加害者(の母)と被害者という敵対関係にあるものが、次第に近づき、手を取り合い、お互いへの思いやりを示す様相は気持ちのよいものであり、戦争で失ったものはたくさんあるが、それでも無くならないのは人の心であり、そこからこそ立ち上がり、歩き出す力、希望であることを、説教調にならず見せてくれる。
 
復員兵である息子は、母の面会を拒絶しているという。敗戦が彼の心に残したであろう傷や、母親の苦悩など、戦争の影を示しつつも、やがて息子の心が解けて母と和解する日がどうか訪れてほしいと願わずにはいられなくなる。60分の小品がたちまちのうちに見る者の心を捉え、劇世界に強く引き寄せるのである。

*山本雪夫『喜寿万歳』
 
この世には、いわゆる女好き、助平と呼ばれる男がいる。それとは別に「もてる」男もおり、この両者は必ずしも一致しない。女と見ればなりふりかまわず追いかけてくどくのが前者、後者は文字通り女に好かれ、女から追いかけられる男である。本作に登場する平太郎は、どうしようもない女好きだが、同時に女から「もてる」という稀有な特質を持つ男であるらしい。
 
どこかの地方の町の芝居小屋の裏側を舞台に、平太郎と、憎まれ口を叩きながら彼にぞっこん惚れている賄いのおせきを中心に繰り広げられる一種のバックステージものである。
 
平太郎は女にたいそうもてるのだが、同じくらい女に騙され翻弄され、しかし一向に懲りない。戦争中に懇ろにしていた三味線の師匠と再会し、平太郎の子を産んだと聞かされる後半から、金目当てで平太郎に近づいた若い歌手の情人のバンドマンがもしや…と期待させるが、そこまであざとい展開にはならず。喜寿を迎えてますます懲りない平太郎と、「この助平爺、さっさと死ね」と泣き叫びながら彼から離れようとしないおせきはまさに腐れ縁。しんみりさせると思わせて、最後までドタバタで賑やかに幕を閉じる。

 2本とも喜劇調であるためか、客席や終演後のロビーの空気はなごやかで柔らかであった。どちらも戦争というものが色濃く反映された作品であるがゆえに、演劇が人を励まし、慰めるものであることを実感できた一夜であった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« シアタートラム『管理人』 | トップ | 2017年12月の観劇と句会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台」カテゴリの最新記事