JSHウェブログ

上越スチール販売株式会社の社員blog(イナバ物置/ガレージ組立施工事例 OA事務機器 グルメなど)

結局どこの世界の話なの?

2018-11-06 18:00:00 | 技術:横山

技術:横山です。

11月3日に公開されたばかりの映画「ヴェノム」を観てきました。

この映画はマーベルコミックスの人気ヴィラン・ヴェノム(サムライミ版スパイダーマン3に出てきたアレ)を主人公にした作品で前にも企画が立ち上がって流れていたもの(スパイダーマン3の続編やアメイジングスパイダーマンシリーズのスピンオフの予定が有ったらしい)がようやく日の目を見る事が出来たようです。

そもそもヴェノムっていうのは宇宙から来た寄生生物シンビオートと共生している人間の事で原作だと3~4回位代替わりしていて、今回の映画の主役はスパイダーマン3の時と同じ初代ヴェノムのエディ・ブロックですが捏造記事をスパイダーマンに暴かれて失職した旧作と違って今作では大企業の不正を暴こうとして職と恋人を失う(盗み見た恋人のメールがネタ元だった為恋人もクビになったから)等名前以外は殆ど別人と言っていいほど真っ当な人になっていますし、怪物同然だったシンビオートの方も宿主のエディと会話したり(恋のアドバイスをしてくれたりする)外見が怖い事と戦い方が荒っぽいこと以外はあまりダークヒーローとは言えないほどヒーローやってます。

因みにこの映画、制作がマーベル・スタジオでは無くSONYの為MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)には含まれてはいないのですが、かと言って過去のSONY制作のスパイダーマン映画との関連もなさそうで今後スパイダーマンや他のヒーローが絡んでくるかは不明となっています。

また、エンドクレジット終了後には2018年公開予定のCGアニメ映画「スパイダーバース」の予告編(と言うには長いが)がありますが、逆に言うとそれしかないので特に興味ない人はクレジット途中に挿入される刑務所のシーンが終わった時点で席を立つのもアリかもしれません。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 続・上越ご当地ナンバープレート | トップ | ビアンデ信州中野店 馬肉が... »
最近の画像もっと見る

技術:横山」カテゴリの最新記事