上越スチール販売㈱スタッフブログ

日替わりでスタッフが投稿
※イナバ物置/ガレージ組立施工事例 OA事務機/用品は上越スチール販売㈱HPへ移動しました

大きいことは良い事だ?

2021年08月17日 08時00分00秒 | 技術:横山

技術:横山です。

かなり前に箱とランナーだけ紹介した「HG1/144ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ・ラー]」が完成した(だいぶ前ですが)ので簡単に紹介しようと思います。

先ずは全体像。1/144にも関わらず30cm近い大きさで下手な(と言うか大体の)1/100より大きい。この間のウイングゼロだと肩の辺りに頭が来る感じ。

手と足。形状で想像つくかも知れませんが可動域は殆どありません。(まぁガシガシ動かして遊ぶような物でも無いし)

頭部、胸部。
異様に細い腰が目立つ。


脚部。
申し訳程度に付いている極小の足首が特徴。勿論この足首で自立するのは無理なのでスタンドは必須。

何度も言いますが1/144とは思えない大きさが特徴の本キットですが、大きいだけでMGのように内部にフレームが有ったり外部の装甲が動く訳では無いので組立てるのはそんなに難しくは無いです。(パーツが多いので面倒臭いのは間違いないですが)

因みに、縮尺比率から逆算すると40M近い大型MS(サイコガンダムと同じ位)になる訳ですが、実際は20M前後と半分位の大きさのようです。(ようですと言うのは正確な設定がされていないから、大きさの対比図には20Mと書かれているけれど罫線が引いてある)
それが何でこんな大きさかと言うと多分、全体としては大きいけれど手首、足首、頭部など細かい箇所は普通サイズなので、そちらに合わせるとパーツの分割が出来なくなるからではないかと思われます。(頭部半分になったら細かすぎてパーツ切り出すのも難しい)

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 富寿司でランチ | トップ | おばちゃんラーメン 豚キム... »
最新の画像もっと見る

技術:横山」カテゴリの最新記事