上越スチール販売㈱スタッフブログ

日替わりでスタッフが投稿
※イナバ物置/ガレージ組立施工事例 OA事務機/用品は上越スチール販売㈱HPへ移動しました

期待に胸を膨らませて…って訳にはいかない。

2020年12月01日 08時00分00秒 | 技術:横山

技術:横山です。

今年は新型コロナウィルスの所為で多数の映画(特にハリウッドの大作映画)が公開延期になってしまいましたが、その内の一作「ゴジラVSコング」が配信リリースされる可能性が浮上してきたようです。

レジェンダリー・ピクチャーズ制作の怪獣映画シリーズ(モンスターバース)の最終作である本作は元々は2020年3月13日だったのが11月20日になって、現時点では2021年5月21日が公開予定日となっています。そんな本作ですが近頃報道されたニュースによるとアメリカの大手配信サイトのネットフリックスが2億ドル以上と言う高額なオファーを出したそうです。
配信されるってことになればこれ以上延期されることは無くなるでしょうが、この手の映画は劇場の大スクリーンと大音響でこそ100%楽しめるものなのであんまり嬉しいニュースとはいいがたいです。最もこのオファー自体は共同制作会社のワーナーの親会社ワーナーメディアが断って結局は不成立になったようです。

これはワーナーメディアが自分の所の配信サービスHBOでの配信を望んでいるかららしく場合によっては劇場公開と同時にHBOでの配信開始となるのでは?と記事では紹介されていました。(来月公開の「ワンダーウーマン1984」も劇場公開と同時に配信されるらしい)