日本共産党  いなば春男 活動日記

埼玉県三郷市で活動しています

メールアドレス
inaba.haruo@gmail.com

色の変化 人もいろいろ変化が

2021年11月23日 | 日々の活動
11月23日
「潮流」より
 サンドイッチ話法と呼ばれる伝え方があります。まず相手をほめる、次に苦言や改善点をはさむ、そしてまた前向きな言葉で締めくくる。そんな論法です


11月13日
▼相手の存在やありようを許容し、適性や才能、技術を支援する。忠言するのは姿勢や態度、とりくみ方のみ。こうした指導者の言動が、スポーツの指導現場にありがちな一方的な主観や決めつけをただすために肝要だといいます


▼スペインのプロサッカーチームで育成コーチを務める佐伯夕利子さんが『教えないスキル』に書いています。そこでは指導改革に着手。教えるから選手が主語の学ぶへ。がんばらせる指導より、選手自身が考えて行動し、創造できるような環境をつくってきました

11月6日ごろ
▼これまでの慣習や常識を一から見直した佐伯さんたちの挑戦は示唆に富んでいます。それを思い出したのは、米大リーグで活躍する大谷翔平選手の花巻東高時代の“育て方”に通じるものを感じたからです

11月1日ごろ
▼最優秀選手に選ばれた大谷選手は投打両立を受け入れてくれたことに感謝を表しました。プロ入り後は常に批判されてきましたが、自分の信念を貫いたことが今季の開花につながりました。型にはめず個々を尊重する。それが新たな才能をはぐくんだ環境なのかもしれません。


もうすぐ葉が落ちてしまいますね
人もやがて・・・


11月23日
ゴクラククチョウカ (ストレリチア)

11月1日ごろ
3年前故阿美さんから頂いものです。先日3年前亡くなったとききましたが今頃花を開き長く咲いています。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 食欲の晩秋 | トップ | 福を求めて西新井大師や大鳳... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の活動」カテゴリの最新記事