日本共産党 三郷市議 いなば春男 活動日記

埼玉県三郷市で活動しています

メールアドレス
inaba.haruo@gmail.com

憲法施行70周年

2017年05月03日 | 日々の活動

 ボタン・シャクヤク 大きな花を太陽に向け広げ、香りでヒトや虫たちを呼び寄せている

今日は「憲法記念日」1946年11月3日に公布、半年後の47年5月3日に施行されてから70年を迎えました。

 よく当時に発行された文部省「新しい憲法のはなし」では、「今度の憲法では日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことを決めました。その一つは・・・戦争をするものはいっさいもたないこと(中略)もう一つは…けっして戦争によって…じぶんのいいぶんをとおそうとしないこと」新憲法の説明です。

憲法を「押し付け」と非難し、明文であれ、「改憲」の策動。もう一度憲法を読んでみませんか!

憲法施行70周年にあたって 日本共産党書記局長小池晃氏は次のような談話を発表しました。(長いので自分なりに要約しました)

日本国憲法は、第9条という世界でも最も進んだ恒久平和主義をもち、30条にわたる豊かで先駆的な人権条項も盛り込まれている。日本共産党は、憲法の全条項を守るとともに、憲法を生かす政治を実現する。

 

 

 国際的緊張が高まっているもとで、憲法9条を生かすのかどうかが問われています。北朝鮮の核・ミサイルの開発は断じて許されないが、解決の方法は外交手段しかなく、深刻な犠牲が必至となる軍事な選択肢は絶対にとってはなりません。

安倍政権は、憲法破壊の暴走政治を続け「共謀罪」法案の強行を狙っています。「共謀罪」は憲法19条で「犯してはならない」とする思想や内心を処罰の対象とする違憲立法である。

安倍首相は改憲に並々ならぬ執念を示しているが、その本心は9条を変え国防軍を明記し、基本的人権を侵してはならない永久の権利とした97条全面削除するなどの「自民党改憲案」だが、国民に訴えることができない。日本共産党は来るべき総選挙で「改憲勢力3分の2体制を打破し、自民・公明とその補完勢力を少数に追い込むため全力をあげます。

花開く憲法、私たちは、日本国憲法を守り、憲法を生かす政治が必要です。これから宣伝に。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第36回三郷地域メーデー | トップ | 「憲法記念日」 宣伝&憲法集... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
牡丹はいいですね (とことん)
2017-05-03 23:15:59
今、九州でも牡丹の盛りです。

牡丹(ぼうたん)の前に嶮しや潦  松本たかし

牡丹剪って気のおとろひし夕かな 蕪 村

牡丹が咲くとこの句を思い出し自分でも作りますが、なかなかうまくできません。

ところで写真の牡丹はお近くの公園か何かに咲いているのでしょうか・・

コメントを投稿

日々の活動」カテゴリの最新記事