西村一朗の地域居住談義

住居・住環境の工夫や課題そして興味あることの談義

「日本橋の空」復活へ

2006-01-08 | 地域居住学
今朝の『朝日』を見たら、2016年までに「日本橋」にかかる高架高速道路を移動させて青空を取り戻す計画と言う。小泉さんの「鶴の一声」でもあるようだ。そうなら、どうして1960年代そういうことをしたのか。西山夘三先生など識者は当時としても問題提起していた。この撤去移動に数千億円かかると言うが、これでは「マッチ・ポンプ」(マッチで火をつけておいて、ポンプで火を消す)ではないか。まあ、やらないよりましなので「日本橋」に限らず大阪の「うねうね高速道路」も何とかしてもらいたい。現在、計画中の鞆の浦での架橋道路計画も即刻中止してほしい。(12月28日ブログ参照)将来、撤去するくらいなら今から計画変更する方がずっと安く付くわけでもあるのだから・・。(写真は、現在の日本橋)
コメント   この記事についてブログを書く
« 子どもの目線と計画 | トップ | 『ゲーテさん こんばんは』... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

地域居住学」カテゴリの最新記事