鹿児島薩摩水球会の独り言。。

鹿児島の水球の事だけ書きたいですがそこは管理人も人間(笑)
さらさら~っと、日常の事も随筆調に書いてみます(笑)

カスタムペイント

2012-02-28 | Weblog
iPodのカバーに塗装です

うちの塗装の職人さん作成
コメント

高倉 健さんの話

2012-02-17 | Weblog
前回の浜園先生のお父さんの話のなかで映画ホタルで高倉健さんに出会ったとありました。

インターネットの画像でも金色の懐中時計が見えますが
お父さんは戦時中、時計を肌身離さず身に着けていました。
相手の機関銃で飛行機を操縦中にハチの巣にされて失神したり
特攻を仕掛けた時にも身に着けていた時計。
長年、動き続けていましたがついに止まってしましました。

高倉健さんに映画の撮影を通じ、戦争の悲惨さを伝えていくにつれ
別れの際に、先生のお父さんはその時計を高倉さんに差し上げようとしました。
「是非、この気持ちを後世に伝えてもらいたい」その一心だったそうです。

健さんは固辞されたそうです。
「そんな大切なものは受け取れない」と。

「その代わり、歴史を刻むために少しその時計を預かりたい」と言って
時計をお借りしたそうです。

その後、高倉さんはその時計古い時計を直す為に、
時計の修理屋さんを探しました。
古い時計なのでなかなか修理を受けてもらえなかったそうです。
ついには外国(イギリスなど)に連絡をして
とうとうスイスの修理屋さんに頼むことができたそうです。

直った時計はまた、高倉さんの手から
浜園先生のお父さんの手に戻ったそうです。

私はその話を通夜の晩に聞きました。
コメント

浜園先生のお父様について

2012-02-08 | Weblog
今朝の鹿児島地元紙に掲載されていました。

先生のお父様の話です。

元特攻兵、浜園重義さん死去 映画「ホタル」のモデル

知覧の特攻隊員を描いた高倉健さん主演の映画「ホタル」(2001年公開)のモデルになった元特攻兵、浜園重義(はまぞの・しげよし)さん=鹿児島市喜入前之浜町=が4日、腎不全のため鹿児島市の病院で死去した。88歳。
 1945年4月、特攻兵として海軍の国分基地から沖縄へ飛び立った。沖縄近海で敵戦闘機に囲まれ、数十発被弾しながら引き返し、知覧基地近くに不時着。戦後は自衛隊などに勤務した。
 6日の通夜、7日の葬儀では、計約400人が別れを惜しんだ。高倉さんからは「どうか、安らかにお眠りください」と弔電が届いた。県立高校教諭の長男卓郎さん(54)は「父は平和の大切さを伝えるため、特攻経験を語ることに使命感を持っていた。高倉さんとの出会いが生きる支えだった」と話した。

上記は南日本新聞より

以前も、SMAPの中井さんと笑福亭つるべえさんのテレビにも取り上げられていました。
特攻にいく若者を教える先生だったにも関わらず「生きて帰ってこい」と教えて大変な非難を浴びたりしましたが
後悔はなかったと聞きました。

飛行機の整備士の方々も片道だけの燃料を搭載しなければならないところを往復分投入し
飛行士の方から「軍罰ものですから、整備士の方に迷惑がかかる」と言われても
「よかが」と内密にしていた事もあったようだ。
と通夜の際に弟さんから聞きました。

ご冥福をお祈りいたします。
コメント

訃報

2012-02-05 | Weblog
元鹿児島南高校水球部 監督 浜園先生のお父様が亡くなられました。

浜園 重義 (享年90歳)

2月6日月曜日 通夜 18:00 (有)堀之内葬祭 喜入斎場〒891-0202
              鹿児島県鹿児島市喜入中名町2937−1
              099-345-3444
2月7日火曜日 葬儀 11:00 同上

仏式です。


*南日本新聞にも2月6日に お知らせが掲載されるようです。
 
コメント

違和感

2012-02-03 | Weblog
テレビを見ている時に時々起こる違和感

ニュースなどで見られるインタビューでのやりとり

「試合を見てもらって元気を与えたい。

とあの 与えたい。


なんだその上から目線。

最近よく気になる。

震災の方々に対して発言している時など
無性に気になる。

災害に遭われた方は

そりゃ、大変だけど
下に見られる筋合いはないわい!と思ってるかもしれない。



んじゃ、なんて言えばいいの?と思われている方。

私はアホウなので判りません。
コメント

パソコン

2012-02-01 | Weblog
新しいパソコンが導入されました(笑)

でかいし、処理も速い(笑)

動かしている私の頭の回転は空回り(笑)
コメント