鹿児島薩摩水球会の独り言。。

鹿児島の水球の事だけ書きたいですがそこは管理人も人間(笑)
さらさら~っと、日常の事も随筆調に書いてみます(笑)

祝 トリプル出場権!

2007-01-28 | Weblog
第29回 全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会水球競技
九州ブロック予選会 A・B区分:1/27~28 大分県大分商業高校プール

A区分
決勝
桜泳大川スイミングクラブ  10-4 原田学園スイミングクラブ
1P   2-1
2P   3-2
3P   2-0
4P   3-1

前半は両チームともよく動き、互角の展開。しかし夏季大会ベスト8の大川、後半突き放しゲームをものにした。

原田学園は第2位となり、下記本戦へ出場権を得た。(上位2チーム)

第29回 全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会水球競技
2007年3月26日~30日(26日はA区分のみ)
千葉県・千葉県国際総合水泳場(千葉県習志野市茜浜2-3-3)


B区分
決勝
原田学園スイミングクラブ  5-4  大分水球クラブ

1P   2-2
2P   1-1
3P   1-0
4P   1-1

原田学園は第1位となり本戦への出場権を得た(上位1チーム)

これにより鹿児島からA・B・Dと男子それぞれの出場権を得る。
トリプル出場は鹿児島県では初めて。

ちなみにB区分準決勝では、原田学園は夏に行われた夏季大会(全国大会)準優勝の沖縄フリッパーズに勝利する快挙を見せた。
コメント (2)

下り坂。。

2007-01-26 | Weblog
JO予選が終わって安心したのか、体調が思わしくありませんでした。
嘔吐&下痢。。
会社を1日休む始末。(情けない)

ところで、、、、

長崎の水球情報のHPが出来たようです(笑)

こちら→http://www1.cncm.ne.jp/~maygen/index.html

鹿児島のHPともリンク致します(笑)


「だれやめしながら」は1日100人近くの来訪者があったようです(笑)

「みなさんのお陰」と筆者の方も喜んでいました(笑)

彼は哲学者っぽいところがあるからブログ作成には向いているんだろうな(笑)
コメント

ブログ紹介。。

2007-01-23 | Weblog
今日の夜、新しく始まりましたこのブログ。

「だれやめしながら・・・。」

オススメのブログです。
もちろん有名水球選手です(笑)

さあ、みなさん!誰のブログでしょう(笑)

彼の言動はかなり鹿児島南高校に影響を与えています(笑)

ちなみに私は
「10点取られたら100点獲り返す!」タイプでした(笑)

かなり興味が持てますよ!是非、観て下さい!
「だれやめしながら・・・。」
コメント

JO 横顔2

2007-01-22 | Weblog
















JO横顔1はこちら→http://blog.goo.ne.jp/in-gods-hand/e/cafdfa1d605fb613483fe3a17d98b21c
コメント (2)

決勝

2007-01-22 | Weblog
鹿児島南 11-5 福岡工業

二チームが全国へ

鹿児島が昨年の屈辱を晴らす。

鹿児島南高校父母の会の皆様。本当にお疲れ様でした。応援のほか、朝早く、寒い中、雨の中、駐車場の案内や清掃、パンフレットの販売などきめ細かい裏方作業には頭が下がりました。
大会役員もその姿を見ながら負けじと頑張ったつもり、、、、です(笑)

今回の大会は幸いにも、2枚の内、1枚の全国行きのチケットを「頂いた」と言う感じです。
選手、監督・コーチにはこの結果に甘んじることなく全国大会でよい経験を積んで成長してもらいたいものです。
コメント (3)

3位決定戦

2007-01-22 | Weblog
大分水球クラブ17ー10宮崎工業
準決勝から1時間のみの休憩で九州3位を獲るべく試合に臨む両チーム。
宮崎工業は以前の輝きを取り戻しつつあるのか今大会、調子が上がってきた。
しかし大分は足をしっかり巻き基本に忠実な守りで宮崎の攻撃を丁寧に潰す。
終始、リードを保った大分商業がJO予選3位を手中に収めた。
コメント

5位決定戦

2007-01-21 | Weblog
佐賀東12-3長崎西
コメント

no 19 準決勝 2

2007-01-21 | Weblog
鹿児島南 21-4 宮崎工業
こちらも勝てばJO出場権を獲得できる両チーム。
素早い動きで相手のパスカットを狙う鹿児島南の作戦がハマリ大苦戦の宮崎工業。
得点を重ねた鹿児島は嬉しいJO行きの切符を手に入れた。
しかし宮崎工業は4得点をすべて退水からの得点と勝負強さの一面も覗かせた。

決勝戦は14:00より。 
コメント (1)

no 18 準決勝 1 

2007-01-21 | Weblog
福岡工業 8-3 大分水球クラブ
準決勝に勝利するとJO出場が決まる両者。
福岡工業は下釜・深川の動きに勝敗がきまる。一方、全員Dでしっかり守り、少ないチャンスをモノにしたい大分水球。
2ピリ終了時点で福3-大2の展開。勝敗はどちらに転ぶか分からない。
大分はゴール前への素早いカットインを見せるが福岡は退水なしのファウルで対応し、相手の攻撃の展開を摘んでいく。
一方、福岡は2番深川のシュートや深川へ下がったDを見てあいた選手がシュートを決めた福岡工業。
じわりじわりと点差を広げ、4ピリ最後は12→5→4と素早いワンタッチパスからシュートを決め、福岡工業が全国JOへの切符を手にした。

コメント

no 17 7位決定戦

2007-01-21 | Weblog
那覇商業 2-5 熊本水球クラブ
那覇商業はGK山田を中心によく守ったが個人技に勝る熊本水球が得点を重ねた。
コメント