徒然なるままに…建築家のボヤキ。。。

I・N設計スタジオ ブログ

不運、悲運、ついていないで片づけて欲しくない…-2

2020-05-21 09:00:52 | 愛しき野球おバカ達
 既報道の通り、今年の夏の甲子園大会の中止が決まった…。春の選抜大会に続いて。

 昨今のコロナ禍の状況では何となくわかっていたものの、納得しきれないモヤモヤした気持ちが込み上げてくる。

 高校野球には一つの学生スポーツには止まらない、日本独特の文化がある。

 各都道府県の代表を地元の人々が熱くなって応援する。もちろん出場校においては学校を挙げての応援。一球一打に一喜一憂する。

 

 ある学校の先生が言っていた、全校応援をしてもらえるのは野球部だけだと…。

 確かにそうだ、野球部だけなんだ。だから野球部は皆に応援してもらえる人間にならないとダメだとも…。

 さて、話を戻そう。夏の甲子園が中止になった。

 

 インターハイも中止が決まっていただけに、野球の甲子園だけが特別扱いされることは全体バランスの中で良しとしなかったのだろう。

 中止ありきの大人の判断…、そんな感じがして胸が痛むのだ。

 時期をづらして、規模を縮小して、感染対策をして、何かをして、あれをして、という代替開催案が正直欲しかった。

 中止の発表した日本高野連が、地方に対して救済措置の地方大会開催には支援を検討するとしているが、妙に他人事で選手達の舞台づくりを地方に押し付け責任逃れしているような感じがして後味が悪い。

 にしても、選手たちには最後の舞台を整えてあげたい。これから再開される練習を意義のあるものにするためにも、どんなに小さくてもいい。

 高校野球は日本のスポーツ文化であり、もはや夏の風物詩だ。地方球場に球児たちの笑顔が、ハツラツとしたプレーが戻る舞台を周囲の大人たちで作り上げたいものだ。
コメント

不運、悲運、ついていないで片づけて欲しくない…。

2020-05-13 08:18:18 | 愛しき野球おバカ達
 私は、戻れるとしたら何歳に戻りたいか?という質問にいつもこう答えている。

 高校3年に戻りたい…と。高校球児であった私は、多分に漏れず甲子園を目指していたのだ。結構、大真面目に…。

 

 同い年のスパースターには桑田清原のKKコンビ。彼らと甲子園で戦うんだと意気込んでいた。

 今年の高校野球はコロナ禍の基、春の選抜甲子園大会、春季地方大会が次々と中止になった。部活動自体も活動自粛。そしてインターハイも中止になった。

 この状況が続くと夏の甲子園大会やその地方予選の開催も危ぶまれる…。

 

 今年の高校三年生はついていないな、運が悪いなという言葉を多く聞くが、当人たちにはそんな言葉では言い表せない、やるせない悶々とした気持ちでいっぱいであろう。

 何とかならないものか…。

 大人には毎年ある甲子園大会のわずか一年分が中止になることだけであるが、高校球児、ましてや高校三年生にとってははされど一年である。

 世間の酸いも甘いも知らない若干18歳の少年が、純粋に黙々と白球を追い続ける。18年間しか生きてこなかった人間にとってこの一年がどれほど大事なものか…。

 皆さんにもそんな淡い思い出あったでしょ?

 先に書いたように私は今でも胸を張って言います。

 18歳に戻りたい。そしてあの時の仲間と親父になったこの年で、もう一度同じメンバーで野球がしたいと真面目に思っている。身体がついていかないだろうが…。

 今年の夏は不運や悲運、ついていないだけで片づけて欲しくないと思っている…。

 
コメント

決断、リニューアル。

2020-04-30 08:27:42 | 建築つれづれ…
 今年に入ってOSをwindows10に入れ替えた。以前の7よりも動作がスムーズになり、ちょっとしたストレスが減った。

 

 しかしながら、ここへ来て当事務所のホームページを更新しようと思い、ソフトをインストールしたものの自分ではうまく対応できないことが判明。

 そこで以前にHPを制作してもらった人に相談するも、「そろそろシステム自体が古いから、新しくした方がいいのでは?」とアドバイスを受けた。

 だよなぁ…当事務所のHPを製作してから10年以上システムの更新はしていない。ということでHPのリニューアルを決断。

 その彼は今はHPの制作はしていないので他の人に制作依頼してほしいと言う。

 私の頭の中にHP制作をしている個人や会社が浮かんで来た。何社かHP制作会社のホームページを見たがあまりピンと来ない…。

 改めて誰かいないかと思いをはせると、去年の秋にとあるセミナーで意気投合した彼が頭に浮かび連絡を取った。

 気さくに相談に乗ってくれて、懇切丁寧に昨今のHPや自分が手掛けたHPについて彼は説明してくれた。

 私のデザインイメージややりたいことを話し、1時間半ほど打合せした後に彼に制作をお願いすることにした。

 具体的に制作に取り掛かるのは5月中旬から。6月下旬には新しい当事務所のホームページができる予定。

 リニューアルしたホームページの出来映えをお楽しみに。
コメント

ズーム、イン!その2

2020-04-22 08:23:29 | 建築家と酒田・鶴岡・庄内地方に家を建てる
 先日行ったzoomによるオンライン打合せのテスト。簡単に使用できることが判明し、クライアントとの打合せに本格的に使用した。

 クライアントも家族間で一度使ってみたと言う。

 

 打合せの時間にパソコンに映るクライアントの顔。音声も問題なく聞き取れる。

 打合せの最初にはお子さんが特別出演してくれた。笑

 前もって打合せの資料をメールで送り、その資料を基に打合せを進める。

 コロナウィルスの影響で約1か月ぶりの打合せに内容も盛りだくさん。

 休憩を挟んで3時間のロングラン打合せとなり、この日に打合せすべき内容はすべからく終了した。1点を除けば…。

 その1点とは…。

 タイルのサンプルを取り寄せタイル仕様を決めたかったのだが、色つやは画面越しにわかるものの、表面加工の質感は触ってみないと判断できない。

 オンラインではサンプルを触れないという現実。これはどうしようもない。

 後日、奥様に事務所に来て頂き仕様決定の運びとなった。

 それを抜きにしても合格点のオンライン打合せ。また次回もオンラインでの打合せを決行する。

 

 
コメント

ズーム、イン!

2020-04-16 08:34:12 | 建築家と酒田・鶴岡・庄内地方に家を建てる
 外出を控え、事務所に籠って仕事をしている昨今。

 只今設計中のクライアントから連絡が入った。対面の打合せを控えたいとのことで、オンラインでの打合せを私から提案させて頂いた。

 さて、簡単にオンラインを提案したがまだ使用したことはない。そこで最近話題になっている「zoom」なるものを使用してみることに。

 

 知人が使用していたので早速連絡を取ると、ネット上で出回っている簡単な使用マニュアルを知人が送ってくれた。

 まずはサインイン。マニュアルに沿って操作を進めていくと…、画面に自分のドアップが…笑

 これで合ってるのかなという不安を抱えながら、知人にURLを送信。

 するとほどなくして知人より会議参加承認待ちの知らせが。承認すると画面の向こうに、一人のおっさんが(大変失礼しました…)映っているではないですか!笑

 操作も簡単で音声もバッチリ聞き取れる。お互いに資料も共有できるようだし、セキュリティもかけられる。行けるこれ。

 無料バージョンは2人でのやり取りは無制限。3人以上だと40分の制限があるが、有料版を入手すれば時間制限もない。

 その2、3日後クライアントからまた連絡が入る。

 クライアントも家族間でzoomを使ってみたとのことで、操作が簡単で使えますねと。話は決まった。

 こんなご時世、頭がいい人は色んなツールを考えるものだ。遠慮なく使わせて頂くことにする…。
コメント