IMONI ART PROJECT ~アートセラピーによる震災ケア in 福島~

小野町に避難された広野町のみなさんとのアートセラピーによる交流の様子をお伝えしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いわきで十五夜アート

2012-10-03 19:31:19 | 福島県いわき市
※「いもにあーとプロジェクト」の趣意書はコチラをご覧ください。 趣意書
※発足までの現場での様子はコチラをご覧ください。さぶの被災地からのアートセラピーレポート

*****************************************

さぶからの9月のセッションの報告です。

☆IMONI in いわき☆

9/30は十五夜。
いわき市の仮設住宅集会所でのアートワークでした。

今回は珍しく看板を出してみました。


そしたら来た!
始めての子たちが四人も。。

そして超馴染みっ子は一人も来ず。。
さみしけど仕方がない。
広野に出かけるらしい。...

私の他に、もう一人。
中学生女子のサポーター彼女とは
ショッピングモールでの切り絵のイベントを
通して仲良くなりました。
そして、サポーターとして
自分も仮設住宅に行ってみたい
と申し出てくれたのです。

イキイキとワークに参加している彼女に
私も元気をもらっています。

今回は私、
少しネタ切れでした。

まだ自然素材は使いたくないなどと、
もう一人の私がダダをコネるので
彼女の言い分を聞きました。

来月はハロウィンだから
コテコテ洋風にする予定。
だから今回は和風でということで考えると
まあ!
ちょうど中秋の名月じゃぁないですかっ!
ススキも蘭々と揺れております。
じゃ、それでいこうとサクッと決め。

でも何しよー発散が思い浮かばない。
十五夜から連想していきます。
満月、、月見、、ウサギ、、ススキ、、団子、、
団子、、団子、、、

団子から進まない!
もういいや団子で。
ということで団子です。
粘土です。

つづく
コメント   この記事についてブログを書く
« スライドショー更新しました | トップ | ぴかぴかお月見 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

福島県いわき市」カテゴリの最新記事