地球散歩♪

いもとなおこのBLOG

エーゲ海の楽園編。
旅、海、シーフード、ワイン、ときどき難民のこと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

思い出のかけら

2021年02月03日 | japan
断捨離祭り。

ものすごい量の思い出の品を捨てています。
CDとかレコードとかカセットテープとかビデオテープとかWalkmanとかCD Walkman とか…
懐かしくて泣けてくる。
よく聴いたなぁ。
聴いてた場所とか、服装とかまで思い出して、ほっこりする。

全部は捨てないで、思い出の強いのを数枚取っておこう。。


ビデオテープ、捨てようと手に取って、ふと見たら¥ 14,900だって。高っ!


Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ギリシャ回想

2021年01月12日 | greece
結局、愛猫は出てきませんでした。
毎日泣きながら探したけれど。

あれから2ヶ月以上が経ち、4年半のギリシャでの仕事を終え、一昨日帰国しました。

猫がいなくなってからずっと落ち込みが激しくて、任期満了とか引っ越し準備も何となく力が入らず、2回目のロックダウン中という息苦しさも手伝って、なんだか地に足がついていないような状態で大好きなアテネを出てきました。

お気に入りのレストランやカフェで、大好きな友達や同僚とワイワイ集まってお別れができなかったのは本当に悔やまれる。

職場の送別会もズーム会議で、淋しかった。あまり泣かなくて済んだけど。

でもその代わり、お家でまったりお料理を作りながらじっくり話したり、外でホットワインや、コニャックを入れたホットチョコレートをチビチビ飲み歩きながら思い出を振り返ったりするのもまた感慨深いものでした。

振り返ってみると、ギリシャの4年半は、達成感よりも悔いの方が大きい。それは、主に政府の対移民難民政策が不十分だったり、それに対して十分に対応できなかった気がする。ギリシャ人、難しーーーい!!あいつらーーー!ちくしょーーー!
…という思いです。

最初の一年くらいは、排他的気質の強いギリシャ人に対して、新しく入ってきた我が機関への信頼をゼロから作りあげなくてはいけなくて、それまでに歯痒い思いを沢山しました。

でもそこからコツコツ積み重ねていったことが、教育省の人たちの信頼を得て、どんどん物事がうまくいくようになっていったのは痛快でした。

そんな矢先、政権が代わり、また振り出しに戻ったというか、状況はどんどん後退していきました。それでも省庁には協力者はいて何とか案件は進んでいけたけれど、内部のいざこざもあったりして。

そしてコロナ。オンラインやリモート授業で食いしばって食い止めても、所詮付け焼刃のような気がして…。

そんな歯痒い気持ちのままギリシャを去るのは、正直とても悔しい。この悔しさはバネにして次の機会には倍返ししたい思いでいっぱいです。

でも、達成出来た事も沢山あるのだから、胸を張るべきなのだ。

何よりも、初めて教育部門のチーフになってみて、以前まではチーフにはなりたくない、ずっとテクニカルなポジションでいたいと思っていたのが、自分は意外にチーフに向いていると思ったし、チーム作りは難しかったけれどやりがいはありました。色んな知恵を出し、方針を決め、テクニカルな事にも相変わらず首を突っ込み続けました。私のスタイルを確立できた気がする。その過程で沢山のテクニカル知識を得られたし、視野が広くなり、組織を代表して大きな事を動かす責任感もコミュニケーション力も増しました。昔は興味がなかったそんなことが、向いていると思えるようになったことが成長かな。

あまりに自分に厳しすぎるのもどうかと思うので、これからしばるくは出来たことをもっと振り返りたいと思います。

嬉しいことに、一生の友達にも会えました。少しじゃなくて、両指くらい。しかしお別れにあまり感情的にはならないのは歳のせいか。アテネにはまたできれば毎夏戻るつもりなので(2年前に買ったアパートも貸してあるし)、これからもまた会えると思います。その時にはコロナが収束してタベルナに行って、地元のお酒を飲みながらカラマリ(烏賊)をつつくのだ。

猫はいなくなってしまったけれど、素敵な思い出がたくさん。人間として成長できたと思うので、その誇りを大事にしていこう。あまり自分を責めないように…。

不定期のギリシャ録にお付き合いいただきありがとうございました。

さて、これから18年ぶりにじっくり住む日本編に入ります!
Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Day 5 - 事件発生

2020年11月12日 | greece
Day 5

昨日まで軽快にロックダウンの日数を重ねていたのだけれど、今日一日でガタガタに崩れてしまう大事件が起きてしまった。

話せば長くなる話を短く言うと、飼い猫が窓から飛び降りてしまった。

実はこれは初めてのことではなく、今までにも何回か経験しているけれど、捕まえるのにそれはそれは一苦労。またあれを数日間繰り返すのかと思うとゾッとする。

異常なほどストレスが溜まりすぎて、もはやセルフケアどころの話ではない。ヨガくらいはできると思うけれど、走りに行ったり、ウォーキングするほどの余裕がない。

生活リズム崩れまくりで、ちょっと立て直すのに時間がかかりそうです。早く見つかりますように。
Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Day 3 - 月曜断食からの失敗

2020年11月10日 | greece
Day 3.

月曜日だから、働く。

ロックダウンを受けて、今日から中学生、高校生はオンライン授業開始。でもインターネット落ちて、教育省のサイト、アクセス不可ですって。ま、想定の範囲内。

それにしても、コロナ禍の教育アクセス、質が最悪過ぎて、頭を掻きむしる毎日。
コロナで何がストレスかと言ったら、私は間違いなくコレだ。
イライラが収まらない…

あーーーーー、もう!

月曜日といえば又、月曜断食の日。
一日中、水以外、食べない、飲まない。
これで胃腸を休めて、消化吸収を良くさせるのだ。
今までも何回かやっているけれど、これが結構しんどい。
夜になると、決まって口が寂しくなる。
先週は出張していたからやらなかったけれど、先々週やった時は、夜になってワインをチビチビ飲み出してしまった。空腹にワイン、どんな反応起こすんだろうと、恐る恐る(でも内心ホクホクと)実験してるみたいな気分で…

そしたら案の定胃が数日間荒れました。

今日は…
我慢すればできた。
なのに、邪悪な心が優ってしまい、私がチョイスしてしまったのは、韓国海苔…。

空腹に韓国海苔…
軽いし。胃に負担あるかしら、なんて。

そしたら数十分で、胃が痛み出した。
そりゃあそうだ。胡麻油が滴るほど施されているんだから。

アイタタタと悶えながら、不貞寝した。
痛いけど、寝るしかない。

今日のエクササイズは、寒いから、おうちヨガのみ。



Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Day 2 - 四十肩ケアもセルフケア

2020年11月09日 | greece

Day 2. 

昨日、嬉しすぎてプロセコを飲み過ぎたせいか、今朝はぐっすり寝た。

週末の二度寝ほど幸せなことはない。

相変わらずセルフケア・モード満タン。今日は何をしよう。

 

セルフケアと言えばなんとなくお洒落だけれど、今の私に一番大事なケアは四十肩ケアだ。おばちゃん前回でごめんなさい。

昨日マッサージに行って、中国人のマッサージ師(おばちゃん)に、ケアを怠っていたせいでまた固くなってこっぴどく怒られたので、今日は四十肩のケアをたくさんした。

中国人はかなりストレートな人が多くて、特におばちゃんは、大阪のおばちゃんみたいで私は結構好きだ。

彼女たちは英語があまり得意ではないので、私たちは片言のギリシャ語で会話する。

そのギリシャ語がまた面白い。

ギリシャ語やフランス語では、日本語と同じように、敬語と敬語なしかで動詞を使い分ける。

その違いを知ってか知らずかはわからないけれど、どんなサービス業でも、中国人の女性たちは敬語を使わない。

たとえば、チャイニーズ・レストランに行ったら、「どうぞお座りください」ではなく、「ここ座って!」となる。

昨日も、マッサージの間、私にストレッチを怠った説教を散々浴びせ、帰りにスーパーの袋を抱えて帰ろうとしたら、「そんな重たい袋持って帰ったら、あんたはもう四十肩治らないよ!」と怒られた。

確かに、そのくらい怒られないと私も本気でケアしないから、「やります、やります」と笑って別れを告げた。

家に帰ってから、ネットで四十肩の治し方を調べたら、出てくる、出てくる。

私という人間は、ネットでちょっと調べたらいくらでも解決策が見つかるのに、問題をそのまま放置しておくズボラなところが多々ある。基本怠け者ではない私としては、あまりにも何でもかんでもオーガナイズされていても私の人生も大変だから、多少のズボラもいいやと思うのだけれど、それにしても痛い。特に、ブラジャーのホックをつける時と、外す時。

YouTubeに載っていた方法は、いちいち効果的だ。何でもっと早くに対処しなかったんだ。夏からずっと痛かったのに。お陰で海でも全然泳げなかったというのに。

 

四十肩のケアの他にも、今日はアクロポリスの夕焼けを眺めながら、パナシナイコス競技場の周りを5kgラン(間に歩きもいっぱい)。

昨日のバイデン・ハリスのスピーチをテレビで繰り返し聞きすぎて、一日の半分はテレビを消して過ごした。

ロックダウンのお決まりと言えば、掃除、お料理、そしてオンラインショッピング。

廊下のランプシェードを探していたので、ポチリ。

今日も有意義なロックダウン生活でした。

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Day 1 - 軽快にスタート

2020年11月08日 | greece
Day 1.

ロックダウンにやたらとエキサイトしている私は、やりたいことがいっぱい。
まったく家に居る気がない。

今日の予定:
- 45分離れたアジアン・スーパーへ歩いていって調味料買う
- マッサージ(四十肩)
- 友達と散歩
- 料理
- 家の掃除
- ギリシャ語

朝、天気も良く、ジョギングに行くみたいな格好で家を出た。
携帯から外出の要件をSMSで送って、外出許可。警察に捕まったらこれを見せる。
外を歩いている人は結構いる。
前回のロックダウンみたいに物々しい雰囲気はない。
前回は、お友達にさえあまり会わなかったのにね。

結局、アジアン・スーパー、マッサージ、友達との散歩を着々とこなし、お友達とはナチュラル・フードのスーパー2件で買い物し、ホクホクで帰宅した。
10km 歩いたし、胸がときめく食材沢山買った。
美味しいオリーブ・オイルとか、韓国海苔とか、ライ麦ブレッドとか、ハーブティとか、ビーガン・チョコレートとか(ビーガンじゃないのに何となくナチュラルフードのお店に行くと買いたくなる)。

帰宅して、昨日友達から頂いたチンゲン菜で中華風野菜炒めを作る。ギリシャでチンゲン菜を見たのは初めてだったから、微かに興奮。

それからバイデンの大統領確定のニュースで、それから後はもうホームパーティ。
家にあったプロセコ開けて、テレビ見ながら涙流した。
バイデン勝利に大騒ぎで喜ぶ人たちを見ながら、7千万票を数えたトランプサポーターを思う。

とにかく、今は涙の祝杯を楽しんで、ぐっすり寝るのだ。

ここ半年くらいの楽しみだった米大統領選挙も、もうすぐおしまい… になるのかいな。
Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

毎日何かひとつ

2020年11月07日 | greece
21日間のロックダウン期間中に、自分のためと他人のために何しよう!

こんな時なのに、元々引きこもり気味の私はワクワクしちゃうー。

毎日最低何か一つ。

理由は、こういう時は特に、自分のケアをしなくてはいけないからと、ロックダウンによって苦しむ人が沢山いるから。

セルフケアは、特別なことはしないと思うけれど、それはきちんとエクササイズすることだったり、自分の心の声に耳を傾けることだったり、ギリシャ語の勉強だったり、読書だったり、好きな映画を観ることだったり、ものすごく美味しいおつまみを作ることだったり、大切な人の声を聞くことだったり。

ダラダラしないことが目標。

21日間炭水化物を抜いてみようと思うのだけど、できるかな。

他人のためには。

ホームレスの人は、通行人が減るのだから、稼ぎがなくなる。そういう人たちに募金しようか。
ネットで職がなくなって困っている人に募金しようか。

大接戦の米大統領選のニュースを追いかける中、ジョージア州知事のステイシー・エイブラムス氏の長年の努力に、インスパイアされた。彼女の努力がなければ、ジョージア州はここまで民主党に投票する人を集められなかった。弱者を守るために、トランプを止めるために、60万人を集めた。

この暗い暗い2020ももうすぐ終わりたけれど、まだ苦境は続きそう。

エイブラムス氏ほどのことはできないけれど、私も私のできることをしたいと改めて思ったのでした。
Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21 days of activism

2020年11月06日 | greece
ギリシャは明日から2回目のロックダウンに入ります。

1回目と一緒で、仕事、お医者さん通い、スーパー、ペットの散歩、エクササイズ、家族の見舞い以外は、外出禁止。

2回目だから、余裕、余裕。
仕事は3月からずっと家でしているし、おうち時間はもともと好きだし、レストランやショップが開いていないだけで、近くのお友達にはお散歩で会えばいいし。

3週間ということなので、せっかくだから21日間、毎日有意義に過ごしたいと思います。

名付けて、21 days of activism for self-care and care for others

毎日、自分のためと、社会のために、最低何か一つする。

自分のためは、美容でも、健康でも、美味しいお料理でも。自分のケアをする。

他人のケアは、これから考えます。

それをこのブログでシェアします!
完全に自己マンです。
有意義に過ごすために。
Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ベオグラードの週末

2020年06月27日 | europe
セーリング行ってからと言うもの
血管に詰まっていたものが解き放たれたように
仕事は捗るし
また集中して仕事できるようになった

これは良い
どんどん気分転換しなければ!と
自転車買ってみたり


新しいワンピース買ったり

そして!さらに調子に乗って
週末セルビア共和国にいる親友に会いに行っちゃったよ

自分はかからないとは思わないけれど
ちゃんと対策して
人混み避けて
ソロリソロリと移動

親友に会えて
沢山話してガハガハ笑って
自分に戻ったり
自分を振り返ったり
自分の殻を破ろうと思ったり

レンタサイクルして
ドナウ河の分流の川沿いを走って
ヌーディスト・ビーチに来た

ギリシャに来てから
ヌーディスト・ビーチに来ることにやっと慣れた
40を過ぎても
人生まだまだできるようになることというものはあるものだ

でも自分は絶対無理なんですけど

なぜか老人男性が特に多い

なぜ一部の人たちは(しかも私の友人はそんな人が多い)ヌードになるのが好きなんだろう
自分も綺麗なおっぱいの持ち主だったら
ヌードになりたがるのだろうか

ポスト・コロナのベオグラードのヌーディスト・ビーチで
おじいさんたちのヌードを見ながら
思い切りリラックスできた

コロナを吹っ飛ばして
楽しい夏になりそうな気がするよ

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

私のポスト・コロナ

2020年06月27日 | greece
5月に入って
ギリシャは段階的にロックダウンが解除になったよ

まず美容院、ネイルショップ、小さなショップがソロリソロリとオープンして
オーガナイズされていないビーチがオープンして
学校は高校3年生だけ再開して(試験対策)
やっとレストラン、カフェが屋外のみオープンして
私は友達と真っ先にお気に入りのレストランを予約した

マッシュルームとカラマリ食べて
ワイン飲んで
涙出そうになった

それから間もなくして
お休み取って
セーリングに行きました

2ヶ月家に籠って人に会わずに仕事しまくっていたから
その解放感と言ったらもう
世の中まだひっくり返ってる最中に
アメリカではコロナの最中に
Black Lives Matterのデモが起こって
大変なことになっている時に
私は優雅にセーリングだなんて
不謹慎だとは思わないけれど
なんて贅沢で
なんてラッキー
ギリシャのみんな頑張ってくれてありがとう
首相のリーダーシップにありがとう

いつまでコロナが続くのか
いつかは無症状でも判明できるようになるのか
第2派、第3派が来るのか
いつかはなくなるのか
国ごとの対応は幸不幸を左右し続けるのか
日本はバカかと思ったら
たまたまラッキーだったのか
アメリカはどこまでバカなのか
ギリシャ人は2ヶ月がんばったけれど
そのあとは全然マスクしないし
観光客はこれから入ってくるし
空港での検査は緩過ぎるし

わからないことだらけのこの世の中で
気をつけながら
人生楽しんだもん勝ち

セーリングから戻ってから
仕事の効率が戻ったのは
おまけの良い話

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする