地球散歩♪

いもとなおこのBLOG

エーゲ海の楽園編。
旅、海、シーフード、ワイン、ときどき難民のこと。

そうだ、山中湖に行こう

2019年05月04日 | japan
十連休のGWが始まる土曜日
如何に人混みを避けて日本を旅行するか…
宿も空いていないし
あってもどこも高騰しているし…

苦心した挙句
まずは京都から
名古屋で途中下車して
高校時代の友人たちと旧交を温める
京都→名古屋のひかりはまだ空席あり

名古屋もどこも混んでるだろうからということで
数時間くつろいだのは
昔懐かしのデニーズ(笑)
高校時代がフラッシュバックしました
当時のメニューは面影も全然ないけれど…
昔は良く行ったなぁ

良きママになってる元チームメイトの同級生たちと沢山笑った後は
熱海経由で
今度は富士山を観に!

ちょっと動き過ぎだけれど…
時間はある時にしかないからね
フットワーク軽いうちに行かないとね

よく考えてみたら
富士山の方に行くのは初めてで
とにかく山中湖へ行こうとなり
熱海から御殿場まで電車乗り継いで
そこからバス
ローカルの路線は普段よりは混んでいるようだけれど
座っていられました
御殿場から山中湖行きのバスの同乗者は
地元の人と外国人の観光客のみ
GWと言えど
山中湖は他の場所よりは混んでいないようで
道もすんなり走っていました

作戦成功や!

富士山がどんどん近くなってきて
ようやく辿り着いた山中湖



最低気温は5度くらいまで下がって
まだピリリと冷えるけれど
裾野から眺める
雲の少ない富士は格別でした
桜もまだちらほら!

改めて見なくても
凛とそびえたつ富士山は
べっぴんさんやなぁ ←京都帰り

観光も頑張っているようだけれど
まだ未開な、素朴な感じが良くて
そのままで居て欲しいなぁと思いました

ほうとうも食べて
一泊して
翌日は曇りで全然富士が見えなくて
昨日はつくづくラッキーだったのだと気づきました
ギリシャから遥々来て富士山見れなかったら
めちゃめちゃあかんかったやん…

というわけでその後河口湖から
芝桜を観に行きたくて向かったのだけれど
こちらは道が大混雑で時間がかかり過ぎるということで断念
せっかくここまで来たのに…
でもこういう潔い決断は大事だ

河口湖からの帰りの電車の内装デザインが可愛くて
テンション上がった!


そんな富士の旅でした
Comment

嗚呼、わが母国

2019年05月04日 | japan


たまに帰ってきて思うこと
日本は効率とかサービスとか人々の礼儀正しさとか食事とか
素晴らしいところ本当に多いけれど
それと同じくらい
えっ
と思うことも多いんだよなぁ

GWだからどこも人でいっぱい
さらに行列の多さ!
日本には行列好きな人、というか
並ぶのが苦じゃない人多いなぁ
行列ができるくらいだから
それぞれ美味しいんでしょうけれど
何時間も並んだら
達成感が増すのかな

そして大半の人々はコンサバの筈なのに
たまに(それも結構頻繁に)突出している奇抜なアイデア… と人たち

この広告↑もさぁ…
是非よぉく見てください
ぶっ飛び過ぎじゃない?
てっきり吉本新喜劇だと思ったら
学習塾だった…
芸人じゃなかった
関係性が全く意味不明
奇抜なアイデアでお客さん来ると思うのかな
Comment (1)

This is 京都

2019年04月29日 | japan


今回のイベントの用事を終え
後は外国人たちの観光案内

ゴールデン・ウィークの前に
いざ、京都へ!

今回7年ぶりくらいに京都を訪れて
京都の変化にちょっとびっくりしました
お洒落なお店やホテルやマンションがバンバン建っていて
どれもこれもセンス抜群!
前からあったとは思うけど…
その数が増えていて

和のテイストは捨てず
黒とかダークな色と
木と
たまに緑、竹なども融合させたりして
仕上げにライティングのセンスが光ってた

今回四条烏丸のホテルに泊まっていたのですが
(GWは3倍以上の値段だったからギリギリセーフ)
京都経済センターの中に
お洒落な大垣書店がドーンと入っていて
蔦屋に対抗するカッコ良さ
その周りにちょこちょこと
お茶飲んだり
気軽に入れる綺麗な餃子専門店やお寿司屋さんもあって
そういうお洒落〜な場所に
京都の品の良い、勢いを感じました

外国人の数が凄くて
日本人の旅行客を上回るんですって

京都の人たちはまだ対応し切れていない感じでしたけれど…



お着物レンタルして歩いたら
楽しかったー♡


ちょっと年相応ではない派手目な柄ですが
外国暮らしが長いモノで…笑

Comments (2)

近くて遠い隣国

2019年04月24日 | Weblog


東京オリパラ組織委員会の依頼でイベントに参加することになり
日本に帰ってきたのですが
今回はまだ行ったことがない
モスクワにちょこっと寄ってから帰ることにしました

行きも帰りもモスクワでたっぷり観光できる時間を入れ込んでチケットを買って
下調べもして
はりきってモスクワに降り立ったのですが

なんと…

ビザのこと全然考えてなかった!
てっきり空港でトランジット用のビザ簡単に買えると思った
だってロシアですよー?
日本とロシアだよ?
ビザなしで行ける国が世界一多い日本と
その隣国ロシアだよ?
でもそうか…
そんなにこっちが思うほど
仲良くしてるわけではないのか…
国境も争ってるし…

しかも日本だけでなく
一緒に来ているギリシャ人も
ヨーロッパ連合なのに!
同じ冷遇でした…

空港に着く前から
領事館で簡易のビザ申請してもらわなきゃいけなかったんですって

インフォメーションのおばちゃんに
「あのねえ、ここはロシアですよ。
タイとかと違うんだから」って言い放たれたよ…

確かに…
旧ソ連、KGB の国だよ…
海外百戦錬磨と自認していた私ですが
ウッカリしていましたー

というわけで
ビジネスクラスのラウンジにお金払って入って寝たり
外のロビーのベンチで寝たりして
14時間くらい潰して
ようやく東京に辿り着きました

さて帰路でリベンジなるか
Comment (1)

変人バンザイ

2019年04月09日 | greece


今日のタクシーの運チャンとの会話

運チャン(覚つかない英語)「この辺り?」
私(ギリシャ語)「もう少し先で。はい、ここでいいです。幾ら?」
運チャン「なんだ、ギリシャ語話せるのか。まさか話せるとは思わなかったよ。どこから来たの」
私「日本です」
運チャン「へー!フィリピンかタイ人かと思ったよ」
私「良く言われます」
運チャン「ギリシャ語うまいね。もうかなりギリシャにいるの」
私「2年半くらい」
運チャン「えっ。うまいね〜。ギリシャ人と結婚してるの」
私「いえ、独身です」
運チャン「えっ…」
(しばらく何と言っていいか返答に困る運チャン)
私「では良い夜を」
運チャン「あっ、うーんと… ギリシャは好き?」
私「はい、大好きです」
運チャン「そうか」(超満足そう)
私「ではありがとうございました」
運チャン「会えてよかったです」

随分変わった人を乗せて
驚き満載で良かったね
ランダムな出来事っていいよね
こっちはほぼ毎回こんな感じの会話だけどね
彼の平凡な夜を彩った気分
Comment (1)

待望の和食屋さん

2019年04月09日 | greece


つい最近
シンタグマ の大好きなアジア料理街(前住んでたところ)に
また一つ楽しみなお店ができたので行ってきた

和食やさん!
超お得意の中華料理屋さん「Eastern Pearl」の姉妹店

「風林火山」が潰れてから
ちゃんとした和食やさんはなかったので
(お寿司屋さんや焼き鳥屋、ラーメン屋はその界隈にできてきたけど)
待望のと言ったところ

シェフは元々「風林火山」のシェフだった方

でも風林火山より美味しかった!
味がちゃんと本格的で
楽々合格点でした

しかも凄く美味しいのに
シェフは「まだキッチンのスタッフの訓練ができていなくて…」と謙遜するところが
如何にも日本人
私も料理するといつも言い訳並べる

マグロ納豆あったから
これだけでも足を運べます
お刺身もチラシ寿司も
抹茶と胡麻のアイスも
すべて美味しかった
アテネではSushimouに次ぐオアシスとなりました
Comment

凄い人

2019年03月17日 | greece
ジュネーブにいる大ボスがギリシャに出張で来た
来たというより
ご降臨という感じ
こういう時
私たち下々のモノたちは走り回る

3日間すごい勢いで色んな所を回って
色んなトップ役人に会って
戦略やお金の話をばったんばったん と進めていった

ヨーロッパ・中央アジア地域事務所の代表の彼女は
我が組織の中でも超有名なエリートで
もんの凄い頭のキレ
あんなに賢い人会ったことない
ぽそっと呟いたら
「ああ、これはこうだね」とちゃんと理解してくれてるイメージ

その頭の回転の速さと
リーダーシップとはかくあるものという姿勢に
めっちゃくちゃ感化された
それでいてちゃんと女性として気を配られていて美しいし
しなやかさがある

スイッチ入ってる時の威圧感も凄いけれど
心から尊敬する人
自分の目指す方向とは違うけれど
要素を真似したい
憧れのイメージ

そんな人が大ボスな幸運
近づけるようにがんばろ
Comment

定住感

2019年03月17日 | greece


ギリシャに来て2年半が経ち
ギリシャ語学び始めて2年が経ち
早いのか遅いのかわからないけれど
日常会話は難なくできるようになってきた

道だってわかるし
バスだってひょいひょいと乗りこなすし
「ここはこれがオススメ」なんて得意気に注文する行きつけのお店だってある

でもまだまだお客さんみたいな気分になるのは
何故なんだろう
この20年間以上
ずっと「外国人」として生きてきていて
そんな扱いされるのが当たり前になっているけれど
なんとなくもうちょっと
テンポラリー感を取り除いて
落ち着き感というか
どっしりと「ここに住んでる」感が欲しいなと思う
今日この頃

スリランカやハイチの方が
もうちょっとそんな落ち着きがあったような気がするのだけどどうだろう

行きつけの店が増えたり
ローカルの友達が沢山いたり
そんなことで「アティネアン」(アテネ市民)感は増長するのだろうか
(市民権はないけど)
今までアテネ市内でアパートを転々として
その度に住む町を変えてるのもあるのかも知れない
もう10ヶ月にもなるのに
まだ今のアパートに慣れないような気がする…
車の運転が鍵のような気もするが
それもまた違うだろう

とりあえずチャリでジムに行こう
Comment

クリーン・マンデー

2019年03月12日 | greece
今日はギリシャの大事な祭日
クリーン(綺麗な)・マンデー(月曜日)で
たっぷり三連休♡

今日からイースターの感謝祭までの40日間
肉・魚・乳製品食べないっていう
食の禁欲生活の始まりの日で
今日は伝統の特別なものを食べるので
私も今日は外食ばかりになり

この「ラガナ」という全く意味の分からないスカスカのパンに


タラモサラタという鱈の卵をヨーグルトと混ぜたペーストを塗って食べ

さらにイカとか鱈とか
頂きました

私も復活祭まで肉も魚も乳製品も食べないfastingやろっかなー
魚は背骨がないものは食べていいんですって
じゃあ(サーモンと卵とチーズ以外)いつもとあまり変わらない

ビタミン摂取とかちょっと考えよっと
Comment

一日生涯

2019年03月12日 | greece


日帰りで
2ヶ月半ぶりのスキー
雪もまあまあ
天気は最高で
足も痛くならず
人生最高スキーができたー!
ちょっと自信ついて
天敵・fear も何となく攻略できて
下手っぴーからの脱却かも!
ホクホク大満足だったけれど

その一方とにかく今週末は
「死」という言葉が身近に散乱しまくりで
心が沈みました

まずは同僚のお父様から始まり
自分の父を思い
また泣き
そして中学時代の先輩…
そしてエチオピア航空墜落では17名ほどの国連職員が亡くなり
知り合いの知り合いとかもいて

そして今日は3.11

人生って時に儚くて
だからこそ毎日一生懸命生きないとといつも思っているけれど
今週末は特にね

携帯いじってる場合ではないぞと

一日生涯

恩師に頂いた言葉
噛みしめて
今週も これからも過ごします
Comment