goo

第37回 日本自律神経病研究会 終了しました

第37回 日本自律神経病研究会 は、盛況のうちに終了いたしました。

ご参加くださいました方々に厚く御礼申し上げます。

 

今回は、特別講演として佐山歯科医院の佐山先生をお迎えして、

「がんと宿主の関係を理解しがんを克服する」
-西洋医学的アプローチの多くはがんと宿主の不都合な関係を促進させる 西洋医学以外の療法のなかに不都合な関係を消去するものがある―

の講演をしていただきました。

 

また、症例報告は、下記の方々の発表がありました。

ヨガは自律神経を整えるのか?
石橋 恵理(B-bee ヘルス・ラボ)

陶板浴による白血球分画と体温の変化
永野 剛造(永野医院)、奴久妻智代子(サーモセルクリニック)、磯貝京子(竹屋陶板浴)

現代社会の癌治療に一言
松見 哲雄(松見歯科診療所)

一般医療でのがん治療時栄養管理とがんからの回復を目指した食事法の紹介
鵜沢 政弘(水林鍼灸院)

歯科から考える骨粗鬆症について
小川 優(アスティ歯科クリニック)

自律神経検査と白血球分画の比較検討
永野 剛造(永野医院)

つむじ療法を改良した家庭でできる自律神経治療の実際(実演)
永野 剛造(永野医院)

 

 

次回 第38回自律神経病研究会は、

2019年10月20日(日) 連合会館201会議室

にて開催予定です。

詳細は決まり次第、ウェブサイトにてお知らせします。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 第37回 日本自...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。