ドッペル英語帳

英検受験のスピーチの練習のため、新聞等から
題材を集めます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

追悼 長井健司さん

2007-09-29 06:25:07 | Weblog
衝突の現場に出向くということは危険であると承知の上でも、ジャーナリストとして出掛けて行った。 尊い犠牲だと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« いきなり背水の陣? | トップ | Pixia練習 イ・ヨンエ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2007-09-29 06:29:09
仕事で行(逝)ったんだからいいんじゃない?

っていうか、この国はおかしいと思いませんか?韓国人のボランティアグループ拉致事件で知らないふりしていたくせに、日本人が死んだからって騒いで。
Unknown (debop)
2007-09-29 06:44:16
コメントありがとうございます。

韓国人のアフガンでの布教活動は、女性が大勢で行くこと自体常軌を逸しています。「まさか拉致されるとは思わなかった」と、「死ぬかも知れないが行く」という違いはあると思います。

確かにこの国はおかしいと思いますが、どこの国も似たり寄ったりかと考えると難しいです。

初コメントを頂き、嬉しいです。
重ねて感謝いたします。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事