遊びの達人

MTB、フライフィッシング、写真等外遊び大好き。オーディオ、鉄道、クルマ、海外出張や旅行の話も。大の麺食い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エルグランド

2008-02-02 | Weblog
現行のマイナーチェンジ前のモデルのようだ。 型式は ME51 となっている。 まったく知らなくて、ドライブを始めたら、「重厚な乗り心地?いや、エンジンが車重に負けているな」という印象だった。 良く見たら、エンジンがVQ25とある。 やっぱり。 いいエンジンなのだが、2トンをちょっと越えるボディーに、この2500ccはどう考えても非力だ。 確かに、きめ細かさは出ているようだが。 遠出して、高速や田舎道を止まらずに走るのにはいいが、町中で Stop&Go を繰り返すと「重さ」がのしかかってきてドライブしていて楽しくない。 これなら、アルファードの直4エンジン(2400cc)の方が、スイスイ走ってくれるので相性がいい。 エルグランドの3500ccの方は、グイグイ走るのだろうな。 シートもいまいちで、腰痛持ちにはちょっとつらい。 ステージアも、良くなかったし、いいシートの日産車ってあったかな、、、 欧州車のものは、どれも本当にいい。 高いけれどレカロなんか最高に気持いい。 ずいぶん前に勤務していた会社で、BMWに後付けしていたのだが、最初は「なんだこれ、硬いな~」と言っていたが、乗り続けると良さを実感した。 そういえば、ドイツへ出張した際に乗った、ルフトハンザ航空のビジネスにはレカロ・シートが付いていて快適だった。 あういう長時間乗る乗り物こそ、レカロの威力を発揮できるだろう。 
コメント   この記事についてブログを書く
« ボルボV40 | トップ | 休みの日のブランチ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事