タイを愛するいまむぅの、その他いろいろ。

タイ一人旅・タイ子連れ旅行情報サイト"バンサワイ"に書ききれないタイの小ネタやタイネタ以外のその他いろいろ。

スクートで子連れバンコク11日目 citadines skhumvit16

2018年08月12日 | バンコク子連れ旅行記
さあ!最終日。
朝早めにチェックアウトして、まずはMUZINAへオーダー品を引き取りに行った。ずっと迷ってた革のクラッチバッグも思わずお買い上げしちゃったよ。ここは欲しいものどんどん出てきて危ない〜。
ユキさんに色々とお世話になって本当に助かりました。いつもありがとう。

次にバンコクの浅草橋とも言えるサンペンレーンへ。
行きはアソークから地下鉄でホアランポーンまで行って、タクシーでヤワラート35まで。
ホアランポーン、懐いぜ!



アソークでタクシーを止めてヤワラート行く?って聞いたらなぜか立て続けに乗車拒否されたの…場所が悪かったのかな。

サンペンレーンは日曜日&母の日でお休みのお店もあったけど、ビーズやパーツのお店を見つけて大興奮。










娘とは100バーツの予算を与えて、お友達へのお土産とか自分用のお土産とか自由に買って良いという取引が成立しているので、沢山歩いても文句は出ない。ふふふ。
今回は帰国日だったし手元のバーツもあまり余裕がなくてそれほど買えなかったけど、場所も把握したしまたチャンスあればリベンジしたいわ。


帰りはサンペンレーンを外れて川沿いに向かい、チャオプラヤエクスプレスでサトーンまで行き、BTS。



サイアムセンターでランチしてMBKで娘のTシャツとかお土産買って。MBKが綺麗になっててビックリしたよ。



ずっと気になっていたけど甘いの苦手だから躊躇していたスタバのフラペチーノ、ホテル近くのスタバで勇気を出して頼んでみたら!

Buy2 Get1Free で、2個もらえた!
そもそも甘いの飲み切れる気がしないのに2個来たってどういう事だ!!(笑)



ルビーレッドグレープとアプリコット&ピーチヨーグルト。

思ったより甘くなくて美味しかったよ。
タイ人のお姉さんが私の名前と(ありがとう)と書いてくれたのがホッコリした。
タンブラーも日本とは違うらしいと聞いていたのでチェックしてみたものの、そもそも日本のタンブラーが良く分かっていなかったので違いが分からずじまい。。。けどこちらのはカラフルみたい。









スタバで娘の英語の宿題もやったし、ホテルに戻って荷物を引き取り、タクシーを呼んでもらった。軽快なおじさんだったけど、何も言わず高速に乗り、ゲートを通る度に自分で支払うから怪しいなーと思っていたら、案の定、下車するときに420バーツ請求されたよ。メーターは240バーツ。
タイ語で高速代が120バーツでメーターが240でしょ?って言ったけど無駄だった。オッサンvs母子じゃあ圧倒的にこちらが不利すぎる。しかも思いスーツケースが後ろに乗ってるし。と言うわけで、もうこれくらいの事は誤差の範囲として楽しい思い出を汚さない事にしてさっさと降りましたとさ。
それにしても久々にこういう運転手に遭遇したわー残念ー。

空港はターミナル2まで行ってラウンジで暇つぶ&夕食を。毎度こちらに来るので、ここのラウンジが私の最後のタイ料理になりつつある。娘はトマトバスタが美味しいと言って何回もお代わりしていた。



チェックインタイムになったので機内用に着替えて荷物を預け、セキュリティも通ってまたラウンジ(笑)。子連れだと本当に助かります。
そうそう、ここのラウンジにバタフライピーティーが置いてあって、やっぱり流行ってるのかなーと思った。






お手洗いで歯磨きして搭乗口へ向かうと、ちょうどすぐに機内に案内されてほぼ定刻に離陸。
なんとラッキーな事に、私達の席の並びが1席空席だった!これで子供だけでも横になれて嬉しい!



明日の朝にはもう日本。
暑さが怖いよ。。
コメント (2)

スクートで子連れバンコク10日目 citadines skhumvit16

2018年08月11日 | バンコク子連れ旅行記
今日は私の元同僚のタイ人女子友と女子会。
場所はバンコクホスピタルのレストランが入っているビルにあるカフェ。
なので、朝起きてお洗濯して乾燥機もかけてから軽くランチをする。もはやターミナル21さえも行くのが面倒臭くなって、サービスアパートから徒歩1分?のフードランド併設の食堂で済ませた(笑)。
私はガパオライス、娘はチャーハンで。



スーパーで今日会う子供達のお菓子なんかも買って、タクシーを拾ってバンコク病院へ。RCA近くのバンコク病院、と言ってすんなり通じた。

到着すると既にKとSは席についていて、年一の再会を喜ぶ♡Sは昨年の冬に来日した時に会ったので半年ちょっとかな?そして来日時に連れて来ていた甥っ子のR君も来てくれていて(娘の1年下)嬉しかった!
その後、2歳のNちゃんを連れてOも旦那さまと共に来てくれて、それぞれの子供達が成長していて感慨深かった。



R君とは言葉が通じない事もあって、なかなか縮まらない距離(笑)。けれどお話はしたいという気持ちがあるみたいなので、それぞれの言葉を勉強してまた会えたらいいね、と。



みんなとさよならした後は日本へのお土産を買いにターミナル21へ。
来タイの度にお相撲さんに挑む娘の図。少しずつ娘の体が大きくなってるから、いつか勝てる日が来るかな(笑)。



地下の食品フロアへで青いハーブティ(バタフライピーのお茶)を買い、義実家やお友達へのお土産も買って、娘のリクエストにより夕食は大戸屋で食べてホテルに戻った。



明日帰国だというのに大戸屋って・・・凄い敗北感。



明日はバンコクの浅草橋みたいな問屋街、サンペンレーンも行ってみたいのだけれど、帰国日だから時間が微妙&日曜休みかも&母の日で休みかも、っていう三重苦ならぬ三重不安で悩み中〜。
コメント

スクートで子連れバンコク9日目 citadines skhumvit16

2018年08月10日 | バンコク子連れ旅行記
ここ最近はすっかり朝寝坊。帰国までに体調を整えるのが最優先なので、娘も無理せずにゆっくり起きて宿題をやって・・・とスローペース。

今日は午後からお誘いいただいてMUZINAのYさんEちゃん家族と遊んで来た。子供たちは赤子の時に会ったきりだけど、一緒になればまた遊び出すから嬉しいね。



ご自宅コンドの隣のホテルのプールで一通り遊ばせて、そのあと小一時間ほど娘をお家で見ていてくれるというので、念願の!念願の!!!タイマッサージへ行って来られたよー!!!
何年ぶりー!?
娘と二人旅行だとタイマッサージは受けられなくてね(涙)。

Yさんに教えてもらったマッサージ屋さんにサクッと入ってササッと1時間コースをお願いした。久々ぎて服の着替えとか戸惑っちゃったわよね。
しかも、マッサージのお姉さんに「タイ人みたいに肌が黒いわね」って言われた私、どんだけ黒いんだよ!!あー。また黒さマシマシになってるんだね。

マッサージが終わってYさんちにお邪魔すると、子供たち楽しそうに遊んでてホッコリ。昔はお母さんがいないととにかく号泣だった娘がねー、成長したもんだねー、と感慨深い。

少し遊んでからみんなでMUZINAの工場のある更なる下町へ。普段味わえない町工場感を娘に・・・と思ったけれど、どっぷり町工場感過ぎて若干引き気味の娘(笑)。





私は何年ぶりかにEちゃんに会って非常に懐かしかった!
近所の子供たちも自由に歌ったり踊ったり、超フリーーーダム。

事務所?2階で今飼っているタイシルクの蚕も見せてもらって、娘は蚕お初遭遇。
お世話しないと死んじゃ虫なんだと聞いて、蚕と人間の関わりを深く感じた。



夕食はまたコンドへ戻って、子供たちは料理上手なYさんの日本食をモリモリ食べる。娘も熱からの復活後一番食べたと思う。



私はご近所の美味しいタイ料理を教えてもらって、スッキーヘーンとプラートードヤムタクライなるものを。
ヤムタクライの方に青唐辛子がちょいちょい入っていて、うっかりかじってしまって口が火の海になったけど、お料理はめちゃくちゃ美味しかったー。



楽しい時間はあっという間に過ぎて、9時も過ぎたのでタクシーでホテルに戻って、娘は残りの宿題を少しだけしてから寝た。
グラブタクシーで配車してもらった運転手さん、めちゃくちゃ飛ばしてちょっと怖かったけどあっという間に着いたし、まあ良かったです(笑)
コメント

スクートで子連れバンコク8日目 citadines skhumvit16

2018年08月09日 | バンコク子連れ旅行記
今朝の体調は・・・まずまず。体温はすっかり平熱に戻って喉だけが痛い。風邪を引いたというよりはやはり疲れだったのかな?という感じ。
もう歳には勝てないのか〜。切ない。

さてさて、今日は以前から約束していたタイ語の先生とランチの予定。
数ヶ月前からタイ語のSkypeレッスンを始めていて、色々な先生とお話ししてみて一番気の合う、世代もそれほど離れていない女性の先生と巡り会えてタイで会いましょう〜となったのだ♡
今回のタイ旅行は以前より積極的にタイ語も話せてるようになっていて、これも一重に先生のお陰。ドイツ人の旦那様も一緒にランチする予定になっている。

お昼前にホテルを出発して地下鉄スクンビット駅で最後となろう両替をしてから地下鉄のトークンを買う。地下鉄はBTSと違って元々自動販売機がお札使用可能なのでその点は便利。タッチスクリーンで駅名を選んでお金を入れると例のオセロみたいな黒くて丸いトークンが出てくる。
娘は(物心ついてから)初めて見たので、トークンに非常に食いついていたよ。

地下鉄に乗って目指すはセントラルプラザラドプラオ。パホンヨーティン駅で下車して徒歩ですぐ。のはず。
地下鉄スクンビットからは20分弱で駅に到着して人の流れに着いて行ったらセントラルに着いたよ(笑)。バンコク中心地からも遠くないし、セントラルの他にもショッピングモールが何個かあって非常に便利そうな所〜。

セントラルの中にTOPSが入っていたのでちょっと買い出し(なぜか毎度買ってる塩!)したけれど、まあこのTOPSがなんでも揃ってて便利でびっくりした。日本食コーナーもちゃんとあって、何から何まで揃いますわよ奥様状態。
イートインコーナーとかお惣菜コーナーも充実しているし、地下フロアにはぎっしりと日本食レストランが並んでいる。銀だこやら北海道スイーツやお寿司やイカせんべいやら。ここはどこだい???
バンコク中心部ど真ん中ではないここでもこれだけの日本食店舗が入っている事にびっくりしたね。
銀だこ常連の娘は日本の銀だこポイントカードが使えるかどうかを気にしていたが(笑)←ムリムリ

ここまで日本食が浸透してるのに、まだまだ日本語フォントの誤植が絶えないのがタイらしくていいい。



待ち合わせの時間になったので約束のUNIQLO前に行くと、見覚えある姿を確認!
無事に先生とご対面〜。
思った通りの方ですごく嬉しい!

予め娘には「年と、お腹が空いているか、は聞かれるから英語で答えてね」と仕込んでいたので、果たして答えられるか・・・想定通り両方とも聞かれて何とかお地蔵顔で返事していた。

私も娘も体調万全ではないので、申し訳ないけれど日本食レストランに行かせてもらった。
先生も旦那サマも優しくて素敵な方で、娘にも気を使ってくれて、楽しいひと時を過ごさせてもらった。旅行好きという点がとても共通していて、ご夫妻ともにオンライン語学レッスンをお仕事にしているから旅先でも仕事ができるというライフスタイルを貫いているみたい。
ご飯もご馳走になってしまい、大変恐縮だったけれど、本当に会えて嬉しかった!ご縁に感謝です。



ランチ後バイバイして娘に感想を聞いてみると・・・ドイツ人の旦那サマに馴染めなかったとのこと。。うん、そうよね、元々大柄な男性は苦手でしかもドイツ人、会話は英語とタイ語で分からなかったしね、ゴメンよ。

まあ、あれだな。
娘、せっかくだからもっと英会話頑張れ。

再びアソークまで地下鉄で戻って、MUZINAに立ち寄って追加オーダーをお願いしてホテルに戻った。

ここのホテルの更なる良いところは、NHKだけじゃなくてテレ朝、TBS、フジテレビが映るところ!!という訳で、17時にはテレビ前に鎮座してVS嵐を見ましたよ♡久々だ♡



テレビを見ている最中に、珍しく遅いこの時間からやっとお部屋のお掃除が来て、しかも二人(一人は研修中?)で担当していたのでチップを・・・40バーツ渡してみた。昨日は1人でやってくれたので20渡したのだけれど、2人に20は〜と悩んだ挙句。
みなさんどうしているのかしら。

夕食は冷蔵庫の余り物でサラダキムチうどんwithコーラ。
喉にしみる〜!



なんかすごい敗北感だけど意外と美味しかった。
娘は買い置きしておいたレンチンのミートソースパスタ。茹で過ぎのこの辺のレストランのパスタより美味しかったんじゃないかという噂。
コメント

スクートで子連れバンコク7日目 citadines skhumvit16

2018年08月08日 | バンコク子連れ旅行記
昨夜の高熱との戦いで夜中に着替えること2回。今朝はなんとか微熱くらいに下がっていて我ながらホッとした。
今日は一日予定もないのでゆっくり過ごす予定。

体調は万全ではないけれど朝食を作って食べる。今までとは打って変わってなんという質素さよ!!!(笑)



あとはホテル(サービスアパート)のほかのフロアの設備をチェクして、娘には宿題をさせたりして過ごす。

8階にプールとフィットネス、ランドリー、それと無料のドリンクウォーターサーバーがあって非常に重宝している。お水は買う必要なし!!!
ランドリーは専用コインをフロントで買うんだけれど、1枚90バーツ。。。思ったより高くて洗濯する日を延期したわ。お洗濯とドライで180バーツ也。洗剤とダウニーをコインと共に渡してくれるのでそこは嬉しいポイントではあった。

食料は徒歩2分くらいにあるFOOD LANDで買い込んで食事は部屋で済ませている。めっきり日本食ばかりですごい敗北感。

白いご飯にインスタントおみそ汁、納豆、お豆腐、オクラのお浸し、卵焼き、キムチ。。。タイ料理は体調万全になるまでお預けかな。
コメント