とにかくボードゲーム

イマジンゲームズ公式ブログ

『つみきの王子さま 』

2019年05月14日 | 『つみきの王子さま 』


ゲームマーケット2019春にて、イマジンゲームズ新作『つみきの王子さま』を発売します。


『つみきの王子さま』は、つみきのお城を作るタイル配置ゲームです
『つみきの王子さま』はイマジンゲームズとして『エンデの建国者』以来、約2年ぶりの中量級のゲームとなります。
「積み木遊び」を二次元のタイル配置に昇華し、ボードゲームとしての面白さを追求しました。
8歳くらいから遊べて、プレイ時間は30-60分程度(人数X15分)です。ゲームマーケットでの価格は3800円です。



最初の構想は、2013年に『こびとのくつや』というカードゲームを作ったときに生まれました。
しかし、積み木を平面タイルにすることとゲーム性を組み合わせることに難航し、長らくお蔵入りしておりました。
今回、縦 2:横 3比の長方形タイルの中につみきを配置することで、「積み木遊び」を平面で行うことが実現しました。
さらに、つみきの上にお城の住民を住まわせることで、単に高く積むだけではない面白さが生まれたと思います。
今回は少部数のみの製作のため、ゲームマーケットでの頒布とゲームマーケット後に通信販売を考えております。
予約も行います。 最新情報、写真などは、イマジンゲームズ Twitterで順次公開予定です。



●背景ストーリー
イマジクス王国は、細々とではあるが長きにわたって存続している小さな島国です。しかし、お妃さまを病気で亡くしてからというものの、王さまは食べて寝てばかり。世継ぎのポポイ王子は、お城を抜け出して遊んでばかりで頼りになりません。国のことは、大臣一人で全て取り仕切っていました。政治からお城の掃除まで、大忙しです。

そんな中、島を襲った大きな竜巻によって、なんとお城が「ガッシャーン」と崩れ落ちてしまったのです。国中が大慌て。大臣はすぐに王さまに相談しました。王国のお城は代々、つみきで作られたつみきのお城。幾度の戦火や災害にあうたび、当代の王さまが「もっと強いお城を」と、懸命に建て直してきたのです。

ところが、王さまは「わしはこれで良い。王子に任せよ」と言ったきり、草むらの上にゴロンと転がったままお菓子を食べ始めました。大臣はため息をつきました。お調子者のポポイ王子にお城の再建が務まるでしょうか。大臣は重い足取りで、王子さまのもとへと向かうのでした。

●内容物
最初のタイル : 4枚
つみきタイル : 76枚
庭ボード : 1枚
プレイヤーボード (定規とサマリー): 4枚
得点ボード:1枚
プレイヤー駒(黒、白、紫、オレンジ) : 4個



●目的
つみきタイルでお城を作り、城の完成度を競います。
お城の完成度は、屋根の高さ、橋の高さ、お城に住む人や動物の配置、窓の種類数で決まります。

●特徴 1
高さの概念を持つパズル要素があります。
積み木が崩れる、落ちるという要素が、タイル配置における制限となっています。

例えば、誰よりも最も高いところにある屋根は高得点となります。
しかし、つみきを高く積むためには、土台をしっかりとしないといけません。

高さを計測するために、定規ボードが付属しています。

●特徴 2
お城に住む人や動物は、それぞれ希望の階に住みたがります。
お城には人や動物が住んでいます。しかし、皆ワガママ。
「ぼくは5階に住みたい」と希望を言います。

彼らが希望する階に住まわせると得点になります。

●特徴 3
色がついたつみき同士を隣接させると、連鎖が起こりもう1手番行うことができます。
窓を集めるのか、連鎖を狙うのか。終盤での連鎖は強力です。一気に逆転できるかもしれません。

●流れ
つみきタイルは、ノーマルタイル、人と動物がいるタイル、屋根があるタイルの3種類があります。
手番では、庭ボード上にオープンされたつみきタイルから1つを選び、自分のお城に配置します。

タイル配置には制限があります。
つみきが崩れたり、人が落ちるように配置してはいけません。
屋根の上には積み木を置くことができません。

プレイヤーの1人が15枚目のタイルを置いたとき、ゲーム終了の合図になります。
お城の得点を計算し、お城の完成度を競います。



イマジンゲームズ公式 ウェブサイト

イマジンゲームズ公式 Twitter
最新情報、写真などは、イマジンゲームズ公式 Twitterで順次公開予定です。
コメント

2018年 初めて遊んだゲームで面白かったタイトル ベスト10

2018年12月31日 | ラララうちゅう

今年初めて遊んで面白かったタイトルのベスト10(順不同)です。古い作品も混じっているのでご注意ください。

*エッセン新作はほぼ遊べておりません。 
*TCGとウォーゲームを良く遊んだ一年でした。 
*写真がないものは後日追加予定です。

 『ミニミニ世界大戦』
台湾のウォーゲームのデザイナーの新作。10歳から遊べるウォーゲームというのがコンセプトのようです。連合国と枢軸国に別れて対戦する第二次世界大戦ゲーム。年末に一度だけ遊びましたが、大変面白かったです。ウォーゲームは”歴史”をいかにゲームの中に落とし込むかが最も重要なところですが、このゲームは世界地図を思い切ってデフォルメし、カードプレイにより手番を行います。今一番再戦したいゲームです。アートも良いです。

『エル・アラメイン』
ウォーゲームの古典で、入門用のゲームです。ルールは簡単で、プレイ時間は60分以内とウォーゲームにしては短いです。入門用とはいえ、決して容易なゲームではなく、30年経ってもまだ最適解については議論があるようです。20以上のユニットを1ヘクスのミスなく動かさないといけないという厳しさ。ウォーゲーム、面白いですよ。



『アズール』
全体の場からタイルを取って自分のボードに置くゲームですが、箱庭作りやパズルの要素がありません。ルールの中では、獲得したタイルの配置をオートにしたところが、良い割り切り方だと思いました。地味でシビアなゲームを、鮮やかなタイルで華やかにしたディレクションも素晴らしいと思います。

 

『ザ・マインド』
新しい体験。協力型ゲーム。一度は遊ぶべきゲーム。

 

『ハイソサエティ』
NGO版で今年初めて遊びました。クニツィアの中で一番好きになりました。ドイツゲームの歴史の中でも最高峰に位置するゲームだと思います。一度遊んだだけで、性格やら知能やらが露呈しまう恐ろしいゲーム。

 

『Twixt』 
ランドルフの名作を今年初めて遊びました。面白いです。
 


『Seals』
韓国のMandoo Gamesのセットコレクションの新作カードゲームです。場の4枚のカードから取り手札で役をつくるゲームです。下家を絞りながらちょっとした勝負もかけられる良いゲームだと思います。お気に入り。

 

 

『ザ・リバー』
デイズ・オブ・ワンダーの新作。サクッと終わるワーカープレイスメントゲーム。調整が良くて好きなゲームでした。3人より4人プレイの方が良いかもしれません。デザイナーのSébastien Pauchonは、これまで『ジャイプル』『イスファハン』『メトロポリィス』などの良作を手がています。上の『Seals』も、3人のデザイナーのうちの1人にもクレジットされていました。ネジの締め方がうまく、好きなデザイナーです。

 

『□□○○○(ゴモジン)』
漢字2文字とカタカナ3文字で表すワードゲーム。良い答えが出ても、どうしようもない答えが出てきても、どちらも盛り上がります。JELLY JELLY CAFEさんから新版が発売中です。

 (お題はストロー)

 

 『覇王龍城』
中央の場からタイル(牌)を取って、自分の箱庭に置く系のゲーム。タイル獲得か箱庭作り、どちらに焦点を置くか。箱庭作りを複雑にするとソロゲームに傾きがちになります。視認性が悪くなり、相手のボードの見るのが面倒になったりして、テンポもインタラクションも失われます。このゲームは、箱庭作りとタイル獲得の両者のバランスが良いと感じました。
 

 

番外:『マジック:ザ・ギャザリング』 
ずっとやりたかったのですが、今年初めて遊びました。そりゃもう文句なく面白いです。白赤恐竜デッキしか使えません。
 

 

次点:『3×8』『支離滅裂』『ガンシュンクレバー』


今年1年間ありがとうございました。
2019年が皆様にとって良いお年になりますように!

コメント

イマジンゲームズ STORES

2018年11月27日 | とにかくボードゲームをほめる 

イマジンゲームズは、2018年11月24, 25日に開催されたゲームマーケット2018秋(会場:東京ビッグサイト)に出展しました。

土曜日1日のみの出展でしたが、新作『ラララうちゅう』『でんしゃクジラ』大変好評でした。ブースに立ち寄ってくださった方々、どうも有難うございました。

ゲームマーケットは、毎回毎回成長しており、そして変化のスピードがとても速く感じました。次は2019年3月10日(日)ゲームマーケット大阪でお会いしましょう。

また、イマジンゲームズ STORESにて、新作『ラララうちゅう』とカムバック『でんしゃクジラ』の販売を開始しました。

どちらも送料無料、レターパックでお届けします。

イマジンゲームズ STORES 

コメント

新作『ラララうちゅう』

2018年11月06日 | ラララうちゅう

イマジンゲームズは、2018年11月23日(土)に開催されるゲームマーケット2018秋(会場:東京ビッグサイト 西3,4ホール)にて、
新作『ラララうちゅう』を発売します。
公式Twiiter

ラララうちゅう
 2-4人/6歳以上/15分
 ゲームデザイン:山田空太
 アートワーク、制作:イマジンゲームズ
 価格:1800円

「悩め、宇宙人!たった6手のジレンマ」

『ラララうちゅう』は、宇宙人を集めるセットコレクションのカードゲームです。 
地球に不時着した宇宙人たち。同じ星の仲間を探すのを手伝ってあげましょう。

ゲームの準備は簡単です。
手札は4枚、場札も4枚。同じ仲間の宇宙人を集めると、得点が増えます。


1ラウンドでは、手札と場札の交換を2回ずつ。
トランプの51のように、手札と場札を”総替え”することもできます。
それを3ラウンド繰り返してゲーム終了となります。

つまり、最大でのたったの6手しかありません。

パスが最善手のこともあります。
相手の動きをよく観察して、 機敏に動きましょう。

『ラララうちゅう』は、作者が子供の時にたくさん遊んだトランプの『51』を
違った形のセットコレクションにしました

何度も繰り返し遊べるカードゲームです。ぜひぜひどうぞ。

 公式Twiiter

コメント

ゲームマーケット2018春と『でんしゃクジラ』通販

2018年05月09日 | ゲームマーケット

ゲームマーケット2018春(5月5日, 会場:東京ビッグサイト)にて、イマジンゲームズのブースにお越しくださった皆様、どうもありがとうございました。



おかげさまで、旧作、新作ともに持ち込み分すべて完売となりました。

ゲームマーケットに来られなかった方へ向けて、本日5月9日19時より『でんしゃクジラ』の通信販売をこちらで実施いたします。
今回製作分はこの限りとなりますので、お早めにお願いいたします。

イマジンゲームズ 公式ショップ

公式Twitterもはじめました。是非フォローしてください。




#イマジンゲームズ
#imagine GAMES
#IKI #でんしゃクジラ #フタリシロ #枯山水 #ポストマンレース
コメント

『でんしゃクジラ』ルール Q&A

2018年04月11日 | でんしゃクジラ


2-4人/6歳以上/15分
ゲームデザイン:山田空太
アートワーク、制作:イマジンゲームズ 
価格:1800円


イマジンゲームズ Twiiter



『でんしゃクジラ』のルールに関するQ & Aを まとめました。質問をいただいた方々、どうもありがとうございます。特にご質問の多かった、新幹線一気のルールには十分ご注意ください。


Q:新幹線一気は、新幹線1つですか、2つ以上でも良いですか?
A:新幹線一気は、新幹線1編成(先頭1枚、真ん中7枚、最後尾1枚)でお願いします。

Q:新幹線や電車のセットを完成させて、セット置き場にオープンした後、手札から追加でつなげることはできますか?
A:できません。一度オープンしたセットに手を加えることはできません。

Q:手札でセットが揃っている場合もオープンできますか?
A:できません。他人の捨て札を取った場合のみ、セットをオープンできます。すでに手札でセットが揃っている場合でも、同じカードを他のプレイヤーの捨て札から取ってセットにし、オープンすることは問題ありません。

Q:他人の捨て札をセットで完成させた時、次の手番はカードを捨てた人の左隣の人か、セットを完成させた人の左隣の人ですか?
A:セットを完成させた人の左隣の人になります。通常通り、手番が進行します。

Q:クジラ三色はオールマイティーを使ってもいいですか?
A:可能です。また、頭、胴体、尾の3枚ともにオールマイティを使用したクジラは、どの色ともみなせます。

Q:クジラは赤、青、黄の1枚ずつでセットになりますか?
A:できません。1つのセットは、必ず同じ色のカードのみで構成されます。

Q:手札が0枚になればどうすればいいですか?
A:通常通り手番を続けます。しかし、今後アガることはできませんので、そうならないように注意してください。



『でんしゃクジラ』はが何とか増刷間に合いそうなので、ゲームマーケット2018春でも販売いたします。


どうぞよろしくお願いいたします。
コメント

『名古屋あつたカルタ』発売

2018年04月03日 | 名古屋あつたカルタ

 あつた宮宿会にて、『名古屋あつたカルタ』(制作:名古屋あつたカルタ製作委員会)が遂に完成いたしました。ゲームマーケット大阪と同日4月1日に、「あつた朔日市」(場所:熱田神宮)にて初お披露目となり、試遊が常に回り続けるなど、大好評であったようです。

 『名古屋あつたカルタ』は、古代から戦国、現代にいたる「あつた」に流れている驚くべきストーリーが凝縮されており、単なるご当地カルタとは一線を画しています。製作委員会の皆様の綿密な資料研究と取材に基づき、”名古屋熱田の知られざる歴史”が深く掘り下げられています。

 今回、Product Artsの坂上さんとともに、ディレクターとグラフィックデザインを担当いたしました。 ルールはほぼカルタなので、ゲームデザインではなくプロダクトデザインが主な仕事でしたが、開発の過程で新しい発見がたくさんありました。

 『枯山水』や『IKI:江戸職人物語』など、日本の歴史のエッセンスを凝縮してゲーム化するというのがライフワークになりつつありますが、この『名古屋あつたカルた』は製作委員会の皆様の入念な取材により、歴史をよりダイレクトに感じられるモノになっています。

 舞台となる宮宿は、東海道五十三次の宿場のなかで最も栄えた宿場でした。宮とは熱田神宮のことです。次の桑名宿とは東海道唯一の海路である七里の渡しで結ばれています。最近はブラタモリでも取り上げられていて、歴史的に重要な場所です。他にも、ヤマトタケル、ミヤズヒメ、源頼朝、織田信長・・・そして、こんな人も縁があったのかという人物やコトが登場します。

 絵札裏のストーリーを読むだけでも、大変なボリュームがあり、とても満足度の高い製品だと思います。地元に住まれている方や、歴史に興味がある方に、是非お勧めしたいカルタです。

 今後は、あつた蓬莱軒さんや白鳥庭園さんなど「あつた宮宿会」の協力店舗や、Amazonにて販売されるようです。

コメント

ゲームマーケット2018大阪

2018年04月02日 | ゲームマーケット

昨日のゲームマーケット大阪(会場:インテックス大阪)は、大盛況でしたね。

イマジンゲームズのブースにも、たくさんの方々に来ていただきました。

新作、旧作ともに持ち込み分、殆ど完売いたししました。
立ち寄ってくださった方、お会いしてくださった方、どうもありがとうございました。

特に、里山再生ボードゲーム『緑の砂漠』に興味を持っていただけた方が多かったように思います。
実際に森林管理署の教育実習で使われているような、本気の林業ゲームです。

『緑の砂漠』はこちらから送料無料でご購入いただけます。

 

公式Twitterもはじめました。是非フォローしてください。

 

コメント

新作『でんしゃクジラ』

2018年03月19日 | でんしゃクジラ

imagine GAMESは、2018年4月1日(日)に開催されるゲームマーケット2018大阪(会場:インテックス大阪)にて、
新作『でんしゃクジラ』を発売します。公式Twiiter

でんしゃクジラ
 2-4人/6歳以上/15分
 ゲームデザイン:山田空太
 アートワーク、制作:イマジンゲームズ
 価格:1800円

『でんしゃクジラ』は、麻雀をずっと親しみやすくしたような、カードゲームです。 

ルール説明は簡単です。
山札からカードを引いて、自分のカード9枚すべてをセットにすると勝ちです。 

2枚で完成する、サイ・ヤギ・ワニ。

3枚で完成する、クジラ。

3枚以上で完成する、でんしゃと新幹線。 
でんしゃと新幹線は車両をつなげることでどんどん長くできます。

でんしゃクジラには、いくつかの役があります。
すべて同じ色だったり、全部クジラだったりすると、
ちょっと良い点でアガれます。 
シンカンセンイッキという伝説の役も。 

他プレイヤーの捨てたカードを取れるチーやポンのようなルールもあります。
早くアガるのもよし。じっと耐えて高い役を狙うのもよし。

家族や友人と、初心者からマニアまで。
『でんしゃクジラ』は、誰と遊んでも面白いゲームです。

家族の団欒や休み時間、旅行、どんな場面にも。
『でんしゃクジラ』は、鞄の中に入れて持ち歩きたくなるゲームです。

何度も繰り返し遊べるカードゲームです。ぜひどうぞ。

 

公式Twiiter

コメント

ゲームマーケット大賞2017 エキスパート賞

2018年02月01日 | ボードゲームデザイン

この度、imagine GAMESの『エンデの建国者』が、ゲームマーケット大賞2017 エキスパート賞に選ばれました。

 http://gamemarket.jp/award/

エキスパート賞は、今年から新しく創設されました賞です。その第一回に選ばれたこと、大変光栄です。

『エンデの建国者』は実験的な作品で、100部しか製作しておらず、まさかこのような賞をいただけると思っておりませんでした。

ゲームを遊んでいただいた皆様、そして審査員の皆様に、この場を借りてお礼を言いたいと思います。
いつもテストプレイ、製作に協力していただいている仲間にも感謝したいです。どうもありがとうございました。

現在『エンデの建国者』は在庫がなく、できれば再販したいと考えています。
しかし、ゲームルール自体にまだまだ粗いところがあります。

手札のセットが循環することによる選択肢の制限と変化、そしてボードに建物が増えていき発展していく様子がゲームの根幹で気に入っているところです。しかし、初期配置、例外処理、3人ルールの見直しなど改善点が多くあり、ブラッシュアップの必要性を感じております。アートワーク、プレイアビリティも改善したいと思います。

相当数のテストプレイが必要なため、少し時間がかかるかもしれません。お待ちいただけると幸いです。
楽しいゲームを作り続けることが、賞への恩返しになると思い、頑張ります。

これからもよろしくお願いします。

コメント